カテゴリー別アーカイブ: サービス

サーブの好不調はなぜ

『レフティスタイル』 さんからサーブの質問です。

いくつかの中の、今日は1回目です。

以下がそのコメントの質問部分です。
カラオケ  1つめは、球速やキレについて。
かねがね、思っていました。何故、日によってこんなにサーブのスピードやキレに差がでるのか。ある時は絶好調、でも次の日(週)には、ものすごく遅く感じられ、キレも今イチ、勿論、キープできない。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

それは、ボールの種類や体調等で一概には言えないと一刀両断されそうなんですが、何らかの理由がお聞きできれば、悪い時の対策になるかと。今回も実に単純な質問ですがよろしくお願いいたします。

 

レフティスタイル

 

 

 

水瓶座  私の答えです。

 

サーブのスウィングにはいつもいっていることですが

固有のテンポがあります。

ストロークの振り子と同じですが

こちらは上でブラブラとゆれるメトロノームみたいなものです。

metronorm

同じような例に

最近問題になっている超高層ビルの揺れ

長周期のゆっくり地震に弱いのです。

長いものはゆっくり振れやすく

短いのは速いテンポに合いやすい。

 

テニスでは腕の先に長い棒を持っているので

人間固有の腕振りテンポでは速すぎます。

ゆっくり振らなければならないのです。

 

しかもこのテンポにトスの高さも合わないといけない。

 

とっても大雑把ですが

打点の20~50cmくらい上にトスが上がれば

ラケットが最適な周期で振られやすい。

これより低いトスだと

力の無い女性だと間に合わない。

力のある男性だと何とか間に合うが

スウィング幅を取れず

ラケットの振りが鈍くなるのです。

 

だからトスの高さを上手く加減することです。

 

そうそう、あまりに高すぎるトスも

待ち時間が多くなり

結局、振り遅れたりするかもしれませんね。

 

もうひとつ考えられるのは

ひざや身体の使い方。

ひざや身体の動きが終わってから、腕です。

そうしないと運動が上手く伝わらず

身体を使えば使うほどスピードが出なくなります。

 

よくジュニアのレッスンで使うアドバイスに

「10cmくらい飛び上がって打て」

というのがあります。

TOMLJANOVIC2

つまりひざが伸び終わってから打つ。

タイミングがいいうえに姿勢もよくなる。

スピードとコントロールを両方満足させる方法です。

 

さて、実際の練習や試合で上手くやるためのアドバイスです。

 

最初のサーブをやや高めのトスで

なるべく身体を使わないで、腕だけでユウックリ打つ。

上手くいったら、徐々にスピードを上げ

身体の使い方も増やしていきます。

 

もちろんトスを失敗したら、打たないで上げなおす。 

ここから泥沼に入ってしまうことも多いのです。

 

昨日上手くいった感触で

全身を使って、いきなりがんばると

大抵、その日は不調に陥ります。  テニス

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:22 | コメントは受け付けていません。

サーブの回外は危険

『北国の親爺』 さんから吹雪の中、サーブの質問です。

以下がそのコメントの全文です。

 

カラオケ  今回の内容と関係の無い質問で申し訳ありません。還暦カウントダウンのサーブ苦手なエルボー持ちの親爺です。
質問ですがサーブの方法は頭では足元からラケットを持ち上げトロフィーポーズを作って云々は理解していますが出来ません。高いトスが上手く出来ないからです。(運動連鎖も問題?)
今の私のサーブは出来ないことは全て省略、膝を落として最初からラケットダウンで構えて低いトスで回外?だけで打ちます。(体の捻りは多少あり)
確率は非常に高くなりアンダーサーブよりは格段に威力がありますがさらに工夫できる事があればお教え頂けと幸いです。
札幌は吹雪きドカ雪で大変です。

北国の親爺 より

 

 

 

水瓶座  私の答えです。

 

気になった改良箇所が2つ。

「膝を落として最初からラケットダウンで構えて」 のなかに

1つ目は 「膝を落として」

別に落とさなくてもいいのでは?

落とさないと楽ですよ。

落としてもパワーアップになりませんし。

もしかしたら落とさないほうがパワーアップするかも。

2つ目は、「最初からラケットダウンで構えて」

ラケットは立てて構え

落として振り上げると、楽に振れます。

余計な力みもなくなります。

振り子ですからギッコンバッタンがいいのです。

最初に落としておくと位置エネルギーが低くなり損です。

 

突っ立ったまま

最初から右肩の横に立てたラケット

トスを上げ

ラケットヘッドを落として

往復運動の反動で振り上げ

バレーボールのフローターサーブのように

腕だけで、ポコン。

これで、かなりいいサーブが打てます。

 

実は、もう一箇所、とても引っかかるところ。

「回外?だけで打ちます」

 

回外させて打つと肘を痛めます。

肘の骨の出っ張りが2つあります

そのうちの

手のひらを上向きにしたときに身体の前側に来るほうです。

そこが痛くなります。

 

だいいち、回外だけではラケットヘッドが出てこない?

どっかに誤解があるかも知れません。

回内だけなら打てますので、そちらかも?

回外とは

  ここから、前腕を捻って          こうする動き。

kainai  kaigai

逆方向が回内です。

 

ついでに内旋とは

  この形から                 この方向への動きです。

 gaisen  naisen

この反対の動きが、外旋です。

回内だけとか

内旋だけなら打てると思いますが?

 

私が提案したのは、外旋から内旋の振り子運動です。

腕のこの振りだけで打ちます。  テニス

 

そうそう、「今回の内容と関係の無い質問で申し訳ありません。」

とのことですが

他に入れようがありませんので

質問はどこでもかまいません

気にしないで、最新の記事に入れてください。

いっぱい、質問してください。  雪

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 17:56 | 1件のコメント

サーブの肩はバネ 後編

サーブの肩はバネにする

なんのこっちゃと言う人が多いと思うので

今日は、こんなこっちゃという説明。

昨日に続いての第2弾だ。

 

さて、筋肉の使い方には

動かすことと固めることの2つがある。

もしかしたら第3の使い方もあるかもしれないが

その分野の専門家ではないので深く追求しないでもらいたい。

 

サーブや投球の動作を説明する時

動かし方を考え出すととっても難しい。

だが、腕をかなり固めて、バネにすると考えると

とてもシンプルで、実現が易しくなる。

つまりこれは

sujigane usiro

腕の外旋、内旋をバネのように使う腕なのだ。

スジガネ君の中には

胸郭を横断したシャフトに巻いたバネが入っているのだ。

sujigane bane

これは、生人間でも同じこと

kamae1401

生人間の場合、このバネをインナーマッスルという。

 

上体が横向きから前向きに動き出す時

外旋方向に力がかかる

自然に腕はしなり

sageta1301

前向きになる動きが終わると

そのしなりが開放され

バネが利いて、内旋方向に腕が動く。

impak1401

この自然な動きにタイミングを合わせ

更なる動きのための力を加えると

鬼のようなサーブや投球になるのだ。

fini1401

だからこんなフィニッシュになる。

ここで腕が曲がっている人がパワーサーブを打てる人。

写真では分かりにくいが

インパクトでも肘が延びきってはいけないのだ。

 

腕の使い方、分かってもらっただろうか?

sujigane mae

今回は、話をシンプルにするため

回外、回内の動きに触れなかった

振りやすくするために、自然に使うだろうし

それは高い打点に腕を伸ばすのも同じ。

とにかく

サーブの腕はバネのように使う、かなり固めて使うのだ。  テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 22:44 | 1件のコメント

サーブの肩はバネ

サーブの肩はバネなのだ

なんのこっちゃ、と思う人がいると思う。

実はボールを投げるというのがサーブと同じような動きなのだが

これがなんとも不思議な動作で

教えるというのがとても難しい。

ガキのころから物を投げつけて

遊んでばかりいた男の子は

その動きを自然に、勝手に身につけている。

自分の肩は自在に回ると思っている。

一方、運動経験の少なかった、元お嬢様たちは。

「コーチ、私は肩が回らなくて、・・・」 とおっしゃる。

そこで、サーブのコツ、その真髄を教えたい。

それは 「サーブの肩はバネ」 で硬く、ということ。

そこで今日は久しぶり、硬くといえば、硬派中の硬派

「スジガネ君」 に登場してもらい、教えを請うことにした。

sujigane mae

彼じゃなくても、ホントは、肩なんか回らないものなのだ。

うそだと思ったら

ボール投げをしながら

自分の肩を観察するか

手を触れて感じてみてほしい。

若干上下か左右に動きながら

上腕が肩関節の中でねじれる動きをしているだけ。

  (このねじれる動きを、内旋とか外旋とよんでいる)

物はためし

上下か左右の動きはやめて

内旋、外旋のねじりだけでボールを投げてみるといい。

けっこう投げることができるし

もしかしたらこの方が上手くできるかもしれない。

 

さて、プロのサーブ動作を観察してみて

重要な動き

これ無しでは成り立たないものを、3つ抽出した。

1つ目は、先ほどの内旋、外旋、上腕のねじりだ。

2つ目は、前腕の回内、回外の動き。

  (これは、ドアノブを回す動作だと思えばいい)

3つ目は、上体を横向きから前向きに回すこと。

 

この3つの動作だけしかできないのに

サーブの動きを説明できる子として誕生したのが

「スジガネ君」 なのだ。

sujigane yoko

胸を貫通しているシャフトが内旋、外旋、上腕のねじりを担当。

上体が横向きから前向きに動く時に

前腕やラケットの重みで後に取り残され (外旋)

上体が前向きになると

上がってきて、(内旋) インパクト。

という動きなのだ。

これに、前腕の回内、回外の動きをつけるとさらにリアルだが

今回は気にしない。

上体を左に傾けるとさらに人間のサーブのようになる。

sujigane usiro

肘の角度が90度固定なのでちょっと生人間との違いはあるが

これは、打点が低ければいい事なので無視

あえて、分りやすくするためにこうしている。

 

さて次が本題、バネの話し、筋肉を硬くする話なのだが

ここまででもかなり長くなってしまったので

次回に ・・・   テニス

 

最近、テレビで

「さて、真相はコマーシャルの後、3分後に」

なんていうのが多くて

いつも怒っているのに

自分でもやってしまった松原コーチなのであった。

 

少しはハンセイしているのだが。   爆弾

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 16:03 | コメントは受け付けていません。

サーブはクローズドで?

猪瀬さんからサーブの質問をいただきました。

以下がそのコメントの質問部分です

カラオケ  先日、プライベートレッスンでスピンサーブを教えていただきました、猪瀬です。

ジャンプして身体が伸びた後、うで!というリズムが身につくよう練習に取り組んでいます。

覚えていらっしゃるかもしれませんが、スピンサーブを打つうえで、
私のスタンスはクローズドではなく、むしろ若干オープン気味なのですが、プロのスタンスは大抵クローズドだと思います。
プロの場合は、柔軟性や筋力があるためにそうしているのでしょうか?
身体の捻りがパワーに繋がりそうですが、真似をすると、インパク時に前向きまで身体が開けない気もします。

お時間のある時にご教示いただければ幸いです。

猪瀬 より

水瓶座  私の答えです。

もしオープンスタンスが問題なら

プライベートレッスンの時に指摘したでしょうね。

確か、左右のサイドで違っていたのを直したとは思います。

下半身から上半身に滑らかに動きが伝わって

いい動きができるなら

クローズドでもオープンでもかまわないと思います。

特に、すでにオープンになれているので、困っていない。

わざわざ変えて、困る必要も無いと思うだけです。

昔、1985年の話です。

クローズドスタンスが普通のプロツアーの世界に

ボリス・ベッカーという17歳の少年が出てきて

オープンスタンスから「ぶんぶんサーブ」というのを繰り出し

ウィンブルドンで優勝しました。

bbserb1312b

身体の向きから見てアドコート、オープンスタンスです。

時速240kmくらい出ていると聞いたことがあります。

彼はセカンドサーブもエース狙い

毎ゲーム、ダブルフォールトを1つくらいはしながら

ぼこぼこ、サービスエースを連発して優勝しました。

そして翌年も。

身体の捻りについて言えば

むしろオープンのほうが捻ることができるかもしれません。

ベッカーはこの捻りがすごかった。

下半身を前に向けて捻りを作るのがクローズド

上体を後に捻るのがオープンスタンスです。

どっちでもやりやすいほうでやればいい。

本質的に欠点があるのでなければ

他の人と同じじゃなくてもかまわないと思います。

そういえば、ボリスの前のすごいサーバーといえば

mac131220

超クローズドスタンスのジョン・マッケンローでした。

これ、アドコートの写真ですよね。

サーブのスタンスは他の動きとの関連が無いので

自分さえよければ、けっこう何でもありです。

パンチョ・ゴンザレス、松岡修造、イワニセビッチ、鈴木貴男、みんなそれぞれです。

また、歴史を巡る旅に入ってしまいました。  テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:14 | コメントは受け付けていません。