日別アーカイブ:

落ち込み中

師走に入りました。
青空杯の決勝大会も、地元のコンソレ大会も見に行かれませんでした(>_<)。
体調不良でした。週に二回、愛知から千葉へ日帰り出張、はやはりこたえました。

でも、合間に大好きなテニス。木曜は何故か雨が降りますが、火曜日のレッスンはなんとかできています。

特に最近火曜日のレッスンは、ボレー強化をすることになったようですo(^_^)o。
嬉しい反面、キツイです。
特に今、ギックリ腰の前兆みたいな感じで、ろくろく寝返りも打てない状態。
練習中、ギックリ‼︎にならないかな、足もつらないかな。と恐る恐るの感じです。
そんな状態で、足元少し前方に落ちてくるボールをローボレーで取るのがツライです。

急にしゃがむと命に関わる?とばかりに必死感漂うブリ婆(^◇^;)。

一度ラリーをしてから、再度送り相手が角度をつけて決める。
というテーマのドリル。最初は、
そのシンプルな条件を飲み込むのに苦労しました(^◇^;)。
バカでしょう?普段何も考えずに打っているので制約がついただけで打てない私。

送る側になってからは、コーチから来た球はあまり考え過ぎずに相手に返し、相手から戻ってきた球は相手が決め易い球にしたり、少し浮きぎみにしたりしてました。
逆側に回ってみると、コーチからの球を強く決めに来る人がいて、足元強打、私の正面のネットに球がバシバシ当たる。顔を見ても親のカタキをとるかの如く。こちら側は一度失敗したらNOチャンスなので交代しなくてはいけないのです。足元、ワイド、高いロブ。この人、相手に練習させない気満々なのかな?仕方ないので自分が並んでいる時は、ロブがアウトの時はコールしてアピールしてました。こちら側の失敗でなければやり直しさせて貰えますから。

もちろん、そんな厳しい球を拾って繋げ、次に決めることのできる人がいます。
私は拾える球が少ないのです。

決めてきた球も拾いたい!でも、あの速さにはついていけない。とくに今日は咄嗟にしゃがむことを避けてきたから、拾えなかった。
終わり間際のコーチの話。今日はゆっくりとした球のラリーでした。普通はあの三倍のスピードだから、頑張りましょう。

青ざめて質問したら、コーチは、「サークルの仲間は皆さんブリ婆さんにはゆっくりと丁寧な球を送っていたけどな。」と言うのです。
足元に強打されていたと思うのは、私の誤解?
あとで皆さんに聞いたら、確かに某さんは決めボレーをしていたよね〜という話になり、少しホッとしました。

でも、私のレベルが低い。イコール 認識が甘い。 イコール 捕れる球が少ない。
そのあと、ゲーム形式をしたのですが、私が必死でリターンをした球は、良い球になっていないから前衛さんのチャンスボールにはならないし。私が前衛にいる時に後衛が前の並行陣にハイボレーを余裕で打てる球を送って、私もそれを見てサービスラインに下がってしまいました。だって正面なんですよ?恐怖の強打を笑顔で打つ人なんで。
でも、私が下がったせいで、ストレートに決め易かったと思います。私は逃げてしまいました、次の正面からのストレート、ビシッと横に打って貰って、ああ助かったーと思いました。でも、先に下がった後に《甘かったらとるぞ〜‼︎》という気持ちがあって最後の手段的なプレッシャーをかけれれば、相手もサイドアウトしたかもしれません。いや、討ち取られてたかな?先週はその方のハイボレーが見事に胸の谷間に直撃された方がいましたし。

球が怖いと言ったら、コーチにブリ婆さんは試合に出られないね、初心者クラスで細々やっていくか、いや最近の初心者クラスもすごく上手だからね〜と笑顔で言われました。
コレたぶん、あなたはテニスなんか辞めた方が良いわよ。という意味かなと思います。
テニスもどきの甘々サークルがあると聞いたこともあります。確かに私にはそういうことしかできないかもしれません。

とにかく、コーチの頭の中には、テニスもどきというジャンルはないでしょう。運動能力にたけた人には、できない人の気持ちが良くわからないのでしょう。
そして、私には未だに《捕れなくても仕方ない球》と《捕りにいけたでしょう?球》の違いが良くわからないです。ちょうど一年前にコーチにすごく叱られて。確かにできないことがすごく多いし、諦めるし、できないとめげるし、できない練習に萎えるし、欠点ばかりと言われました。全部当たっています。
だからこそ、とにかく練習ではすべての球を捕りたいし、捕りにいきたい!でも、あの三倍速でボディーに打たれたら、

泣いてもいいですよね??

とりあえず、ストロークでは、先に下がって対処する方法を教えて貰っているので、球の速さを早めに感じられて、足がきちんと動けば、うまく打ち返していける可能性が増えてきました。ただ、少し欲も出て、追い込まれているくせにこちらもガツンと打てるような気がして、ネット上部に当てる失敗もまた増えてきました。
ボレーでは、ストロークより近距離なので、先ほどみたいなケースでハイボレーを打たれる、どこを狙っているかなかなかよめず、逃げてばかりになります。

私は、やはり打ち込まれたくない気持ちよりは、打ち込まれた球を拾って次に繋げたい気持ちが強いのです。

ああ良かった、メンタルもだめかと思いましたが、なんとかなりそうです。拾える球を増やします。
強打が来る!と思うと、力が入ってしまいますが、ドッジボールでも、逃げ切る専門でしたからなんとか逃げも戦法の一つとして、次の球を拾っていきたいです。あの時のフォアのハイボレー、アドにいた彼女の向きからは当然、センターより右側の私側に打つのが一番簡単でした。(今考えてみると)だからこそ怖かったのですが、こちらは右側にいたので虎視眈々と待っていれば私の正面を通過して私のフォアボレーの打てるところに球が来るように体を持っていくことが出来るかもしれません。
弱虫で運動音痴でも、やはりテニスを続けたいです。コーチだって私みたいな生徒ばかりに取り囲まれていたならストレス溜まると思いますが、他にもたくさん素晴らしい生徒が多いのですから、少しはガマン出来ると思います(^ ^)。

ああ私ってばある意味コーチの修行に役立つ人材かもしれません*\(^o^)/*。

とりあえず、腰を傷める前に筋力をつけて頑張ります。

カテゴリー: テニス用語と常識がわかりません(涙) | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。