日別アーカイブ:

ぶつけられては、いなかった!!

昨日のレッスンで、そしてその後じっくり自分で図解してみたら……。

なんと!

私はサークルの皆様に、《ボレーで正面を狙われてしまう、可哀想なシンデレラのような人》ではありませんでした。
しかも、トロくさいだけの人間、でもありませんでした。

心の中で、ずいぶんたくさんの方々をたくさんの回数、イケズな悪人認定していたことをお詫びしなくては。

レッスンの中のドリル。片方のコートに二人ボレーヤーが立ちます。
その正面のアドコートの方にボレーヤーがサービスライン付近に立ち、その人がメインです。
メインボレーヤーの左斜め(二人ボレーヤーがいるコートの右外側)にコーチが位置してメインボレーヤーに球出しをします。
メインボレーヤーは、フォアボレーの練習です。
球出しの球を自分の正面にボレー(ストレート)、斜め前にボレー(逆クロス)と打ち分けます。
受ける側の2列のボレーヤーは2球やったら交代です。メインボレーヤーのいない方へボレーします。

受ける側にいる時は飛んできた球をどちらのボレーをしても良いとなっていたのですが。
メイン側にいる時、なかなか上手く出来ないのです。足を運んで頑張ろうと思っても上手く出来ません。
コーチの球がそのうち正面ばかりに来る気がして怖くて仕方ないです。

「コーチ、ボールが正面に飛んでくるから、上手く出来ません!」
「知らないよ〜〜。私はさっきから同じ方向にボールを出してるだけだよー!」
「ボールに向かって突っ込んでいるんじゃないの?」
私はそんなことをしていないのに〜(^◇^;)。
「どうすればいいんでしょう?」
「知らないよ〜。自分で考えなさい。何でも聞くんじゃありません。」

たまに上手くいくけど、なんか変。何か違和感。自分で工夫しようとして、とりあえず球の弾道から身体を左に逃がし。右にセットしたラケットにボールの弾道がいくようにしたら、また少し楽に成功。
でも、成功例を増やす前に自分の番は終わりました。
メインボレーを終えたら、1人でひとカゴボールを拾う役。振り返って次にメインボレーヤーをする先輩の背中を眺めていたら。
構えたラケットにボールが誘われたかのように吸い込まれていく。そのラケットが素直に前に動くとストレート。素直に右斜め外に動くと逆クロスに飛んでいきます。それだけ。劇的な事件、正面のボールに討ち取られそうになり、ギャーと叫んで逃げるという事件が起こりません。ただ淡々とドリルは進み、受ける側もすごくやり易そう。

私が球拾いしている時はウチのサークル、平和でまともです。

うーん、良くわからないけど、ボレーは
私がうつんだーー!と突進するものではなくて
ラケットさまをセットしてラケット様に仕事をしていただく気持ちでいる方がムダな動きをしなくて安全かも。

私はビリから2番手だったので、昨日はそれをやり直すチャンスはありませんでした。でも、先輩の背中、そして先輩のラケット様のお仕事ぶりを後ろから見たのは収穫でした。

家に帰って、《だから、フォアボレーのために私の右にいるラケット様にお仕事をして頂きたい》ならば。
《邪魔なブリ婆の身体が左に引っ込んでいれば良い》わけで。
あれれ⁇私はフォアボレーを打つ時は、1: 右足を右斜めにステップ、2:左足を踏み込む。
で打つと決めているのに。それで今まで基本のボレー練習をこなしてきたのですから。
あ!基本のボレー練習って。
2列に並んで、フォアボレーさせる時は正面にいるコーチから私の右外に球が飛んできていました。
バックボレーさせる時は、私の左外に球を出してくれていました。
ボレーの打ち方を覚えるための優しい練習の記憶の中で、私は今までずっと生きてきたのです。

左斜めから球出しされていたのに、今日はフォアボレー限定とばかりに右斜めに右足をステップしていたら。

《私の身体は、わざわざ球の弾道へと移動していたのです》
右にあるラケットにボールを当てたいと思いつつ、身体を左に逃がしていくどころか右に移動して球の弾道にいたのです。

一生懸命になるあまり、頭の中にある基本に忠実な行動をとろうとして、素直に身体を動かすことをしなかったから、すごく居心地が悪く悩みながら、練習していました。

自分で考えなさいと言われたから、家に帰っても真剣に答えを探しました。それが、すごく良かったです。

バックサイドにいて左斜めから球が飛んできたら、私はいつもバックボレーしか選択肢がなかったのですが。
でも、フォアボレーが選択できるようになれる道がある。とまず知ることができました。

昨日のドリルを上手く出来るようになったら私はフォアボレーでストレートと逆クロスへとボレーが打てる!

そして、選択肢が増えたのですから、これから迷いも増えてしまいますが。
打つ前の身体の持っていき方が上手くなれば先輩のようにストレス無しにラケットに仕事をしてもらえて、現在の私のようにジタバタしなくて済むようになれる!
これは。
打つ前が大事。ですね。
そういえば、ストロークも打つ前に《どの方向へ打つか決めて球に近づいて行け》と教えて貰っていました。
ボレーの方が球も早く近づいてくるけど、足の決め、運ぶ距離は短いから、身体が覚えて動けるようになったら、役に立つ前衛になれるかもしれません。

私は、出来ていないことが多いけど、これから出来るかもしれないことたくさんあります。

とにかく、私は今までゲームレッスンでは思うようにボレー出来なかったけど。
足を運ぶ方法を習得します!!

とにかく、他の皆様が打った球の正面に回りこんでいき、それなのに他人様を疑うなんて本当に失礼でした。
反省します!そして頑張りますo(^_^)o。

カテゴリー: テニス用語と常識がわかりません(涙) | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。