ベルダスコの欠場の理由とは?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週アメリカはフロリダ州マイアミで行われている男子マスターズ1000大会のマイアミ・オープンは、ラファエル・ナダルやファン・マルティン・デル=ポトロが怪我を理由に欠場を表明しているけど、そんなネガティブな理由ではなくて欠場している選手が。

それは現在36歳のフェルナンド・ベルダスコ。

ベルダスコは今、奥さんのそばで時間を費やしているの。それはもうすぐ二人の第1子が誕生するからなの。

多くの選手が奥さんの出産の時は大会への出場を止めて付き添っているのが主流で、ベルダスコも同じように奥さんに付き添うためにマイアミの欠場を決めているの。

元気な赤ちゃんの誕生を祈ります!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、中国の60,000ドルのサーキット大会では、加治遥選手、予選を勝ち上がった村松千裕選手が1回戦で、予選を勝ち上がった岡村恭香選手が2回戦敗退でした。桑田寛子選手がベスト4でした。ダブルスでは、中国人と組んだ加治選手がベスト4、ウズベキスタン人と組んだ桑田選手が準優勝でした。

エジプトの15,000ドルでは、カジュル・アンジ=オベイ選手が2回戦敗退でした。メキシコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった菊池アナイス選手が1回戦敗退でした。細沼千紗選手がベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、西郷幸奈選手、予選を勝ち上がった西郷里奈選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは第3シードの西郷姉妹がベスト4でした。アメリカの15,000ドルでは、第6シードの宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。

国内は西多摩で25,000ドル大会が開催されて、今西美晴選手、尾崎里紗選手、美濃越舞選手、主催者推薦の川村茉那選手、松田美咲選手、中島美夢選手、荒川晴菜選手が1回戦で、第8シードの小堀桃子選手、日比万葉選手が2回戦敗退でした。第5シードの清水綾乃選手がベスト8でした。ダブルスでは、イギリス人と組んだ大前綾選手がベスト4、荒川&米原ペアーが優勝しました。

男子では、アメリカの162,480ドルのチャレンジャー大会では、第8シードのダニエル太郎選手が3回戦敗退でした。

中国の81,240ドルでは、第6シードの守屋宏紀選手、第7シードの杉田祐一選手、添田豪選手が2回戦敗退でした。

カナダの54,160ドルでは、高橋悠介選手が1回戦で、第15シードの内田海智選手が3回戦敗退でした。

メキシコの15,000ドルのフューチャーズ大会では、予選を勝ち上がった中川直樹選手が準優勝でした。トルコの15,000ドルでは、主催者推薦の柚木武選手が1回戦敗退でした。

国内は西東京で15,000ドル大会が行われて、第1シードの越智真選手、望月勇希選手、山崎純平選手、予選を勝ち上がった川上倫平選手、田沼諒太選手、主催者推薦の島袋将選手が2回戦敗退でした。第5シードの清水悠太選手、今井慎太郎選手がベスト8、仁木拓人選手、江原弘泰選手がベスト4、第3シードの関口周一選手が準優勝でした。ダブルスでは、韓国人と組んだ福田選手、木元&田中ペアーがベスト4、第2シードの今井&仁木ペアーが準優勝でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


初のタイトル&デルポ欠場!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

アメリカはカリフォルニア州インディアンウェルズで行われていたBNPパリバ・オープンは、男子シングルスがドミニク・ティエムが、女子シングルスがビアンカ・アンドレエスクが優勝しました。

ティエムはマスターズ1000大会では初優勝を飾ったのよね。

アンドレエスクはこれが自身初のWTAツアー優勝で、それをプレミア・マンダトリー大会で達成したの。これは去年の大坂なおみ選手に次ぐシンデレラ・ストーリー。大坂選手以上の驚きは、彼女は主催者推薦で出場しての優勝だったって言うこと。

大坂選手は当時世界ランク44位からの優勝で、アンドレエスクは世界ランク60位からの優勝。両者はその優勝後に発表された世界ランクで、初のトップ30入りを果たすことになったのよね。

アンドレエスクは大坂選手のように、更なるブレークを果たせるかしらね。

そしてティエムは今シーズン、体調を崩したことも影響して、4大会に出場するも3勝4敗の成績しか上げられずにいたから、優勝候補にも名前が上がっていなかったのよね。

そんなティエムが準決勝ではミロス・ラオニッチを、決勝戦ではロジャー・フェデラーを接戦の末に下して念願のマスターズ優勝を手にしたの。

ノヴァーク・ジョコビッチのまさかの早期敗退や、ラファエル・ナダルの棄権などラッキーな条件も重なったけど、やっぱり運も実力のうち。こうしてマスターズのタイトルを手にしたことは、また自信に繋がるはずね。

.
.
.
.

昨日のブログでお伝えしたファン・マルティン・デル=ポトロの膝の状態のことだけど、デル=ポトロは正式にマイアミ・オープンの欠場を決めましたね。

昨日お伝えしたような手術に踏み切るのかどうかはまだ明かされてはいないけど、ナダルの欠場に続いてトップ選手がまた一人欠場してしまいますね。

女子のシングルスのドローは発表になったけど、男子シングルスのドローは日本時間の明日発表の予定。ドロー抽選会前に欠場する決断を下したって言うことね。

本当にデル=ポトロは怪我に苦しめられ続けてしまうテニス人生ね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:27 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


デル=ポトロ、どんな決断を下すのか?

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ファン・マルティン・デル=ポトロの膝の状態がちょっと心配なの。

2月のアメリカのデルレイビーチ大会で復帰するも、準々決勝敗退。その後も現在行われているインディアンウェルズのBNPパリバ・オープンも前年度チャンピオンだったにも関わらず無念の欠場。

そして来週からマイアミで開催のマイアミ・オープンも欠場して手術を受けるかの決断に迫られているみたいだって、地元アルゼンチンのメディアが伝えているの。

現在30歳のデル=ポトロは去年はキャリア・ベストと言えるシーズンを送っていたのに、10月の上海のマスターズ1000大会の試合中に足を滑らせて膝をハードコートに強打。膝のお皿を骨折してしまったの。

2月のデルレイビーチで復帰したけど、更なる痛みを感じてしまっていたんだって。

伝えられたところによると、デル=ポトロは何人かの専門家に診てもらってPRP(多血小板血漿)治療を受けて来たらしいんだけど、その効果も限界に達してしまい、それ以上の回復には手術を受けるしかないのではとの見解に至っているんだって。でもその手術を受けると4ヶ月から6ヶ月のツアー離脱は必須になる見込みと言うことで、デル=ポトロはどうするか考えているところらしいの。

デル=ポトロはこれまでも、2010年に右手首の手術、その後も左手首に3度の手術を受けるなど、何度も長期離脱を経験していて、去年やっと2009年にUSオープンを制した頃のプレーに戻って来れて、自身初のマスターズ1000大会の優勝をインディアンウェルズで達成していたの。

そして世界ランキングも自己最高位を更新する3位を記録していたところで起きた上海でのアクシデントだったのよね。

本当に悲運のデル=ポトロ。手術を受けるのか、手術なしでの治療にするのか。それとも強行してマイアミにこのまま出場するのか。どんな決断を下すか、近日中にはっきりしそうね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:43 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ATPツアー・スケジュールの変更

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来年のATPツアーのスケジュールがこれまでとちょっと様変わりするようね。それはまずは年明けに初めて開催されるATPカップから。

ATPカップはオーストラリアの3都市で行われるもので、それはブリスベンとシドニーでの開催が決まっていて、残る1都市はこれから決定するもの。

その大会はシーズン開幕した来年1月3日から12日の9日間に亘って行われるもの。

そして全豪オープン直前には、アデレードでATP250大会が、ニュージーランドのオークランドの大会と同時に開催されるの。

そしてATPカップが1月12日に終わることから、全豪オープンは1月20日からのスタートと、今年と比べて1週間遅くなるわ。

毎年開幕戦としてインドのプーネで行われていたATP250大会は全豪オープンが終わってからフランスのモンペリエ大会とアルゼンチンのコルドバ大会と同じ週に開催されるんだって。

2016年から2019年までその時に一緒に開催されたブルガリアのソフィア大会は9月下旬へと移動して、中国の成都大会と珠海大会と同時に開催されるようね。

これまでウィンブルドンの前哨戦として開催されていたトルコのアンタルヤ大会はイタリアかスウェーデンの都市へと移動されるらしいわ。

デビスカップの準々決勝は3月初めのインディアンウェルズのマスターズ1000大会の前に行われるの。

東京オリンピックは7月の終わりに行われて、その1週間後にカナダでのマスターズ1000大会のロジャーズ・カップが開催される。

そして、マスターズ1000大会のマドリッド大会、ローマ大会、上海大会がインディアンウェルズやマイアミのように11日間、96ドローでの開催となる予定。

来年はオリンピックがあるから、余計にスケジュールがちょっと変わってくるけど、新しいスタイルの大会のATPカップや、マドリッド、ローマ、上海が新しくより大きな大会になって、更に男子ツアーがおもしろくなりそうね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:21 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、大坂選手敗退&悔しい西岡選手

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われたBNPパリバ・オープンでは、男子シングルス3回戦で錦織圭選手がフーベルト・フルカッツにまたしても敗退しちゃいましたね。

出だしから悪くないプレーだった錦織選手。第2セットの4ー4からの第9ゲームで錦織選手が2本ブレークポイントを握りながら取りきれず、次の錦織選手のサービスをブレークされてほのセットを落としてから、流れがフルカッツへ行ってしまったような感じでしたね。

錦織選手、これまでもロジャー・フェデラーやノヴァーク・ジョコビッチ、ラファエル・ナダルなど、ツアーを牽引するような頭一つ飛び出た選手以外で、苦手と言うかなぜか勝てない選手が何人かいたけど、フルカッツがそんか苦手意識を抱えてしまうような選手になってしまうのかも知れないと思わせる試合展開でしたね。

フルセットの勝率が1位と言われていた錦織選手だけど、今シーズンのここまでの敗戦3試合(全豪でのジョコビッチの棄権敗退を除いて)全てフルセット負け。

しかも、前回大会のドバイとこのインディアンウェルズと2大会連続でフルカッツにフルセット負けは、ちょっと頂けない敗戦となってしまいましたね。

でもすぐ次にマイアミでのマスターズ1000大会が控えているから、テーピングが気になった左ふくらはぎをしっかりケアしてマイアミへ臨んでもらいたいわね。

同日行われた女子シングルス4回戦では大坂なおみ選手もベリンダ・ベンチッチの前にストレートで敗れてしまいました。

正直、ベンチッチは本当に良かった。加えてそれまで好調だった大坂選手のサービスのレベルが下がってしまったのは、ベンチッチを助けてしまいましたね。

初戦の2回戦ではファーストサーブは71%で入っていて、3回戦でも66%だってのに対して、4回戦では50%と半分しか入らなかったの。

セカンドサーブでも2回戦は55%でポイントを獲得していて、3回戦では71%だったのに対して、ベンチッチ戦ではわずか38%と、ベンチッチが大坂選手のセカンドサーブをしっかり攻めていたのが分かりますね。

一方のベンチッチは、終始サーブが良かった。大坂選手へ反撃の糸口を掴ませなかったわよね。

ベンチッチはこの大会前のドバイで、2015年8月以来となるWTAツアー優勝を果たす好調さを維持していますね。

そんなベンチッチからの敗戦に大坂選手はあまり落ち込んではいないようで、次のマイアミへ向けて新しいチームと前向きに向かって行っているようね。

そのマイアミは去年は3回戦敗退だったから、今回とは逆にポイントを稼ぐチャンス。シモナ・ハレプも敗れてしまい、大会明けのランキングでも1位が確定している大坂選手。

マイアミでは上位進出に期待しましょう。

そして日本時間今朝行われた男子シングルス4回戦では、西岡良仁選手が無念の途中棄権での敗退となってしまいましたね。

途中から右の腰をかなり痛そうにしていた西岡選手。マスターズ1000大会初のベスト8の可能性も高かっただけに、本人もかなり悔しそうでした。涙があふれてしたね。

それでもテニス自体はかなり良い流れになっているから、しっかり体を治してね。次のマイアミは、痛みがかなりあるようで、スキップする決断にしたとか。悪い状態じゃないことを祈ります。

それから来週から始まるマイアミ大会だけど、大坂選手のお姉さんの大坂まり選手が主催者推薦で本戦へ出場することが決まったんだって。

大坂まり選手に取って初めてのWTAツアー大会。まり選手のプレーも見れるかも知れないわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの25,000ドルのサーキット大会では、第4シードの桑田寛子選手、華谷和生選手、荒川晴菜選手、予選を勝ち上がった上田らむ選手が1回戦で、第8シードの井上雅選手が2回戦敗退でした。

中国の15,000ドルのサーキット大会では、予選を勝ち上がった高山千尋選手が1回戦敗退でした。エジプトの15,000ドルでは、カジュル・アンジ=オベイ選手がベスト8でした。

チュニジアの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった秋山みなみ選手が1回戦敗退でした。トルコの15,000ドルでは、西郷里奈選手が2回戦敗退でした。第7シード西郷幸奈選手がベスト4でした。ダブルスでは第2シードの西郷姉妹がベスト4でした。

国内は横浜で25,000ドル大会が開催されて、日比万葉選手、予選を勝ち上がった大前綾希子選手、主催者推薦の平田歩選手が2回戦敗退でした。佐藤南帆選手、予選を勝ち上がった岡村恭香選手がベスト8でした。ダブルスでは、台湾人と組んだ奥野選手がベスト4、インド人と組んで第2シードの大前選手が準優勝でした。

男子では、中国の54,160ドルのチャレンジャー大会では、徳田廉大選手選手が2回戦敗退でした。第4シードの守屋宏紀選手がベスト8、内田海智選手がベスト4でした。ダブルスではセルビア人と組んだ守屋選手がベスト4でした。

オーストラリアの25,000ドルのフューチャーズ大会では、田沼諒太選手、予選を勝ち上がった竹田直樹選手、中村錬選手が1回戦で、岡村一成選手が2回戦敗退でした。第6シードの清水悠太選手、野口莉央選手がベスト8、第4シードの関口周一選手がベスト4でした。

エジプトの15,000ドルでは、主催者推薦の大西賢選手が1回戦敗退でした。

国内は西多摩で15,000ドル大会が行われて、市川泰誠選手、福田創楽選手、齋藤惠佑選手、菊地玄吾選手、望月勇希選手、西脇一樹選手、ラッキールーザーの片山翔選手が2回戦敗退でした。田島尚樹選手、予選を勝ち上がった正林智大選手がベスト8、島袋将選手、山崎純平選手がベスト4、今井慎太郎選手が優勝しました。ダブルスでは、江原&片山ペアーがベスト4、第1シードの今井&仁木ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:38 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


西岡、大坂の勝利者&マレーのリハビリ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

日本時間の今朝行われたBNPパリバ・オープンでは、シングルス3回戦で西岡良仁選手と大坂なおみ選手がいずれも勝って4回戦進出を決めましたね。

西岡選手の試合が先に始まって見ていると、徐々に試合は西岡選手へと傾いて、試合はフルセットへ。その頃には大坂選手も試合が始まってました。

そして西岡選手は第3セット、5ー1とリードする展開。そしてマッチポイントを握っていたの。大坂選手はまだ第1セット目だったから、西岡選手の試合の応援してたら、あれよあれよとアレックス・オジェ=アリアシムに挽回されてしまってタイブレークへ。

大坂選手は第1セットを終盤で突き放して先取すると、第2セットは序盤からリードして安心して見ていられる展開へ。

やっぱりそうなると西岡選手の応援へ!反撃を許した西岡選手、流れはオジェ=アリアシムに行っていて、タイブレークもリードされてしまっての。

でも3ー5から3ポイント連取して握った4本目のマッチポイントをしっかり決めて見事なガッツポーズを見せてましたね。

大坂選手も、全豪オープンでベスト4まで勝ち上がっていたダニエル・コリンズを後半は圧倒してました。

そう言えば2回戦の時も同じ時間に試合をしていた両者だけど、ベスト8進出をかけて大坂選手は日本時間の明日の午前中にベリンダ・ベンチッチと対戦します。

西岡選手はその翌日に試合となりますね。明日、午前3時からは錦織圭選手の3回戦があります。ドバイで敗れたフバート・フルザックと対戦。リベンジ果たせるかしらね。

.
.
.
.

3月7日のブログでアンディ・マレーの術後の怪我の状態についてお伝えしたけど、その後のリハビリのことについて情報が入ったのでお伝えします。

マレーがリハビリについて語ってました。

「例えば昨日は、45分間フィジオからの治療を受け、1時間プールでのリハビリ、その後また1時間ウェート・トレーニング、15分から20分バイクとクロス・トレーナーによるマシンでのトレーニングをして、それから家へ帰って歩行の訓練として反重圧トレッドミルでのマシン・トレーニングを自宅でしている。」

「この18ヶ月、ずっと足を引きずるように歩いていて、今でも痛みがなくなったにも関わらず、この椅子から立ち上がるとまず頭に思うのが足を引きずってしまうこと。だから、それを克服するためにトレーニングをしている。マシンで約40分ほど歩行訓練をしている。そのマシンでは体重のバランスを取れるようになる。今は体重の85から90%を乗せられるようになった。それはとても良いこと。」

「だいぶ上手く歩けるようになっている。それからプールで30分ほど、その後45分ほどウェート・トレーニングして、股関節の可動域を広げるようにリハビリしている。最初にそれを放置してケアをしないと、元に戻るのが最も難しいもの。」

「長い時間をかけて筋力を作り上げているが、もしただ座っていて股関節の可動域へ何もしなかったら、股関節回りが硬くなってしまう。だからそこを重点的にやっている。他の部分はだいたいOKだが、股関節の可動域がまだまだ。」

ゆっくりだけど、順調に回復へ向かっているみたいね。痛みはないようだけど、股関節の状態がもっと良くなってテニスができるようになって、どんどん激しい練習を行って痛みが再発しなかったら、きっと復帰も考えるはず。

まだまだ時間はかかりそうだけど、しっかりリハビリとトレーニングをして帰って来るのを待ちましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:27 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


衰え知らずのカルロビッチ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ATPツアー最長身2メートル11センチのイヴォ・カルロビッチ。2月28日に40歳になって初めての大会が現在出場しているアメリカはインディアンウェルズのBNPパリバ・オープン。

今季最初のマスターズ1000大会であるBNPパリバ・オープンでは1回戦ではマシュー・エブェンをストレートで下すと、2回戦では世界ランク11位で第11シードのボルナ・チョリッチとのクロアチア対決もストレートで制して2011年にベスト8入りして以来となる3回戦へ駒を進めたの。

2008年8月に自己最高位の世界ランク14位を記録したカルロビッチだけど、去年の9月には一時138位までランキングを下げてしまったの。そのランキングは、2013年7月に167位なった時以来に低いもの。

昨年のUSオープン後はランキングを戻すためにチャレンジャー大会へと主戦上を移して5大会に出場。13勝4敗の成績を出して世界ランク100位で2018年を終えたの。

2019年はシーズン開幕戦のインドはプーネ大会で準優勝し、全豪オープンの2回戦では錦織圭選手と大接戦を演じるも惜しくも敗退。その後は3大会連続初戦負けで30代を終えたの。

40歳になってBNPパリバ・オープンで好調なプレーを見せているカルロビッチは「まさに40代は新しい30代だと思っているから、まだ若者になっている。」って、フレッシュな気持ちでいることを明かしていたの。

「40代は好き。どの大会でも何かで最年長。まだこうして現役を続けられているのは明らかに良いことだし、そうしていたい。願わくばまだまだ続けられたらと思っている。」

「もし駄目でもそれも良いこと。家族はそこまで一緒にツアーを回ることはできない。家族を置いて行くのはとても嫌。彼らも悲しいし自分も悲しい。あまりそうはしたくない。」

こうしてまた世界の舞台で戦えるようなランキングに戻ったカルロビッチは「今は全てがより良くなっている。また勝ち始めると、全てが良くなる。この生活が永遠に続かないのは分かっている。だからできる限り何とかやり通せるように努めている。」と気持ちを語ってました。

4回戦進出をかけて、同じように快進撃を続けているインド出身で予選を勝ち上がったプラジュネシュ・グンネスワランと対戦します。

グンネスワランは現在29歳ながら、今年の2月にやっとトップ100入りを果たした遅咲きの選手なの。

彼は2008年に大会へ出場し始めるも、2009年からツアーから離れて2012年からまた参戦。2014年に467位までランキングを上げたけど、その後も満足にツアーを戦えず2015年2月から6月まではランキングが消滅していたの。

そんな彼も2015年8月からはコンスタントにツアーを回れるようになって、徐々にランキングを上げて来たのよね。

そんな勢いのあるグンネスワランか、40歳になっても衰え知らずのカルロビッチか。どちらが4回戦進出を果たすかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:33 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ラドワンスカの引退セレモニー!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨年の11月に引退を表明したアグニエスカ・ラドワンスカ。今週の水曜日に30歳になった彼女だけど、近年は怪我に苦しんだ結果の決断だったのよね。

キャリア通算20回の優勝を飾り、自己最高位の世界ランク2位を記録したラドワンスカ。2008年から2016年の9年間で8回トップ10でシーズンを終えるなど、高いレベルを安定して維持していたのよね。

そんな彼女、祖国ポーランドのクラクフで引退セレモニーのようなものが催される予定なんだって。

5月21日にクラクフのタウロン・アリーナで開催されるようで、親しい友人でポーランドの血筋を持つカロリーン・ウォズニアキやアンゲリック・ケルバーが参加してエキシビションをするんだって。

2017年シーズンから腰の怪我に苦しんで治療を続けたけど、2018年になるとその痛みは増すばかり。そしてラドワンスカは13年のプロテニス人生に終止符を打つ決断に至ったの。

今は30代になっても現役を続けている選手がたくさんいるWTAツアーだけど、ラドワンスカのように怪我に苦しめられた結果、なくなくツアーを去る選手もいるのよね。

最後は祖国のファンの前で楽しい時間を過ごして欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:26 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


マレー、痛がなくなり復帰へ意欲!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2016年シーズン、特に後半戦の勢いは他を圧倒するプレーを見せていたアンディ・マレー。そしてそのシーズンを世界ランク1位で終えたの。

でもそんなプレーが彼の体に大きな負担をかけていたのよね。股関節に激しい痛みが生じてしまい、2018年シーズンを満足な形で戦うために2017年はウィンブルドンを最後に治療と休養に当てる決断を下したの。

手術を回避して治療に専念して臨んだ2018年だったけど、痛みはほとんど消えることはなく、結局1月に手術へと踏み切ったマレー。2018年シーズンも苦しいものとなってしまったの。

そして今年の全豪オープンの時は、治療をしても手術をしても取れない痛みを涙ながらに語る姿が印象的でしたね。そしてこの痛みが取れない限り引退を示唆する発言も話題となりました。

そして1月の終わりに再び手術を受ける決断をしたマレー。その手術は、痛めている大腿骨の付け根に人口骨頭を埋め込むもので、「表面置換型人口関節術(Birmingham Hip Resurfacing)」と言うものなんだって。

今週の水曜日に、イギリスはロンドンにあるクイーンズ・クラブでの会見に登場したマレーは、新しいウェア契約のカストーレのプロモーションに訪れ、その会見では今はほとんど痛みがなくなっていることを明かし、この状態が続けば復帰したいとの意向を示したの。

「プレーを続けたい。それはオーストラリアでも言ったこと。問題は、それが可能かどうかと言うこと。手術を受けて以来、これまでの12ヶ月より遥かに今は幸せだと感じている。もう股関節に痛みはない。長い間かなりの痛みを抱えていた。」

「リハビリはゆっくりやっている。しかしとても良い状態。今後どんな風になって行くかを知るにはもうしばらく待つ必要がある。もし可能なら、またプレーしたい気持ちはかなりある。引退した時に何がやりたいかは、その時に考えたい。」

「テニス以外にも興味があるものはある。もし、コーチングやコメンテーター業などがしたいのなら、それは止める時にもっと決める必要がある。それらを除外することは将来においてきっとないだろう。」

ってマレーは復帰への気持ちが大きくなっていることを明かしていたの。つまりは、それほど今の状態が良いってことよね。

ただ復帰へ向けて激しいトレーニングと練習を再開したら、手術した部分がどんな反応を示すか、痛みの再発はないか、パフォーマンスはどの程度戻って来るか、などなどまだ検証しなければならないことはたくさんあるはず。

でもプレーを続けたいって言う気持ちが強いのなら、きっとマレーがまた元気にコートを駆け回る姿が見られるはずよね。信じて待ちましょう。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、中国の15,000ドルのサーキット大会では、山口芽生選手が1回戦敗退でした。川村茉那選手がベスト8でした。ダブルスでは、中国人と組んだ山口選手が準優勝でした。

エジプトの15,000ドルでは、カジュル・アンジ=オベイ選手がベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった細木咲良選手、西郷里奈選手が1回戦で、予選を勝ち上がった松田三咲選手、清水映里選手が2回戦敗退でした。西郷幸奈選手がベスト8でした。ダブルスでは西郷姉妹が優勝しました。

国内は大阪で25,000ドル大会が開催されて、美濃越舞選手、左藤南帆選手、予選を勝ち上がった加治遥選手、井上雅選手、主催者推薦の牛島里咲選手、こざきみお選手が1回戦で、桑田寛子選手、予選を勝ち上がった今西美晴選手、本玉真唯選手、主催者推薦の牛島萌夏選手が2回戦敗退でした。第6シードの清水綾乃選手がベスト8でした。ダブルスでは、台湾人の組んだ瀬間選手がベスト4、牛島&米原ペアーが準優勝でした。

男子では、アメリカの162,400ドルのチャレンジャー大会では、綿貫陽介選手が2回戦敗退でした。

国内は横浜の54,160ドルでは、高橋悠介選手、徳田廉大選手、羽澤慎治選手、越智真選手、ラッキールーザーの今井慎太郎選手、主催者推薦の上杉海斗選手、甲斐直登選手が1回戦で、第4シードの守屋宏紀選手、内田海智選手、主催者推薦の今井昌倫選手が2回戦で、第1シードの伊藤竜馬選手、第7シードの添田豪選手が3回戦敗退でした。第3シードの杉田祐一選手がベスト4でした。

オーストラリアの25,000ドルのフューチャーズ大会では、予選を勝ち上がった中村錬選手が1回戦で、第6シードの清水悠太選手、田沼諒太選手、予選を勝ち上がった岡村一成選手が2回戦敗退でした。野口莉央選手がベスト8、第4シードの関口周一選手がベスト4でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:47 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラーの嫌な思い出!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先週、アラブ首長国連邦のドバイの大会で優勝し、キャリア100タイトルを獲得したロジャー・フェデラー。ドバイ大会との相性も良く、先週の優勝は実に8回目だったの。

そんな大会だけど、フェデラーが初めて出場したのは2002年の時で、実は彼その時に嫌な思いをする出来事があったんだって。

その時二十歳のフェデラーは2回戦で負けちゃったんだけど、ライナー・シュトラーに3ー6、1ー6と完敗。その負けか方がわざと負けたように見えたらしく、当時の大会主催者がATPに対してフェデラーに罰金を課すようにとの申し入れをしたんだって。結局罰金にはならなかったんだけどね。

「あの時はちょっとトリッキーな状況だった。なぜなら、シングルスもダブルスも2回戦へ進んでいたから。わざと負けたと疑われていた。2回戦でわざとだって?シュトラーとの試合の最後の数ゲームはとてもイライラしていた。あの時はまだ若くてバカだった。自分のテニスにイライラしてしまった。やたらウィナーを取りに行ってしまった。」

「大会主催者は自分のプレーを見ていて嬉しくなかったようだ。でもATPツアーからは、あなたがわざと負けるようなことはないはず。ロジャーは一生懸命やった。だから大丈夫だと言われた。そして翌年また大会へ戻って証明した。前年より4試合多く勝って優勝したんだ。それが実際あったこと。時には厳しい方法で学ばなければならない。」

そうフェデラーは振り返ってました。

こんなに長く現役を続けていたら、それは色んなことがあったはず。若かりし頃の自分の振る舞いにも反省させられることもあるのは誰でも一緒なのかも知れないわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ