カテゴリー別アーカイブ: 未分類


日本人女子選手の活躍!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

海外の大会で日本人女子選手が活躍してますね。

タイのホアヒンで行われているWTAインターナショナル大会のタイランド・オープンでは、第8シードの日比野奈緒選手が準々決勝で世界ランク4位で第1シードのエリーナ・スヴィトリナをストレートで下してベスト4進出を決めました。

現在世界ランク84位の日比野選手は、第1セットでは先にブレークしつつも4ー3からの第8ゲームでブレークバックを許して4ー4に追い付かれたものの、続くゲームで再びブレークすると、そのセットを先取。

第2セットは一気に5ー0とリードする素晴らしい展開へ。そこから2ゲーム取られたものの、最後はセンターへ鮮やかなサービスエースでゲームセット。

今夜行われる準決勝では、予選を勝ち上がった世界ランク283位で19歳のレオニー・クングと対戦します。

世界ランクだけを見るとかなり差があるようだけど、一度コートに立ったらランキングは関係ないのよね。その証拠に、日比野選手も世界4位のスヴィトリナをストレートで下しているんだから。

クングは予選2試合をストレートで勝ち上がると、本戦でも2回戦で第7シードのズー・リンをストレートで、準々決勝でも第3シードのワン・チャンをフルセットで下すなど、上位選手を下す快進撃。

自身2度目のWTAツアー本戦で初のベスト4入りを果たしている勢いに乗る19歳。

日比野選手は、ベスト4の4選手中唯一1セットも落とさない勝ち上がりを見せていて、ここまで絶好調。

19歳の若手相手に気を抜かず、去年9月に広島で開催された花キューピット・ジャパン女子オープンで優勝して以来の決勝戦の舞台&優勝を目指して欲しいわね。

日比野選手はこの勝ち上がりで70位台中盤へジャンプ。自己最高位の世界ランク56位の更新を今シーズンは目指して欲しいわね。

そしてロシアはサンクトペテルブルクで行われているWTAプレミア大会では、ダブルスで第1シードで出場している青山修子&柴原瑛菜ペアが決勝進出。

今夜は試合が予定されてなくて、決勝戦で対戦するペアが決まります。明日の決勝戦へ向けてしっかり調整してもらいましょう。

現在、ダブルスの世界ランクで自己最高位にいる両者。青山選手は24位。柴原選手は29位。今回の勝ち上がりで更に更新することになるわね。

今季初優勝を飾れるように日本から応援しましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラー、今年のクレーシーズンは?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

このところ毎年この時期になると、ロジャー・フェデラーの今後のスケジュール、特にクレーコート・シーズンのスケジュールについての噂話が沸き起こって来るわね。

今年も例外ではないわ。去年は、久しぶりにクレーコート・シーズンに大会へ出場したフェデラー。マドリッドとローマでベスト8、全仏オープンでベスト4と好成績で終えたわ。

フェデラーは2016年シーズンを膝の手術のためにベスト4入りをしたウィンブルドンを最後に早めにシーズンを切り上げていたの。

そのシーズンは芝のシーズンへ向けてモンテカルロ、ローマと出場しつつも全仏オープンは欠場していたのよね。

そして復活を果たした2017年と2018年はクレーコート・シーズン全てをスキップしたんだけど、去年は2016年以来となるクレーコート大会に出場し、2015年以来となる全仏オープンにも出場を果たしたの。

彼のエージェントのトニー・ゴシック氏はフェデラーがスケジュールを公にするまえに、今年もフェデラーがマドリッドとローマに出場するのではと言う噂を否定するコメントを出しちゃっていたの。

もちろんまだフェデラーからも大会主催者からも公の発表は出されてはいないけど、今年フェデラーは全仏オープン前にはクレーコート大会への出場は予定していないようね。

今シーズンのクレーコート・シーズンは全仏オープンに唯一出場すると見られてます。

フェデラーが次に出場するのは、今月24日からアラブ首長国連邦のドバイで開催するATP500大会で、続いて3月にはインディアンウェルズとマイアミのマスターズ1000大会に出場することになっているわ。

クレーコート・シーズンは、それらの大会に出場した結果次第なのかも知れないわね。好成績が続けば全仏オープンまで休養に当てるだろうし、早期敗退とかしてしまったら、もしかしたら去年のポイントを守るために大会へ出場するかも知れないわ。

フェデラーなら直前の申し込みでも大会主催者はワイルドカードを同然与えるだろうしね。まずは、ドバイでのプレーを楽しみにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:03 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ペトコビッチが手術!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

元女子世界ランク9位のアンドレア・ペトコビッチが先週の金曜日に左膝の手術を受けたことを自身のインスタグラムで報告してました。

彼女は今シーズンが始まってからも、体が万全な状態ではないと言うことから全豪オープンなどを欠場していたのよね。

2011年10月に自己最高位の9位を記録したペトコビッチ。そのシーズンはウィンブルドンを除く3つのグランドスラム全てでベスト8入りする活躍を見せていたの。

金曜日の手術は無事に成功して、今後6~8週間の治療とリハビリが必要らしく、復帰は早くても2ヶ月は先になりそうね。

ペトコビッチが最後に公式戦の舞台に立ったのは昨年10月のルクセンブルク大会。早くまた元気なプレーを見せて、勝利のペトコビッチ・ダンスを披露して欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの100,000ドルのサーキット大会では、日比万葉選手が1回戦敗退でした。

オーストラリアの25,000ドルでは、鮎川真奈選手、荒川晴菜選手
清水綾乃選手、牛島里咲選手、華谷和生選手、予選を勝ち上がった佐藤久真莉選手が1回戦敗退でした。佐藤南帆選手がベスト8、第6シードの清水綾乃選手がベスト4でした。ダブルスでは、第4シードの清水&牛島ペアーがベスト4でした。

タイの25,000ドルでは、村松千裕選手、予選を勝ち上がった美濃越舞選手、内島萌夏選手が1回戦で、波形純理選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、中国人と組んだ内島選手がベスト4、中国人と組んだ井上選手が準優勝でした。

スロバキアの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、奥野彩加選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、中国人と組んだ奥野選手が優勝しました。

メキシコの15,000ドルでは、古谷美智留選手、予選を勝ち上がった岸上歌華選手、主催者推薦の内山ほのか選手が1回戦敗退でした。相川真侑花選手がベスト8でした。

スペインの15,000ドルでは、吉冨愛子選手が1回戦で、緒方葉台子選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、第2シードの吉冨&緒方ペアーがベスト4でした。

男子では、アメリカの108,320ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が1回戦で、綿貫陽介選手が3回戦敗退でした。

オーストラリアの54,160ドル大会では、野口莉央選手、予選を勝ち上がった田島尚樹選手が1回戦で、第3シードの伊藤竜馬選手、ラッキールーザーの田沼諒太選手が2回戦敗退でした。

タイの25,000ドルのフューチャーズ大会では、山崎純平選手、予選を勝ち上がった望月勇希選手が1回戦敗退でした。越智真選手がベスト8でした。ダブルスでは、望月&越智ペアーがベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、山中太陽選手、予選を勝ち上がった清水一輝選手が1回戦で、羽澤慎治選手が2回戦敗退でした。

エジプトの15,000ドルでは、乾祐一郎選手が2回戦敗退でした。メキシコの15,000ドルでは、望月慎太郎選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:44 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


来週、キムが復帰へ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来週、アラブ首長国連邦はドバイで行われるドバイ・デューティフリー・テニス選手権に、キム・クレイステルスが復帰戦として出場することが決まりましたね。

クレイステルスは今シーズンの開幕からの復帰を予定していたけど、去年の11月に練習中に膝を負傷してしまい、復帰が延期になっていたの。

2月5日のブログでお伝えしたけど、先週末に行われた女子国別対抗戦へ出場するために練習していた祖国ベルギー・チームに合流して練習していたクレイステルス。きっと現役選手達との練習で手応えもあって、復帰を早めたのかも知れないわね。

クレイステルスは、その大会は今年で20周年と言う節目の大会で、そんな記念すべき大会で主催者からワイルドカードをもらえたことに喜びを表していたわ。

プレミア大会であるドバイ・デューティフリー・選手権は、世界のトップ選手が集うの。

世界ランク1位のアシュレイ・バーティは足の怪我を理由に欠場を決めてるけど、同2位のシモナ・ハレプ、同3位のカロリーナ・プリスコバ、エントリー・ミスをしながらもワイルドカードがもらえた同4位のエリーナ・スヴィトリーナ、同5位のベリンダ・ベンチッチ、同6位のビアンカ・アンドレエスク、同7位のキキ・ベルテンスなど、そうそうたる顔ぶれ。

そんな中でクレイステルスはどんなプレーを見せてくれるかしらね?!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、復帰はいつ?!?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

錦織圭選手の復帰がまた先伸ばしになりましたね。

2月17日から行われるアメリカのデルレイビーチ大会の欠場も発表されました。先月にはその前の週に開催されるニューヨーク大会の欠場も表明していたの。

右肘の手術からの復帰が長引いているかも知れないけど、これはもしかしたら東京オリンピックへ向けてプロテクト・ランキングを使って出場する方法を選んでいるのかも。

怪我などでツアー離脱した選手にはプロテクト・ランキングが適応されるんだけど、それは最後の公式戦の舞台に立ってから6ヶ月(26週間)経たないと使えないもの。

錦織選手の最後の公式戦は、去年のUSオープンの3回戦敗退で、これは8月30日だから、それから26週と言うと2月いっぱいになるの。

つまり、3月に復帰すれば、その後は9ヶ月間でワイルドカードなどを除き9大会まで使うことができると言うもの。

2月に復帰するとそれは適応されず、6月のランキングから出場権が決まるわ。

復帰をして、去年6月までに稼いだポイント全てが失われるわけじゃないけど、ランキングにとらわれて焦って大会へ出なくても、3月以降に復帰してプロテクト・ランキング(きっと10位くらい?)が確定すれば、東京オリンピックだけに照準を合わせて調整できるって言うわけ。

ランキングを気にしないのなら、オリンピック前に大会に出場せずに、十分な休養を取ることもできるしね。

3月のデビスカップでの復帰なのでは?って憶測が飛んでいるけど、来月の復帰なら復帰したあともじっくり右肘の状態を見ながらオリンピックを迎えられるからね。

って、全くの個人的見解ですが。錦織選手の近況報告を待ちましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


キム、ベルギーチームに合流

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2012年のUSオープンを最後に引退しながらも、今シーズンでの復帰を表明している元女子世界ランク1位のキム・クレイステルス。

今週の金曜日と土曜日にかけて行われる女子国別対抗戦のフェドカップへ向けて練習している祖国ベルギー・チームに合流して一緒に練習しているみたいね。

ベルギーのコルトレイクで行われているチーム練習に参加しているキムは、来月メキシコはモンテレイでの大会、インディアンウェルズでのBNPパリバ・オープン、そしてその後のチャールストン大会からワイルドカードを既に得ているの。

モンテレイでの復帰へ向けて、どの程度の仕上がりなのか気になることろよね。

現在ベルギー・ナンバー1で、世界ランク19位のエリーゼ・メルテンスは、キムとの練習の印象をこう語っていました。

「キムはとてもハードヒットしながらボールを打っている。それに付いて行くのにベストを尽くさなければならなかった。彼女は今、とても高いモチベーションを持っているから、彼女と練習するのはいつも最高。そのことで練習がより楽しくなっている。彼女のレベルは素晴らしいし、今週また彼女と練習ができることを願っている。」

既にトップ50から30くらいのレベルにいると言われていてるキム。このまま、またどこか負傷せずに復帰大会を迎えて欲しいわ。そこでどんなプレーを見せてくれるのか、本当に楽しみね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの60,000ドルのサーキット大会では、清水綾乃選手、予選を勝ち上がった鮎川真奈選手、華谷和生選手、佐藤久真莉選手が1回戦で、岡村恭香選手、予選を勝ち上がった本玉真唯選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。ダブルスでは、鮎川&清水ペアーがベスト4でした。

タイの25,000ドルでは、小堀桃子選手、波形純理選手、桑田寛子選手、予選を勝ち上がった瀬間詠里花選手が1回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった小林ほの香選手が1回戦敗退でした。奥野彩加選手がベスト8でした。ダブルスでは、ドイツ人と組んで第2シードの奥野選手が準優勝でした。

メキシコの15,000ドルでは、相川真侑花選手、光崎楓奈選手、予選を勝ち上がった岸上歌華選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、相川&岸上ペアーがベスト4でした。

スペインの15,000ドルでは、第6シードの宮崎百合子リリー選手が1回戦で、輿石亜佑美選手が2回戦敗退でした。

男子では、アメリカの162,480ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が1回戦で、綿貫陽介選手が2回戦敗退でした。

フランスの46,600ユーロ大会では、第8シードの守屋宏紀選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの54,160ドル大会では、予選を勝ち上がった仁木拓人選手が1回戦で、清水悠太選手、野口莉央選手が2回戦敗退でした。第1シードのダニエル太郎選手が優勝しました。

タイの25,000ドルのフューチャーズ大会では、山崎純平選手、徳田廉太選手、予選を勝ち上がった中川直樹選手、望月勇希選手が1回戦で、第4シードの今井慎太郎選手、越智真選手、高橋悠介選手が2回戦敗退でした。第2シードの関口周一選手がベスト8でした。ダブルスでは、台湾人と組んだ今井選手がベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、羽澤慎治選手、山中太陽選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、羽澤&山中ペアーがベスト4でした。

エジプトの15,000ドルでは、乾祐一郎選手が1回戦で、予選を勝ち上がった中村錬選手が2回戦敗退でした。メキシコの15,000ドルでは、望月慎太郎選手が2回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:11 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ティエム、ムスターとはすぐに関係解消

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープンで準優勝を飾り、ハードコートでも強さを証明したドミニク・ティエムだけど、その要因としてはコーチに就いたニコラス・マスーの存在は大きなものだって考えられているわ。

そんなティエムのチームにシーズン開幕から新たなコーチとして加わったのが、祖国オーストリアのレジェンドで元世界ランク1位のトーマス・ムスター。

しかしながら、そんな関係は全豪オープン期間中に終了を迎えてしまっていたの。

ティエムは「まだまだ多くのことを向上させなければならない。そしてもちろん、トーマスは現時点ではオーストリアでの史上最高の選手であり、自分が追い求めている目標を達成した唯一の人。何か悪いことがあったわけではない。でも、最初からしっくり来なかったら止めようと話していた。そしてそうなった。今後一緒にいても上手く行かないだろうと言う感覚があった。だから関係を終わりにしたんだ。」って自身の思いを語っていたの。

そしてマスーと共にチームにいる父親はこんなことを言っていたの。

「我々はトーマスとウィーン大会の時に話し合いを持った。そしてシーズンの中で、ある大会には帯同してもらおうかと考えた。彼の経験を生かすために。なぜなら、彼は全仏オープンで優勝を飾り、世界ランクも1位へと上り詰めていたから。」

「だが実際、2週間ほどでドミニクがしっくり来ないと言っていた。トーマスは素晴らしい選手だったが、私からすると大切なことは、コーチは選手が何を必要としているかを理解することで、コーチ自身のコピーを作ろうとすることではない。」

「つまり、ドミニクはもう26歳。そして自身の人格もある。要はドミニクには彼を向上させるスペースを与え、彼自身のテニスをさせてくれる人が必要。彼はちょっとしたアドバイスが必要なんだ。多くのことを言ったり、干渉し過ぎたりしたら、上手く行かない。」

「グランドスラムの大会期間中に関係が終わってしまったのは残念だった。しかしながら、あんな大切な大会でトライしなければ分からない。トーマスとの間に悪い会話などなかった。ただ単に上手く行かなかっただけ。」

もしかしたら、ムスターはちょっと言い過ぎてしまったのかも知れないわね。ティエムはもうグランドスラムで3度決勝戦へ行っているだけのテニスはしているから、そこに足りないものが何で、どうしたら良いかをムスターの経験から聞きたかっただけなのかも知れないわね。

選手とコーチの関係って色々難しいわね。ティエムの場合は、マスーをコーチにつけたことは良い方向へ向かっている気がするから、今年の全仏オープンも楽しみね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:42 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


全豪オープン2020閉幕

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン2020が幕を閉じましたね。

男子シングルスはノヴァーク・ジョコビッチが、女子シングルスではソフィア・ケニンが優勝しました。

男子シングルス決勝戦は、途中はドミニク・ティエムに一気に流れが傾いて、このままティエムが初優勝かと思われました。

体調不良のような様子だったジョコビッチも、ドクターから薬をもらったのかな?その効果からか徐々にまた勢いを取り戻してました。

そうなると流れはジョコビッチへと。ティエムはみるみる勢いを失って行ってしまいましたね。

それでも全仏オープンで2度、こうして全豪オープンでも決勝へ勝ち進んだティエムがグランドスラムの栄冠を手に入れるのは近いんじゃないかと思わせてくれる活躍でしたね。

女子シングルス決勝戦は、何と言っても第3セットの第5ゲームでしょ。

ケニンのサービスで0ー40とガルビーニェ・ムグルサが大きなチャンスを掴んだの。ただそこを取り切れなかっただけじゃなくて、そのピンチのケニンの凌ぎかたが凄かった。

サービスエース1本含む5本連続のウィナー、しかもいずれもストローク戦からの鮮やかなダウン・ザ・ライン。あのプレーをされてしまったらムグルサはお手上げでしょうね。

結局そこから1ゲームもムグルサは奪えず、ゲームセット。あそこでのプレーは、ケニンあっぱれでした。

男子ダブルスは、ラジーブ・ラム&ジョー・サリスブュリー組がグランドスラム初優勝を飾りました。

決勝戦で対戦したのは主催者推薦で出場し、あれよあれよと勝ち進んで来たマックス・パーセル&ルーク・ソベール組。決勝の舞台に立った4人全員が初のグランドスラムでの決勝の舞台だったの。

女子ダブルスでは第2シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ&ティメア・バボス組が第1シードのシェー・スーウェイ&バーボラ・ストリッツォバ組を下して優勝を飾りましたね。

そしてミックスダブルスでは、第5シードのバーボラ・クライチコワ&ニコラ・メクティッチ組がノーシードのベサニー・マテック=サンズ&ジェイミー・マレー組を下してタイトルを獲得しましたね。

そして何と言っても嬉しいのは、車椅子テニスで、男子シングルスでは第1シードの国枝慎吾選手とが、女子シングルスでは第2シードの上地結衣選手が優勝と、アベック優勝を果たしてくれました。

東京パラリンピックへ向けてとっても明るいニュースですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ティエム決勝進出&ラドワンスカがママに

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン2020、女子ダブルスの栄冠は第2シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ&ティメア・バボス組に輝きました。

決勝戦では第1シードのシェー・スーウェイ&バーボラ・ストリッツォバ組を圧倒して優勝を飾りましたね。

何となくシェー・スーウェイとストリッツォバ組への対策ができていたような気がしましたね。

シェー・スーウェイもストリッツォバもなかなか思うようにサービスゲームが展開できず、キープに苦しんでました。

デュース・サイドでリターンしていたムラデノビッチは強烈なリターンを連発してました。ムラデノビッチもバボスも、サーブ&ボレーをしかけてくるストリッツォバにしっかり対応してましたね。

男子シングルス準決勝は、第5シードのドミニク・ティエムが第7シードのアレクサンダー・ズベレフを下して、全豪オープンでは初の決勝進出を決めました。

第1セットはティエムの方が緊張からなのか今一つプレーに切れがなかった感じで、ズベレフが第1セットを先取。

第2セットでは第3ゲームでズベレフは自身のミスからブレークを許してしまって、その辺からティエムを生き返らせてしまった感じでした。

ティエムはボールの打つ音がテレビを通しても凄いですね。この日もガンガン打っていて、クレーコートで見せるようなスピンの強いボールも打つけど、それに混ぜてフラット系の早くて強いショットを打っていて、それが良いコースに入るとあっと言う間にポイントの主導権を握ってしまう。

コート・カバリングでは世界でも1、2を争うラファエル・ナダルでさえ翻弄してしまったそのストロークが戻って来たらズベレフもお手上げって印象でした。

決勝戦ではノヴァーク・ジョコビッチと対戦するけど、ティエムとジョコビッチのこれまでの対戦では10回対戦していて、初対戦から5回はジョコビッチが勝利しているけど、その後の5回の対戦は、ティエムの4勝1敗とティエム優勢なのよね。

それでもそのほとんどがクレーコートで、ティエムの得意のサーフェースだったんだけど、直近の対戦が去年のツアー最終戦。

早いインドアのハードコートながらティエムがフルセットでジョコビッチを下しているの。

この全豪オープンでもナダルに勝利したりと、ハードコートでのプレーもかなり向上しているから、ティエムがグランドスラムの頂点に立って初優勝を飾るか、注目が集まるわね。

今夜は女子シングルスの決勝戦が行われます。第14シードのソフィア・ケニンとノーシードから勝ち上がったガルビーニャ・ムグルサが顔を合わせます。

大方の見方はムグルサ優勢のようね。でも、試合は予想を覆すこともしばしば。今回の決勝戦のカードを誰が想像したでしょう。今夜も楽しみね。

そしてミックスダブルスの決勝戦も行われます。第5シードのバーボラ・クライチコワ&ニコラ・メクティッチ組とノーシードのベサニー・マテック=サンズ&ジェイミー・マレー組の対戦です。

そして車椅子テニスでも男子シングルスでは第1シードの国枝慎吾選手と、女子シングルスでは第2シードの上地結衣選手がいずれも決勝戦に臨みます。

.
.
.

元女子世界ランク2位で、2018年シーズンを最後に引退したアグニエスカ・ラドワンスカが第一子の妊娠を報告しましたね。

ラドワンスカは引退後は、地元ポーランドはクラクフでホテルの経営に携わりビジネス・ウーマンとして過ごしていて、ダンス大会に出場したりしていたの。

もちろんテニス界とも繋がりが。WTAのレジェンド・アンバサダーを務めているの。

そんな彼女は引退前の2017年7月に結婚したの。結婚式には親友のカロリーン・ウォズニアキやアンゲリク・ケルバー、イェルジー・ヤノヴィッツなどが参列していたの。

ラドワンスカはグランドスラムでの優勝こそなかったけど、2012年のウィンブルドンではポーランド人として初めてグランドスラムの決勝進出を果たして準優勝。

グランドスラムではその準優勝を含む12回のベスト8以上の成績を残しているの。

加えて2015年にはツアー最終戦でも優勝して、トータル20個のツアー優勝を飾っていたのよね。

元気やベビーを生んで欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 13:08 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


女子決勝は思わぬ顔ぶれ&罰金を課された選手達

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン女子シングルスは、第1シードのアシュレイ・バーティが第14シードのソフィア・ケニンに敗れてしまいました。

第1セットは両者ブレークがないままタイブレークへ。そのタイブレークで6ー4とセットポイントを握ったバーティだったけど、そこから4ポイントをケニンに連取されてしまったの。

第2セットは第3ゲームでこの試合初めてブレークを奪ったバーティがリードして、5ー4とリードして迎えたサービング・フォー・セットも40ー15とセットポイントを握りながらもブレークバックを許してしまったの。

そしてケニンが6ー5とリードしたバーティのサービスゲームをブレークしてストレートで勝利。

地元優勝の期待を背負っていたバーティ。第1セットが取れなかったのは大きかった。

これまでの対戦成績も4勝1敗と、バーティ有利と見られていたけど、ここまでの勝ち上がりの中でも成長を見せているケニンが地元プレッシャーの中でのバーティを退けて初のグランドスラム決勝進出を果たしました。

もう1つの準決勝では、ノーシードのガルビーニャ・ムグルサが第4シードのシモナ・ハレプをストレートで下しました。

第1セットで先にブレークしてリードしたのはムグルサでした。第7ゲームでブレークして、その後5ー4で迎えたサービング・フォー・セットではハレプがラブゲームでブレークバック。

ハレプの流れかと思われたの。

しかしムグルサはその後も落ち着いていて、迎えたタイブレークは両者にセットポイントが行き来する中、ムグルサが死闘を制したの。

ハレプは思わずラケットをコートに叩き付けてしまったわ。もちろんこれには主審から警告が取られてしまったの。

第2セットは序盤のブレーク合戦を抜け出したのがハレプ。そのままハレプ・リードで5ー4と迎えたサービング・フォー・セットで、今度はムグルサがブレークバック。

第12ゲームでもハレプからブレークを奪ったムグルサが2017年に優勝を飾ったウィンブルドン以来、自身4度目のグランドスラムの決勝戦へ駒を進めました。

誰もが想像し得なかっただろうこの女子シングルスの決勝戦。ケニンはもちろん初優勝を狙っているし、復活を証明しているムグルサも自身3度目のグランドスラム優勝、そして全豪オープンでの初優勝を狙っているわ。

そして男子シングルスでは、2シードのノヴァーク・ジョコビッチが第3シードのロジャー・フェデラーをストレートで倒しました。

フェデラーは前日の練習を回避してジョコビッチとの準決勝に臨んでいたけど、やっぱり好調な時の動きではなかったわね。

ジョコビッチが試合後の会見で語っていたけど、自分でもフェデラーの状態を気にせずにプレーに集中しようと思っていたし、チームからもそう言われていたけど、いざ試合が始まったらフェデラーへ意識が行ってしまってリズムが作れなかったみたい。

出だしからミスを連発していたジョコビッチ。フェデラーはそんなジョコビッチからリードを奪ってサービング・フォー・セットを迎えたけど、そのゲームをラブゲームでブレークされてしまったの。

これはフェデラーらしくない展開よね。

何とかタイブレークへ持ち込んだフェデラーだったけど、そこでは1ポイントしか奪えず第1セットはジョコビッチが先取する形となってしまったの。

体の状態を考えると、そこが取れなかったのは本当に痛かった。そして第2セット以降は普段のジョコビッチが戻って来て、終始試合の主導権を握ってました。

フェデラーは20年以上に亘るプロテニス選手としてのキャリアで、1度も怪我での途中棄権がなくて、この日も最後まで戦う気持ちを持って試合に臨んでいたんだって。

ジョコビッチもそんなフェデラーの姿勢に尊敬の気持ちを表してましたね。メディカル・タイムアウトを取ることさえ、劣勢時の戦略だと思われるのが嫌で、それもほとんど取らないフェデラー。本当にお手本のような選手ね。

今日は男子シングルスのもう1つの準決勝が行われます。第5シードのドミニク・ティエムと第7シードのアレクサンダー・ズベレフが対戦します。

トロフィーをかけた決勝戦でジョコビッチと対戦する権利を手にするのはどっちかしらね。

そして男子ダブルスの決勝戦のカードも決まりました。

何と地元からの主催者推薦で出場しているマックス・パーセル(ダブルス・ランキング88位)とルーク・サビール(同82位)が見事決勝進出を果たしました。

パーセル&サビール組は、2回戦で第8シードを、昨日の準決勝では第4シードを下しての勝ち上がり。

21歳のパーセルは、これがグランドスラムでは4度目の本戦の舞台で、これまでも2018年の全豪オープンで1回戦を突破したのがグランドスラムでの唯一の勝利だったの。

25歳のサビールもこれまでグランドスラムでは8回本戦に出場して1度しか勝利を飾っていなかったわ。

そんな二人の夢だった決勝戦の舞台で対戦するのは、第11シードのラジーブ・ラム&ジョー・サリスビュリー組と対戦します。

ラムもサリスビュリーもグランドスラムでの決勝進出はこれが初めて。

決勝戦の4選手全員が初の決勝の舞台に立つわ。どちらが初優勝を飾るかしらね。

そして今日は早くも女子ダブルスの決勝戦。第1シードのシェー・スーウェイ&バーボラ・ストリッツォバ組と第2シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ&ティメア・バボス組の戦いです。

.
.
.

今回の全豪オープンでも罰金が課された選手がいるの。

実は男子シングルス準々決勝でテニス・サングレンに崖っぷちまで追い込まれたフェデラーも3,000豪ドルの罰金を課されてしまったの。

右足の付け根付近の太ももに怪我を負ってしまったフェデラーは、イライラから母国語でふさわしくない言葉を吐いてしまったの。

それを聞いた近くにいたラインズ・パーソンが主審にそれを報告。すると主審から警告を受けてしまったの。

フェデラーはその直後に主審の元へ歩み寄り、「彼女(ライン・パーソン)は自分が喋った言語が分かるのか?」って確認しに行っていたの。つまり、実際母国語で暴言を吐いたって言うことよね。

フェデラーは「彼女は色々な言語が分かる。知らなかった。次回はライン・パーソンをチェックしなければ。そんな言葉を吐いてしまう人間ではないが、仕方がない。受け入れる。」って語ってました。

女子選手では少なくてアリーゼ・コルネが2回戦で敗退した試合中に暴言を吐いたとして3,700豪ドルの罰金が課されたんだって。

昨日のムグルサと対戦したハレプも、第1セットを取られた瞬間にラケットを破壊してしまい警告が取られたから、これも罰金の対象になるかもね。

男女シングルスの準々決勝が出揃った時点での最高金額の罰金を課されたのはブノワ・ペールで、11,100豪ドル。

それは男子ダブルスの1回戦でスポーツマンらしからぬ行為をしたと言うことからの罰金らしいわ。

ファビオ・フォニーニは2度の罰金が課されているの。男子シングルス1回戦でラケットを投げて損傷させたことと、その試合でのスポーツマンらしからぬ行為に対して3,700豪ドルが課されているわ。

ヴァセック・ポスピシルもラケットの損傷とボールを観客席へ故意に投げ込んだことから罰金が。

ティエムは、2回戦で主催者推薦で出場していたアレックス・ボルトとのフルセット・マッチで、コーチングを受けたとして4,500豪ドルの罰金が課されていますね。

ニック・キリオスも4回戦でラファエル・ナダルに敗れた試合中の振る舞いがスポーツマンらしくないと言うことから3,000豪ドルが罰金として課されてます。

真剣勝負の世界では、試合中のイライラはどうしようもないけど、決まりは決まりだからね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 08:32 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ