カテゴリー別アーカイブ: 未分類


バルトリがダブルスへ驚きのコメント!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2013年のウィンブルドン女子シングルスでグランドスラム初優勝を飾りながら、その年の8月に引退を表明したマリオン・バルトリが、ダブルスの競技そして選手へ信じられないコメントをして、物議をかもし出しているの。

「一年を通してダブルスの試合があることが理解できない。グランドスラムやオリンピックなら分かる。ダブルスもテニスの歴史の一部だから。でも、ダブルス選手が6人ものチームを組んでいるのを見ると、単にダブルスだけプレーしているのにそんなに金銭的な余裕があるなんて。」

「自分がシングルスの選手として現役だった時は6人ものスタッフをフルタイムで雇うほどの余裕はなかった。そんなに賞金をもらっているなら、それを予選やチャレンジャーなどに出ている選手に与えたらどうか。全く分からない。ダブルスはシングルス選手ほどの努力はしていないんだから。」

「それほど練習もせず、毎週毎週大会へ出て賞金をもらっている。ダブルスを全くなくしてしまうとかは別として、賞金を少なくしてそのお金を予選や下部大会の選手へ回すべき。それが解決方法なはず。」

それに異論を投げたのは同じフランス出身で男子ダブルスで世界ランク1位に上り詰めた経験のあるニコラ・マウー。自身のツイッターでこんな風に呟いていたの。

「それは羨ましい。自分のチームも大きいとは思っていたけど、6人ものスタッフと一緒にツアーを回っているダブルス選手を紹介してくれ。努力と言う概念に関して最後まで推論するのなら、グランドスラムの女子シングルスは、男子と違って5セットマッチではないから、同じ額の賞金をもらうべきではないと思っているのかい?」

そしてそのマウーとも度々ペアを組んでいて、2014年の全仏オープン男子ダブルスではジュリアン・ベネトーと組んで優勝を飾ったエデュアール・ロジェール=ヴァスランもバルトリの発言に憤慨していたの。

「大会をシングルスだけにしぼって開催するなんて不可能だと思う。歴史的にも常にシングルスとダブルスで行われてきた。それがテニスの魂。一方で数年前にダブルスのルールに変更があった。全て3セットマッチでノーアドバンテージ、第3セットはスーパータイブレークと、短くはなってしまったけど。」

フランスは優れたダブルス選手を排出していて、マウーはピエール=ウーグ・エルベールと組んでここ数年間は男子ダブルスのトップ・ペアの1組で、昨年の全豪オープンの優勝でキャリア・グランドスラムも達成したの。

ロジェール=ヴァスランは「フランスではダブルスにはあまり良いイメージがないのが今でも残念なこと。フランスはエルベール、マウーは男子ダブルスの歴史においても最高のペアだし、女子のムラデノビッチも女子ダブルスでグランドスラム優勝を果たし世界ランク1位にもなっているのに。」って嘆いてました。

多くの著名なコーチ達もこのバルトリの発言には驚き、そして憤慨してました。

シングルスとダブルスには賞金に大きな差があると言われているの。ちなみに今年の全豪オープンでは、シングルス優勝賞金は男女それぞれ3億円を越えているんだけど、ダブルスはそれぞれ2,800万円ほど。こんなに開きがあるのに、バルトリはより一層ダブルスの賞金を減らせだなんて!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 07:48 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


全米開催へ新たな決まり事が!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現時点で大会の開催について世界中からの注目が集まっているUSオープン。伝えられたことろによると、主催者側は予定通り8月31日からの本戦スタートを目指しているんだって。

もちろん通常通りの開催とは行かず、色々な特別ルールや変更が。

選手は世界各地からチャーター便でニューヨーク入りするんだけど、その前に新型コロナウィルスが陰性であることを証明する検査を受けてその証明書が必要で、チームの人数にも制限があるみたい。

ニューヨーク入りしたら日々の健康チェックの問診、体温測定、鼻や唾液からの抗体検査も考えられているんだって。

チャーター便はパリ、ウィーン、フランクフルト、ブエノスアイレス、ドバイからニューヨークまで。そして大会後も各選手が次の大会の開催地へチャーター便で移動する。

大会側から理学療法師、トレーナーやマッサージ師などが提供されるから、チームにいるトレーナーなどの帯同はできないとのこと。

試合中は人数を減らすために、ラインジャッジもビデオ判定のみにして、ボールパーソンは付けるけど、子供ではなく大人にする。

そして練習の時のロッカールームの使用は禁止され、練習の時はホテルから会場入りしたらそのままコートへ。練習が終わったらそのまますぐにホテルへ戻ると言うもの。

ロッカールームの増設や換気システムの改善なども考えられているんだって。

これらのことはまだはっきり決まったわけではないけど、新しいルールなどとして提案されているもの。はっきりとしたことは6月の半ばから終わり頃にかけて発表されるとのこと。

もちろん観客は入れず無観客での開催になるらしいんだけど、観客からのチケット料や、会場でのグッズ販売などからの収入がなくても、一部のスポンサー収入やテレビ放送権などを考慮すると、それでも開催した方が良いと言う判断になるらしいわ。

大会側も当然大変だけど、選手も出場するまでに色々な検査を受けたりニューヨーク入りするために普段以上の準備が必要になるわ。

それでもやっぱりツアーが再開されることを考えると、何もないよりはまだ良いわね。今後のツアーは、どの大会も色んなことを試しながら、そしてクラスターなど起こさないように、何より健康第一に考えて行わないとね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:55 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


オジェ=アリアシム、UTSへ気分高ぶる

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

これからの将来で大きな期待を寄せられている選手の一人である、男子世界ランク20位のフェリックス・オジェ=アリアシム、19歳。

今シーズン、新型コロナウィルスのパンデミックに伴いツアーが中止になる前は、全豪オープンでこそ初戦敗退を喫していたけど、2月のオランダはロッテルダムのATP500大会、フランスはマルセイユのATP250大会と2大会連続で準優勝を飾るなど、好調さを見せていたの。

この数週間は練習も再開してかなり良い練習ができていて、6月13日、14日の週末から開催されるアルティメット・テニス・ショーダウン(UTS)と呼ばれるエキシビション・ツアーへの参加を楽しみにしているんだって。

UTSはセリーナ・ウィリアムズのコーチであるパトリック・モラトグルー氏がフランスにある自身のアカデミーで開催かれるエキシビション・ツアーで、現在参加表明しているのはファビオ・フォニーニやダビ・ゴファンなどがエントリーしていて、毎週末5週間に渡って試合が行われ、トータルで50試合ほどを予定しているの。

そしてその試合はテレビでライブ放送されるようで、選手はもちらんファンも待ち望んでいるエキシビションなの。

パトリック・モラトグルー・テニス・アカデミーでコーチと共に他のトップ選手と練習をしているオジェ=アリアシム。コーチはこんな風に語っているわ。

「モラトグルー・アカデミーにもう2週間ほどいて、最高のコンディションで練習ができている。フェリックスはステファノス・チチパスやヤニック・シネール、アレクセイ・ポピリンなどと練習している。まるでオフシーズンかのように肉体的なトレーニングに加えて技術面も強化し続けている。」

オジェ=アリアシム自身もこのエキシビションをとても楽しみにしているんだって。

「この試練の時、UTSは選手やファンにエキサイティングな環境を提供してくれて、テニスと言うスポーツに取ってこの困難な状況の中でも先へ進ませてくれるもの。自分はいつも挑戦していたい人間だし、世界のトップ選手とまたコートで対面する日を本当に指折り数えている。」

公式戦の再開までは、まだまだ時間がかかりそうだけど、実戦さながらのエキシビションはオジェ=アリアシムに取っても、参加表明している選手に取っても、とてもモチベーションに繋がるものななるのは確かね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチが独自のツアーを開催

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在、凍結している男子世界ランクで1位にいるノヴァーク・ジョコビッチが、トップ選手を集めて来月エキシビション・ツアーを開催することを公にしましたね。

ジョコビッチは3月に行われる予定だったインディアンウェルズとマイアミのマスターズ1000大会がキャンセルになった時に、祖国のセルビアには帰らずアメリカからスペインのマルベーリャへ飛んでそこで家族と自粛生活を約2ヶ月送っていたの。

そして先週、家族と共にセルビアへ戻ったジョコビッチは、それと同時に来月のエキシビション・ツアーを発表したの。そのツアーは、アドリア・ツアーと言うもので、それはセルビアを含むバルカン半島にある4つの国で6月13日から7月5日まで行われるんだって。

今のところ出場が決まっているのは、ドミニク・ティエム、アレクサンダー・ズベレフ、グリゴール・ディミトロフなど。カナダ人ながらモンテネグロ出身のミロス・ラオニチにも声をかえたようなんだけど、ラオニチは現在いる北米に留まるとの意向で断ったみたいね。

そんなジョコビッチは自粛生活の間も実は自分の家の裏庭にあったテニスコートでテニスの練習を続けていたんだけど、そのことはSNSなどには投稿しなかったんだって。

「毎日練習することができた。家の裏庭にテニスコートがあったからね。SNSなどには載せなかった。他の選手からの怒りなどを買いたくなかったから。ハードコートで練習していたけど、最近ではクレーコートでもしていた。」

「良い状態。とてもたくさん練習していた。ツアーがいつ再開するかはまだ分からないが、自分が開催するツアーのことはかなり真剣に考えている。世界のトップ選手が集まり、彼等に前向きな経験をして欲しいと思っている。そのツアーのことはとても考えている。」

本格的にツアーが再開するまでに、様々なエキシビション大会やこのジョコビッチのツアーなどの予定が立てられてる来てるわね。本格始動の前に選手達に取っては、とても良い流れになるはずね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:11 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラー、無観客は嫌い&逮捕された選手

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

日本も徐々に自粛生活から普通の生活へ戻りつつあるけど(まだまだ道のりは長いけど)、テニスツアーもちょっとずつ明るいニュースが聞こえて来てるわね。

そんな中、ツアーを再開しても最初は無観客での開催になるかもと言う懸念は拭い去れないわ。それは、全く開催されていない今の状態を考えると、無観客でも大会があってテレビやインターネットで配信してくれたら、選手もファンも嬉しいはず。

でも、ロジャー・フェデラーは無観客での開催はあんまり望んではいないんだって。

「自分的には観客がいないスタジアムは見たくないし、それは望んではいない。もちろん、練習は誰もいない中で静かな中で行ってはいるけど。」

「もちろん、我々選手は観客がいなくてもプレーすることは可能。でも一方で、自分は通常通りにツアーが戻ってくれることを願っている。適切な時期まで待って、また通常のように戻ることを願う。少なくともスタジアムが3分の1とか半分くらいになるまで。自分としては、大きな大会が全く観客がいないで行われるのはとても難しい。」

そんなフェデラーは、まだツアーの再開の目処が立っていない今はまだ練習やトレーニングは始めていないみたい。

「正直トレーニングする理由が見当たらないから、今現在はトレーニングはしていない。今の体には満足しているし、ツアーの再開はまだまだ先だと思っている。毎年毎年テニスばかりして来た今、この休養を楽しむことが自分の頭には大切だと思っている。」

「ツアーがないことをそれほど悲しんではいない。きっと再開が近付き練習する目標ができたら感じるだろう。そうなったら、とてもモチベーションが上がると思う。」

もう長年ツアーのトップ選手の一員として君臨して来たフェデラーならではのリラックス感ね。このツアーがない時期を気持ちを切り替えてエンジョイしてるのね。

.
.
.

そしてちょっもショッキングなニュースが。現在男子世界ランク27位のニコラス・バシラシュビリが元の奥さんへの家庭内暴力の疑いで、祖国ジョージアの警察に逮捕されてしまったんだって。

まだ容疑な捜査中らしく、ジョージア・テニス協会も、捜査中につきこの件に関するコメントは控えるとして、詳しいコメントは出してはいないの。

伝えられたところによると、ジョージアの首都であるトビリシの裁判所は、5月21日にバシラシュビリを「未成年者の立ち会いで犯された家族に対する暴力」の罪で起訴したとのこと。

バシラシュビリは2013年にその奥さんと結婚をして、2015年5月に長男をもうけていたの。つまり、3歳になる息子さんのいる前で奥さんに暴力をふるった罪と言うことみたい。

28歳のバシラシュビリは、保釈金約26,000ポンドで現在は釈放されて、7月16日の仮裁判日が設定されていて、もし有罪との判決が下ると、最高で3年間の禁固刑が科されるとのこと。

2019年5月に自己最高位の世界ランク16位を記録したバシラシュビリ。

2016年はジョージア人選手として初めてATPツアーの決勝へ進出。2018年のハンブルグでジョージア人選手として初めてATPツアー優勝を達成するなど、ジョージア・テニスの歴史を塗り替えて来たバシラシュビリ。

どんな判決が下るのかしらね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:47 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


デルポ、恋人との関係にピリオド

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ファン・マルティン・デル=ポトロがこれまで数々の怪我に悩まされて来たのは有名なお話し。最近でも2018年の10月の上海ロレックス・マスターズで試合中に足を滑らせてしまい膝をコートに強打して膝のお皿を骨折。

翌年2月に復帰するも、6月のイギリスはロンドンの芝の大会で再び同じところを負傷しちゃったの。そしてその後も復帰へ向けて治療とリハビリを続けていたんだけど、復帰を前に新型コロナウィルスのパンデミックからツアーが中断してしまったのよね。

まだツアーの再開は見えて来ない中、デル=ポトロはプライベートでもちょっと悲しいことが起きてしまったようなの。

それは去年ホットな交際が報じられた同じアルゼンチン出身のモデルであるソフィア・ヒメネスさんとのお付き合いに終止符が打たれてしまったんだって。

二人が交際を始めたのは2018年12月からだと伝えられていたんだけど、その関係にピリオドを打たれたことは、ヒメネスさんが出演したアメリカはロサンゼルスのテレビ番組で語っていたんだって。

「それは本当のこと。ファンとは別れたの。今回の自粛生活は私達みんなに影響を与えている。先の見えない時期が続いていて、誰もが多くの影響を受けている。彼と私はちょっと不思議な時間を過ごし、今は同じ思いはしていない。恋人同士にはとても難しい瞬間がる。私達はこの自粛期間の後にどんな事が起こり得るのか誰も分からないもの。」

「約1年ほどの付き合いをしていて、そのほとんどを一緒に住んでいたけど、今は母と住んでいる。それが最善の選択。現時点では、いかなる種類のメッセージも発信してはいない。」

って彼女は語っていたんだけど、一方のデル=ポトロからは何の発信もないわ。

きっとデル=ポトロは、ツアー再開した時に万全の状態で復帰することに集中しているはず。今はフィジカル・トレーニングに集中して、残りの現役生活を怪我のない選手生活が送れるように頑張って欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:16 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


スキアボーネが店長に!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2010年の全仏オープンでグランドスラム初優勝を飾ったフランチェスカ・スキアボーネ。イタリア人女子選手として初めてグランドスラムのタイトルを手にして2018年、38歳を迎えて現役生活にピリオドを打ったの。

そんな彼女は昨年の12月にガンを克服したことを明かしていたんだけど、実は今年の3月8日に地元ミラノにレストランをオープンする予定だったの。でも新型コロナウィルスによるロックダウンからその計画が中止になってしまったの。

そんなスキアボーネは計画を変更して、オープンしようと思っていた場所に小さなお店を構えることにしたんだって。

「信じられないロックダウンになってしまった時、準備もできていたし喜んでいた。だからレストランの場所をショップに作り替えたの。父の助けを借りて木を切ったりドリルを使ったり棚を作ったり。そこで美味しい物を売るの。」

「いつも食べることを楽しんでいたし、ヘルシーで特別な料理を食べることを楽しんでいた。それはブルナーテのサラミやオーガニックのペコリーノチーズから手作りのパンやビスケット、グルテンフリーの物から新鮮なジュース、ナポリのモッツァレラチーズから高品質のオイルまで。」

「絶対に忘れてはならないのが良いワイン。フランチャコルタからテヌータ・セッテ・ポンティ、シチリア産やアプリア産、ベネチア産のワインなどバラエティー豊富なワイン。」

「母も料理は上手で、自分もグルメだけど、シェフがいてシェフから色々教えてもらっている。カルボナーラが得意。」

「お客様には笑顔を振り撒いて、たとえデリバリーでも。何度か既にやった。2度友人の所へ、2度知らない人へ。オンラインでオーダーしてくれた。私のことを認識してくれて、ありがとうと言ってくれた。」

スキアボーネ自身が自ら調理もしてデリバリーも行っているみたいね。徐々にロックダウンも解除されているから、当初の予定のレストランとしてもそのうち展開できるんじゃないかしらね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:44 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


元世界2位がキリオスを高く評価

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

1994年7月に自己最高位の男子世界ランク2位を記録し、2001年のウィンブルドンでは主催者推薦で出場しながら、グランドスラム初優勝を飾ったゴラン・イヴァニセビッチ。

先日行われた全豪オープンのYouTubeチャンネルでのトッド・ウッドブリッジとの対談で、オーストラリア出身のニック・キリオスについてこんな風に語っていたの。

キリオスは、その才能は誰からも認められながらも、彼の自由奔放で気性の荒い性格がコートの上でも顔を見せてしまい、なかなか思うような成績に結び付けられずにいるけど、イヴァニセビッチはそんなキリオスは変わる必要があると、自身の経験を踏まえて語っていたの。

「(現役の頃)自分の中の2つを分けることができた。良いゴランと悪いゴラン。そして(ウィンブルドンでの初優勝では)初めてその2つが互いに助け合っていた。いつもはその2つは反抗し合っていて、多くの敗戦を招いていたし、多くのくだらない負けを作っていた。」

「たくさんの試合に負けていた。特にピート(サンプラス)、アンドレ(アガシ)、ジム(クーリア)などのビッグ・プレーヤーに。接戦しながらも彼等は自分が馬鹿げたミスをし始めるのを待っていた。」

「でもあの2週間は、良いゴランと悪いゴランが友達になっていた。敵だけど友達だった。そして互いに助け合っていたんだ。」

「彼(キリオス)は奥底に問題がある。彼は彼自身に取って最悪の存在。彼がどう感じているか自分は分かる。彼は100人と対戦している。時には証明するのが不可能なことを証明したがっている。しかし、彼の才能について話す意味がない。なぜなら、彼は最大の才能の持ち主の一人だから。彼はグランドスラムで優勝できる選手。」

「いつかきっと彼は誰でも倒すことができる。自分としては彼はテニス界で最高のサーバー。彼はボールにどんなことでもできる。彼はどんどん良くなっているし、もし変わらなかったらきっといつか後悔するはず。彼は本当に才能豊かだから、グランドスラムで優勝しなかったら、テニス界に取って非常に惜しまれることになるはず。」

「彼が変わってくれて成し遂げて欲しい。彼は心の底ではとても良い人だし、テニス界がニック・キリオスを必要としているし、ニック・キリオスもテニスを必要としているから。彼がコートでどうにかより良い振る舞いができたら、彼は将来確実にグランドスラムで優勝できるはず。」

キリオスの才能はかなり前からとても高く評価されていたけど、イヴァニセビッチも同じように感じていたのね。キリオスは自分自身を変えることができるかしらね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:28 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


テニス界の新たな動き

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

世界ではテニスの国内大会などが開かれたり予定されたり、徐々に選手も練習コートに戻り始めたりと、テニスと言うスポーツの再開へ向けての動きが出始めている中、男女ツアーの中断の延長が発表されましたね。

これまでも男女とも7月13日までの中断が決まっていたけど、その後の7月の大会のキャンセルも発表されたの。

男子プロテニスツアーのATP大会では、7月13日から開催予定だったドイツはハンブルグ大会、アメリカのニューポート大会、スウェーデンのバスタード大会、7月20日からのメキシコのロスカボス大会、スイスのグシュタード大会、クロアチアのウマグ大会、7月27日からのアメリカのアトランタ大会、オーストリアのキッツビュール大会が。

女子では、7月6日からのスウェーデンのバスタード大会、7月13日からのスイスはローザンヌ大会、ルーマニアのブカレスト大会、7月20日からのラトビアのユールマラ大会がキャンセルとなったの。

ただ、7月20日から行われる予定のイタリアはパレルモ大会と、ドイツのカールスルーエ大会のキャンセルはまだ発表にはなっていないわ。

ATPツアーでは、それ以降のスケジュールについては、6時半ばに発表になる予定とのことで、同時にUSオープンについてもその時に何らかの発表があるはずとのこと。きっとWTAツアーもその頃にまたアップデートされるはずよね。

一方で、ヨーロッパでは徐々にテニスが再開されてますね。

テニス・ヨーロッパに加盟している50の国のうち、現時点で36の国がなんらかの制限やガイドラインがありながらもテニスをすることを許可し始めているの。

加えて4つの国がテニスの再開へ向けての日程を既に決めているんだって。つまり、近日中に50ヶ国中40ヶ国でテニスが再開されると言うこと。

まだ10の国はテニス施設の解放はされておらず、テニスをすることが許されていないのが現状なんだけど、こうしてどんどんテニスの再開か広がっているのは明るいニュースよね。

国際大会の再開にはまだハードルをいくつも越えなければならないから、約1ヶ月後に何らかの発表があると思うけど、これからの1ヶ月でどんな変化が起こるか、それが良い変化であることを願ってしまうわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:49 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


シティ・オープンが開催へ向けて検討中!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

毎年8月にワシントンDCで開催されるシティ・オープン。男女共同開催の大会で、男子はATP500大会、女子はWTAインターナショナル大会での開催。

そのシティ・オープンが当初の予定通り8月の第1週目の開催へ向けて前向きに検討しているんだって。もし、政府の規制が許すならば、無観客での開催ではなくて限られた観客の数での開催を考えているみたい。

「7,500人の観客を迎えて8月の初旬に大会を開催できる可能性は極めて低い。現時点ではスタジアムを埋め尽くせる可能性は、現実的に考えてもとても低い。限られた数の観客のもと開催できるだろうと言う我々の望みのシナリオだけに、我々は今集中している。何百人から千人くらいの観客でと考えている。」って大会オーガナイザーは考えてるんだって。

去年は、大会開催地のロック・クリーク・パーク・テニス・センターには7万人を越える観客を動員したんだって。

そしてオーガナイザーはこんな風に気持ちをたかぶらせて語ってもいました。

「(開催できたら)信じられないほどの興奮。その週は男子ではこの大会以外予定されておらず、女子ではサンノゼ大会がある。どうやったら開催できるか、その方法を見い出すことができるか見たいと思っている。でも、この大会がテニス界において戻ってきた初めての大きな大きな大会になるかも知れない。」

「もし上手くやれるのであれば、それは我々のモチベーションになる。しかし安全が約束されなければそれはできない。可能性は残されているし、無観客での開催などと言う大会の記事を読んでいるし、その可能性も考えなければならない。自分としては、開催へ向けてどうすれば良いかが分かれば、我々と同じくらいの施設では、どの程度の観客を入れられるかが分かるはず。」

大会オーガナイザーとしては、無観客ではなく限られた人数で少ないながらも観客を招いて大会を開催したい意向のようね。もちろん、無観客でも開催できないよりは良いわけだろうけど。

7月13日までのツアー・キャンセルは決定しているけど、8月以降は何らかの規制の元で開催されることを願いたいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:04 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ