カテゴリー別アーカイブ: 未分類


錦織選手の肘が心配&望月選手の抱負!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

錦織圭選手が来週オーストリアはウィーンで行われるATP500大会の欠場を正式に発表しましたね。

錦織選手は当初、痛めていた肘をしっかり回復させて来週のウィーンと、再来週フランスはパリで行われる今季最後のマスターズ1000への出場を予定していて、可能性が残されたツアー最終戦への出場を目指すつもりだったはず。

そのために、東京で行われたユニクロ主催のロジャー・フェデラーとのエキシビションさえ辞退していたのよね。

それでも思うように肘は回復していなくて、今回の決断に至ったみたい。

錦織選手と言えば、先日9年間コーチとして共にツアーを戦ってきたダンテ・ボッティーニ氏との関係を終了させることを発表したばかり。

来年は東京でのオリンピックがあるだけに、現時点でしっかり完治させることを優先しているはずで、また来年は新たなチームでシーズンに臨む決断を下したわね。

そうなると再来週のパリのマスターズ大会もかなり微妙なものになって来るし、今年から新しいシステムになった男子国別対抗戦のデヒスカップも11月18日から行われて、それにも出場が予定されている錦織選手。

ともかく今は無理はして欲しくないわね。もしかしたら今シーズンの活動はこれで終わりにする可能性も高いわね。

今シーズンを終了と言えば、ニック・キリオスも来年のウィーンと再来週のパリのいずれも肩の怪我を理由に欠場を表明しました。つまり、キリオスは今シーズンの活動を終了させる決断に至ったって言うこと。

アスリートに怪我は付き物だけど、怪我をしないように長いツアーを回り切るのはやっぱり大変なことなのよね。

.
.
.

今年のウィンブルドン・ジュニア男子シングルスで優勝を飾った望月慎太郎選手。その直後に日本人男子で初めてジュニア・ランキング1位に上り詰めたの。

現在は2位の望月選手だけど、今シーズンを1位で終わらせる可能性が残されてます。そんな望月選手が自身の思いを語ってました。

「信じられないないことかも知れないけど、男子世界ランクで1位になりたい。」

「ウィンブルドンでジュニア・グランドスラムのタイトルを獲得したことは現実とは思えないことだし、それまで以上にもっとできるんだと自分自身に思わせてくれた。」

「決勝戦での勝利の瞬間を覚えている。そんなことか起きたなんて信じられなかった。大会で優勝できて本当に嬉しかった。自分のテニス人生に取って大きなステップになった。」

現在16歳の望月選手。将来が本当に楽しみね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの25,000ドルのサーキット大会では、第6シードの大前綾希子選手、第8シードの尾崎里紗選手が1回戦で、第7シードの今西美晴選手、村松千裕選手、桑田寛子選手、予選を勝ち上がった松田美咲選手が2回戦敗退でした。荒川晴菜選手がベスト8、岡村恭香選手が準優勝でした。ダブルスでは、第3シードの梶谷&岡村ペアーがベスト4、荒川&松田ペアーが準優勝でした。

フランスの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。アメリカの25,000ドルでは、第5シードの大坂まり選手がベスト8でした。

イタリアの25,000ドルでは、穂積絵莉選手が2回戦敗退でした。第4シードの内藤祐希選手がベスト4でした。

タイの15,000ドルでは、第4シードの内島萌夏選手、予選を勝ち上がった山口藍選手が1回戦で、第8シードの秋田史帆選手、輿石亜佑美選手、細木咲良選手、予選を勝ち上がった力石優衣選手が2回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、西郷里奈選手が1回戦で、西郷幸奈選手が2回戦敗退でした。

国内は静岡県牧之原で25,000ドル大会が行われ、第2シードの小堀桃子選手、田中優季選手、上田らむ選手、予選を勝ち上がった光崎楓奈選手、森崎可南子選手、主査者推薦の清水映里選手が2回戦敗退でした。第3シードの波形純理選手、第6シードの林恵里奈選手、本藤咲良選手がベスト8、第5シードの本玉真唯選手、第8シードの内島里咲選手がベスト4、華谷和生選手が準優勝でした。ダブルスでは、第3シードの鮎川&本玉ペアー、第4シードの奥野&小関ペアーがベスト4、第2シードの林&小堀ペアーが準優勝でした。

男子では、アメリカの108,320ドルのチャレンジャー大会では、第4シードのダニエル太郎選手がベスト8でした。

オーストラリアの25,000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手が1回戦敗退でした。

ベトナムの25,000ドルでは、第5シードの今井慎太郎選手、江原弘泰選手、川上倫平選手が1回戦で、第8シードの山崎純平選手、西脇一樹選手、竹内研人選手、主催者推薦の望月慎太郎選手が2回戦敗退でした。第2シードの関口周一選手、中川直樹選手、予選を勝ち上がった住澤大輔選手がベスト8、第6シードの野口莉央選手が準優勝でした。ダブルスでは、ロシア人と組んで第4シードの野口選手が優勝しました。

エジプトの15,000ドルでは、第5シードの田島尚樹選手がベスト8でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:21 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ヨハンソン、自身の挑戦を断念!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来週、スウェーデンはストックホルムで行われるATP250大会に、かつてスウェーデンを代表して世界で戦っていた選手が再び予選からチャレンジしようとしていたの。

それは2005年2月に自己最高位の世界ランク9位を記録したヨアキム・ヨハンソン。

大会の予選へのワイルドカードをかけた大会の3試合を全て勝って、先週の木曜日にワイルドカードを獲得したんだけど、本人がやはりのワイルドカードは他の選手へ譲るべきとの判断で予選への出場を取り止めていたの。

「今日の練習のあと、予選へ向けての予選会3試合を勝ち抜いて木曜日に与えられたワイルドカードを諦める決断を下した。SALKやKLTKそしてTennis Stockholmに、ワイルドカードに値する選手へ自分のワイルドカードを与えて欲しいと伝えた。」

「自分自身のエゴから、大会の予選のセンターコートに立ってどれだけのことができるかを家族や友人やクライアントに見せたかった。しかし、見に来てくれる観客やこれからの選手へ敬意を払って、若い選手がそのワイルドカードを使うことが自分より良いことだと思うし、ここまでで最高のチャレンジだったことを今は既に断念すると決めている。」

「8年間もプレーしていないにも関わらず、3週間前に受け入れたこのチャレンジは、本当に特別なもの。ただ練習するためだけにではなく勝つためのものだった。まだ自分のテニスがこのレベルにあると自分自身に証明できたし、予選会の3試合も1セットも落とすことなくしっかり勝ちきれた。ただ、マックスの60から70%以上では走れなかったし、サーブの時もフルにジャンプもできなかったし、フォアハンドやサーブでも全力でスイングできてはいなかった。それは太ももや胸筋、アキレス腱などに違和感を感じていたから。」

って、自身の思いを語ってました。

2011年に現役を正式に引退したヨハンソンだけど、ツアーをしっかり戦ったのは2005年の7月まで。その後は怪我に苦しんで満足なシーズンを送れなかったり、成績を出せなかったりの連続だったの。

37歳にしてのチャレンジだったけど、きっと久々の実戦を3試合こなして、体のあちこちに違和感が出始めたのもワイルドカードを若手に譲る決断の大きな要因なのかもね。かなり怪我には苦しめられた現役時代だったから。

ちょっと残念だけど、ヨハンソンの決断を尊重しましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


引退した選手&チチパスが最終戦出場へ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現役生活にピリオドを打った選手が。2015年7月に自己最高位の世界ランク43位を記録した、ヴィクター・エストレリャ=ブルゴス。

彼はロジャー・フェデラーの1つ上で、今年の8月に39歳になったの。

彼は今週祖国ドミニカ共和国で行われているチャレンジャー大会へ出場していて、その2回戦で敗退。これが彼の現役最後のシングルスの試合となりました。満員の会場で地元ファンに見送られたエストレリャ=ブルゴス。

彼は2015年から2017年まで3年連続でエクアドルのキトで行われたATP250大会で優勝。それが彼が獲得したATPタイトルの全て。

今週出場していたチャレンジャー大会でも2年前に優勝していた思い出のある大会だったの。

彼はとっても遅咲きの選手でした。彼の祖国は野球が人気スポーツで、彼も野球に熱中していて、テニスを真剣にやり始めたのは14歳になってからと、プロ選手としてはこれもかなり遅め。

その後プロになるも、祖国ではマイナー・スポーツのテニスの世界では、資金面でのやりくりにとても苦労したんだって。

彼がATPツアーで初優勝した2015年2月のキト大会の時は、彼は33歳と6ヶ月で、それはATPの歴史で最年長の初優勝者だったの。

そしてトップ100入りしたのはその前年の2014年3月で、32歳7ヶ月の時で、ドミニカ共和国出身の選手としても初めてトップ100入りを果たした選手だったの。

そして2016年のリオデジャネイロ・オリンピックには祖国ドミニカ共和国を代表して出場を果たしたわ。

グランドスラムには2014年の全仏オープンが初出場で、その後2017年のウィンブルドンまで14大会連続出場。翌2018年の全豪オープンがグランドスラムの最後の舞台で、4つ全てのグランドスラムで勝利を飾っているの。

シングルスでは火曜日に行われた2回戦が最後だったけど、水曜日には同胞のニック・ハルドと組んだダブルスに出場したけど、1回戦で敗退して現役全ての試合を終えました。

色々な苦労もあったと思うけど、自分のテニスへの情熱を信じてテニス選手を続けて、30歳を過ぎてから世界の舞台で活躍したエストレリャ=ブルゴス。お疲れ様でした。

.
.
.

ステファノス・チチパスがツアー最終戦への出場権を獲得しましたね。

今週上海で行われている上海マスターズの準々決勝で世界ランク1位のノヴァーク・ジョコビッチから逆転勝利。

実はその前に行われた試合で、ダニイル・メドベーデフがファビオ・フォニーニを下した時点で最終戦への出場権は決まっていたの。

そのメドベーデフとフォニーニの試合の勝敗に関係なく、今日の試合でジョコビッチを下すと出場権が決まったんだけど、結果的には自力で獲得した形になったわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:53 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


パパになる選手が!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在、中国は上海で行われている男子マスターズ1000大会の1回戦でアルベルト・ラモス=ビニョラスに敗れて初戦で姿を消したマリン・チリッチ。

その敗戦直後に嬉しいニュースを自身のSNSで伝えていたの。

チリッチはベビーカーを押しながら笑顔で写っている画像とともに「新入りの乗車。皆さんに報告することに興奮している。チーム・チリッチがより大きくなる。2020年に新しい仲間が我々に加わる。」って綴っていたの。

チリッチは2018年4月にクリスティーナさんと結婚。そして来年、チリッチはパパになるわ。

もう一人、来年パパになる男子選手が。それはアンドレアス・セッピ。

セッピは2017年9月にミケラさんと結婚したの。そして子供が生まれることは、奥さんのミケラさんが自身のSNSに綴っていたの。

「計り知れないほどの喜び。母になる。」って。

チリッチもセッピも、ロジャー・フェデラーやノヴァーク・ジョコビッチ、アンディ・マレー、ファビオ・フォニーニ、ジョー=ウィルフリー・ツォンガ、ジル・シモンらと共に、父親として来年はツアーを回ることになるのね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの60,000ドルのサーキット大会では、大坂まり選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの25,000ドルでは、加治遥選手、桑田寛子選手、荒川晴菜選手、今西美晴選手、本玉真唯選手、ラッキールーザーの松田美咲選手が1回戦で、尾崎里紗選手、小関みちか選手、大前綾希子選手、岡村恭香選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。ダブルスでは、第3シードの桑田&岡村ペアーがベスト4でした。

イタリアの25,000ドルでは、第5シードの内藤祐希選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、第3シードの内藤&穂積ペアーが優勝しました。

エジプトの15,000ドルでは、秋山みなみ選手が1回戦敗退でした。フランスの15,000ドルでは、第2シードの宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、イギリス人と組んで第3シードの宮崎選手が準優勝でした。

トルコの15,000ドルでは、西郷幸奈選手が2回戦敗退でした。西郷里奈選手がベスト4でした。ダブルスでは、西郷姉妹が優勝しました。

アメリカの15,000ドルでは、リュー理沙マリー選手が1回戦で、第5シードの宮本愛弓選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、リュー&宮本ペアーがベスト4でした。

男子では、カザフスタンの54,160ドルのチャレンジャー大会では、第15シードの守屋宏紀選手、内田海智選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの25,000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手が1回戦敗退でした。

ベトナムの25,000ドルでは、第4シードの徳田廉大選手、第7シードの山崎純平選手が1回戦で、第3シードの野口莉央選手、中川直樹選手、越智真選手、斉藤貴史選手が2回戦敗退でした。第5シードの高橋悠介選手、川上倫平選手がベスト8、西脇一樹選手がベスト4でした。ダブルスでは、インド人と組んで第2シードの徳田選手、ロシア人と組んで第4シードの野口選手がベスト4、カザフスタン人と組んで第1シードの野口選手が優勝しました。

中国の15,000ドルでは、第1シードの竹内研人選手、渡邉聖太選手が1回戦で、小倉孝介選手、住澤大輔選手が2回戦敗退でした。市川泰誠選手がベスト8でした。エルサルバドルの15,000ドルでは、田頭健斗選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:53 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


女子最終戦への行方は?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

女子のレギュラー・シーズンは男子より少し短いの。そして男子にはない第2の最終戦もあって、それはツアー最終戦の1週前に中国の珠海で10月22日から27日まで行われるわ。

そのシングルスは、最終戦へ出場する8人を除いた上位11人と主催者推薦の1人を入れた12人と、ダブルス6ペアで争われるの。

つまり、最終戦への出場者が決まらないと、そっちも決まらないってわけ。

現時点でシングルスの最終戦には、ペトラ・クヴィトバも出場権を獲得したから、これで6人が確定。

それを追っているのが、エリーナ・スヴィトリーナ、セリーナ・ウィリアムズ、キキ・ベルテンス、ベリンダ・ベンチッチが争ってます。

噂にもなってるけど、セリーナは恐らくこれで今シーズンは終了させるのではって言われているから、残る2つをスヴィトリーナ、ベルテンス、ベンチッチの3人で争うってことね。

そして残る大会は、今週オーストリアで行われているWTAインターナショナル大会と、来週ロシアはモスクワで行われるプレミア大会とルクセンブルクでのインターナショナル大会の3大会。つまり今週含めあと2週間なの。

どの選手の手に出場権が渡るかしらね。

そしてダブルスは、エリーゼ・メルテンス&アリーナ・サバレンカ組、バーボラ・ストリツォバ&シェー・スーウェイ組、クリスティーナ・ムラデノビッチ&ティメア・バボス組、シュー・イーファン&ガブリエラ・ダブロウスキ組、チャン・ラティーシャ&チャン・ハオチン組、サマンサ・ストーサー&ザン・シュアイ組の6組が既に出場権を獲得。

残る2つの切符をアンナ=レナ・グローネフェルド&デミ・シュールス組、バーボラ・クレイチコワ&カテリーナ・シニアコバ組、クヴェタ・ペシュケ&ニコール・メリチャー組の3組で争う感じね。

出場権はどのペアが獲得するかしらね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:06 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂選手、2大会連続優勝!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

大坂なおみ選手、中国は北京で行われていたWTAプレミア・マンダトリー大会のチャイナ・オープンで優勝しましたね。

大阪で行われたプレミア大会の東レ・パンパシフィック・オープンに次いで、出場2大会連続優勝を飾りました。

チャイナ・オープンでは、準々決勝で今季絶好調の19歳のビアンカ・アンドレエスクを、準決勝では今まで1度も勝っていなかったカロリーン・ウォズニアキを、決勝戦では世界ランク1位のアシュレイ・バーティを下しての優勝でした。

お父さんがコーチになってから、冷静なプレーができている印象なのと、力んで強いショットを打ってミスを犯してしまうようなことがかなり少なくなった印象です。

今日発表の世界ランクでは、3位へ上昇した大坂選手。去年とは違って、ツアー最終戦へ向けて調子が上向きなのは期待が高まるわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:41 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


日本勢、敗退&大坂選手は逆転勝ち!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ATP500大会の楽天ジャパン・オープンで準々決勝に進出したダニエル太郎選手と内山靖崇選手だったけど、二人とも負けちゃいましたね。

それでも内山選手は、週明け発表の世界ランキングで自己最高位を更新して世界ランク110位になりますね。

自身初のトップ100入りも目の前に迫って来ました。今シーズン中に達成できると来シーズン最初のグランドスラムの全豪オープンの本戦へストレートインが見てきます。

残り少ない大会で達成して欲しいわね。

同じくダニエル太郎選手も111位くらいに上昇するから、トップ100へ返り咲いて内山選手と揃って来年の全豪オープンの本戦の舞台に立って欲しいわね。

そうなるとダニエル選手は、全豪オープンは3年連続4回目の出場となるわ。

そして中国は北京で行われている女子プレミア大会のチャイナ・オープンでは、大坂なおみ選手が準々決勝で今年のUSオープン・チャンピオンのビアンカ・アンドレエスクをフルセットの逆転で下しました。

アンドレエスクはここまで、最後まで試合を戦い抜いた試合では17試合連続勝利を飾っていたところだったけど、大坂選手がその連勝をストップさせましたね。

最後はサービスエースで決めての勝利は大坂選手らしかったわね。

大坂選手は決勝進出をかけてカロリーン・ウォズニアキと今夜対戦します。これまでの対戦成績はウォズニアキの2戦2勝で、大坂選手はまだセットも奪っていないの。

でもその対戦も2016年の東レと2017年6月。2017年の対戦の時は大坂選手が世界ランク58位でウォズニアキが6位だったけど、今はランキングも逆転してるから、どんな試合になるか楽しみね。

そして大坂選手はこのアンドレエスクからの勝利で、シーズン最終戦への出場権を獲得しました。

これは、アシュレイ・バーティ、カロリーナ・プリスコバ、シモナ・ハレプ、ビカンカ・アンドレエスクに次いで5人目。

去年は1勝もできず、予選の3試合目は途中棄権してしまって、良い思い出が作れなかったから、今年は成績を残して欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:52 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ダニエル太郎選手もベスト8&大坂選手も!(追記あり)

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週行われているATP500大会の楽天ジャパン・オープン、ダニエル太郎選手が世界ランク56位のジョーダン・トンプソンをストレートで下して、ベスト8進出を決めました。

今大会で日本人選手が2人ベスト8入りを果たしたのは初めてのこと。

そしてダニエル選手に取っては、今季2月のモロッコ大会、5月のスイスのジュネーブ大会に次いで3度目の準々決勝進出。これまでの2回はATP250大会だったけど、今回はATP500大会とワンランク上の大会での準々決勝進出は更に価値が高いわね。

準々決勝でダニエル選手は、今日の試合でロイド・ハリスを下した世界ランク80位のジョン・ミルマンと対戦します。

昨日一足先に準々決勝進出を決めた内山靖崇選手は世界ランク53位のレイリー・オペルカと準々決勝で対戦します。

ダニエル選手がその試合に勝つとトップ100への返り咲きを果たします。内山選手がその試合に勝つと初のトップ100入りとなりす。

来シーズンの全豪オープンでの本戦へのストレート・インの可能性を考えても、重要な試合になりそうね。

そして中国は北京で行われている女子プレミア大会では、大坂なおみ選手がアリソン・リスケをストレートで下して準々決勝進出を決めました。

第1セットは、力強いストロークで攻める大坂選手だったけど、どんなボールも返して来るリスケの前にミスが目だっていた大坂選手だったけど、第1セットの終盤でミスが出始めたリスケの隙を突いて第1セットを大坂選手が先取。

すると第2セットは流れが一気に大坂選手へ傾くと、そのセットはリスケに1ゲームも与えないプレーを披露して大坂選手がリスケを1時間13分で退けました。

準々決勝では、ここまで連勝街道を走っている今年のUSオープン・チャンピオンのビアンカ・アンドレエスクと、予選を勝ち上がったジェニファー・ブラディの勝者と対戦です。

アンドレエスクとの対戦となったら、去年のUSオープン・チャンピオンと今年のチャンピオンの対戦となりますね。それも楽しみね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

忘れてしまってました。
1日遅れの、毎週恒例の日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの60,000ドルのサーキット大会では、今西美晴選手、尾崎里紗選手、小堀桃子選手、予選を勝ち上がった荒川晴菜選手、小関みちか選手が1回戦で、第7シードの清水綾乃選手、華谷和生選手、村松千裕選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、台湾人と組んで第3シードの荒川選手がベスト4でした。

チェコの25,000ドルでは、予選を勝ち上がったカジュール・アンジュが1回戦敗退でした。フランスの25,000ドルでは、宮崎百合子リリー選手が1回戦敗退でした。

イタリアの25,000ドルでは、第1シードの内藤祐希選手が優勝しました。中国の15,000ドルでは、小林ほの香選手が1回戦で、奥野彩加選手が2回戦敗退でした。本藤咲良選手がベスト8でした。ダブルスでは、アメリカ人と組んだ奥野選手がベスト4でした。

エジプトの15,000ドルでは、秋山みなみ選手が1回戦敗退でした。トルコの15,000ドルでは、西郷幸奈選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、西郷姉妹が準優勝でした。

男子では、チャレンジャー大会に出場の日本人選手はいませんでした。

オーストラリアの25,000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、岡村&中村ペアーがベスト4でした。

イタリアの25,000ドルでは、第2シードの清水悠太選手が2回戦敗退でした。スウェーデンの25,000ドルでは、田島尚樹選手が1回戦で、第2シードの内田海智選手が2回戦敗退でした。

中国の15,000ドルのフューチャーズ大会では、住澤大輔選手、予選を勝ち上がった千頭昇平選手が1回戦で、第2シードの竹内研人選手、予選を勝ち上がった小倉孝介選手が2回戦敗退でした。第8シードの市川泰誠選手がベスト8、第4シードの斉藤貴史選手がベスト4、第1シードの越智真選手が優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


日本人選手、大活躍!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週東京で行われているATP500大会の楽天ジャパン・オープンは、日本人選手が大活躍してますね。

昨日行われた1回戦では、主催者推薦の添田豪選手が、最近シングルスでも結果を出し始めていたヤン=レナルド・シュトルフをフルセットの逆転で下しました。

続く杉田祐一選手は惜しくもマリン・チリッチに敗れてしまったけど、西岡良仁選手もジョアン・ソーサをストレートで下して2回戦へ。

今日行われた1回戦でも、予選を勝ち上がった内山靖崇選手が第4シードのブノワ・ペールをストレートで、主催者推薦のダニエル太郎選手も第2シードのボルナ・チョリッチをフルセットのタイブレークで下す金星を飾りました。

日本人4選手が1回戦を突破したのは2003年大会以来とのこと。その時は岩渕聡選手、岩見亮選手、本村剛一選手、鈴木貴男選手の4人だったのね。

そしてここから何人がどこまで勝ち進めるか!

明日は内山選手がラドゥ・アルボットと、添田選手が第1シードのノヴァーク・ジョコビッチと、西岡選手が第5シードのルカ・プイユと対戦します。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 22:44 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


メドベーデフ、ブレークの鍵は?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在男子世界ランク4位にいるダニイル・メドベーデフは、今シーズンは後半に来て大ブレーク。

シーズン開幕戦のブリスベンで準優勝(錦織圭選手が優勝)とさい先の良いスタートを切って、2月のブルガリアはソフィアのATP250大会で今季初優勝。4月のバルセロナのATP500大会で準優勝を飾るも、その後は4大会連続で初戦敗退。

7月のウィンブルドンも世界ランク13位で臨みながら3回戦で姿を消してしまったの。

それがそれ以降、先々週の祖国ロシアのサンクトペテルブルク大会まで出場5大会全てで決勝進出。

そのサンクトペテルブルク大会こそATP250での優勝だったけど、それまでが凄い。

まずはワシントンDCのATP500大会、モントリオールのマスターズ1000大会で準優勝、シンシナティのマスターズ1000大会で優勝、USオープンで準優勝と、そうそうたる成績を残したの。

そんなメドベーデフは普段の生活のルーティーンの自身の変化についてジュニア時代と大きく変わったことを明かしていたの。

「もし10歳の時にテニスのことだけしか考えていないのなら、18歳で引退しているかも。自分が何か変なことをしていたと言う意味ではない。それでも1日に8時間も練習をしていた。」

「でも大会期間中でも深夜2時過ぎまで起きていた。映画などが見たかったし、それが何か影響するとは思っていなかった。でも分かったんだ。ほんの些細なことでも正しいことをしていると、コートでのパフォーマンスもより良くなり、より試合に勝てるようになった。」

「正直それが上手く行かなかったら、やり続けたかは分からないけど、すぐに結果が出始めた。だからずっと続けている。」

そして試合中の自分自身の変化にも触れてました。精神的な安定感が今回のブレークの鍵だって思っているようね。

「それには多くの努力をした。なぜなら、自分は世界でも冷静でいられる選手ではないから。それは既にここまでのキャリアでも現れていた。特にジュニア時代はね。」

「試合中の警告などからペナルティを科されて1ヶ月とか大会に出ていなかったりした。ペナルティを10回受けると1ヶ月の出場禁止。そんなこんなで、5ヶ月くらい禁止されたと思う。」

「自分はコートで愚かだった。だから、そこを改善させたんだ。そして今は冷静でいられることに誇りを持っている。精神的にもっともっと良くなりたい。もっと安定したい。そこが去年は足りなかったことだった。勝ち上がったら、7試合連続で安定していなければならないからね。」

そうね、グランドスラムは1回戦から決勝戦まで7試合を戦い抜かなければ優勝はないのよね。その全てでテニスも体も精神力も安定させるのは本当に難しいことなはず。

それに気付いて、そしてそこを改善させることができたって実感しているメドベーデフ。テニスがいかにメンタルの部分も大切かって言うことね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:10 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ