フォアハンドの肘曲げ

『テニプリ』 さんから、フォアハンドの肘についての質問です。

以下がそのコメントの全文です。

カラオケ  松原さん
いつも参考にさせていただいています。
さて、フォアハンドのときの肘の使い方についてお聞きしたいです。
フェデラーやナダルをみていると、
インパクトの瞬間に利き腕の肘が伸びているのですが、
錦織とかアガシをみていると、そこまで伸びていない気がします。
どうしてこのような差ができるのでしょうか。
あと、松原さん的にはどちらの方が好ましいのでしょうか。
お時間のあるときにご回答いただけると幸いです。

テニプリ より

水瓶座  私の答えです。

フォアハンドに限らず

インパクトでは、腕は少しだけでもいいから曲がっているべきです。

そうしないと肘への衝撃がもろに来ます。

これはサーブでもボレーでも

一見伸びきって打つように見える

バックハンド、もちろんスライスでもそうです。

 

さて、フォアハンドの肘の曲げ具合ですが

低いボールでも、高いボールでも

インパクトで面を垂直にしやすいこと。

そして、その形でスウィングする。

手のひらは腕を曲げると上向きに

腕をい伸ばすと横向きになりやすいので

一般的に、垂直面を作るためには

薄いグリップほど肘は伸び気味

厚いグリップほど曲げ気味になります。

ですから典型的なのは

グリップがうんと厚めで肘をうんと曲げ気味な、錦織。

nisifh1312

薄めで肘を伸ばし気味な、フェデラーということになります。

federa1312

このことはラケットを持って、面を作ってみればすぐ分かります。

 

しかしこれだけではないところが面白い。

グリップと手のひらの向きが同じでも

手首の伸ばし具合で

腕とラケット面の向きの関係は変わる。

厚めのグリップでも、手首を伸ばせば擬似的に薄めになるので

nadl1312

 

腕は伸ばしたほうがマッチする。

逆に、手首を折って擬似的に厚い感じにする人もいるのです。

agasi1312fh

 

だからどうするのかというと

自分の感覚で

インパクトで、面を垂直に作れる範囲で

スウィングに一番勢いの出る腕の曲げ具合を採用すればいい。

 

要は自分の感覚がすべて。

振りやすいように、面が垂直に作れるように持てばいい。

 

松原さんとしてどれが望ましいか?

4人ともフォアハンドの天才です

どれでも、このフォアなら大金持ちになれる。

 

ただ私の場合は

コーチとして、解説者として見本にならなくてはいけない。

例外的要素のもっとも少ない人

手首のぶれも少なく

リターンにも強い人

だから、私の理想はアガシです。

 

 

グリップの割には曲げていますが

錦織ほどは肘を曲げていないでしょう。  テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 17:54 | 1件のコメント

ラケット面の作り方

インパクトでラケット面を垂直に作る

もう少し正確に言うと

打球が入るはずのラケット面を

テイクバックとスウィングの腕の動きで、どう作るか、という話だ。

 

実は種目によって異なる。

今日はこれをしっかり分類しておこう。

 

どうしてかというと

成功体験から他の種目をだめにすることがあるから。

 

フォアとバックではラケット面の作り方が違うし

同じバックでも

トップスピンとスライスでラケット面の作り方は違う。

 

ストローク、ボレーでは大きく分けて2方法に分かれる。

 

1つ目は腕を捻らないで引き

そのままインパクトへ戻し、正確な面を作るやり方。

これはフォアハンドのトップスピンとスライス。

それとバックハンドのスライス。

スウィングするとラケット面は徐々に上を向いていくから

フォアハンドなら、こう引くし

nisifd1312

バックハンドのスライスなら

nisifs1312tb

そして弧を描いた凹型スウィングで徐々に上を向いていき

インパクトはもう少し上向きになるのだ。

 

フォアハンドのスライスもほぼ垂直面に引いて

インパクトで斜め上向きになる。

nisikorifsu1305

ボレーも同じ。

 

もう1つは、ラケット面の垂直を保つやり方。

これはバックハンドのトップスピンがそう

片手も両手も面の作り方については同じように考えてよい。

ほぼ垂直、やや上を向けてテイクバック。

gasquet

djok1303bk

その後、垂直面を保ってスウィングする。

1311djokyokoback

当然、垂直面でボールを捉える。

 

以上のようにフォアバックでしっかり違う

フォアがうまいからといって

バックに同じ理論でかかると挫折する。

しっかり押さえておかなくてはいけないところなのだ。

 

 

サーブの面作りはまた別なのだが、それはまたいずれ。 テニス

 

 

カテゴリー: 技術全般 | 投稿者松原コーチ 18:04 | 1件のコメント

フォアのテイクバックに30年

フォアハンドのテイクバックだが

構えからインパクトまで腕を内旋も外旋もしない

つまり肩関節をひねらないで引いて振れば

面がぶれるはずが無く

エラーするわけがない。

プロは当然のようにそうする

というか、そうゆう人しかプロになれない。

djok1312f

だからプロにあこがれる人はみんなそうなりそうなのに

なぜかそうならない。

私のブログを見てくれて

理解してくれる人でもそうなのだ。

ある日の、私の研修会でのスナップ。

131224f1rr

この方はかなりいいフォアを打つのだが

やはり縦に散らばる。

これだけ上向きに引けば

被せるようにスウィングしなければならず

当然不安定になる。

これは直す前のウォームアップなので

この日、最後までこうだった訳ではないが。

 

振りやすさを取るか?

面の安定をとるか?

振りやすさを取ってプロになった人はいないのだが ・・・

 

何回か研修に来てくれた方で

実際に面を手で押さえて向きを感じてもらったのだが

引き終わりで45度くらい下向き?、後ろ向き?、斜め下後ろ向き。

さらに45度、私の手で直して感じてもらい

完全下後ろ向き。

無事1本目から入るフォアになった。

 

これくらい、自分で感じるのは難しいのか?

 

この話をし始めて、30年以上

いまだにこの説明で直る人がほとんどだし

何度も同じように直した人もいる

そして、毎回、感心してもらえる。

 

松原さんはコーチとして

ほとんどこれで食っているのかもしれない。

 

テイクバックでラケット面が後ろを向く

これが常識になるのに、あと100年くらいだろうか?  テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 20:49 | コメントは受け付けていません。

左手

印西のクラブへ電車で行った帰りのこと

実は昨日の夜なのだが

青砥駅でアクセス特急京成上野行きから京急三崎口行への乗り換え。

しばしのまどろみから覚め、ホームでバッグを持とうとしたら

握力がなく、左手に力が入らない。

右手よりも左手のほうが疲れている。

動かそうとしたら、しまいに手のひらと指がつってきた。

実力派会員さんたちと久しぶりに

ダブルスを7セットくらいやったせいか?

夕方、Sさんのボレー練習に付き合って

フォアハンドを打ちまくったせいか。

確かに、昨日は相当ハードにやった。

特にフォアハンドをいっぱい打った。

 

松原さんのテニスは

フォアバックとも、もちろんボレーもスマッシュも片手打ち。

右手だけしか使わない。

左手のほうが疲れるわけはなさそうなものだ。

だが実際にとっても疲れている。

 

私は他の人にしっかり力めというくらいだから

自分でもしっかりと力んで打っている。

特にフォアハンドはそうだ。

実は左手も、右手と同様

構えで手のひらが下向きになってがっちり固めている。

それはジョコビッチも同じはず。

djok1312f

そして、インパクトでは

djok1312f2

面の開きと一緒に

左手も開いていき、さらに固めているのだ。

 

右手が力めば力むほど左手も力む。

右手が全力ハードヒットの時は左手も全力なのだ。

むしろ鍛え方の足りない左手のほうが疲れやすいのかもしれない。  テニス

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 19:05 | 1件のコメント

サーブはクローズドで?

猪瀬さんからサーブの質問をいただきました。

以下がそのコメントの質問部分です

カラオケ  先日、プライベートレッスンでスピンサーブを教えていただきました、猪瀬です。

ジャンプして身体が伸びた後、うで!というリズムが身につくよう練習に取り組んでいます。

覚えていらっしゃるかもしれませんが、スピンサーブを打つうえで、
私のスタンスはクローズドではなく、むしろ若干オープン気味なのですが、プロのスタンスは大抵クローズドだと思います。
プロの場合は、柔軟性や筋力があるためにそうしているのでしょうか?
身体の捻りがパワーに繋がりそうですが、真似をすると、インパク時に前向きまで身体が開けない気もします。

お時間のある時にご教示いただければ幸いです。

猪瀬 より

水瓶座  私の答えです。

もしオープンスタンスが問題なら

プライベートレッスンの時に指摘したでしょうね。

確か、左右のサイドで違っていたのを直したとは思います。

下半身から上半身に滑らかに動きが伝わって

いい動きができるなら

クローズドでもオープンでもかまわないと思います。

特に、すでにオープンになれているので、困っていない。

わざわざ変えて、困る必要も無いと思うだけです。

昔、1985年の話です。

クローズドスタンスが普通のプロツアーの世界に

ボリス・ベッカーという17歳の少年が出てきて

オープンスタンスから「ぶんぶんサーブ」というのを繰り出し

ウィンブルドンで優勝しました。

bbserb1312b

身体の向きから見てアドコート、オープンスタンスです。

時速240kmくらい出ていると聞いたことがあります。

彼はセカンドサーブもエース狙い

毎ゲーム、ダブルフォールトを1つくらいはしながら

ぼこぼこ、サービスエースを連発して優勝しました。

そして翌年も。

身体の捻りについて言えば

むしろオープンのほうが捻ることができるかもしれません。

ベッカーはこの捻りがすごかった。

下半身を前に向けて捻りを作るのがクローズド

上体を後に捻るのがオープンスタンスです。

どっちでもやりやすいほうでやればいい。

本質的に欠点があるのでなければ

他の人と同じじゃなくてもかまわないと思います。

そういえば、ボリスの前のすごいサーバーといえば

mac131220

超クローズドスタンスのジョン・マッケンローでした。

これ、アドコートの写真ですよね。

サーブのスタンスは他の動きとの関連が無いので

自分さえよければ、けっこう何でもありです。

パンチョ・ゴンザレス、松岡修造、イワニセビッチ、鈴木貴男、みんなそれぞれです。

また、歴史を巡る旅に入ってしまいました。  テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:14 | コメントは受け付けていません。

フォアの力方向

ちょっと昨日の話しの補足。

 

昔スタイルのフォアハンドでは

しっかり打球方向に押すように言われた。

しかし、上体全部が

腕の振り以上に打球方向に移動しない限り

現代の振り方、打点では無理。

 

なぜなら、フォアハンドの打点はこんな感じで

身体の少し前で捉えることになるから。

forswing121120

ラケット面の移動する方向は、赤色の矢印だし。

手の動く方向となると、オレンジ色の矢印なのだ。

だから打球方向に比べると

スウィングの方向は外から中へ

オウトサイドインということになる。

もし、打球方向に腕を振ったら、肩から抜けてしまうかも。

 

体重移動のスピードはせいぜいがんばってジョギング程度

時速10kmは出ないだろう

ラケットのスピードは

思い切って振れば、その5倍以上は楽に出る。

 

だから感覚として

「ラケットが打球方向にボールを押す」 ことはありだが

実際にそちら方向に動くことはない。

もちろんスウィングをうんとゆっくりにすれば

ありえないことではないが。

 

一流選手が打球方向に押していると言っていても

その言葉通りに

アマチュアがやっても、同じ答えにはならないのだ。

fede121120

フェデラーの写真を見て

「ほらフェデラーはしっかり押しているでしょう」

という解説者やコーチがいるのは知っている。

ホントにフェデラーがそういっていたのだろうか?

だって、あの手は打球方向に持っていきようがないのだ。

ホントに押そうとすると、力が抜けたりしてしまう。

力強いフォアハンドのためには

しっかり腕を上体の左側に引っ張るべきなのだ。  テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 18:30 | コメントは受け付けていません。

現代フォアは前向き

バッシシさんからフォアハンドの質問です。

以下がそのコメントの全文です。

ちょっと長いのですが、切りにくいのでそのまま。

 

カラオケ  コーチの「フォアハンドは正面を向いて打つべし!」
の教えを自分の技術とすべく日々練習しております。
ですが先日いつも一緒に練習している仲間に「体が開きすぎて力が逃げている」と指摘をうけました。
自分で試合のビデオを撮って確認してみましたが、確かに正面を向きたいが為に体が左に(右利きです)逃げているようなショットばかりでボールが前に飛んでいません。
体を左に逃がして正面を向いて打つというのはやはり感覚として間違っているような気がしています。
その後の練習では開きすぎないないように意識していますが、スピンのコントロールが出来なくなり、フラット系のボールしか打てなくなってしまいました。
今後私はどのような意識で普段の練習をしていけば良いでしょうか?

年末のお忙しい折、長文の質問ですいません。
試合などで私以外にも体が開きすぎている人、散見します。
お時間のあるときにブログのテーマに上げていただけると光栄です。

バッシシ より

 

 

水瓶座  私の答えです。

プロを見れば、開いている人ばかりですよね。

1312nisikorifor

ただし、左手に力が入り、上体を固めている。

 

フォアハンドの技術に2系統あります。

なぜ2系統になるのかというと

インパクトで、ラケット面を垂直に作る理由が違うからです。

そのために面だけでなく

関連して、上体の向きも違ってきます。

 

1つ目の技術はテイクバックからインパクトまで、面を垂直に保つ打ち方。

腕は前に振り出すと、面が徐々に上を向いていくため

それをキャンセルするために

徐々に面を被せていくように振るのです。

結果、ラケット面が垂直を保つ。

そのためには上体を開かないことが大切。

開かなければ、腕が左半身にぶつかり

窮屈になって、上手くラケット面を被せられます。

だから、全力で振ってはいけない。

上手に被せるための余裕が必要なのです。

代表的なプレーヤーはフレッド・ペリー。

アンディー・マレーの前に

最後にウィンブルドン男子シングルス優勝したイギリス人です。

これはそのイギリス人、2人。

andyfredpely

後ろの黒い人がフレッド・ペリーです

下の台には、ウィンブルドンチャンピオン、1934、35、36と書いてある。

いかにも開かなそうな形でしょう。

 

男子ツアーの世界ではこの打ち方は30年以上前、

コナーズ、ボルグ、ビラスの登場以来、一気に駆逐されました。

borg_5

ボルグ、そしてビラス。

vilas_fore

だから、世界種としてはとうに絶滅しています。

日本でも20年くらい前までなら、

この打ち方で全日本に出られました。

ですから今でも

古いコーチや昔からの常識を知っている人たちは

この理論に沿ってフォアハンドを語ります。

もちろん今でも

思いっきり打てないだけで

ゆっくりとテニスを楽しむには困らない打ち方です。

 

さて2つ目は私がいつも言っている打ち方

ボルグ以来、現代のプロが普通にやっている打ち方です。

ラケット面の使い方で言えば

ビランデル、レンドルの時代にほぼ完成しています。

ラケット面を下向きに引き

腕を捻らず、面を被せずに打ちます。

捻らないので思い切り強く打っても面が正確に出せる。

この勢いのある腕を邪魔者なしに振るためには

上体が前向きになる必要があるのです。

これは、ためブロさんのページから勝手にいただいた1枚。

  (この雑誌には彼の解説ページがあるそうですよ

IMG_6046

そうそう、だから現代のプロは前向きなのです。

 

それとよくグリップが昔は薄く、今は厚いからと言う人も多いけれど

fede121120

引いたラケット面との相対関係なので

どんなグリップでも、プロは基本的にインパクトで開きます。

 

前向きで力が逃げるように感じるのは

1つはそう言われて、暗示にかかっていること

もう1つは腕や上体を固めるための力が足りない。

もっと力んでみるといいと思います。

もちろんラケット面を下向きに引いていたとしての話しです。

アザレンカのようにインパクトで叫ぶのも1方法。 

 

今日は歴史を語ってみました。 テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 12:24 | 2件のコメント

印西女子ダブルス

昨日は、千葉県印西市、松原テニスクラブ印西

月例の女子ダブルス大会の日だった。

 

朝、9時30分からの試合開始なのだが

9時から自由に練習ができる。

やはり事前にそのコートで練習をした人たちのほうが有利なようだ。

 

今回直前のキャンセルもあって、11ペアーの参加。

4ペアーずつ、の2グループと

3ペアーの1グループで総当りの予選リーグを行い

まずは最初の激戦が開幕

13121nessen

13122nessen

3ペアーだけのCリーグは1勝1敗でみんなが並ぶ大混戦。

13123cgumi

予選終了後全員集合

13124syuugou

午後は、各リーグの上位2ペアーが決勝トーナメントへ

3,4位のチームは3,4位トーナメントへ。

負けてもコンソレがある。

さらに激戦が

13125nessen

一番少ない人たちでも

6ゲーム選手のマッチを4試合行うというハードなスケジュール

数をやることで試合慣れし

新しいことにトライするチャンスも多くなるのだ。

 

さて、決勝は、5-5、30-30まで競って

うちのクラブ、渡辺さん、沼口さんのペアーが

TTC所属の、菅原さん、土本さんのペアーを破り優勝した。 

13126yusyou

予選、1試合目を負けた後、のこりを全勝で勝ち抜いた。

負けた試合後の私のアドバイス

「攻めと守りをはっきり

決められないボレーは手を出さない。 危ない時はロブ。」

が、霊験あらたかだったかどうかは分からない。

やりながらどんどん上手くなっていくのだ。

 

さて、次回は1月27日、その次は、2月24日、要項はこちら

いつも月曜日の開催だ。

強くなりたいペアーは是非、お電話を松原テニスクラブ印西まで。  テニス

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 19:31 | コメントは受け付けていません。

変則的な相手に対し

『たかちゃん』 さんから、戦術的な質問をいただきました。
以下がそのコメントの質問、主要な部分です。

全部見たい人はここをクリックしてください。

カラオケ  試合中、相手がセオリー通りの動きをしてこないと焦ってしまいます。試合中、どのような考え方をすれば良いでしょうか?

例えば私は男子ダブルスが多いのですが、

私の男ダブのイメージは、サーブ後、基本はクロスに返し、前にでてきたら足元に、後ろなら深く返して、たまにストレートやロブでほんろうして、という展開で試合をイメージしても、(あくまで私なりのイメージですが。)

私なりのその枠を外れて、例えばやたらストレートアタックが多い、早いとか、やたらポーチやロブを多用してくるなどを、相手にされると、試合をコントロールできないようで焦ってしまいます。

かといって、レベルが上がってくると、最終的には基本に忠実なクロスゲームを展開しないと(動きすぎると)勝てない気がします。  ・・・・・

 

 

水瓶座  私の答えです。

クロスに打つのが基本的なスタイルですが

ご自分でも言っているとおり

相手も

「たまにストレートやロブでほんろうして、という展開 ・・・」

と考えているのです。

それを立て続けにやってくるだけのこと。

 

で、そのときにどう対処するかは当然考えておくべきこと。

ストレートに打ってきたら、クロスにボレーを決める。

又はドロップボレー。

ロブが来たらスマッシュでいただきです。

うまく対処できないなら

当然相手はそればかりやってきます。

守備的に考えるか攻撃的か?

なんていう話ではありません。

ボレーが打てないなら、そのボレーを練習しておく。

スマッシュも同様です。

ちゃんとできればこちらの得点になるわけで

ラッキーな話なのです。

そうなれば、相手は普通にクロスに展開してきます

勝ちたければ、そうせざるを得ないのです。

だからクロスが原則で

変則に来るならそれに乗じればいいだけのこと。

いただき、ラッキーなのです。

 

ポーチについては別の考えが必要です。

どんどんポーチに出られるなら

まずは先に

どんどんストレートに打ちましょう。

逃げたストレートではなく攻撃的に。

こちらのほうが怖い顔をするべきです。

 

ストレートで打つと決められる

普通に打つとポーチされるようなとんでもない状態なら

クロスにサーバーの方向にロブで返球します。

そうすればポーチされません。

とりあえず執行猶予。

 

これらはごくごく普通の状態

駆け引きは有ってあたりまえ

あたりまえだと思って

要は普通の試合になれること

できないショットは練習すること。

 

うまい人たちはそんな相手にも動じていないでしょう。

戦術話ではなく、単にボレーとスマッシュを入れるだけ

必要な技術をマスターしておくということ。  テニス

 

 

 

 

カテゴリー: ダブルス | 投稿者松原コーチ 18:53 | 2件のコメント

水曜はトミーテニス塾

今週、水曜日は毎月恒例の

千葉県鎌ヶ谷市くぬぎ山

トミーインドアスクールでの、「松原コーチのテニス塾」

 tomy_out01

前日は早起き、サンドイッチを食べながら相模原まで

この日も早起き、サンドイッチを食べながら鎌ヶ谷までと

愛車スカイラインは駆け巡っている。

 

先月の「松原コーチのテニス塾」はたくさんの方に参加していただき

にぎわっていたのだが

今月は一転、かなり少ない参加者

1時間目はフォアハンド、2時間目のバックハンドと来て

4人いた塾生は

3時間目のネットプレーでは2人に。

 

参加者から見ればたくさん打てるは

私のアドバイスやレッスンの内容も

お二人のためだけに向いている。

おいしい時間なのだ。

 CIMG2400

バックボレーは横向きになり過ぎないように。

フォアボレーはインパクトでスウィングを止めるように。

CIMG2395

また、この前の2時間目はバックハンド

ライジング・アプローチを打つことで

前にタイミングを取る打ち方を練習

これができると

普通のショットでも自信を持ってコントロールできるようになってくる。

 

1時間目はフォアハンド

ラケットを左脇にフィニッシュすることで

飛距離を自在にコントロールする練習

バックと同じようにライジング・アプローチを打つことで

前にタイミングを取る打ち方を練習などを行い

皆さん、スウィングが滑らかになってきた。

 

さて来月は1月22日(水)の開催。

今月と同様

1時間目がフォアハンド

2時間目がバックハンド

3時間目がネットプレー総合、という予定。

 まもなく、HPにも要項をアップします。

皆さんの参加をお待ちします。

 

 

 

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 18:42 | コメントは受け付けていません。