カテゴリー別アーカイブ: GSSパンサー

40年前のパンサー名簿とあらためて知りたいこと

先週、某大学(学習院大学ではありません)を訪問し、ここで教員をし、テニス部の関係者でもある、GSSパンサーテニスクラブの後輩に会いました。

ここ数年は、年に1~2回、この大学を訪問するので、その都度会っています。私が大学3年生のときの1年生で、2年後輩ですが、よく彼の下宿にお酒を持って、なだれこんだ思い出があります。

で、先週会ったとき、実は、こういうものがありましたと、見せてくれたのが、パンサーで初めて作成した部員の名簿です。

20170910_panther

まだPCがない時代ですから、手書き(私の汚い手書き)で作成したものです。
中身は、大学別(学習院、立教、上智)連絡網、個人別の氏名、所属学部学科、生年月日、住所、電話、星座、血液型と、もの個人情報なので、表紙しか載せられず、残念!

もう1つ、表紙を見ると、「PINK PANTHER TENNIS CLUB めいぼ 1977」とあります。

そうでした、この前の年、1976年に最初に発足したときは、当時、流行っていた映画から、PINK PANTHERとつけたのでした。

その後、PINK PANTHERでは、カッコ悪いよなと部員で相談して、3大学の頭文字をとって、GSSパンサーテニスクラブとしたのでした。

大学で、後輩と話したときは、1976年設立だと、もう40周年は過ぎてしまったという話をしたのですが、1977年の最初で、PINK PANTHERということは、GSSパンサーとなったのは、その直後ですから、1977年中ということになります。

そうです、1977年がGSSパンサーの発足とすれば、ちょうど40年たったということです。(感激!)

この名簿の現物は、後輩が、自分が持っているより、ブログもやっている先輩(私)が持っていてくださいと、もらってきました。

これを見るたびに、GSSパンサーの思い出が蘇ります。

そして、立教大学が、いつ、なぜ、GSSパンサーから抜けたのか?

想像の域を超えず、このことが、モヤモヤして残ります。

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 17:45 | コメントをどうぞ

今度はGSSパンサーの後輩です!

先日のテニススクール内の学習院大学生は、大学の後輩ではありましたが、残念ながら、GSSパンサーテニスクラブの後輩ではありませんでした。

そして、同じく、先日、出張で、某大学を訪問し、今度は、GSSパンサーの後輩に会いました!

もう何年も、毎年1回、この時期に、まるで七夕のように、会っていますが。

今回も、約1時間半のうち、仕事直結の話は、30分。GSSパンサー時代の思い出が30分。そして、現在のテニスが30分です。

この後輩は、私が大学3年生のときの1年生ですが、私と違い、授業の合間にテニスをしていましたが、高校時代の経験者なので、綺麗なフォームで、なかなか強い後輩でした。

(私には、勝てませんでしたが!)

その後、彼は、さらに勉学を続け、某大学で教えているのですが、さらに、某大学体育会テニス部にも関わっています。

現在のテニスの話では、先日のスクール内「気軽にダブルス」で対戦した、とんでもないレベルの人(インカレ)が、この後輩の大学のテニス部の選手と、昨年のインカレで対戦していたことも分かりました。

(結果は、スクールのとんでもないレベルの人が勝っていました。)

1時間半の打合せ?終了後、また1年後に会おうと別れ、本来の業務へ向かいました!

でも、学生時代のしかもGSSパンサーの後輩と会うのは、楽しいものです!

また、来年に期待!

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 22:45 | コメントをどうぞ

パンサーの後輩では、ありませんでした!

前期(6月末)でテニススクールをやめた、学習院大学生。

シャワールームで、学習院大学生と聞こえたにも関わらず、飛び出さず、確認が出来ないまま終わった!、タイミングを逸した!、と、以前のブログで記載しました。

その後、スクールの新期(7月1日~)が始まり、最初のレギュラーレッスンの日、いつもどおり早目に(だいたい30分~1時間前)スクールの受付に着いて自分の名札を取り、その横の別クラスの名札を見るとーーー

あれ、たぶん、学習院大学生と思われる名前の名札があります。

フロントに、この方は前期でやめたのではと聞くと、いえ、やめていませんよと。

でも、担当コーチからは、やめたと聞きましたよと言っていると、そのコーチも現れ、よくよく話をするとーーー

そのクラスには、学生が2人いて、そのうちの高校生が前期でやめ、その学生と勘違いしていたようです。(コーチが)

ということは、今日(そのレッスン日)、学習院大学生が来るということで、探し始めましたが、準備体操が始まっても、現れません。

レッスンが始まると、やはり、ボールに集中するので、いったん、人探しはやめ、レッスンに集中。

そして、レッスン終了後、フロントに、どの人か聞いて、その人のところへ行き、声をかけました。

私「失礼ながら、このクラスに学習院大学生がいると聞いたのですが、もしかして、そうですか?学習院大学出身な者でお聞きしたく。」

学生「はい、そうです。」

私「大学では、テニス同好会に入っていますか?」

学生「いいえ」

私「そうですか。私、今でも活動している、GSSパンサーテニスクラブを創設した者で、お聞きしました。」

学生「その同好会は、聞いたことはあります。」

私「そうですか。失礼しました。」

結局、学生には会え、学習院大学の後輩ではありましたが、残念ながら、GSSパンサーの後輩ではありませんでした。

大学の後輩に会え、大変嬉しい一方で、やはり直接のGSSパンサーの後輩でないのは少々残念で、一喜一憂したスクール新期初日でした。

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 21:58 | コメントをどうぞ

タイミングを逸した!

先日、テニススクールで、シャワールームにいるときに聞いた、学習院大学の学生(文系学部)。

その1週間後に、同じ時間帯の別クラスに、大学生の男子がいるか聞いたところ、1人いるということで、特定できました。

そして、そのクラスのコーチに聞いたところ、今日は、お休みで、来ていませんと。
⇒残念、折角、分かったのに。

では、来週にと聞いたところ、その学生は、今期でスクールは終わりで、来期からは来ませんと。
⇒この日が、期の最終日でした。

重ね重ね、残念!

気づいたときに、声をかけないと、こういうタイミングを逸することになるのですね?

もっとも、突然、シャワールームから飛び出し、学習院大学の学生ですか?テニス同好会に入っていますか?どこの同好会ですか?
と話始めたら、それはそれで、異様ですよね?

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 20:49 | 1件のコメント

後輩?

先日、テニススクールでのレギュラークラスが終わった後、シャワールームに入ったときのことです。

更衣室から話し声が聞こえ、思わず、聞き耳をたててしまいました。

それは、概略こんな内容でした。

「学習院大学は、どう?」、「理学部ではないので、それほど大変でもない」というようなものでした。

なんと、テニススクールに学習院大学の文系学部の学生が通っていたのです。

体育会テニス部は、まずスクールに通うことはなく、といって、全くテニスと関係なくスクールに通うのも考えにくい。

そうなると、テニス同好会の学生かなと?

今は、数が増えましたが、私が学習院大学生だった時は、テニス同好会は、全部で、4団体でした。

「オッターテニスクラブ」、「サンテニスクラブ」、「理学部テニスクラブ」、そして「GSSパンサーテニスクラブ」です。

この学生は、理学部ではないと言っていたので、もしかすると、GSSパンサーの後輩かも?しれません。

同じスクールの時間帯には、レベル別に3クラスあり、私のクラスではないので、残り2クラスのどなたかです。

シャワールームから飛び出して聞くわけにもいかず、どなたか分かりませんでしたが、何とかして、知りたい!

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 21:14 | コメントをどうぞ

40年ぶりに行ってきました!

GSSパンサーテニスクラブは、その名のとおり、3大学で発足したテニス同好会で、

G=学習院大学のG、S=上智大学のソフィアのS、S=立教大学のセイントポールのSです。

現役時代は、所属している学習院大学はもとより、上智大学、立教大学にも、テニスの前後で、何回も通ったものでした。

卒業後は、母校の学習院大学には、仕事の関係もあり、何回も行っており、変化する校舎等も知っていますが、上智と立教は、卒業後、ほとんど行ったことがありません。

そんな中、上智大学へ仕事で行く機会があり、約40年ぶりに行くことができました。

四ッ谷駅から土手を歩くと、左側に校舎、右側にテニスコートがあります。

この校舎の正門には、また、特別な思い出がります。

20170620 2

上智大学は、40年前も語学系で特に有名な大学で、パンサーの後輩には、上智大学の独文科の学生(女子)がいました。

私、第二言語は、ドイツ語でしたが、ドイツ語が好きで?、通常2年間の一般教養課程のところ、なんと4年間も履修してしまいました。

(実際は、パンサーの創設~運営で、出席が足りず、単位を落としたのですが。)

当然、ドイツ語自体もよく分からず、パンサーの同期の独文科の女子には聞きずらいので、上智の後輩女子に、和訳とかを頼み、上智大学まで、受け取りに行ったりしていました。

この正門あたりを見ると、その当時、40年前が走馬灯のように蘇りました。

20170620 1

あと、このコート(上智の体育会のコート)でプレイしたことはありませんでしたが、上智に行ったあと、土手の上から、このコートでのテニスを見るのが好きでした。

ちなみに、この後輩女子とテニスをした記憶が残ってなく、ドイツ語で、お世話になったことしか思い出せません。

おかげで無事、4年かけてドイツ語の単位を取れ、卒業できました。40年後ですが、お礼申し上げます。

*覚えている、ドイツ語は、「Ich liebe dich.」だけですが。

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 19:08 | 1件のコメント

好きよ キャプテン

まずは誤解なく、「好きよ キャプテン」とは、曲名です。

最近のカラオケで歌うテニス関係の曲では、「エースを狙え」ですが、「好きよ キャプテン」は、まだカラオケがあまりない頃、学生だったGSSパンサーテニスクラブで、仲間が歌っていた曲です。

歌手は「ザ・リリーズ」という2人の女性(といっても当時は少女)で、

41Df84KmM8L

歌詞のなかに「好きよ好きよキャプテン、テニス焼けの笑顔」、「教室から見つめたのテニスボール打つ姿」、「私あこがれていた一つ上級生」等々、ぐっとくるものがありました。

当時、GSSパンサーのキャプテンでしたので、コンパで、この歌を歌ってくれるとやけに感激したものでしたが、残念ながら、「好きよ好きよキャプテン」のところを歌ってくれるのは、男子部員だけで、ここになると女子部員が歌ってくれなかったかな?

まあ、ほかの女性部員や先輩女性もいるなかで、好きよキャプテンとは歌えないですしね?(凄い自分勝手な解釈!)

*またまた古いネタで、「好きよキャプテン」を知っているのは、50歳以上(50歳前半は厳しい)かな?

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 06:56 | コメントは受け付けていません。

続・GSSパンサーの後輩に会いました!

役員から従業員へ戻り、色々と実務の現場に戻りましたが、その中で、大学訪問があります。

以前も訪問していましたが、現場復帰後最初に訪問した大学は、GSSパンサーの後輩がいる大学です。

このブログでも何回か記載しましたが、GSSパンサー時代の後輩で、テニスも上手く、勉強熱心で、模範的な大学テニス同好会員でした。

(私は、GSSパンサー時代、経済学部テニス学科状態で、GSSパンサー活動の合間に授業に出ていましたが、彼は、その逆でした。GSSパンサー時代、何回かテニスの後、彼の下宿に酒を持って行き、語り合い、翌日は、私はテニス、彼は授業といった具合でした。)

そういう勉強熱心さもあるからか、その後、某大学に勤め、その大学のテニス部にも関わっています。

先日の再会時は、業務上、あまり時間は取れませんでしたが、GSSパンサー時代の昔話に花が咲き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

走馬灯のように、思い出がよみがえり、なんとも言えない気持ちで、帰ってきました。

やはり、学生時代の、それも、テニスで苦楽を共にした仲間(後輩でも)は、いいものです!

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 19:43 | コメントは受け付けていません。

GSSパンサー最初のウェア

以前(2013年9月以前)のテニス365の旧ブログには記載(以下アドレス)しましたが、

http://panther1969.blog.tennis365.net/archives/category/15459.html

先日のGSSパンサー1期生会で、最初に全員お揃いのウェアは、大学名とGSSパンサー名を入れた、トレーナーで、その写真を見せました。

panthertorena_thumbnail

もっとも、この写真は、もう着れなくなったトレーナーを記念に切り取って、額にいれた(女房が)ものです。

1期生は、やはり覚えていてました。色は、ベージュだったねという話しとか。意外だったのは、なぜ、大学名で、学習院が真ん中なの?という、今さらながらの質問が出て、記憶は定かではありませんが、大学名の長さ、上智と立教は、Sから始まり両側配置等々のバランスという説明をしました。

今さらながら、どう決めたかは?ですが、確か、1期生~3期生の女子で、デザインし、発注先は、目白のテニスショップ「ジャヌー」さんだったと思います。

約40年前ですから、思い出すのも大変ですが、それにも増して、懐かしさがつのります。

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 06:56 | コメントをどうぞ

GSSパンサー1期生会開催なる!

昨日、3月21日土曜日、ついにGSSパンサーテニスクラブ初代メンバーが集まる1期生会が開催できました。

場所は、私の独断で、学習院大学のある目白駅近くの店です。もっとも、40年前に知っていた店はもうないので、会社にいる若手の学習院大学卒業生(私が採用した人ですが、GSSパンサーではなく)に、会の趣旨を伝えて、教えてもらった店です。

残念ながら、1期生全員は揃いませんでしたが、私含めて、7名が参加。

男性陣は、学習院卒のS(福岡から参加)、立教卒のK、S、I、女性陣は、学習院卒のEさん(氏名の名の略称)、上智卒のIさん(旧姓)です。

人数的には、こじんまりとした会ですが、この40年の話をするには、ちょうど良かった人数かもしれませんでした。

話はやはり、40年前のGSSパンサー時代の話(意外と全員が知らなかったことが出て、そんな事あったの?という声も)、そして、この40年間それぞれが歩んだ人生のこと、そして、今のことまでと、1次会の3時間半はあっという間に過ぎてしまいました。

話はつきず、全員で2次会のカラオケへ、ここでの選曲で面白い設定が。

全員、昭和の曲にするというものです。GSSパンサーを創ったのは、確か昭和50年で、その時代にGSSパンサーで学生時代を謳歌したメンバーですから、スムーズに皆選曲していました。

福岡から来たSは別にして(都内に泊まるので)、一番最初に終電がくるのは、私でした。後ろ髪を引かれる思いを胸に、皆と握手を交わし、帰路へつきました。

帰りの電車の中は、40年前の思い出が走馬灯のようい蘇り、さらに、ウオークマンから聞いていた音楽で、大学サークルテーマのテレビドラマ「ふぞろいな林檎」の主題曲「いとしのエリー」、大学テニス創設のテレビドラマ「青が散る」の主題曲「蒼いフォトグラフ」が流れたときは、思わず、涙ぐんでしまいました!!!

今回残念でしたのは、1期生全員が集まれなかったことと、いろいろと手をつくしたのですが、立教大学は、いつ、なぜGSSパンサーから抜けたのが分からなかったことです。

しかし、それにも増して、この1期生会が出来たことは、私含めて、参加した全員が満足、感激できたことと思います(私の感想)。

また、次を考えたいと、強く思いながら、このブログに記載しました。(あと、ブログ名を少し変更しました。)

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 16:26 | コメントをどうぞ