トラックマンの数値

ウィルソンの方に、ローズウォールに似て、良いバックハンドストロークと言われ、舞い上がってしまった、トラックマン。で、その装置で計測した数値がどうかを、以下に記載しますが、スピードは時速何キロ表示で、回転数は1分間に何回転するかを表します。

ますは、現在使用している、ウィルソンのスチーム100リミテッド。フォアがスピード92.8キロ、回転数1380回転で、バックはスピード80.3キロ、回転数1827回転。

何と、バックの方が、約450回転多いという結果で、それだけ、スライスの回転がかかっている証とのこと。その分、スピードや約10キロ落ちますが、回転が多いので当然の結果です。

次が、スピンラケットのバーン100S。最初にフォアを打った値が、スピードは93.2キロならが、なんと回転数が1049と、スピンラケットながら、スチーム100より、数値が落ちたので、私には合っていないということで、バックは打たずに終了。

最後に、バーン100。フォアがスピード97.9キロ、回転数2151、バックがスピード87.6キロ、回転数2530と、フォア、バックとも、スチーム100に比べ、スピードが5キロ以上、回転数は、なんと約700回転も上という結果でした。(詳細、下の写真)

toraxtuku201507

う~ん、正直、戸惑っています。スチーム100リミテッドは、限定1000本のカラーリングラケットで、感触もよく、昨年末に1本、そして今年4月に、たぶん最後の1本となるものを買い、同じラケット2本持ちになったばかりです。

数値的には、バーン100買い(トラックマンに合わせたように、スクール内でガット張り込みで、ラケツトの定価30%オフセール中)なのでしょうが、先週、ガットをATG850に張り替えたばかりでもあり、今、買い替える訳にはいかないですよね?ね?ね?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 23:03 | コメントは受け付けていません。

ローズウォールに似ていると言われ!感激!

昨日、ウィルソンのトラックマンに参加した時、感激したことです。

(注)トラックマン:ウィルソンの数千万円の装置で、テニスのスピードと回転数を図り、アドバイスをもらえるものです。錦織のラケット開発の際にも使用されている装置。

で、普通はフォアストロークだけなのですが、私は3回目の参加なので、我がままを言って、バックのストロークも図ってもらいました。

そして、フォアに続き、バックのストロークを打ち終わると、ウィルソンの方から、「ローズウォール」を知っていますかと聞かれ、はい、と答えました。

(注)ローズウォール:私がテニスを始めた頃の世界トッププレイヤーで、コナーズのひとつ前の世代です。フォームが美しく、テニスの教科書には必ず載っていた人。特に、バックハンドスライスは世界最高と言われていました。私のバックスライスのお手本としている人でもあります。

rozuoru

で、ウィルソンの方(ローズウォールの名前を出すので、また、見た目も私と同世代)から言われたのは、ローズウォールのバックスライスに似ています。バックのスライスは、中途半端な回転の人が多いが、肩が入り、最後まで体が開かず、しっかり打てていると。

自分でも一番得意なショットがバックスライス(回り込んで、バックで打つという非常識テニスもします)が、錦織のラケット開発にも関わるプロの方から、良いバックスライスと褒められ、かつお手本のローズウォールに似ていると言われーーー。

正直、舞い上がりました!!!(このブログを書きながら、まだ舞い上がっています!)

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:27 | コメントは受け付けていません。

理論的?浮気!

またまた浮気です!

もちろん、ガット(ストリングス)の浮気です。本妻のミクロスーパーが気に入らないわけではないのですが、以下のような、理論的な理屈をつけて、浮気をしました。

①肘に優しい:テニス歴40年で初めて、ここ3年間で2回、エルボーをやっています。もちろん年齢のせいもあるのでしょうが、最初はポリのルキシロン4Gにしたとき、次がナイロンモノのウィルソンのパワーにしたときです。そこで、柔らかい、ナイロンマルチにする。

②定番である:各社から毎年のように新製品が発売されますが、その中でも消えずに残っているということは、テニスユーザから支持されている証拠でもあります。また、定番だからこそ、テニススクールのストリングスキャンペーンでも対象となっていると思います。(で、スクールで張替できるものに限定)

そうすると、ナイロンマルチでは、ウィルソンのNXT17、バボラのエクセル、ヨネックスのATG850。

③耐久性がある:ポリやモノに比べ、マルチは耐久性に劣るので、ゲージが太いものにする(ゲージの太さに種類があるものは、スクールに置いてあるもので比較)。

そうすると、NXTは1.24ミリ、エクセルは1.25ミリ、そしてATG850は1.30ミリで一番太い。

④懐に優しい:モノに比べ価格が高いマルチで、3カ月に1回は張り替えるので、安いものをする。定価ベースでは(スクールは定価の30%オフなので、ほぼ定価の価格差となります。)

NXTは3,100円、エクセルも3,100円、そして、ATG850は2,600円で一番安い。

以上の4つの理論的裏付けから、浮気することに決めたのは、

atg850-1

画像にあります、ヨネックスのATG850です。

使用回数は、まだ1回ですが、対ミクロスーパー比較では、柔らかさは上、ホールド感も上、反発力は下、総合評価はやや上というところですが、最終的には、次の張替までの3か月間で検討します。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 06:54 | コメントは受け付けていません。

またまたルール再確認

以前、試合中に私が打ったボールが、ネットポストに当たり、相手コートに入りましたが、そのボールはアウトと判定され失点したこと、そして、試合後にテニスのルールを確認したところ、この場合はインで得点となるはずだったことを記載しました。

で、昨日(?たぶん)試合は見ていないのですが、全英のカルロビッチとツォンガの試合で、カルロビッチが二度打ちをして、本人も認めたというニュースを見ました。

ゲーム中は、カルロビッチのボールは有効と判定され、試合後にカルロビッチが二度打ちを認めたこと、ツォンガは、審判が決めることと話していることなどが、報じられたものです。

で、で、テニスのルール上は、どうなのか気になりました。草テニスでも、たまにあります。そして、二度ラケットに当たっただろうと言ったり、言われたりすることも。

『テニス規則20、次の場合に失点する。

(d) インプレーのボールを故意にラケットで運び、もしくは止め、または故意にラケットで二度以上触れたとき。

(説明)明らかに故意による「二度振り」のときだけ、不適当なショットとして失点となる。1つのスウィングの中で偶然なされた二度打ちは、(d)に該当しない。』

つまり、普通(普通が何かはありますが)に打っている中で、たまたまラケットに二度当たっても有効だということですね。ガットの端に当たってからフレームに当たり返ったとか、その逆とかは、有効ということに。

今さらながら、勉強になりました!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 22:59 | コメントは受け付けていません。

続・父の日、涙

父の日のプレゼントで娘から貰った、テニスウエア(ユニクロ、錦織モデル、全仏で使用)を早速着用してみました。

汚れを気にして、まずは、インドアのテニススクールで試しました。その結果、

シャツは、軽い、汗が乾くのが早い、快適です。これは、インドアよりも、これからの夏場のアウトドアで着るべきかと思いました。熱中症対策にもいいかもしれません。

で、短パンですが、軽い、汗が乾くのが早いは、シャツと同じですが、ポケットにボールを2個入れたところ、ずり落ちてきました。(危なかった!)

私のウエアのサイズは、Lで、今までのテニスウエアもL、今回貰った上下ともLで、シャツはやや余裕がある、いい感じでしたが、短パンが他のテニスの短パンに比べて大きく感じました。

ちょうど、テニススクールの仲間で、同じくユニクロの錦織モデル(ただし、全仏ではなく、ツアーファイナルモデル)を着ている人がいて、サイズを聞いたところ、最初はLにしたところ、やはり大きく、ずれ落ちるので、今はMにしているとのことでした。

着心地は最高なので、継続して着たいのですが、短パンのポケットにボールを2~3個入れ、玉拾いを少なくするタイプなので、ちょっと悩んでいます。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 06:55 | コメントは受け付けていません。

父の日、涙!涙!

父の日は、6月(今年は、21日)ですが、私の誕生日も同じ6月(3日)にあるので、今までは、両者が一緒(簡単に言うと、娘からのプレゼントは1個)になっていました。

今年も、まず誕生日が来て、プレゼントとして、高級ブランデーケーキをもらい、美味しく食べたつもりでした。(私への誕生日プレゼントなのに、なぜか、半分は女房に食べられてしまいましたが。)

その後、父の日のプレゼントは予想していなかったのですが、何と、何と、娘からプレゼントが。

しかも、テニスウエアで、さらに、錦織モデルで、極めつけが、錦織が全仏オープンで着ていたモデルです。

nisikorimodel

う~ん!思わず、涙!涙!です。

最近は、ウィルソンのTシャツを着て、テニスをしているのですが、次からは、このテニスウェアを着てーーー、でも練習で着るのももったいないかな?アウトドアで転んだら汚れるかな?

いつ着るかで、嬉しい悩みをかかえさせてくれた、父の日のプレゼントでした!涙!涙!

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 20:46 | コメントは受け付けていません。

続・熱中症

物事、続くときは、続くもので!

約20年ぶりのシングルスで、私が熱中症になったことは、このブログでも記載しましたが。

先日、会社の先輩(すでに定年退職)が来られ、懇親する予定になっていました。この方も大のテニス好きで、年1度位、私も一緒にプレーすることがあります。

ところが、来られる日の前日にテニスをして、熱中症になり、病院へ運ばれたとのことで、懇親は中止となりました。

理由を聞いたとたん、「続くときは、続きものだ」と思ったのと、「年を考えてテニスをしなくてはいけないのに」と思いました。

でも、考えたら、他人事ではないんですよね?年齢的には、私も年を考えてテニスをしなくてはいけない年で、喉元過ぎれば熱さ忘れる(?こういう言い方でしたよね)は、いけませんね!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 06:55 | コメントをどうぞ

1年間も使っていた!

6月6日のブログ(オールコート用テニスシューズ)で、オムニコート上で、滑って転倒したこと、オールコート用シューズでは、無理なのかなとも記載しました。

その後、テニスサークルで、シューズはどうですか?と聞かれ、テニスをする場所が主に3カ所で、オムニ、カーペット、ハードとあるので、やはりオールコートかなと答えた際、あらためて、シューズの裏を良く見ると、かなりすり減っていました。

はて?いつからこのシューズ(ヨネックスのパワークッション)を使用していたかと思い、ネットで購入したので、検索してみました。(こういう時は、ネット購入は便利です。)

そうすると、なんと、購入日は、2014年5月26日とありました。翌日には届いているので、翌6月から使い始めて、ちょうど、1年たって、滑って転んだわけです。

これは無理もないなと。1年間、最低、週2回テニスをしていたのですから、寿命ですね。

ヨネックスのパワークッションにする前は、長くても、6カ月で、シューズは駄目になっていました。(外観も機能的にも)

それが、ヨネックスのパワークッションは、それを感じさせないため、知らず知らずに丸1年間も使い続けていたわけでした。ある意味、良いシューズなのかなとも(ヨネックスとは特別な関係はありませんので、念のため)

さて、どうするか?実は、気にったシューズだったので、昨年末にもう1足買っておきました(2012年発売モデルのため、現在は、もう販売されていないので)。

バックアップ(リスク管理)が出来ていますね?さあ、次回のテニスから、同モデルのニューシューズでデビューです!

0032-SHT276W289_main_image2_11192205

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 06:55 | コメントは受け付けていません。

仕事をテニスに活かす!

仕事の打合せ、会議等で、自分の提案等を説明する際、なるべく気をつけているのが、

参加者に誤解なく、分かりやすい資料作成で、だいたい次の点です。

①1案件について、紙(A4またはA3)1枚に纏める。

②文字の羅列は避け、図表を中心に、図表で全体の概要が分かるようにする。補足事項は、文章で記載する。

③強調したい点や、区別すべき点は、色を代える(カラーの場合)または、下線や太文字(白黒の場合)とする。

④それでも、足りないことは、口頭で補う。

で、テニスにどうしたかですが、先日、サークルの幹事、副幹事で、練習方法の打合せを行うことになりました。(より上手くなるために、どういう練習方法が良いかというような)

前日、夜に、A4コピー用紙に、ボールペン(赤と黒)を用意し、昔からの経験等から、今のサークルのメンバーの力量も勘案して(いくら良いメニューもこなせなければ時間の浪費なので)、2案を作成しました。

作成方法は、上記のとおりで、たまたまコピー用紙が家に1枚しかなく、仕方なく、裏表に1案づつ記載し、翌日に、説明しましたが、ほとんど説明の必要もなく、提案内容は伝わりました。(まあ、テニスの場合、コートと人とボールの位置と流れを書けば、テニス経験者はほぼ分かってくれますので)。

あとは、その案をスムーズに実施できるか否か?難題ではありませんが、1回目は戸惑い、2回目で体で理解、3回目でスムーズに実施、というところかな?

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 21:09 | コメントは受け付けていません。

ミニラリーはいつから?

先日、たまたま、NHKのEテレを見たところ(NHK総合のニュースを見ていたのですが、あまり面白くなく、次のボタンを押したら)、「現代テニス再デビュー」という番組が放送されていました。

神尾プロが、2人のタレント(すみませんが、どちらも知らないタレントでしたが、若い頃にテニス経験がある、中高年男女)に、テニスを教えるという番組でした。

その日のテーマは、ショートラリー(私はミニラリーと呼んでいる、ネットを挟み、サービスライン当たりで行うラリー)です。

思えば、今では、当たり前のように、テニスの最初に、ミニラリーをしていますが、20年前(膝故障ブランク13年+復帰後7年)までは、ミニラリーというのをしたことがありませんでした。

神尾プロがミニラリーをする目的を次のように確か言っていましたが、う~ん?となるほど!に

①いきなり、ロングラリーをすると怪我をしやすい:う~ん?そうかな?20年前まで、ロングラリーから入りましたが、それで怪我をしたことはありませんでした。もしかすると、中高年向けという意味なら当てはまるか?

②現代のテニスは、スピンで八の字スィングなので、しっかりスピンをかけて落とすために、サービスラインからラリーをする。:これは、確かに言えますね!ただし、スピンプレイヤーならですが。

私のストロークは、フォアがフラット、バックがスライスなので、サービスラインからネットを越して、反対側サービスライン内に落とすというのは、結構大変です。復帰当初は戸惑いましたが、最近は、コツみたいなものが分かり、ミニラリーで先にミスをすることはかなり少なくなりました。(エヘン!)

今までも、ブランク前後でいろいろと戸惑いました(トス時のラフORスムースが、アップORダウンに変わっていた等々)が、考えたら、ミニラリーもそうでした。同じテニスでも、年月がいろいろと違いをもたらすものですね。(でも、ミニボレー対ボレーはありました。さすがに、ロングボレー対ボレーは出来ませんので。)

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 06:54 | コメントは受け付けていません。