いい事(少し嬉しい事)3つ

昨日、いい事(少し嬉しい事)が3つありました。

1つは、テニススクールでのレベル別大会で準優勝したこと。準優勝ですから、当然優勝ペアがいて、ここには6-0で完敗したのですが、あとは接戦をものにしたりと勝ち、準優勝で、賞品ももらえたことが1つ目。

次が、錦織プレイのまねが成功したこと。以前、また抜きを試み、股間を強打する大失敗をしたのですが、今回は錦織が昨年の全米でワウリンカに行った、背面ハイボレーです。

バック側へ中ロブがあがり、スマッシュは無理と判断、ボールのコースを予測し、背中をネットに向け、全くボールは見ずに、バックのハイボレーを打ち、見事、ノータッチでポイントとなりました。これは、また抜きと違い、違和感なく、自然に体が動いたので、今後も武器として使えそうな予感が?

最期が、このブログのランクが再びトップ10入りしていたこと。rank20151122

日々ランクが変わりますが、先日の6位のあと、掲示されるトップ30から落ちましたが、昨日、なんと9位ですが、またまたトップ10入りしていました。

昨日は、「いい夫婦の日」でしたが、夫婦以外のところで、いいことが3つもあり、いい日でした?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 17:47 | コメントは受け付けていません。

湯気?

昨日のテニスサークルは、いつもの気分は軽井沢テニスで、また、テニスの調子も悪くなく、全勝でゲームを終え、帰り始めましたが。

着替えをしたテラスで、あまりに紅葉彩る中、気分もよく(景色+全勝)、コーヒブレイクを楽しむことにしました。

そして、コーヒーから湯気が出ているので、これは写真と思って、撮りました。kawamura20151121 1

なかなか良いアイデアで、仲間のNさんからも、いいですねと言われましたが、写真にすると湯気が見えない?実際は確かに湯気が出ていて、良い景色になるはずが、残念!

でも、コーヒーを飲みながら、その先の景観は、次の写真です。kawamura20151121 2

テニス+コーヒー+紅葉の景観=気分は最高!

 

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 10:09 | コメントは受け付けていません。

レオの非常識テニス②グリップはどうでもいい!

「グリップはどうでもいい!」、ちょっと過激なタイトルですが、グリップにこだわりすぎず、そのグリップに合ったスウィングが、タイミングよく出来れば、いいという趣旨です。

私は高校の1年生ときだけ軟式テニス(前衛なので、サーブ経験はなし、グリップはウエスタン)をやり、大学から硬式テニスへ転向しましたが、いきなりGSSパンサーテニスクラブを創ったわけではなく、最初は、テニススクールへ通いました。

スクールでは、軟式経験はありましたが、初級クラスとなり、まずは、グリップからで、当時は当然でしたが、イースタングリップに直され、フォアとバックは握り替えるに変わりました。(今でしたら、軟式をいかして、フォアは厚いグリップでスピン系、バックは両手打ちで、同じく、スピン系かフラット系でしょう。)

しかし、イースタングリップで上手く打てませんでした、まともの打てたのが、ストロークのフォアだけ、ストロークのバックは、どうやって打つのというくらい駄目で、ボレーにいたっては、あの時間がないタイミングでどう握り替えるのか分からない状態でした。

そこで、テニススクールは半年ほどで止め、あとは当時流行っていた、壁打ち、テニスマシーンで自己流で練習しました。特に良かったのが、壁打ちで、ボールが返ってくるのが早い(コートの半分の長さでボールが返りますから)ので、握り替える時間がない、ボレーなどどうしょうもない状態です。

で、どうしたか、悩んだすえ出した結論が、ワングリップ(全てのショットを1つのグリップで打つ)、しかも、イースタンバックのグリップで打つです。これで、ストロークのバック、ボレー(フォア、バックとも)が打てるようになりました。問題は、ストロークのフォアでしたが、フラットかスライスで打つことで解決、現在まで40年続いている私のスタイルです。

で、私なりの結論は、「グリップはどうでもいい」、冒頭に書きました、グリップにこだわりすぎず、そのグリップに合ったスウィングが、タイミングよく出来れば、いいというものです。

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 20:57 | コメントは受け付けていません。

トップ10入り!

ついに、トップ10入りしました。しかも、錦織の現在の8位を上回る、6位です。

何かといいますと、この前に投稿したブログ「三所懸命」を確認のため、このテニス365のブログを見て、その横のランキングを見たら、なんと、なんと、6位にランキングされていました。(11月15日19時時点)

トップ10全体と6位のアップの写真が下です。

rank62

rank61

旧テニス365ブログを始めたのが、2009年6月でしたので、6年以上たち、ついに念願(?)のトップ10入りができました。

膝故障で13年テニスが出来ないつらい時期のあと、自分としては奇跡的(医者からはもうテニス無理と言われ)に、テニスに復帰して、1年後くらいから始めたブログです。

段々と、見てもらえる人が増えてきました。タイトルのGSSパンサーの同期と後輩、そして、テニスサークル・テニススクール・社労士テニス同好会の仲間等で定期的に見てもらっています。ブログのランクが上がった、トップ10入りしても、これで、どうこうないのですが、私のテニスとそしてブログのモチベーションアップにつながります。この場を借りて、お礼申し上げます!

有難うございます、これからも、ぜひ見に来てください!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 22:30 | コメントは受け付けていません。

三所懸命!

毎日、松岡修造さんの日めくりカレンダー「まいにち、修造!」をみていますが、そのなかに、「一生懸命」ではなく、「一所懸命」があります。

何でもかんでも、行うのではなく、一つのことに集中するという松岡さんの趣旨だと思いますが、私は、「三所懸命」を心がけています。何かといいますと、

1.監査役:やはり、まずは、現在の仕事です、1日の3分の1以上の時間を占めています。就任してから数年ですが、コーポレートガバナンスが重視されている昨今、やりがいと責任を感じています。

2.社労士:次が、仕事のキャリアのほとんどを占めている人事関係、そして、かなり深い関係がある資格の社労士。社労士となってからも20年になりましたが、毎年のように変わる法律の勉強は欠かせません。

3.テニス:三所懸命の最後が、やはりテニスです。経験は40年を超えましたが、何年プレイしていても、新しい発見と面白味があります。しかも、自分で言うのも、なんですが、持久力とパワーは、膝故障前の全盛期(30代)には、遠く及びませんが、技術は、今の方が上のような気がします。特に、タッチ系ショツト(ボレー、ドロップショット)、相手のボールに対するリカバリーショットは、30代までは、あまり打たなかったこともあり、今の方が上かな?と感じています。

3つとも、いつまで出来るかがありますが、できる限りは、「三所懸命」です!

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 18:38 | コメントは受け付けていません。

レオの非常識テニス①ボールは、「よく」見ない!

テニス歴が40年を超え、大して強くも上手くもありませんが、大学テニス同好会、テニスメーカー(カワサキラケット)、社内テニス部、会員制テニスクラブ、テニススクール、社労士テニス同好会、テニスサークルと、いろいろなテニスを経験してきました。

そうした経験から、一般的に言われていることに、違和感を感じることがままあります。

その1つとして、まず、テニスコーチや上級者からよく言われる、「ボールをよく見て打ちなさい」です。

球技ですから、ボールを見るのは当たりまえで、自然とボールを見て打っているはずです。インパクトの瞬間まで、ボールを見て打つということなのか?

でも、ボールを最後まで見ようとすると、一体いつ、打っていいのか分からなくなりませんか?ボールを見ることに集中して、スウィングが滑らかでなくなり、タイミングを取りにくくなる気がします。

で、私は、ボールを「よく」見ないで打ちます。(もちろん、目を閉じているわけではなく、あくまで「よく」は、見ていないという意味です!)

例えば、ダブルスで後衛でストロークを打つ場合、ボールを見る意識は、3分の1位です。

次の3分の1は、如何に自分のタイミングで打てるかという体の動き。(これは見るというより、意識レベルの問題ですが)

そして最後の3分の1は、自分のペアの前衛の位置、相手の前衛と後衛の位置を見ます。これで、ストレートを抜いたり、センターを抜いたり、さらに、相手前衛に捕まっても、だいたいの返球位置が予測でき、リカバリーが出来ます。

ボールは見るのですが、見ることだけに集中しすぎない、人の動き、自分の体の動き、タイミング等々、全体の流れのなかで、ボールを見ることが大事と、私は思っています。

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 21:46 | コメントは受け付けていません。

紅葉テニス

何回か、「気分は軽井沢でテニス」と題して、ブログを書いているテニスコートが、最近は色づき(紅葉)始めました。

軽井沢に紅葉はあったかと思いましたが、以前(もう35年位前)、カワサキラケット時代、軽井沢で、「紅葉まつり」というテニスイベントの協賛をして、軽井沢でテニスをしたことを思い出しました。

そうすると、軽井沢に紅葉はあり、テニスサークルで使用しているテニスコートでも、この言葉は使えます。

momizi2

momizi1

実際は上の写真ですが、ちょうど色づき始めたところで、「気分は軽井沢、紅葉テニス」と言えることに!

かれこれ、軽井沢には、30年ほど行っていませんが、毎月、四季折々の軽井沢テニス?を楽しんでいます。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:46 | コメントは受け付けていません。

記念撮影 福井プロ レッスン

福井プロのレッスンのブログの最後に、一緒に撮影した写真です。

福井プロには、私のブログに投稿してもいいですかと聞き、了解を得ています。

で、私はどうするか?このブログを始めてから5年以上たちますが、ずっと匿名で書いてきました。

もっとも、テニスサークル、テニススクール、社労士テニス同好会では、私であることは知られているので、福井プロとの記念写真でもあり、素顔を出すべきか否か???

悩んだ末、13年間の膝故障のブランクからテニスに復帰して、ブログを開始して5年以上続けている方針なので、やはり、匿名スタイルで行きます。

fukui

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 22:26 | コメントは受け付けていません。

社労士試験

11月6日は、今年の社労士試験の合格発表日です。

試験は、8月最終日曜日なので、この長い期間、合格基準に達しているか、資格試験予備校の合否判定などをしながら、複雑な気持ちで過ごすんですよね。

今は、選択式と択一式なので、ある程度、点数は予想できますが、私の頃は、記述式があり、あの記載は点数になるのか等、かなり気になりました。

で、今年の合格率を見て、驚きました。なんと「2.6%」。

社労士試験は、かつては、合格率10%程度と言われ、その後低下傾向でしたが、2.6%は過去最低です。(私の時が、当時は低いと言われても、7.2%でした。)

もう、旧司法試験並みの合格率です。

毎年、復習も兼ね、試験問題を解いていますが、特別、今年だけが、超難問だらけという感じはしませんでしたが。

しかし、合格率2.6%とは、かなり難関資格になりましたね!

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 21:09 | コメントは受け付けていません。

続 福井プロ レッスン

11月3日の福井プロレッスンで、いただいたものの紹介です。

まずは、サイン入り色紙です。

fukui2

「Nice Day With Racket 楽しいテニスをありがとうございました 2015.11.3 福井 烈」と記載され、これは、レッスン参加者全員が貰えました。

次が、希望者(レッスン参加は問わず)が、自分の好きなものにサインしてくれるというものです。で、私は、ラケットがウィルソンで、ウエアがユニクロ、福井プロは、現在、ブリヂストン契約プロ等々を考え、スクールのフロントに、ブリヂストンのテニスボールが置いてあることを思いつき、急遽1カン購入し、福井さんの目の前で、ブリヂストンのボールを購入しましたと、カンを開け、サインしてもらいました。fukui3

こちらは、テニスボールという面積の問題もあり、「福井 烈」という名前だけのサインです。

そして、これを一緒にして、家に飾っています。

fukui1

レッスンに参加した人たちとは、皆すごいミーハーになりましたねと話しましたが、私はまだおとなしい方で、ほぼ全員が、テンション上がりっぱなしでした。

福井プロの話術もかなり面白く、笑いが絶えず、NHKのウィンブルドン解説とは、全く違う印象でした。

本当に良い祝日になりました!

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者レオ 20:06 | コメントは受け付けていません。