日別アーカイブ:

自分のテニス!

先日のスクールでのレッスンで、ハットと気づかされたことがあります。

それは、「ボールの初速ではなく、バウンドした後のボールの伸びが大事と!」

そのときは、サーブでしたが、バウンドした後、2バウンド目がベースラインを超えて行く、コーチのデモがあり、確かに、打った瞬間はそれほどの速さは感じませんでしたが、その後の伸びが感じられました。

最近、ダブルスの試合で、相手のスピードボールや、動きの速さに惑わされ、ついつい、そちらの土俵で勝負していました。

しかし、私のテニスの特徴は、バックのスライスが代表的ですが、初速が速いボールではありませんが、バウンドした後に滑り、相手のストロークミスを誘う。

また、ボレーヤーに対しては、ネットを超える際にホップして、ペースが変わり、相手のボレーミスを誘うというようなものです。

その他、1球で決めるのではなく、2球ワンセットで勝負するなど、自分のテニスの特徴を忘れかけていました。

サーブも、最近、強く打つことに集中しすぎていましたが、剛速球ではなく、伸びがあるサーブが、そもそもの私のサーブでした。

強打者相手の試合で、危うく、自分のテニスを忘れるところでしたが、コーチの一言で、また、以前の自分に戻します!

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 20:01 | コメントをどうぞ