カテゴリー別アーカイブ: テニス一般

ルールの確認

久々にルールの確認の場面がありました。

先週土曜日のサークルでのことです。

ネット際サイドライン近くのドロップショットを追いかけていた人が、ボールは拾えたのですが、勢いあまり、ネットの横を通り越してしまいました。

見ていた人からは、あれは、通り越した人の失点かなという話が出てきて、久々に、ルールの確認をしなければと、その場で、調べました。

20170625

ちゃんと記載されていました。

「インプレー中に相手コートに入ってはいけません。入ったプレーヤーは失点します。ただし、コートの横から、ネットの仮想延長線を越えて相手側に入り込んだとしても、相手コートの中に入らない限り、失点にはなりません。」

結論としては、失点にはならないということで、またまたルールのリマインドが出来ました。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:41 | コメントをどうぞ

手段と目的(テニス編)

手段と目的!

よくビジネスで使われる(私は、よく聞く)言葉です。

だいたい、文句を言われる、または言うときで、手段と目的を間違えているのではないか?と。

例えば、ある問題を解決するのに必要な調査をし、資料を作成するとき、本来は、目的が問題解決で、そのための手段として、調査をし、資料を作成します。

ところが、調査と資料作成が目的となり、肝心の問題が解決されていないと。

これがテニスでも言えることがあります。

例えば、綺麗なフォームは、いいボール(コントロール、スピード、回転)を打つために必要なものです。

採点競技ではないので、いくら綺麗なフォームで打っても、ポイントには関係ありません。

しかし、綺麗なフォームで打つことが目的となると、その綺麗なフォームでは打ちにくいボールも同じフォームで打ち、結果、ミスになっていると。

追い込まれたときなどは、フォームは度外視してして、インパクトに集中し、面をつくり、スィートスポットで当てれば、そこそこ返すことが出来ます。無理に綺麗なフォームで打つと、結果、ミスると。

つまり、綺麗なフォームは手段であり、目的は、いいボールを打つこと。ここを履き違えないことも大事かなと思います。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:44 | 1件のコメント

ベイビーステップ実写版!

7月24日(月)20時過ぎ、そろそろ会社を出ようと思っていた頃、すでに帰宅している会社の部下からラインがきました。

何かあったかと見ると、「今、MXテレビで、ベイビーステップの実写版を放送している」と。

私、社内でも大のテニス好きで通っており、テニス情報が時々きます。

残念ながら、放送時間は30分ということで、見ることは出来ませんでしたが、番組表を見ると確かに載っていて、まだ第3話で、毎週月曜日放送とあり、念のため、7月31日(月)の番組表を見ると、ない!

放送予定を調べると、次の第4話は、8月7日(月)となっていました。一応、毎週となっていますが、第1話~3話の放送を見ても、1週開いていることがあり、チェックが必要そうです。

20170728

この実写版は、すでに、ユーチューブで一度見ているのですが、また、テレビでも見れるので、嬉しい気分です。

しかし、なっちゃん役の女優、かなりテニスが上手いですね。どうも、学生時代、県で、かなり上位だったようです。

でも、出来れば、アニメの続編が見たいな!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 17:19 | コメントをどうぞ

恋する夏の日!

「恋する夏の日」、と言っても、(ついに梅雨もあけ、本格的な夏ですが)、決して、恋をしているわけではありません。

今まで、テニスに関わる曲では、「エースをねらえ」、「好きよキャプテン」を記載しましたが、
もう1曲ありました。

天地真理の「恋する夏の日」です。

koisurunatunohi

歌詞には、「あなたを待つのテニスコート、自転車こぎ、今日も行くのーーー」

この歌が流れていた頃もちょうど学生時代で、当時のテニスの思い出とかぶります。

ただ、当時の画像、動画を見ると、

ラケットは、木のレギュラーサイズ(今ではスモールサイズかな?)、女性のウエアはスコート(最近は見ませんね)、ボールの色は白と、今とは隔世の感がありますね。

現在の私は、テニススクールには自転車で行くことが多く、さらに、サークルでも、近場には自転車で行ったりしています。(一度、近いと思い行ったところ坂道が多く、えらい目に会いましたが)

歌詞の自転車でテニスコートを行く箇所から、思い出しました。

あっ、前言撤回です。「恋してます!」

「テニスに恋してます。」もう40年以上も!

私とテニスの恋は、片思いか?両想いか????

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:09 | コメントをどうぞ

カッコ良さと期待!

今年のウィンブルドン、BIG4のうち、ナダルは4回戦で破れましたが、ベスト16までには、4名全員が揃っているのは流石です。

そして、この4人のネットで掲載された写真を見て、

思わず、カッコイイ。男から見ても、凄くよく見えます。

20170712

見た目だけでなく、テニスのプレーの質、態度等々もいいからそう見えるのかもしれません。

この中に錦織も入ることを期待しています!

テニスで勝つことだけに集中して、GS制覇をして欲しい。

私だって、テニスに勝つことだけに集中しているのだから、錦織なら出来る!

あっ、仕事もやっています。

家事もやっていました。

でも、テニスが一番!!!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:52 | 1件のコメント

次の練習メニューを考えてみました!

私の悔しい敗戦(予選第一試合の対昨年優勝ペア戦)のスクール杯(男子D)でしたが、サークルからは、私を含めて3名が参加しました。

そして、次の16日(日)には、女子Dが行われ、こちらには、サークルから4名が参加します。

そして、前日の15日のサークルには、この4名が全員参加する予定で、かつ幹事さんが、前半の時間、コートを1面から2面に増やしていただけ、合計10名の参加予定です。

折角ですから、少し、試合に出るペア用の簡単な練習メニューを考えてみました。

通常、最初に1対2で、ストレートのボレスト、スマストを行っていますが、6名はそのパターンで行います。

そして、試合にでる2ペア(4名)は、試合でのサイド(デュース、アド)に分かれ、かつクロスでのボレスト、スマストと、実戦に近い形式での練習です。

あとの、サーブリターンは、通常どおり。

最後の、ゲーム練習は、1~4番を2ペアの人に割り振り、最初のゲームは試合に出るペア同士で、その後は乱数表に従いです。

ご参考までに、こんな練習もあるということで、記載して、PDFファイル(簡単ですが)も添付しました。

練習7月15日前半

最後に、
頑張れ!女子ダブルスペア!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:18 | 3件のコメント

練習メニュー

GSSパンサーテニスクラブ時代、約1年半務めたキャプテン(通常1年間ですが、創設時で運営が軌道に乗るまで)ですが、苦労した点は、

当時は珍しい(今はどうか?ですが)、3大学合同のテニス同好会の運営、そして、何回かこのブログでも記載しましたが、ジプシーのように日々のテニスコートの確保。

さらに、その日の練習メニューを考えることがありました。

同好会なので、参加は緩やかで、学生ですから、学業が本分で授業優先(私以外は)で、さらにネットもスマホもない時代ですから、何名参加するかは、事前に分かりません。

練習が始まっても、授業が終わり、途中から加わる人、そして、授業があるので、途中で帰る人等、その時点で臨機応変に、練習メニューを決め、部員に伝え、効率的に運営しなければなりません。

この1年半の期間は、練習メニューの考え方をかなり鍛えられました。

その後、カワサキラケットの仕事の一部で、テニススクールの運営に関わったときも、この経験が結構活きました。

そしてそして、年月は、かなり過ぎ、30年間ほど、練習メニューを考えることはありませんでしたが、最近、レンタルコートや和製チャンコーチレッスン時に、練習メニューを考えることが出てきました。

というようなことを思い出している最近でしたが、明日7月8日(土)のテニスサークルは、2面で総数15~16名、途中出入り有りという事前情報がありました。

これは、当日の運営をスムーズに進めるため、事前にメニューを作成した方がいいかと、添付ファイルの練習メニュー案を考えてみました。

参加者数とスケジュールその2

すでに、幹事さんには、送付していますが、氏名を書いてしまったので、そこをイニシャルにし、さらに多少アレンジしてみました。

今後の資料にする意味もあり、ブログに記載しておきます。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 17:51 | 2件のコメント

ウィンブルドンにいたりして?

錦織が出ている、ウィンブルドン。

当然、コーチも同行していて、コートに立ち、練習を指導したり、

2017070501

試合では、関係者席から応援をしたり、

2017070502

と忙しい日々です。

でも、土曜日には、テニスサークルがあるので、戻らなくてはいけないかな?
(冗談です!)

まあ、分かる人には、言わなくても分かりますがーーー

つまらない冗談でした!失礼しました!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 21:24 | 1件のコメント

ホント!白ばっかり!

7月3日(月)帰宅後、9時からのNHKニュースを見ながら、晩御飯を食べていましたが、スポーツコーナーで、松岡プロが出てきて、さすが、ウィンブルドン初日と思っているとーーー

メイン画面の後ろにサブ画面が現れ、錦織が映っていました。

練習風景かなと思うと、LIVEと表示され、試合をしていて、総合サブ2で放送中とのアナウンス。

慌てて、画面を切り替え、さらに録画ボタンを押して、最後まで見れました。

3セットを1時間12分の完勝で、録画する必要もなく、試合終了、インタビューまで見れて、最高でした!
(事前に放送を知らなかったのが、残念!)

で、試合を見ながら、あらためて感じたのが、

Day One: The Championships - Wimbledon 2017

上から下まで、全て、白です。シャツ、短パンはもとより、ヘアバンド、リストバンド、ソックス、シューズまで、全て白です。

もちろん、錦織だけでなく、相手選手も同じです。

白でないのは、ラケットとボールだけです。

ここまでくると、やりすぎとも感じますが、このウィンブルドンだけだから、それはそれで良いのかもしれませんが。

テニスメーカーも、白と限定されると、作りようがないのか、メーカーロゴを除くと同じにも見えます。

ただ、さすがに、ラケットは、例外ですね。錦織のバーンのリバースカラーが、やけにはえて見えます。
(買いませんが!)

そういえば、昔、ボールの色が白から黄色に代わっていく際、最後まで、白にこだわっていたのが、ウィンブルドンだったと思います。

さすがに、ボールが見にくいというプレイ上の問題から、ついに、黄色に代わりましたが。

今のウエア等々が白でなくなる日は、はたして、来るのでしょうか?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:30 | コメントをどうぞ

グッドタイミング!テニスのルール

テニスのルールについて、コンパクト(テニスバックにいれても重くならない)で、分かりやすく、かつあまり高額でない本がないかと探していたところ、良さそうな本があり、購入、テニスバックの中に入れておきました。
(今月、6月からです。)

20170625

そうしたところ、グッドタイミングでルールに関する場面が出てきました。

しかも、6月24日のテニスサークルで、1日で、3つの場面です。
(うち2つは、私が当事者でした。)

1.相手のボールが、こちらのネット際に落ちましたが、回転がかかっていて、相手側に戻る、かつサイドラインを切れるように戻っていきました。

私は、そのボールを追って、サイドラインを超え、かつネットの延長線も超えて、ボールを返球し、エースとなりました。
で、その場では、有効と話しをして、休憩時間に調べました。

ルール⇒「コートの横からネットの仮想延長線を超えて相手側に入り込んだとしても、相手コートの中に入らない限り、失点とはならない」

2.4ゲーム先取ノーアドのゲームで、3-3オールのデュースとなり、次のポイントを取った方が勝ちという場面で、リターン側で、私のペアがレシーバでした。

サーバーのファーストがフォ-ルトしましたが、サービスボックスのネットに近いところでしたので、ボールはそのままにしていたところ、なんと、セカンドサーブがそのボールに当たり、そのまま2バウンドして、ゲームセットとなりました。

ただ、この場合、ボールが当たっただけでは、失点ではなく、仮に、そのボールをリターンしていれば、ゲームは、続行でした。
(かなり難しいことで、そもそも、私がボールを拾っておけばよかったのですが。)

ルール⇒「ボールがボールに当たっても、どちらがインプレーのボールか分かっており、それが返球できればインプレーとなる。」

3.(これは私ではありません)相手のボールが明らかにアウトと見えましたが、そのボールに触れてしまった場合です。同様なケースは、たまに見ますが、よくあるのは、アウトと判断して、取りますと言って、ボールを止める場合ですが、ルール上は失点となります。

ルール⇒「ノーバウンドでラケット、体、ウエア、持ち物に当たると、当たったプレイヤーの失点」

凄いタイミングで、購入したばかりのルールの本が役立ちましたが、帰宅後調べるよりも、その場で知らべられれば、より記憶に残り、今後に役立つと思いました。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 22:18 | 1件のコメント