分銅式で良かった!

先日、スクールで、コーチが自分のラケットのガット張り替えをしていました。

あまりレッスンは受けないのですが、年配で年が近く(たぶん)、私のテニスの特徴も知っているコーチです。

思わず、ガット張り機を買ったんですよ、また分銅式であること等々を話したところ、そのコーチも昔は、アルバイトで分銅式で張っていた、テンションを出すのに苦労したが、今は、機械式で便利になった等話してくれましたが。

意外と盲点で、大事なことを話してくれました。

それは、機械式は、テンションをかけるときに、結構な電圧がかかり、30~40アンペアになると。

一般家庭で機械式で張ると、ブレイカーが落ちることがありますよと。

数年前、今の家に引っ越した際、引っ越し時は、家全体で、100アンペアでしたが、そんなに使わなく、基本料金がバカ高いので、50アンペアに変更しました。

ということは、もし、機械式を買っていたら、エアコンをつけて、ガットを張ると、その都度、ブレイカーを落とす大変な事態になっていました。

20170826

今更ながら、分銅式にして、正解でした!


カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 21:46 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">