月別アーカイブ: 2015年9月

足元

 

週末にテニスする度に体のあちこちが痛くなる今年のクレーは、ニューバランスのMC906を履いています。

昨年も長時間のテニスに対し足の負担を減らしたいという思惑で旧MC906を買っていてまだまだ全然消耗していなかったけど、新社会人という事で思い切って新しい方のMC906を買ったのが4月。

同じ名前なのに見た目が大きく変わったMC906、旧の方は軽くて疲れにくかった点は満足だったけどちょっと柔らか過ぎるのがイマイチでした。そういうタイプのシューズだけど。

そんな不満を三月にも書いていましたが、それに対し今のMC906は軽量タイプと言われながらもそこそこ厚みがあって安心感がある。

物足りないと感じていた要素が補強されてバランス良くなった気がします。

それに加え今年の夏はカーフタイツと極厚ソックスも投入して負担軽減に挑み、何とか大きな怪我無く乗り越える事ができました(勝敗は置いといて)

 

ちなみにハードではプリンスのツアープロZを、これも昨年に購入して使っているのですが、最近はほぼオムニでしかテニスをしていないので全然履いていません。

ツアープロZも今までのトップモデルより締め付けが優しいのにしっかりフィットして負担が少ない&強度もしっかりあって、凄く良いシューズだと思います。

正直MC906より気に入ってます。出番無いけど。

ウェアをニューバランスで統一するか、進化したバージョンⅡに手を出してみるか、両メーカーがほぼ同時に良いシューズへモデルチェンジをしてしまったので悩みどころですが、ハードコートでプレーする機会が来ないのでオールコート用のシューズの買い替えはまだ当分先になりそうです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:34 | コメントをどうぞ

ポリグランデ

プロフォーカスと青鬼

 

デビルスピン張ったばかりなのに・・・トアルソンのポリグランデ・プロフォーカスを張ってしまいました。

だって、海外の選手にも使ってもらえるように今回ポリグランデシリーズを作ったそうじゃないですか。

ルキシロンのアルパワーや4G、バボラのRPMブラストばかりが有名かつ人気だけど、そんな中に日本製ストリングが喰い込んで、まずは日本で上級者に愛されるモデルになって、ゆくゆくは日本のプロ選手達が挙って日本製ストリングを武器に世界と戦って、世界のトップ選手にも使ってもらえるようになる・・・そんな野望が秘められていそうな今回のトアルソンの新作に惹かれたのです。

例によって縦は皆大好きデビルスピン、プロフォーカスは横のハイブリッド。

それぞれ色はブルーとネイビーだけれども張ってみると両方とも同じ感じに。

感想聞いている限りでは結構シビアでガチなイメージを持っていたけど、フォーカスってコントロール重視の名前とは裏腹にボールはグーンと伸びて楽。

ポリグランデのキャッチコピーが「飛んで落ちるポリエステル」だからその通りだけれども、ボールが飛んで、スピンがかかって、ボールを受けて撓むホールド感があって、コントロールどころか他の能力も高い万能タイプという印象を受けました。

ただ、テンションの方は一日で緩んでスピン性能とホールド感が落ちた気がします。

縦横ハイブリッドだから仕方ないのだろうけど。

ホールド感はストリングが撓む範囲が増えてボールをピンポイントに受け止めてくれなくなったような感触。

張ってる時は凄く伸びていたので、プレストレッチかけといた方か良いのかな。

あまり張った事は無いけどこの伸び方はブラックヴェノムが似てたかも。

あと表面がつるつる?すべすべ?なんか不気味(!?)な手触りで、張りがスムーズに行きましたが、この感触はスナップバックにも一役買っているように思えます。

自分は硬い打球感の方が好きなのでファイヤーストーム、4Gラフとか柔らかいタイプは手応えが薄くて嫌だったのですが、ボールは伸びてくれて楽できるのでしばらくはこれで頑張っていこうと思います。

テストしたプロからの評判が良いと聞いていたからシビアだろうと思ったら、アルパワー、4G、RPMブラストとかより柔らかくて楽。

コントロール型にしては頑張らなくてもボールが伸びる不思議なこのポリ、攻撃力は高くなりそうだけどこれからどんな評価を受けていくのでしょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:08 | 14件のコメント