テニスの文化祭 その2

IMG_20180814_113515

午前の部の後半。

僕はダンロップコーナーのアシスタントへ。

後ろにずら~っとラケットがあるようにスリクソンラケットの試打コーナー。

僕は球出しで皆さんにひたすらストロークを打って頂きました。

この前のトップスピンプロの動画で球出しの自信ちょっと揺らいでましたが・・・(笑)

いやいや笑い事じゃない、浮き過ぎ深過ぎ!

走って強打するんじゃないんだから連続して安定して出してみせなさいって。

球出しを時間の半分やったらその次はボレー対ストローク。

ボレー対ストロークは1面2組で片側をダンロップスポーツのスタッフさんが担当。

壁になれるようボレー頑張りました・・・壁って言うより僕はもうちゃんとできるよう真剣勝負の域でしたが。

球出しって言っても1時間分、予想以上にパワーを使いました。

1時間でこんなに消耗しちゃってたらテニスコーチの仕事なんて到底できないな。

場所によっては外でこの暑さの中、何コマも連続してやるって・・・

いや、昔は自分もそういうバイトだったはずたけど・・・凄い仕事だなって思いました。

そもそも今回やったのコーチじゃなくて球出しですけど。

 

IMG_20180814_122524

 

お隣のコートではネットで分けて東テニス整骨院さん&TPPトレーニングスタジオさんとテニスサポートセンターさんのブース。

テニス界の治し屋の東院長とテニス界の壊し屋を自称する田中コーチのタッグ、簡易ベッドを持ち出して皆さんに一体どんな施術を・・・?

ちょっと僕は球出しとボレーにガチっていたので内容見れませんでしたので動画を待ちます・・・。

反対側のコートではゴンちゃんがレッスンしていましたが、僕は球出しとボレーにガチっていたのでそっちも全然見てませんでした。

むしろ見た記憶が無くてさっきまでゴンちゃん何もしてなくね!?とか思ってました(笑)

 

 

IMG_20180814_130052

後半の部が終了した後、東院長によるゴンちゃんの肩甲骨はがし。痛そう。

これによって可動域を広げてサーブをパワーアップ!って事で実践。

 

 

IMG_0918

パワーアップしたゴンちゃんのサーブを受ける事になっちゃって思わず跪くさとん。さん・・・。

 

 

 

IMG_0923

 

マチュー先輩も肩甲骨はがしを受けてジャックナイフとキックサーブを披露。

この肩甲骨はがし、東テニス整骨院では看板メニューだそうで1回1000円で受けられるそうです。

受けてる時の表情を見るにちょっと躊躇しますが・・・あれ、こっちが壊し屋じゃないよね?(笑)

 

 

 

IMG_20180814_125032

その後はビーレジェンドのプロテインバーも実施。

色んな味を出しているビーレジェンドのプロテインですが、今回はストリートファイターⅤ味・・・?

あとよこすが買っていたミルキー味もありました。

ミルキーはともかく、ストリートファイター・・・???

ちなみに僕はあまりプロテインの味が気になった事はあまり無いのですが、今飲んでるビーレジェンドのナチュラル味はとても飲み易くてゴクゴクいけます。

まずいってよく言われるプロテインのナチュラルとかチョコとかのタイプの味が気にならないだけで、元から妙な味の設定されてるのは嫌だなぁ・・・と恐る恐るミルキー味飲んでみましたが、これもスムーズに飲める。

味にも力入れているだけあって良い。けど、他にも情熱のパッションフルーツ味、一杯飲んどコーラ風味、抹茶のチャチャチャ味・・・一体どれだけ新味に挑戦していくんだ・・・!?

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 20:37 | コメントをどうぞ

テニスの文化祭 その1

IMG_20180814_084907

 

昨日のダンロップインドアテニススクール根岸。

コートでテニサポの川田さんと松本さんが何やら練習道具を準備してるし、どこかで見た事あるような人が奥のコートで打ってるしで色んな人でごった返してる。

 

 

Screenshot_2018-08-15-10-15-47

そうです、昨日はテニスの文化祭。

多くのテニス関係者が一堂に会して皆さんにテニスを楽しんでもらうイベントが開催されました。

なんと参加費が無料なのに、集まったメンバーが凄いんですよ。

ゴンちゃんは勿論の事、

ダンロップスポーツ、

ダンロップインドアテニススクール根岸

テニスショップでお馴染みのテニスサポートセンター

テニス用のフィジカルトレーニングのレッスンを行っているTPPトレーニングスタジオ

世界を一周しジュニア育成に力を入れている稲本コーチ

プロ選手も通うテニス専門の整骨院、東テニス整骨院

ABCスポーツもグッズ提供、

更に更にサプライズゲストとして写真の通りマチュー先輩、

 

 

 

 

 

 

Screenshot_2018-08-15-10-16-33

 

チャンネル登録者数17万人超の大物youtuber、ポケットウィズまでもが参加。

スクールもショップも整骨院もソフトテニスも何でもあり。

色んな方が参加してくださると聞いていましたが、いざ当日現地来てみるとヤベーなこれって思いましたよ。

凄い人が密集してるんだもん。

僕ら社会人レッスンメンバーもイベントのサポートとしてお力添え。

午前午後の計2部、フル回転してきました。

 

IMG_0861

コートが3面なので各コートでそれぞれレッスンを受け持ち、参加者の皆さんには時間制で回っていってもらう仕組み。

そして開催側もレッスンが6種類なので前半後半に分かれ、レッスンが無い時は参加者に混じってプレー。

写真はジュニアの子と一緒にアプローチからのボレー対ボレーに挑む田中コーチ。

はたしてその相手は・・・?

 

 

 

IMG_0872

マチュー先輩&よこすペア。

マチュー先輩のレッスンはボレー対ストローク。

1グループ20分だから1時間フルでガチバトル。

マチュー先輩と肩を並べてやるって相当プレッシャーだろうに、一緒に1時間プレーしてるんだからタフな男だぜよこす。

 

 

IMG_0848

 

ポケットウィズの担当のレッスンは、なんと!というか、当然というか、ソフトテニス。

参加者にはソフトテニスラケットに持ち替えてもらい、おにさんのアンダーサーブのリターンに挑戦。

イベントへの参加はサプライズにしようって事でシークレットで進めていたそうですが、まあテニスのイベントでまさかソフトテニスをするっていうのも中々サプライズですよね。

普段のテニスでは絶対に味わう事の無い軌道、バウンドで皆きりきり舞い。

このレッスンだけ打てなくてストレス溜める場所か!?なんてツッコミも(笑)

僕も中学の頃はソフトテニス部だったのでいけるかな~なんて思って挑戦したら、アンダーサーブが予測よりも全然自分の方へ来なかったので一歩も動けず・・・

フォアはスピン過多でネットにかかる前にバウンド、片手バックはフレームのヘッドにかすって空振り・・・おかしいなぁ :36 冷や汗:

いや、僕本当にソフトテニス出身なんですって!本当ですって!

 

 

 

正直な話、ゴンちゃんに会う前まではyoutuberって皆こんな感じのノリなのかなと思っていました(笑)

ソフトテニス以外にも楽しいアイディアを沢山考えて動画を出しているポケットウィズ。

閉園1分前にディズニーに入るって!どういう事すか!?笑うわこんなん!!

ゴンちゃんやマチュー先輩はチャンネル登録者数がそれぞれ1万9000人、1万7000人でテニス系youtuberとしての大御所感がありますが、ポケットウィズの登録数は文字通り桁違いの17万人。

この発想こそが桁の違う世界のyoutuberって事なんですね。

ゴンちゃん、このノリ行けるか・・・!?

 

IMG_0890

 

ちなみにポケットウィズの3人はイベント中全員ずっと動画と同じ格好。

8月に!この暑さで長袖長ズボン!!死ぬって!!!

動画に出ている自分のイメージを決して彼らは崩さない。

定番の挨拶もどんな挨拶か事前に動画で見ていたのに、いざ生で見るとついつい笑顔になっちゃう。

途中でダブルスのゲーム形式もやったのですが、試合の中でもこのリアクション。

見ている人を笑顔にするってプロ意識が本当に凄かった。

 

IMG_20180814_112634

ダンロップインドアTS根岸の眞仁田選手のレッスン。

よくアドバイスでは結構基本的というか、僕のような中途半端な愛好家がよく疎かにし勝ちな点を取り上げる傾向が多いように思う。

フォームが綺麗と言われる眞仁田選手、とにかく見栄えが良いですし、放たれる打球も綺麗。

良いボール打ちたければ、人から上手いと言われたければ当たり前の事をサボらずしっかりやれって事ですね。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 23:25 | コメントをどうぞ

武蔵大学硬式庭球部

IMG_20180804_094843

この前。

とある所へ向かうゴンちゃん。

色んな部活のコートの揃ったグラウンドの中を進む。

良いよね、こういうグラウンド。

懐かしい活力を感じる。

 

IMG_20180804_095217

という事で武蔵大学硬式庭球部さんにお邪魔させて頂きました。

強化部長を務めるゴンちゃんにくっ付いて、僕とかっちゃんも練習に混ぜて頂きました・・・。

大学生の頃は体育会に入らず逃げた僕には眩し過ぎる場所ですねぇ。

テニスのゴンちゃんでは導入の時点で「武蔵大学庭球部を救え!」という感じでしたが、コートに一歩入った時点で漂ってくるのはしっかりした部活の空気。

ダブルスの練習をしていて展開がとてもスピーディ。

学生特有のエネルギーがある。

体育会の庭球部の雰囲気に早速面食らったのですが、一方でコートがガランとしているのもどうしても気になる。

良い所ですよね、テニスコートが5面ずらっと並んでいてナイターも完備、でも練習は4名で1面のみ。

これだとコートを1人1面で独占しても余ってしまう・・・(ぇ

男子部は総勢6人、この日は2人怪我で欠席、女子部は休日との事。

こんな広々とした練習環境があるのに真剣な部活に人が集まらないのは何故だろう・・・って体育会から逃げた人間がほざくなって話ですが、いただけないですよね、こういうのって。

大学の団体戦ってD3S6だったと思うけど人数足りるのか・・・?6人ならギリギリ足りるのか。

練習はダブルスでサーブとリターンを重点的にやって、試合もやらせてもらった。

かっちゃんと組んで挑んだものの、初っ端から0-5やられて最終的には3-6だったか。

サーブの練習ではゴンちゃん強化部長の発案で1球だけ可でミスったらジャンプ、なんて鬼のメニューをやっていて結構皆さん苦しんでいたように見えたが、試合では一切ダブルフォルトしてくれなかった。

逆に自分は練習ではそこそこ1球だけで入れていたのに最初からダブルフォルトしまくって足を引っ張る。

試合では隙を見せてくれない。

テニスへの集中力の違いを見せ付けられてしまった。

やっぱちゃんと取り組んでる人は違うのだ。

自分なんかが体育会の練習に参加させて頂けて嬉しかった。

本当にありがとうございました。

 

そしてトップスピンプロの撮影。

実は自分、今まで球出しは得意だと思ってたんですけど、こうして見るとアカンっスね。

球出しでなんでそんなに動きが大きいのか。

もっとパッパッパッってイメージで今までやっていたつもりなのですが・・・

で、でも、バイトコーチ卒業してからはもう全然球出しする機会なんて無かったし・・・

鈍っていたって事で!(笑)

肝心のトップスピンプロの方は・・・ぶきっちょな僕はこすり過ぎて浅い球ばっかになっちゃいましたが、かっちゃんのはよく跳ねますね。

普段僕はボールを押し込むイメージの古い考えのストロークなのでスピンは全然。

でもコートに入れなきゃ話にならんし、というかフラットもスピンも状況に合わせて打ち分けなさいよって事で、深く跳ねるトップスピンも欲しい。

欲言えば滑るスライスも欲しいし全部欲しいですよね。

家に置いてこれを用いて素振りをする、ってより練習に持ち込んでこれで素振りしながら実際に打つ!そしてまた素振りしてから再び打つ!なんて使い方を繰り返したら僕のこすりスピンもグングン早く進化させられるんだろうなと思います。

ちなみに最初の画像でゴンちゃんが緑色のラケットケースっぽい物を持っていますが、それがトップスピンプロ。

コンパクトに持ち運び出来るのでコートに持って行き易そうです。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 16:57 | コメントをどうぞ

サーブのフォーム

打つボールもさることながら、フォア、バック、ボレー、そしてサーブ、どのプレーでのフォームも気持悪いなって思っているのでよく修正を試みていてこの様だ。

旧3

 

サーブの時トロフィーポジションを作るまで我慢できずすぐ打っちゃうのが僕の悪い癖。

いや、あとテイクバックもラケットが背中側へぶら~んとしちゃって変な位置にあるじゃないか、見栄えがすごく悪い、という事で修正ですよ。

すごく気になっちゃうもんね見栄えはね。

最近はマシになりつつあるけどサーブの確率の悪さ、跳ねないスピンサーブ、150km/hのファースト、色々課題は山積みなのである。

 

新3

 

ラケットが体の内側に留まるように修正。少しは見た目マシになったかな?

こうすると結構ボールに回転が伝わるようになった、気がするが、慣れてなくてすぐにフォームが崩れる。

今まで変なフォームでやり過ぎてちゃんとしたフォームになれない。

しかし改めて見てみると修正前の方が体の捻りがあったのにそれを捨てちゃってないかこれ。

どっちも無意識ですが。

じゃあここで正解例を見てみようじゃないか。

 

 

m3

眞仁田選手万能説。

あれっすね、そもそも僕はラケットヘッドの向きがおかしいねって。

練習中にそれを気付く事ができなかった・・・この課題は来週へ持ち込み。

やはり自分のフォーム、自分のプレーというのはやっているその時点ではどうなっているのか意外と自分で把握できていない。

第三者目線とか、後から動画で見直すと変な事してるな~って事が本当にザラ。

難しいよねぇ。

それにしても僕、何度も何度も自分のフォーム見てるつもりだけど、少し気をつけてもいつの間にか元通りってずっと繰り返してる。

打ち方なんて人によってそれぞれ、ストロークになれば相手のボールによって打ち方は変わってくるのだからフォームなんてどんどん崩れて・・・とは言いつつもやっぱり土台はちゃんとしておいた方が安定しそうである。

見栄えの修正から少しでもボールが自分のイメージ通りにいってくれれば、コントロールがよくなってくれれば・・・

 

 

新5

 

トロフィーポジション直したら次はこれか。

体めっちゃ開く。体くの字に曲がっとる。

見れば見るほど変なところしか出てこないぞ~(笑)

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:05 | コメントをどうぞ

テニスのオフ会

 

この前AKI OPENのイベントで皆が伊藤竜馬選手と打ったらしいじゃないですか・・・。

いいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

 

とまあ、テニスの相手を探すサービスが新しく出てきた訳ですけど、今年ってもう一つ他に同じようなサービスが発表されてたなと思い出しました。

テニスイッチ、テニスデイリーでも報じられていたので記憶に残ってます。

WOWOWやTBSが運営していて、しかも日本テニス協会も協力しているって言うじゃないですか。

めっちゃ力入ってるじゃないですか。

後はテニスハブってサイトもあったり、テニス365のSNSページでもイベント・大会の項目があったり、テニスのオフ会のサイトって色々ありますね。

僕はこういう系のではテニスオフネットを使ってました。

これらのサイトの中ではテニスオフネットが一番古くからやってるんですかね。

見た感じだとテニスオフネットが一番募集が多いように見える。

やる事がシンプルにテニス相手の募集ってだけだから差別化が付け難そうですが、そこに強力なバックを持つテニスイッチ、トーナメント開いたりトッププロ呼んだりするAKI OPENが立て続けに現れた、はたしてこれからどうなるか。

僕は社会人なりたての頃はテニスオフネットで毎週のようにシングルス入れまくって武者修行してました。

そんでもって段々と練習試合より草大会に出るようになっていって最近はほぼ使ってませんが、AKI OPENだと対戦成績がランクに関わるそうなので面白そう、という事でアカウント作成しました。

テニスオフでは参加する側しかやった事無いですが、練習したくなってどうしようなくなった時に主催だ!なんてそろそろやってみたいな。

でもこの暑さだと沢山テニスするにはちょっと体力が・・・(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:51 | コメントをどうぞ

手首のサポーター

IMG_0804

ここ最近は手首が不調だったのでサポーター着けてやってます。休めよ。

痛みが中々引かないのでガットをマルチとのハイブリッドにして衝撃を緩和させようとしたんですが、それだけじゃ無理でしょって事で急いでサポーターを探しました。

それで買ったのがマクダビッドのリストサポート。

ヤクルトの山田さんも使ってるって言うし、野球の方が何となく衝撃強そうに見えるし相当守ってくれるのでは?

って勢いで選んでしまった。

予想外の痛みにビビっていた僕はよく知らない製品を唐突に選んでしまったのだ。

 

IMG_20180716_183758

見た目通り手首をかなり覆うのでガッチリ固定してくれる。

でもよく考えたらストロークもサーブも手首使うじゃん。

いくら固定していてもどうしてもある程度痛みは・・・ますます休めよ!

そしてとても蒸れる。

厚みのあるラバー生地で衝撃吸収は良さそうだけど汗を吸収してくれない。

サポーターが親指の根元までカバーしているのでグリップに触れるのですが、そうなると汗がいつもよりグリップに染み込んでしまう。

ドライグリップでもちょっとしんどい量になると思う。

と言いながらもこのサポーターのおかげで市ダブルス、UNOさんとの対抗戦、鎌トーを戦い、手首も完全復活へと向かっています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 17:48 | コメントをどうぞ

眞仁田コーチ

IMG_20180721_172011

 

今月のスマッシュ。

僕が載るので購入!って中見てたら、ダンロップインドアテニススクール根岸の眞仁田コーチの記事発見。

この前は安田選手も載っていた大森豊さんによるミニインタビューでした。

ゴンちゃんイベントで会った時、プレー凄いのに選手活動しないのかなと内心思ったのですが、 戦績を見てみると今年からJOPの試合に積極的に出ているようで現在3大会に出場し国内220位。

ちなみに僕は今1100位ぐらいです。

 

 

bmn

華麗に振り切る眞仁田コーチのバック。

ホント凄いですよね眞仁田コーチのプレーって。

女子のテニス・・・はあんまり見てないんですけど、打ち方が違うって感じですよね。

これは左右に走って打つ振り回しレッスンの時のなんですけど、追いついて、しっかり振り抜いて強気のボールですよ。

 

bcl

一方の僕はこれですよ。

振り回されて体力がキツい僕はその場をやり過ごそうという魂胆の置きに行ったチキンスイング。

そうじゃないでしょ、こういう時でもちゃんと肩まで振り切らなきゃ駄目なんです。

別にフルスイングしろって言ってるんじゃない、振り抜きなさいよって。

しっかり振り切れれば、力抜いててもスイング通りの良いボールで劣勢に耐えられるでしょ。

そもそも普通のボールの時でも何でバック振り切らない の?ってツッコまれる僕。

打てると勘違いした結果ちゃんと打点に入れておらず振れなかったり・・・普通の時も動かされた時も、ボールとの距離感測れない、更にちゃんとラケットを振るって癖が無いからすぐやらかすんだろうねバック。

 

というか改めて見たらフットワークもやべえな。

3大会で220位って速い方なのかな?

1大会目以降はちょっと苦戦しているようですがまだまだ始まったばかり。

全日本で躍動する姿もいつか見られるのだろうか。

 

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:15 | コメントをどうぞ

UNOさんとの対抗戦

来ましたね動画。

シングルスもダブルスも動きノロいですねぇ僕は。

それでいて妙に忙しない動き方。遅いのに落ち着きがない。

上手い人ってのはもっと動きがハッキリとしていますよね。

見るからにはい打つぞーって動き方。

僕は変なフォームと言うか、動き方の時点で(笑)

頭の中ではもっとキビキビしっかり動いてるつもりですが。

頭の中で・・・って言えば、ダブルスだと特にイメージとの剥離が大きいんですよね。

モロちゃんと組んでIフォーメーションやってもらってますけど、突っ立ってるだけでとにかく動かない僕。

というかボールに触った記憶も全然無いぞ、フォーメーション形だけ真似てマトモに活かせて無いぞ。

動画で見直すと明らかに取れる選択肢が多くあり、自分が何もせずボケーッとしているように見える。

試合の時はもっと切羽詰っててまるで選択肢なんて見えなかったんだけどなぁ。それが視野が狭いって事か。

しかし、せめて状況に合わせてポジションを上げていくって事をしていかなければ、チキッて中途半端な位置にいる事が多いのは頭にも残っている。

まあつまりは分かっていても分かってなくてもノロマって事っすかねぇ。

難しいですね、リズムが掴めない、自分のペースを作れない、相手のテニスに入れない、等々・・・

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:13 | コメントをどうぞ

フィジカルトレーニング

IMG_20180720_225044

花金。

TPPさんへ行ってまいりました。

僕はフィジカルの部分は基本疎かなので凄い刺激。

 

(これは別の日のですが)

テニスのゴンちゃんで何度も取り上げられているTPPさんのフィジカルトレーニングですが、このシリーズの動画はどれも再生回数低めなのがちょっと気になるところ。

この動画の時は翌日筋肉痛で日常生活テニス問わず足腰が自然に落ちてしまったものですが、今回は割と無事に生き残れたぜ。

この時のレッスンを身体が憶えてくれていたか。 と思いきややっぱり今は太ももにきてる。

上のレベルに付いていく為にもこういうのを習慣付けないと。

上のレベルに対して自分が足りていないのは環境であり、技術であり、身体の使い方であり、テニスに必要な要素の認識だろうと思う。

どれか1つじゃなくて全部足りないのだから取り入れていこう。

 

IMG_20180720_225834

ちなみにレッスンが終わると僕はすぐに電車に乗らないとアウト。

1本逃すだけで終電無くなって帰れなくなるのでダッシュで駅へ向かう。

野宿と隣り合わせの終電レース・・・まあ前回は最初からカプセルホテル泊まったんですけど。

家に帰れるのも良いけど、今度はネカフェで一足先に足を伸ばしてみるのもいいかなぁ。

カプセルホテルもそうでしたが、ネカフェで泊まった事も無いんですよね僕。

来月の千葉のJOPはナイターなのでそこでネカフェ泊まり初体験してみようか。ってテニス以外の目的作っちゃうのかい。

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 20:49 | コメントをどうぞ

ファントム

IMG_20180707_104843

 

市のダブルスを終えて先輩が新たなラケットに手を出した・・・この写真大会期間中ですけど。

グラファイト以外使う気無い僕だけどファントムだったら別腹だと言わざるをえない。

だってイケメン過ぎない?このラケットさぁ!非の打ち所無いよ!

薄過ぎO3タイプもノーマルなプロ100XRもどっちも良いよね。

まあ良いと言っても僕はナイロンでの試打でちょびっとしか打った事無いからその真骨頂まではまだ味わえてない。

例によって先輩が持ち込んだのはプロストック。

という事で大会終了後にストリンギング。

 

IMG_20180716_092153

 

他のラケットも一緒にメイン:VSチーム、クロス:Gツアー3。46ポンド。

ふと思ったけどゴーセンの印字細くない?こんなんだったっけ?

昔はミクロスーパーとかミクロパワーとか硬軟問わず沢山張ったんだけど忘れちゃったな。

 

IMG_20180716_172521

張り後。

ポンド数が低過ぎたのかフェデ張りの威力か、でも凄く飛ぶぞファントム。

こいつはヤバい奴だ、こいつもまたH19に似た爆発力。

16×18だから尚更軽々しく飛ばしやがる。

先輩も薄いラケットの方がやっぱキレが出る。

市販品のナイロン試打の時はフレームに重み、エネルギー的なものを感じたが、今回のこれはもうちょっと打球感が明るいような・・・どんな表現だこれ。

薄くて飛ぶって最高じゃないですか。

オールポリにしても威力を軽く楽しめそう。

と言うのも、ちょっと飛びの印象が強過ぎて今回は薄いシャフトのコントロール性能はあまり感じられなかった、のでこれも市販品も自分のセッティングで吟味してみたいなって欲が出てくる。

もっと言うと海外のファントムプロ100Pも打ってみたいな。

どれも魅力的だよねファントムシリーズ・・・。

カテゴリー: プロストック | 投稿者クレー 22:37 | コメントをどうぞ