月別アーカイブ: 2017年5月

非創造的

いつものように市民大会の予選。

プレーがイメージと剥離して良いところは特に無し。

所詮お前だから良いプレーできた割合自体今までもずっと少なかっただろって話ですけど。

あくる日もゲーム性の無い刺激的じゃないテニス?を自ら繰り返しているのはかったるい。

面白さを自分から創造できないのでだいぶしんどい。

最後に良いプレーできたのは去年の町田ローンかしら(2-6 2-6)

これでは次の本戦もまたいつものように初戦負けか。

初戦のお相手のプレーを見る機会があったが、うーん、プレーの幅の広さ、完成度、動き、どれも数段自分が劣っているように感じる。

さあ、相手が全部が上だったらどうやったら勝てる?

 

そして昨日も暑かった。

この前出た試合もそうですけど、熱中症でダウンするんじゃないかって暑さじゃないですか。

GWどこにも行ってないですし、こんな天気だとテニスよりどっか行きたい気分。

特に計画立ててないのでどこにも行ってないんですが、とりあえずいつかしら船に乗りたいなと漠然に思う。暑いですしね。

神奈川から乗れる船だったら猿島か、伊豆大島も思い浮かびますが熱海かな?久里浜もあるのね。

でも流石にそう気軽にはフラッと行けない値段。

まあしかし青い空と海ってテンション上がるよね。

IMG_4564

 

思い出すのは例によって去年の広島なんだけど(それしか思い出無いのか)

もうね、船に乗ってくれって言ってるようなもんだよねこれ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 17:38 | コメントをどうぞ

好きなプレースタイルは攻め。

バコラー、なんて言ったらただバカスカ打ってるだけって少しネガティブな意味合いも含むかもしれないけど、大いに結構な気がします。

杉田祐一を初めて知ったのは2009年の日本リーグ、彼の名前も知らなかった自分は日本のナンバー2の添田選手目当てで見ていたところ、隣のコートでの熱戦に心を奪われたのでした。

・・・というのは憶えているのですが、結構自分の記憶がいい加減でして、その時初めて見た杉田選手の試合の相手が三橋淳選手。

当時の試合結果を見てさっき気付きました。

三橋選手のプレーが格好良いと思っていたものの、どうも試合を生でちゃんと見た記憶が無かったのでアレレと思っていましたが、やっぱり1度は見ていたか。

三橋選手のどフラットなフォアハンドを目に焼き付けていたはずなのですが、当時の自分の目に映ったMVPは杉田選手でした。

いや、どちらも吼える熱いファイターだったからこそ彼らのテニスに惹かれたのか。

高校一年生だった自分が知っている選手は添田選手と、高3で日本リーグ入りしたインハイ三冠王の守屋選手のみ。

だから最初はS1添田VSニールセンS2守屋VS松永を見る予定だったのが、S1の時点で2面を見渡すことになった。

自分がテニスにのめり込み始めたというか、憧れの選手を持ったのがまさにこの日本リーグからだったと思います。

臆病でへタレな自分にとって対極過ぎるテニス、遠過ぎるテニス、自分にできない事だったからテニスに恋をしてしまったのかもしれない。イマイチ憶えてなかったけど(笑)

今になっても自分は攻めに振り切れないへっぴり腰テニス。

いくらやっても今までずっとひたすら自爆しかしてこれなかったからね。

彼らみたいに格好良く打てなかったよ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:55 | コメントをどうぞ

ぶっつけ本番

アスタポリ52P、打ったものの硬くて飛ばない。

しばらくハイブリッドやり過ぎたせいでポリの打ち方を体が忘れてしまったようです。

ナチュラルのパワーアシストが無いと辛い。

強い人とやるとパワー不足だけどパワー求めるとノーコン。

もう次の大会まで時間無いけどまあ、扱い切れない飛びで自滅よりはマシでしょうん。

いつものように寸前で変えるのが僕です。

 

IMG_20170515_191650

オムニクレー用も新調。

とりあえず足入れた感覚だと予想以上に硬め。

ニット素材と聞いていたけど中は硬い。本当にニットか?(謎)

まだプレーしてないから何とも言えませんが細くなった?フィット感が強まったから?

これも買い渋った挙句ほぼぶっつけ本番に近い形で使います。

 

IMG_4753

 

ちなみに、今年のGWはどこも旅行行きませんでした。

しばらく旅行してなかったせいか、そろそろまたどこかへ冒険に出たい気分。GW過ぎちゃいましたけど。

自分が旅行の計画立てると大体こんな感じでタフな戦いになってしまい、ちょびっと後悔しながら夕陽と格闘する事になるのですがそれもまた旅の醍醐味か。

よく知らない場所でいつになったら着くのか分からない途方に暮れる旅。いいよねぇ。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:30 | コメントをどうぞ

ポリポリ

この前も試合出てきたら1勝3敗でボロ負け。

今年の戦績17勝10敗で負けが二桁に。

なんでしょ、高い球は力入らなくてミスる。

低いボールは引っ掛けてホームランもといアウト。

ストレート叩き込むとアウト。

サーブは動画に映っている分だと最初の2ゲーム分のサービスの入る確率がファースト40%とセカンド66%、サービスの優位性無さそう。

なんだかほぼ全てのプレーでミスしていて手のつけようが無いけど、とりあえず何となくアウトが多い気がするので、責任転嫁の如くストリングを変えます。

強い相手とマトモに打ち合えるレベルになるべくナチュラルガットでパワー補おうとしたけど、僕にはコントロールできず使いこなせるレベルじゃなかったって事で。

ガット固定とか言ってたのに大会直前になって結局縦横両方アスタポリ。

ナチュラル縦横どっちに入っていても馴染めず、結局ポリの方が使い易い・・・。

撮った動画見てると長いラリーできないし、リターン一発目でミスってるし、何回見てもプレーの精度が著しく悪いね。

そんなのが攻めのテニスとはおこがましい。

やりたい事やるのが一番だろうけど、やりたい事できないねぇ。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:03 | コメントをどうぞ

何もできん

IMG_20170429_185110

先週に引き続き、また昔行った事のある所の試合に行ってきました。

高校時代に3回大会に出て3回とも初戦負けを喫した懐かしの場所。

クレーコートが沢山並ぶ大きなテニスクラブ。

こちらも訪れたのは高校生の時に大会に出て以来。7年振りか。

コートがすごい下にあって何だか緊張した記憶が鮮明に蘇る。

会場に集まっているのは誰もが大会慣れした強そうな人ばっかに感じ、勝手に雰囲気に飲まれ、3回出ておきながら最後まで落ち着かなかった。

人が沢山いる中へ一人でいって、どうしていればいいか分からなかった。

全部の試合がいくら頑張って打っても得点に結び付かず、自分がミスって、突き抜けられないまま一試合で帰宅。

当時の自分は根負けって言っていたが結局全部それで克服できなかった。

まともな試合ができるレベルに至っていなかったのだ。

地肌がうっすらと見えるクレーコートはまるで自分のボールの勢いを削ぎ、相手のボールに見慣れない嫌なバウンドをさせ(イレギュラーではない)、フットワークも重たくさせる。

自分の中のこのコートには苦しい思い出が詰まっている。

トラウマ払拭ツアー2戦目である。

結果としては2勝3敗。

この日までの今年の勝ち負けは18試合 14勝 4敗という自分にはありえない謎の好成績だったのを汚す結果に。

いや、こういう謎の好成績は積極的に汚すべきなのだ。

自分に厳しいレベルをやっていかないといつまでたっても進歩しないだろうと思う。

今年初めての0-6も頂く事ができた。

自分がラリー2球以上続けられないレベルの差の人とテニスできる機会なんて滅多に貰えるものじゃない。

ボールが自分より速く、軌道が高く、バウンド後の伸びが長いショットをラリーで普通に何発も打たれてしまったら何もできない。

オマケに外に跳ねるサーブに反応できない。

打った事の無いボールが相手じゃ最低限にすら返せないから、自分のレベルが低過ぎてテニスにならなかったね。

このレベルの相手と打つ機会が無いから現状大会でばったり当たってしまったら作戦もクソも無い。

参ったものだ。

それにしても今回の試合は大負けしたが、ここ最近の試合ではギアを上げる為に序盤は我慢という事を意識している。

しかし週末の趣味テニスで、ストレスの解消になるであろうところで敢て我慢するという作戦はどうなのだろうかとも思う。

前回も今回も消極的に繋ぎから入ったが、それは大胆にラケットを振って攻めると高い確率で自滅するという心配からだ。

自滅なんてすれば勝てるはずも無いし思い通りにならないストレスが溜まって行く。

しかし繋いでいっても調子が上がらなければ最後まで不完全燃焼。

やっぱテニスはバコってなんぼでしょって、というか、好き勝手バコるだけで勝てたら楽だし楽しいだろうなと思う。

でもそんなおいしい話は無いですよねぇ。

今も昔も結局全然変わってない根性無しのままな気がする。

集中力の無い雑でいい加減な人間なのかな。

そういう人間は周囲からどういう目で見られるのやら。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:44 | コメントをどうぞ