月別アーカイブ: 2017年2月

三千院

IMG_7568

 

京都で自転車を借りて三千院方面へ走りました。

不安定な天気が続く中でようやく晴れの日になった、と、思っていたのですが、三千院のある大原、静原方面は見事に雪。

(途中の通り道でテニススコートを見つけるとついつい食いついちゃいます。)

 

IMG_7582

 

ほっとする里、静原。

こっちの方面もサイクリングコースとして紹介されていたはずですがサイクリングに興じる人影は殆ど見当たらない。

嫌な予感がしつつも良い天気の雪景色を走る。

 

IMG_7606

 

木製のバス停。

それにしても、休止中って・・・?

 

IMG_7613

 

静原からの長い山道を抜けた先の大原。

寒いし上りだし堪えるよね。

こういう時に予めカーフタイツ履いておけば楽なんでしょうけど。

その分、町がバーッと見えた時の爽快感は格別。

道の駅大原で昼食をとって三千院へ。

 

IMG_7655

 

三千院付近に着いた頃には天気がやや怪しめに。

これまた上り坂、雪も結構積もっている。

 

IMG_7664

 

三千院の門のすぐそこになると風情ある砂利道に。

とうとう雪も降り出しました。

ほんと、京都って雪ばっか降ってますよね。

この寒い気候は苦手。

神奈川とそんなに緯度変わらないでしょ・・・?

 

IMG_7701

 

登っていくともう雪はガチ降りモード。

こんな吹雪は猪苗代以来で僕には修行状態。

この天気にも関わらず大勢の観光客。

皆さんはバスでここまで来られているようで、レンタサイクル仲間はほぼ見当たらず・・・。

京都に結構レンタサイクル屋あると思うけど、皆祇園方面とか見てるのかな。

 

IMG_7699

 

隣のテントで皆さんが何を食べているのかと言うと、大根の炊き出しを頂いていたのでした。

雪降る中でのアツアツの大根はとても身に染みる。

大根頂いて、帰りに志ば久さんでふきのとう味噌を買って、さて結構走ったしそろそろ帰ってゆっくりしようと思い下山。

 

大原の里

しかし下山してもこの雪でした。

標高下がったのにむしろ本降り状態・・・。

雲のレーダーを見るにこれからもっと雲が流れ込んでくるとの事だったのでサイクリング決行。

吹雪の中を決死の帰宅となりました・・・ :84 雪だるま:

そんな寒々しかった日々も過ぎ、そろそろ3月になる最近は流石に気温も上がってきてくれて何よりです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:58 | コメントをどうぞ

初心者あるある

一人暮らしをしてみると、まあこういうのは初心者あるあるなのだろう、自炊も洗濯もまだ面倒くさい(笑)

ご飯作るのは、いや、そもそも何を食べるのかを考えるのがこんなにも大変だとは。。。

あと隣の部屋かどっからか物音が聞こえるとやたらビビる。一人部屋なのにって全然慣れない。

皆通っている道だろうと思いますが、こんな事で一々戸惑う日々。

ずっと一人だと、こんな生き方で良いのか、そもそも健康的に大丈夫なのかとか、ちょっと自信が無くなってくる。

京都は人の多い賑やかな街であるが僕は一人身である。

 

IMG_20170220_211520

へたれた夕食の図。

今度はちゃんと炊くか。

物を知らない未熟者の僕はこの歳になってこう、渋い味噌とか漬物とかの美味しさにようやく目覚めたのであった。

三千院に行った時に買った志ば久のふきのとう味噌。

揚げ物よりも食が進む。

さあ明日も頑張っていこう。

 

IMG_20170221_223614

 

最近のクラシックガット×プロフォーカス。

フェデ張りだから消耗速いのは承知済みではありますが、ストリングマシンが無いととにかく頑張ってくれと祈るのみである。

今まで張り放題だったから日に日に耐久性が不安になっていく。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:00 | コメントをどうぞ

全日本室内

そう、京都と言えばテニスなのだ。

 

IMG_7770

 

全日本室内テニス選手権、京都チャレンジャーの予選を見に行きました。

全日本選手権の方は何度も有明で見ていますが、もう一つの全日本は初めて。

男子がチャレンジャーツアーで女子は国内大会扱いというところも、関東圏からすると不思議な感覚の大会です。

 

IMG_7773

アリーナのコートは3面。

試合開始時間までは選手がこぞって練習。

真ん中の2番コートでは日本人選手が勢揃い、本戦ダイレクトインの内山選手や綿貫陽介選手らも見えました。

 

本日注目して観戦したのは2試合。

関口周一VS田中優之介と、菊池玄吾VSロイド・ハリス。

関口選手と菊池選手はどちらも違うタイプでありますがフォアハンドが好きです。

スカッとしたフォアもバコンと叩くフォアも、両者とも真似したいと思える格好良さ。

1試合目の関口選手の相手の田中選手は高校卒業間近の17歳。

テニス.JPでも特集が組まれていました。

身体が大きくボールも力強い。あとストリングがトアルソン。

しかし1セット目は動きが硬く、関口選手に6-0でやられて一方的な展開。

2セット目はギアが上がってきたかサービスゲームをキープできるようになったものの、ラリーでは殆ど主導権を関口選手に握られ、あまり良い部分が見られないまま6-4。

サーブとフォアは高い位置から打てるものの、バックハンドの打球がイマイチ伸びず関口選手に良い様に打たれてしまう場面が多かった。

流石に関口選手は昨年の全日本の第3シード、攻めに入るのが早く、田中選手に強打されてもカウンターできる。

今日の関口選手はサービスエースも多く見られたが、やはり経験値の差で17歳には厳しい試合だったのだろうか。

 

2試合目に入った菊池選手の相手のハリス選手は南アフリカの19歳、世界ランクは285位。

コリッチ、カチャノフと同世代の若手。

やたらと背が高く、フォームが大きくスイングが速い・・・って日本人と比べたら外人選手ってみんなそんな感じか。

菊池選手も全般的に力強いショットが持ち味だと思うのですが、ハリス選手も似たようなタイプでスケールが一段上のように見える。

試合はサーブとフォアハンドが主役でしたがハリス選手の方が得点するスピードが速い。

菊池選手も高速サーブでそう易々とサービスゲームを渡さないのですが、ハリス選手をブレイクするのは至難の業。

試合は6-3、6-4でハリス選手の勝利。

同じようなプレースタイルであるがパワーは相手の方が上、それでもやはり攻めていくべきか。

菊池選手の攻めも通用していたように思う。

そういえば菊池選手のガットがいつもの縦横真っ青ではなく、クロスだけレーザーコードのフェデ張りらしきセッティングになっていました。

オールポリでのバコりからのフェデラー張りで、よりボールに伸びを求めている?

 

IMG_20170219_121330

 

昼食はアリーナの売店で売っていた、20個限定というチキンカレー。

島津アリーナには売店が1つあるのみで出店は無し・・・と言っても予選だからなのか。

慶應チャレンジャーだと学生の出店の他にメーカーのブースやグッズ販売もあり賑やかでしたが。

 

自分が丸々見た2試合以外では、菊池選手の試合と並行していた綿貫裕介選手とガンズワラン選手の試合、ちらちらとしか見れませんでしたが裕介選手の気合の入った雄叫びは聞こえていました。

裕介選手のプレーは2回練習しているところしか今まで見た事がありませんでしたが、相手のパワープレイに対し必死に喰らい付く姿を見て印象が大きく変わりました。

体格は平凡であるもののややスイング幅の長い綺麗なフォームとボールの軌道、スマートなプレー(?)だと思っていましたが彼はまさしくファイターでした。

次回があれば是非彼の熱いプレーを目に焼き付けなければ。

ブログも毎日チェックだ!

それと仁木選手とアレックス・ボルト選手の試合も少し観戦。

仁木選手は自らのプレーをみんラボで解説してくれていて大変お世話になっています。

動画の予備知識と今日の練習を見た限りではフォアが凄い落差で落ちたり、真っ直ぐな弾道からグインと伸びる跳ね方をしたり、スピン系ストローカーのイメージ。

しかし試合では思っていた以上にネットプレーに挑む。

仁木選手だけでなく関口選手も裕介選手もネットプレーが何度か見られました。

ストローカーの時代と言われて久しいですが、錦織選手もネットプレーを増やしている印象ですし、流れが変わってきている・・・のかも?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:08 | コメントをどうぞ

ストリンギング

近頃買い物は殆どネットで済ませてしまう私。

ストリングもネットや輸入がメイン、お店で調達する事はほぼ無くなってしまいました。

家に張り機があれば自由なタイミングで色んなストリングを張れる。

ナチュラルだろうと日本で展開されていないメーカーだろうとやりたい放題。

大体1張り1000円~2000円という生活を大分続けてきた。

欠点と言えばストリンガーがただのウィークエンドプレーヤーである事。

情報網があまりにも狭い事。

そして今まさに家を離れているので自分で張れない事。

京都までわざわざ張り機を持って来ようとは思わないし、そもそも大学生の弟がメインである。

そうして気軽に張れない状況となると、いざ切れたらどこで何を張って貰おうかと、そういうところからになってしまう。

今回持ってきているクラシックガット&プロフォーカスはともかく、HDアスタポリの方は1月から張りっ放し、テンション維持がどうしても気になる。

ポリだから仕方ないと言っても、他ならもっと持ちそうなポリが浮かぶので、せめてデビルスピンでも張っとけば良かったかなと今更思います。

テンション維持性を強くアピールした4Gが出て結構経ちますし、そろそろ技術革新とかでもっと持ちそうなポリが出てもいいよね、欲しいです、はい。

ただでさえ硬いポリがテンション維持まで良くなったらストリングの売り上げが落ちるから無いか?

なんて思いますが、しかしそれだったら切れ難いストリングとしてケブラー、ポリが生まれる事も無かったでしょうし、可能性はきっとあるのではないでしょうか。

 

そんな具合に、京都に来てもテニス熱が冷める事は無く。

そして今まで関東圏に住んでいてあまり意識していなかったのですが、全日本室内、京都チャレンジャーという大会はまさに京都で行われるものじゃないですか。

杉田選手も関口選手も見れる、出場選手を見ていたらアレックス・デ・ミナーという18歳で250位の選手(プロ参戦は16歳?)もいる、となるとますます興味が沸いてくる。

どうしましょ、見に行ってしまうのか?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:32 | コメントをどうぞ

お料理!

良い子のみんな!はっぴーばれんたいん☆

別に僕は単身京都にいる訳だからチョコ貰う当ても無いのが当たり前な訳ですし!? :36 冷や汗:

気にしてませんけど!?!? :36 冷や汗: :36 冷や汗: :36 冷や汗:

でも今日昼飯食べた店の帰りの会計でチロルチョコ貰ったんでチョコ0は回避したぞ!?

まあチョコなんかより自分のご飯をどうするかが死活問題。

前の初の自作のスパゲティ以来の自炊歴がこちら。

 

 

IMG_20170206_195421

スパゲティ(Ver.2)

 

 

IMG_20170212_191418

スパゲティ(Ver.3)

 

 

・・・め、麺が沢山あったからこうなっちゃいました。

他の料理のレシピもよく知らないし、強気の(?)スパゲティ攻め。

しかし最後まで味が薄いままでした。

麺も切れたしそろそろご飯物にしたいところですが、自分で作ると時間食われるしそもそもレシピ調べなきゃだし外食の方がとても楽だな~。

何がいいかな次の夕ご飯。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:06 | コメントをどうぞ

ソフト感

トアルソンさんのHPに新しいストリングが載っていました。

パワー系マルチストリング、スプラゲージ。

ソフト感+爽快感なる謳い文句でHP上トップに載っていましたが、ストリングのページでは何故かポリグランデの中に堂々と並んでる

ポリしか眼中に無い自分ではありますが、プロではT8を選ぶ選手もいるそうでポリ以外も少し気になっているところ。

でもトアルソンのマルチって新作出る度に柔らかいって言っているような気がします。

そりゃマルチだから柔らかいのが売りですけど。

製品特性の性能ゲージで比べてみると、”やわらかさ+反発性”が売りのT8の1.25mmと一切差異が無い。

製品紹介PDFもパッケージの画像のみですし、まだ今日の段階ではどんなストリングなのかよく分かりません。

柔らかいトアルソンのガットと言えばT8以外にもマルチパフォーマンス2もありましたが、今回のは爽快感なるものも出している様子。

鈍い打球感が悪いように書いているのでこの場合だとシャープなものになるのだろうか。

(となると対極になりそうなのはムゲン?)

鈍い打球感というのも確かに捉えているという安心感があるのではないかと思ったりもする。

しかし新たな接着剤を使っているという事で年々進化していっているマルチフィラメント、機会があればハイブリッドで試してみようか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:53 | 2件のコメント

テニスのトリヤマ

大原の里

 

今日は静原、大原にレンタサイクルで行ったのですがやっぱり雪。

もはや京都=雪のイメージが確固たるものになりますよ、はい。

この天気の中で凍えながら中心街へ戻り、今日は後は夕飯作って銭湯行こうなんて考えていたのですが、返却先までへの途中で何となく目に付いたのでフラリとアーケード街をたまたま通ってみようと思いました。

特段京都限定みたいなものでも無いと思いますが、地元にアーケード街というものがなかったので自分にとっては珍しい光景。

色んな店があるなと見物していると目の前に「ガット張替」の文字。

京都に来る前にある程度テニスショップは調べていたのですが、この商店街にあるというのは知らなかったので、へ~と思いながらチラっと覗く。

 

IMG_20170212_162325

!?

入り口の片側には確かにテニスショップらしくラケットが飾ってありますが、もう片方は・・・んん?

なんだか和風のバッグが並んでいますが・・・テニスショップ?

和風のバッグだけに目が行くと、一目見た時はテニスショップかと思ったのに全く違う雰囲気に。

しかも左側には何やらこれまた和風なラケットケースがあるではないですか。

 

IMG_7766

 

思わず買ってしまいました。和風ラケットケース。

生地がしっかりしていて丈夫、ケース下部はフェイスに合わせた形状。

気まぐれで寄ったアーケード街で予備知識も無いまま発見したお店にこんなお洒落なラケットケースですよ、もう一目惚れでした。

寺町通りに店を構えるテニスのトリヤマさん。

ラケットケースは勿論オリジナル。

今まで見た中でこのテニスショップは自分にとって衝撃的でした。

自分が全然知らない世界がそこにありました。

どれもこれも初めて見る物ばかり。

こんなお店を何故検索で見つける事ができなかったのか。

今日ここに寄り道し行こうと思わなければ、自分はここを知る事も無かったかもしれない。

それはあまりにも勿体無い事だと感じました。

出会う事ができて良かったです。

 

IMG_7756

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:10 | コメントをどうぞ

雪国?

IMG_7390

 

とある駅を出ると市営住宅が並び、その向こうには大きな山々が聳え立つ。

 

 

IMG_7400

 

真っ直ぐ進んで到着した先は醍醐寺。

良い感じに積雪した古都を探検してきました。

自分が京都に対して持ったイメージはとにかく寒いという事。

もっと寒い所は他にありますけど、こっちに来てからやたら雪が降っているのを見ます。

昨日なんて凄く吹雪いていて、天気予報もしばらくずっと雪なんて様を見たらますますイメージが雪国化しました。一方的に(笑)

そんな今日も前から雪が降るって予報でしたが、午後にテニスをする事ができました。

晴れ間はあったものの思ったより寒かった・・・。

先週は雨上がりだったのでHDアスタポリを使いましたが今日はフェデ張り。

上手い人とやりあうにはアシストが欲しいのでフェデ張りの感覚に慣れたいところでしたがどうしても苦手です。

スイートスポットを外すと全然ダメ。

O3なのに狭くなってるじゃないか?

でもバックで打つ時は変な打球感は無い、という事はフォアがダメそう。

思えば最近フォアだとボールをしばけない。

ここでもしセンサーを使用していたらスイートスポットの割合を確認できるのですが、今のラケットにセンサーの重量を追加する度胸は無いのです。

来週はフォアの打ち方をまた考え直してバージョンアップして、フェデ張りを使いこなせるレベルを目指そう。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:40 | コメントをどうぞ

ワールドグループ1回戦

今更だし見てもいないけどデ杯の話。

CE席もSS席も抽選全滅した上に京都行く事になったので見に行けなかったデ杯。

見たかったのは錦織を筆頭とした歴代最強の日本がフランスに真っ向から立ち向かう姿。

そんな希望は抽選段階で崩れエースも欠場してしまいましたが。

それでもフランス側はトップ2を外したとはいえガスケ、シモンら元トップ10とダブルス1位2位のマウとエルベールの布陣で試合に臨んでくれました。

戦力層が厚すぎるというのもありますが、ワールドグループの1回戦で錦織を欠いた日本に対してもフランスのメンバーは豪華。

もし錦織が出ていたとしても勝つ事は難しい相手ではありますが、デ杯は錦織が出なければ話にならない大会。

今回フランスというテニス強国相手にエースを欠場させたのは、どうなんだろうなと思う反面、錦織は日本代表に対する思いが強いという話もよく聞きますし、今まで何度も出場してきてくれていました。

トップ選手にとってデ杯の欠場は仕方ない、そういう風潮もありますしあまり今回の欠場は仕方ないという声が多いみたいです。

しかし去年のオリンピックの時もそうですが、トップ選手の欠場というニュースが出る度に大会の格を、特にオリンピックになると他競技が本気で栄冠を目指す中、テニスという競技の格を落としているのではないか、なんて思ったりもします。

一般層がトッププロの欠場をどう受け止めるかは分かりませんが、国別対抗戦のデ杯も、スポーツの祭典のオリンピックも、テニスにとってはATPランキングに大きな影響を与えないから優先順位は低い。

野球で言うとWBCもそうですが、やはりこうした立派な大会には一流の選手が出てきて他を引っ張らなければ、大会としての魅力が落ちるしファンもガッカリしてしまう。

現状、デ杯は錦織が出ても勝てる保障はありませんが、しかし出場しなければ日本がデ杯における栄冠を手に掴めるのはいつになるのか。

錦織以外にも日本史上屈指のテニス選手がいる今のチャンスを活かさない手は無いのでは?と、思ったのでした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:57 | コメントをどうぞ

アプローチ

初めての一人暮らし、自炊、洗濯、色んな事が何もかも一人。

駅前や観光地がいくら賑やかでも自分にとって京都は京都。

地元のような愛着が沸く

にはもっと年月が必要なのだろう。

外でも家でもずっと一人というのは不安だ。慣れない。寂しい・・・

 

IMG_20170130_195618

でも、お前らがいれば俺は何処でだってやっていけるぜ!!

 

休日、京都だろうと俺はテニスをするぞ。

・・・と言いたいところだが天気予報は雨。

IMG_20170205_113723

 

ですのである所にお出かけ。

駅のすぐそこに大きな鳥居はまさに京都。

どこか歩くだけで京都感が出てくるのではないか。

 

IMG_20170205_100251

 

目的地へ歩いているととても趣のある建物を発見。

近代化産業遺産となっている松本酒造の本社。

この地域は古くから酒造が盛んだったらしい。

京都と言えば神社・お寺が真っ先に浮かぶがこんな場所もしっかり残っているのだ。

 

そうこうして到着した目的地で早速僕はラケットを握る。

 

apr

 

大きな建物の中に縦に分割されたコート。

ネットの向こうには対戦相手、ではなくボールマシン。

ちなみにコートサーフェスはオムニ、奥行きもあるし実戦の雰囲気は十分。

ここなら雨だろうと一人だろうと関係無い。

 

IMG_20170205_101220

そう、今回僕が駆け込んだのはアプローチ京都店。

インドアのオートテニス場を持つテニスショップです。

この日の天気がずっと悪い予報、申し込んでいたサークルの練習も中止だろうと危惧したクレーはテニス熱に駆られるままにアプローチさんへやってきました。

 

IMG_20170205_103128

室内にオートテニス場を持つテニスショップなんてそうそうあるものでもなく、設備も予想以上に凄い。

スピードやスピン量、打球の高低等を設定して好きなボールを制限時間までいくらでも打つ事ができます。

球出し感覚も調整できるので20分だけでもガッツリやれて満足です。

そして流石はテニスショップ、試打ラケットも大量に用意しているので新作を試し放題。

ラケット選びの難しさというのは実際に打ってみないと分からない、という点ですが、アプローチさんならその場で打てる。

テニスショップとしてこれ以上ないサービスだと思います。

駅から少し距離はありますが、それでも朝から客足が多かったように感じます。

この天気なので自分は前日にオートテニスの予約をしましたが、当日来てみると予想通りやる前もやった後も利用者が絶え間なく来ていました。

皆考える事は一緒か。

他にもアプローチさんはオートテニスのマシンだったり、ストリングマシンも店内に揃えているという凄いお店。

人気な訳です。

 

IMG_7334

本日のテニスを終えた帰りは、駅前の鳥居をくぐった先にある桃山天満宮、御香宮神社に寄りました。

また、最寄り駅の伏見桃山、桃山御陵前、桃山はその名の通り伏見桃山稜の目の前。

そんな街を訪れた休日でした。

 

 

IMG_20170205_171023

 

・・・これで休日のテニス終了と思ってのんびりしていましたが、午後になると雨が止み、慌てて京都のテニスサークルの練習へ参加。

午後も3時間みっちりとテニス、テニスまみれの休日となりました。

どんな所でもテニスができるとなると自然と気持ちが上がる。

テニスをさせてもらえる環境に感謝である。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:29 | コメントをどうぞ