月別アーカイブ: 2016年5月

エラストマースロートとTCTグロメット(2)

事件が起こった。

 

打っていたらプツッ!と嫌な音。

まだ3回しか使ってないのにもうハイパーGが切れてしまったのか、というか自分がポリを切るのかとビビったものの、ガットは特に異常無し。

でもガットが切れる音以外に考えられないなと思いつつ、音の正体は不明のままとりあえずテニス続行。

で、何気なくメイン2本を触っていたら緩い。

自分の張りが下手になったのかと疑ったものの、編み込んだ2本が波打っているのはいくらなんでもおかしい。

となるとさっきの音の正体は・・・TCTグロメットでした。

 

前に張り中に真ん中から4本目が陥没した事があったけど、まさかのテニス中に2度目。

こちらのグロメット、使い始めてまだ半年未満。

そういえば陥没している様子よく見た事無かったなと思って外してみたら貫通してるし。

前の経験でてっきり1.10mmのツアーバイトという例外そうなポリには弱いのかなとは思ったけど、今回の貫通は1.25mmで普通の太さのハイパーG。

それが打っている最中に陥没してガットが緩々に・・・急にテンション落ちてフレームに悪そうなので切りました。

エラストマースロートには浅めの傷が付いただけだったけど、こんな様子を見たら流石に使う気になれない。

マジかよプリンス・・・

でも一応2013年の発売時から100Tを使っている自分としては打って貫通は初めてのケース。

ここまで致命的に脆いのなら3年間の内にそういう話がショップとかメーカーらだけのクローズな範囲だけじゃなくてオープンに出てくるべき話だと思うのだけれど。

シャークもブラックも同じの搭載しているから数はそこそこあるからもっと情報があっても良いはず。

ググッても出てこないって事はやはり運の悪いレアケースか、でも2例目は嫌だな・・・。

ツアーバイトもハイパーGも結構鋭いガットだから・・・?というのも考えられそうだけど、だったらプリンスのツアーXSをTCTグロメットに張ったらどうなるのやら。

 

仕方ないのでスロート部分のグロメットは旧パーツに換装。

ぶっちゃけ硬い打球感の方が好きだし、エラストマーが黒い子のフレームに食い込んでたからちょっとどうかとは思ってたし・・・。

でもこんな事があるとスピードポートの方も大丈夫なのか流石に不安になっちゃうぜ。

ハイパーGも硬過ぎで弾力性もイマイチだったんでデビルスピンに回帰。

黒い子と縦横デビルスピンは何だかんだで初めてだけど、予想通りの感触だったら良いな。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:14 | コメントをどうぞ

リプレイスメントグリップ

IMG_4958

やりたい放題しようと思いコスト度外視でナチュラルガット、そしてフェアウェイのレザーをとりあえず使ってました。

だから値段はとりあえず高いという事は頭に入れてあったものの、定価については何となく昔の記憶のままうろ覚えでした。

で、ふと値段を見てみたら・・・3800円。

いやいや!?誰が買うんだよこのグリップ・・・!?

てっきり3200円だと思ってたらいつの間に4000円近くに?

下手したらナチュラル買えちゃう値段じゃないですか。

最近毎度のようにテニス用品値上がってる気がするけど、フェアウェイも最高級なのは分かるけど、これはちょっとやばいんじゃ?

若者の自分には分かりませんが初期のフェアウェイが一番品質が良かったという噂もある中で凄い強気・・・。

海外輸入があるご時勢でもどのメーカーも未だに値上げてきますね。

テキストリームグラファイトなんか値上げとレザーグリップ付きの理由ってどっかに書いていたりするのだろうか。

レグナと3000円しか変わらないって言うと何だか超凄そうなラケットに思えるぞ。

その調子でEXO3版も作ってくれれば日本限定だろうと僕買っちゃうぞ。

元グリはレザー派ですけど、素直に白状すると柔らかいクッション系の元グリ使った時に力入れやすくて良いなってちょっと思ったことあります・・・。

あと今のラケットが重いなら元グリをどうにかすべきなんだろうな。

最初のEXO3グラファイトがレザーだったからその流れで今もレザー。

ほぼレザーしか使っていないとはいえ、やはり硬くしっかりした感触とトーナのドライ感の組み合わせが手に馴染んでいる。

でも流石に3800円はびっくりしたなあ :36 冷や汗:

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:23 | コメントをどうぞ

HYPER-G

人として、課題点が山ほどあり中々片付かない事を認め、反省して一つ一つ改善していかなければならないとは思っているのですが。

今回の本戦の初戦の相手は通算5度目、対戦成績0-4、試合の動画も頂いて何としても勝とうと準備をしましたが今までと同じような負け方で5敗目を喫しました。

課題を何もクリアできていない最悪のパターンです。

結構な準備しておきながらこれ。

自分の弱みを認識しているのにいつまでたっても克服できていない、現状に対する解決力も、せめて最低限の対応、打破まではいかなくても流れを変える工夫ができればいいのにそれもできない悪い癖の染み付いた人間がこの先どうやっていけるのか。

必ず勝てるだなんておこがましい事は考えていないつもりでしたが、それにしもて相応しい負け方というものがある。

5度も何年も克服できずくだらないプレーしかできないという事は今後もろくな事にならないと感じた今回の大会でした。

 

IMG_20160522_112942

それはそうとして、ソリンコのハイパーGを張りました。

ロスから出てきたソリンコ、プリンスはアトランタ、ZEPPセンサーはサンノゼで、トーナグリップのユニークスポーツはアルファレッタという所らしい。

ついでにNBはボストン・・・気がつけば自分のテニスグッズがアメリカン化がかなりきています。

最後の砦はフェアウェイのレザーですかね。

何だかんだでナチュラルの打球感はあまり好きじゃないという事で縦横ハイパーGを選びましたが、黒主体のグラファイトに緑色という事でアガシっぽさも感じて凄く期待していました。

求めるものは硬めだけどグッと持って跳ね返す打球感。

ハイパーGは柔らかいと言われているらしいですが先輩のを打たせてもらった時は自分が嫌いな柔らかさは感じず、打ち応えがありました。

自分の持つソリンコのイメージは飛びとスピンの良いツアーバイトが強くあったので、それの発展型という事で更に期待。

ついでにテンション維持も良さそうだし。

で、いざコートで打ってみると・・・

硬い・・・。

硬い打球感は求めていたけど・・・これを柔らかいって呼ぶ人はどんな怪物なんだよって1球目で思いました。

自分は硬くてなおかつグッと持つのが欲しかったのですが、何だこいつ、弾力性というものをあまり感じない。

ツアーバイトもそんな感じだったけど、もう少し柔らかくてもいいんじゃないかなハイパーG。

自分がナチュラルに浸り過ぎたのもあるかもだけど、これはあの4Gを柔らかいと断言する人種にしか使えない代物なんじゃないですか。

張っている時はもう少し柔らかいだろうなと思ったのに・・・。

でもまあ飛ぶ。

尖り具合も結構良いのでスピンもOK。

しかしなんでしょう、自分には跳ね返りを感じ難いのでこれだったらデビルスピンで良いんじゃないかと思う。

少なくとも弾き系では無いのでもう少し試して、デビルスピンと競合させていこう。

ハイパーGの力を引き出せるようになるのか、それともメイドインジャパンの弾力性か・・・

ニューウェポンの力を得るつもりが、デビルスピンの良さを再認識する事となりました。

 

 

サーマックスも試そうと思いましたが、今の自分が硬い打球感が嫌いなのがはっきりしたのでお蔵入りが増えました・・・。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 12:24 | コメントをどうぞ

オールポリ

IMG_20160518_225555

 

ガットは種類固定するとか、トアルソンで行くとか決めていたつもりだけど、ついつい手が出ちゃいますね。

高校の先輩がハイパーGを張っていたのを軽く打たせてもらったら結構良かったんですよ。

デビルスピンよりしっかり感があると思ったのでとりあえず注文。

流石に試合前には変えないけど(去年は変えたけど

大会終わったらオールポリで試します。

ナチュラルはもういいかな・・・やっぱり自分は硬いのが好きです・・・。

最近はレッドコードWAXなるものも出るらしく、何だか自分好みのHAWKっぽい雰囲気のポリがちらほら出てきて気になっちゃいます。

でもトアルソンに変えてから万年予選敗退から2大会連続で市民戦の予選上がれたご縁も大事にしたいですな・・・

デビルスピンが程々バランスが良くて妥協はできるんだけれど、後はクロスにサイバーブレードでも混ぜたらどうなるか。

試合前にガット変える事考えているといざという時に今のガットが打ち難く感じちゃいそうですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:11 | コメントをどうぞ

ブレイクスルー

来週の市民戦に向けて今日は草大会に行ってきました。

次の市民戦の初戦の相手は通算5度目、今まで全戦全敗、ついでに去年の春から3大会連続で当たる人。

今まで何度も負けて、何度もプレーを見てきて、今回の試合こそは勝たなくちゃ今後も駄目そうだと思います。

そんでもって勝ってしまっても、上にいったら今度は自分より確実に上手い強豪からどうやって点を取るのか、壁ばっかです。

今日の草大会はなるべく自分にできる事を増やしたいと思っていましたがやはりうまくいかず。

特に、自分より上手の相手には変なミスのせいで自分の首を絞めてしまったのが痛かった。

挑戦しようとしたのについつい逃げに走ってしまう癖はいただけない。

格上からのプレッシャーに慣れるようにしないと・・・こういう感覚がまた久しぶりだったかもしれない。

どんだけ怠けていたのかと。

結果は準優勝という名の2勝2敗、本番への自信より課題を多く得て良い収穫でした。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:07 | コメントをどうぞ

しまなみ海道withママチャリ!

 

尾道

時間が空いてしまいましたがせっかく写真も沢山撮ったのでGWの旅行の続きを書かずにはいられない!そんなマイペース日記。

初日は疲労でボロボロでしたが翌日の目覚めはスッキリ。

二日目は広島・尾道から愛媛・今治へとしまなみ海道をレンタサイクルで走ろうと考えていました。

しかしGWという事もあり心配なのは自転車を借りられるかどうか。

レンタサイクルと言えばこの前も千葉で借りれなかったので凄く心配・・・。

借りれなかった場合に待っているのは愛媛の宿に辿り着く為に70km炎のウォークラリーです。

とにかく真っ先にレンタサイクルに並ぼう!と思い早起きしたら日の出前だったので、とりあえず並びに行く前に千光寺登って夕日と朝日の両方見ちゃいました。

レンタサイクル心配している割には暢気、そして昨日の疲れが嘘の様に元気!

しまなみ海道突破に向けて出だしは快調でした。

 

IMG_4439

朝焼けを楽しみつつ受付1時間前のレンタサイクル屋に到着。

1時間前はやり過ぎかと思ったら既に先客がいて一番乗りにはなれなかった・・・。

うーむ、中々手強い :23 イシシ:

 

IMG_4459

無事に自転車を借りて、しまなみ海道最初の島、向島へフェリーで出発。

本格的なロードバイクに乗る方が多い中、見ての通り自分が借りたのはママチャリ。

レンタサイクルにもロードバイクっぽいのがあって勧められたのですが、荷物が多いので最初から僕の眼中にはママチャリしかなかった。

それにしてもロードバイクが多くて何だか相棒(ママチャリ)が浮いてるけど、自分の他にだってママチャリ借りてる人がいるのだから恐れる事など無い・・・

ドーンと軽く70km走破してやろうと意気込んでました。最初の方は。

IMG_4489

 

数々のロードバイクに追い越されながらのんびりと走り、次の島である因島へと渡る橋を見た時にちょっと唖然としました。

見ての通り、橋の位置が高い・・・。

もうちょっと軽い橋かなと思ったら高い、デカい、長い。

それも自転車用道路はくねくねした上り坂でひたすら長い。

周りの人が何故か押して歩かず漕いで上っていくのでなんとなく降りれない・・・(降りろよ)

3段階のギヤを持つママチャリの力で何とか漕いで上り切って橋を渡りましたが、まさかしまなみ海道の橋は全部高所なのではないかと思いちょっと不安が過ぎりました・・・。

 

IMG_4559

 

二日目も造船所の景色を新鮮に感じながら島々を渡っていく。

しかし思ったより道のりは遠く・・・というか橋渡る時の坂道に体力を奪われ、よく眠れたとは言え昨日結構歩いているので、午前中なのに二島目の時点でちょっと疲れ始めていました。

 

zmnw

 

そこでこのザムスト、ふくらはぎ用タイツのLC-1!

どうせバテるだろうと思って持ってきていました。

疲れた脚力を強化してでも、一日で完走しなければ宿は今治より先の西条市。

本当は愛媛に着き次第すぐ近くに宿をとりたかったのですが空きが見当たらず、隣の市・・・。

しまなみ海道は一日で走り切れるとは聞いていたものの、ちょっと頑張らないといけないんじゃないかと焦りが出てきました。

IMG_4623

 

疲れた脚へのザムストブーストに感動していたのが12時頃で、お昼ご飯を食べたのは4つ目の大三島の道の駅で14時。

四国の今治まで後、6つの島の内の3つ、大三島、伯方島、大島を残していて14時・・・。

この時にはもう景色を堪能するより確実に今治へ辿り着く事を考え始めていましたね。

またもや体がボロボロです。

 

 

残り3島だったものの最短ルートを走ればそこそこ短い。

伯方島まで来て道の駅で休憩しつつ、しまなみ海道最後の島、ラスボス大島を見据える。

あとやっぱり橋は全部高所にありました。

ここまで来る頃には思ったより自転車の数が少なくなっていたので、周りの目を気にせず橋への坂は押していくようになりました。

そしてまだ春なのに日焼けが強烈でした・・・

 

IMG_4687

 

最後の大島は海沿いか内陸の選択肢の中、距離が短そうな内陸を選択・・・したら坂道の続く修羅の道でした。

二日連続ぼろぼろの体に試練を与えてしまった格好ですが・・・いや、距離の長い海沿いも危なかったろうなと思うし、この選択は決して悪くなかったはず・・・!

IMG_4753

 

そしてなんとか最後の橋まで辿り着きましたが・・・めっちゃ長い。

そりゃ少しは調べていたし海渡ってるしだけど・・・超長い。

陽が沈む前に今治には行けそうだけどまだまだ体力が必要そうじゃないですか・・・もうね、三島でやり切った感に浸っちゃってましたが、こいつこそが真のラスボスでしたね。

そんなこんなで無事に今治市に辿り着いて西条市に泊まる事ができましたが、宿に着くなりまたもや疲労ですぐ寝ちゃいました。

なんだか今からしてみると、ここで培ってしまったタフさがこの前の市民戦で活きてしまったような気がしなくもない・・・でも疲れ果てる旅はもうしばらくはこりごりだと思いました :36 冷や汗:

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:13 | コメントをどうぞ

珍しく

市大会ですが珍しく3戦3勝で予選勝ち上がれてしまいました。

中身は相手が初戦で調子上がっていないだけだったり、通算1勝1敗の相手に前回と同じような流れでゲーム失って、反撃できたと思ったら多様な戦術使われて・・・いう中で、相変わらずプレーのギアを上げられずというもので怪しい。

そして本戦で勝つような人を改めて見るとやっぱプレーが数段違う。しかも予選から飛ばしておった。

 

やっとこさ勝ち上がれたのに全然まだまだ。

調子良くてもストロークでもサーブでもレベル届かなくてまともな試合にならなそう。

もっとグラファイターに相応しいテニスしろって感じる。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 17:30 | コメントをどうぞ

広島の尾道と竹原に行ってきました

Hi!ハッピーゴールデンウィーク!!

このGW中は前半三日間は一人旅してきて帰宅後も割とフル稼働、体ガタガタですがテニスの練習もしています。

大会に向けて着々と追い込んでます。

これだと日曜の予選もガタガタかな?

IMG_3970

GW最初の3日間、主に広島と四国に行ってきました。

広島には何度か仕事で行ってましたが旅行目的は初めて。

お好み焼きはおいしい、生もみじもおいしいで好印象ばかりの広島でしたので是非行きたいと思っていました。

が、2週間前に新幹線を予約しようとしたら指定席が満席・・・。

宿もあまり空いておらずGWの熾烈さというものを垣間見ました。

仕方ないので泣く泣く人生初のグリーン席を岡山駅まで堪能、乗り換えて新尾道駅に向かいました。

 

IMG_4036

 

旅行初日は新尾道駅から尾道駅まで徒歩で移動、電車で竹原市まで行くという計画。

繋がっていない駅同士、約3kmの道程。

よく晴れていて写真が映えてくれそうなものの、小学生のごとくあまり眠れず3時間睡眠で起床してしまい体力面が不安。

 

IMG_4035

 

歩いていくと隣にお城が見えました。

尾道に城があるのをしらなかったのでびっくりしましたがどうやら博物館らしいですね。

すぐ横に堂々とホテルが建っていたのでおかしいなと思っていました(笑)

 

IMG_4087

 

尾道駅から竹原駅へ。

てっきり広島の海沿いを一本でいけるのかと思いきや、山陰本線から呉駅へ乗り換えの時に時間が合わず。

 

IMG_4090

竹原では駅前の商店街を突き抜けて町並み保存地区へ。

シャッターが下りている店ばかりでちょっと寂しい。

 

IMG_4094

 

しかしアニメたまゆらの舞台ということで飾り付けは結構華やかでした。

市民の人が書いたたまゆらへの感想がずらっと並んでいて愛されている様子。

 

IMG_4093

その割には主人公の扱いがちょっとかわいそうな事になってますが・・・愛されているんですよね?

 

IMG_4106

 

町並み保存地区を散策。

竹原も尾道も古い民家が残っているだけでなく現役でもあるそう。

 

 

IMG_4250

 

宿を尾道で取っている尾道に夕方カムバック。

南口を出ると目の前に造船所があって迫力ありました。

今まで海沿いを旅行することはあっても造船所は見た事無かったので何だか格好良く感じました。

 

IMG_4263

 

宿に向かいつつ千光寺を登って夕日を撮ることにしました。

・・・が、ここ辺りで体力が切れて頭痛も出てくる。

どこに繋がっているのかよく分からない迷路のような細い路地を進み、登り、超不安。

 

IMG_4278

途中まさかの行き止まりでショックを受けながらも歩き続け・・・

 

IMG_4284

定番であろう尾道の町並みを撮って

 

IMG_4321

 

ケーブルカーを使わず頂上に到着!

体力ギリギリの中、謎の根性を何故か発揮してしまいました。

おかげで宿では20時就寝。

初日からボロボロでどうなることかと思いきや翌日は結構万全な状態で起きれました。

しかし初日を乗り切ったと確信したこの時の自分は、しまなみ海道の70kmの距離に苦しむ事になろうとはまだ思ってもいないのであった・・・続く?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:11 | コメントをどうぞ