カテゴリー別アーカイブ: 未分類

二位通過

昨日のシングルスで初戦負けしての今日の市ダブルス予選。

2勝1敗で予選リーグ2位通過。

シングルスもダブルスもずっと2位通過。

他の市だったら2位は予選負けよ。

しっかり勝ち抜けられる能力欲しい。

優勝とか準優勝してる人って当たり前のように1位通過のイメージ。

1試合目はいきなり0-2でリードされピンチ。

リターンゲームも自分のストロークがロクにハマらず、今日もまたマトモにフットワークできず、打点合わせられず。

いつもテニス前にエナジードリンク飲んでるけど試合会場で買おうとしたら売ってなくて(ぇ

とまあ開始から嫌な予感バリバリでしたが意外とポイント取れて6-2。

2試合目は自分達ぐらいの若いペアに0-6。

相手は中々取りこぼしをしてくれずポンポンポンと決められて終わってしまった。

こちらの調子はそこまで悪くなかったけどちょっと運が無か(負け惜しみ

1勝1敗で迎えたラストの3試合目の相手は、前回も戦って3-6で負かされたベテランペア。

ベテランってやる事がはっきりしている人が多いと思う。

サッと前に詰めてボレーであっさり点を取っていったり、ストロークをクロスへ徹底的に突いてきたり、何するか多少読めたとしても隙が少ない効率的な洗練されたプレー。

対して俺は未熟者だね、俺が早い段階で仕掛けようとすると大体ミス。同じ事ができない。

弟だったら迷わず即攻めていると思う。

ベテランの戦術的な堅さ、技術の堅さに惑わされず若者パワーで突破しようとするに違いない。

こんなんだからいつまで経っても弟より良い戦績を出せない。

リーグ戦の最後で相手の疲労もあったとはいえ何故か6-1で切り抜けられたが、自分は終始パッとしたプレーが出なかった印象。

得点源は大体先輩。

自分は仕掛けるのが遅い、自分のテニスを中々展開できない受身の姿勢、コソ泥テニスですわなぁ。お前の持ち味何やねん・・・。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:48 | コメントをどうぞ

初戦負け

今日は市の選抜シングルス。

本戦初戦負けで全然勝ってないけどギリギリ滑り込む、けどまーた初戦負け。

通算1勝7敗の相手、この前の予選でようやくリベンジできた相手にタイブレークでリベンジされてしまった。

今までの7敗は相手が粘り、こっちが攻めてミスってって展開。

この前もこの前で攻めてたけど、今までやってこなかったボレー加えて割と良いスコアで勝てた。

良いスコアと言っても数字程楽じゃないし7敗もしてると苦手意識が強い相手。

前回初めて勝てた時と同じようにやればって話だけど、緩いペースに足が鈍る、いけると勘違いして不適切な打点で打っちゃう、際どいコース狙うも粘られ、そして自滅、ネガティブなイメージばっか浮かぶ。

そして相手の粘りを突破できそうなボレーはそもそも不得意なので元から自信無し。

自信が無いと言えばサーブ、今まで確率があまりにも酷かったけどゴンちゃんのアドバイスでここ最近はダブルフォルトは減ってきた。

まあダブルフォルトが減ってもセカンドがしょぼくてプレッシャーにならず。

スピンを打ってるけどスピンあまりかけられず跳ねないセカンド。

現状スピン量増やしたらフォルトしそう、先月そう思ったけど改良間に合わず。

自分のサービスゲームは得点するのに球数が必要になる。

楽に得点が取れない。

プレッシャーにならないセカンドサーブ、フォルトの数が減ったと言ってもまだまだミスらないようにという意識が強い。

ダメな時はトスを上げてから我慢できずすぐ打とうとする、それでフォルトを連発する、この部分が治らない。

フォームも不恰好、自信が無いとどんどん崩れていく。

フォルトの数的にはマシになってるはずなんだけど。

相手は攻めてこないタイプだからしょぼいサーブでも致命傷にはならないけど、それでラリー戦になって1ポイントが長引くから、ボール打つ毎に攻める側のこっちがミスるリスクが高まる。

攻めるんだったら速い段階で得点したいところ、まあしかし粘られ、今日は緩いペースにタイミングが合わせられず初っ端のサービスゲームをブレイクされたりして0-3。

確か前回勝った時はいきなり3-0だったからスタートダッシュの失敗に焦る。

何だかんだで追いついて5-5まで来たけど常に追う側。

ヘマしたらスコアを一気に離される中でもとにかく攻めるしかない。

自分の苦手な緩いペースに対しどう攻めればいいかというとこんな感じよね。

ゴンちゃんのレッスンでやったじゃん、なのに今回は足止まりっぱなし。

それ試合中上手くいかない原因ずっと分かってるのに何も改善できず。

ボールを待って打ってしまう癖が染み付いてやがる。

試合中どうなっているか、どうやれば有効か、考えてこれだもんね。

1勝したぐらいで勝てる試合とは元より思っていない、強敵相手に今日のプレーは学習能力無し、修正能力無しで愚か過ぎた。

最後のタイブレークはボレー2連続でミスって終わり。

長いラリーを避けて早めに勝負を仕掛けるも決められなかった。

ネットプレー、苦手だがこれをプレーに混ぜないとラリーで根負け、バリエーションの無い負け方をするのが目に見えてる。

前回は上手くいったけどダメだったよ。

また初戦負け、いつも初戦負け。

いつまでも良い戦績出せないなぁ。

こうして20代無駄にしてくのか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 20:56 | コメントをどうぞ

バランスの良い厚さ

IMG_20180608_203418

昨日張った先輩のラケット。

いつものメインVSチーム&クロスポリツアースピン。

今度出るダブルスもこれの予定。

割と使用頻度が多いのでそろそろこれでメインラケット固定・・・になるはず?

厚ラケのように見せかけて薄いシャフト、ピュアドラ系のラケットがこれぐらいコンパクトなのは振り易くて良いよね。

チームゴンちゃんでも使用率高いしねEゾーン。

あとヨネックスだったらVコアのSiが好きだった。

薄ラケ側と見せかけて微妙に厚いシリーズ。

ボックスしてたVコアXiはもっさりして振り抜きがイマイチ爽快感無くて苦手だったけど、フェイスがラウンドになったオレンジのSiは驚く程すっきりしていて良かったなぁ。

ボックスフレームは好きだけど、ボール飛ばないからって無闇に厚くしてもダメだねあのタイプは。

ボックスは薄いのが良いね。

薄い厚ラケ、厚い薄ラケ、バランス良いラケット多いのねヨネックス。

今のVコアはどうなんだろ、正面厚の薄いエアロフィンだと打球感随分シャープになりそうだけど。

あと薄ラケだったら最初のVコアツアーが好きだった。強いボール打てそうな感じがした。

薄いけど強いボールが出るラケット良いよね。

市販品で来ないかな、ピュアドラの反発力を持った19mmのラケット(無茶振り)

 

2018-06-09_18.30.12

 

ちなみに今日先輩が使ったラケット。

雨上がりだしね・・・って結局後でナチュラル張ったEゾーン使っちゃったけど。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 19:12 | コメントをどうぞ

栃木まで電車で

IMG_20180217_192537

いや~思いつく事が乏しい僕な訳でして、長期休暇で旅をしようと思っても、最近は行きたいところも中々思いつかなくて、とりあえずやり方を変えてみようって事で折り畳みの自転車を買いました。

今までは電車や新幹線を乗り継いで、徒歩で旅行ってパターンでしたが、こいつがあれば路線を無視して自由に動き回れるじゃないですか。

こいつで大冒険の始まりです!

 

IMG_20180604_144007

・・・って思ったのですが、せっかく取った長期休暇、結局行きたい場所は思いつかず。

じゃあテニスやってろよって感じですけど。

なんだか貧しい生き方をしているなぁ、そんな25歳の若者ですが、この前ふと横浜駅で思いました。

横浜から普通に宇都宮行きになってる電車ってあるじゃないですか。写真は小金井行きですけど。

宇都宮ですよ?東京、埼玉越えての宇都宮。栃木県。

同じ関東とは言え、どんだけ線路長いんだよって話じゃないですか。

特に乗り換え無しで行ける栃木県、本当なんですかね(意味不明)

こうしてJR東海道線に疑いを持った僕は電車一本で茨城県まで行ってやろうと思ったのであった。

 

IMG_20180603_132200

まあでも思い付きなんで、使う切符は休日お出かけパス。

このパスだと最大で行けるのは北は自治医大駅という所まで。

宇都宮まで行けません。

途中お腹減ったので大宮駅で昼食後、再び乗って小山駅に到着。

小山駅の時点で栃木だからもうこれでいいかな?なんて思ったりもしましたが、その旅不毛過ぎるだろって事で両毛線へ。

さてどこまで行こう、何があるか知らないけどパスで行ける限界の足利駅まで?

でも東海道線と違って突然1時間に1本と化すダイヤ、海老名に帰る時間を考えるとこいつは明らかに危険だ。

だって海老名にそんなダイヤ無いもん・・・1時間に1本の時点で心にダメージ大ですよ・・・。

 

IMG_20180603_141714

で、降りたのが栃木駅。

神奈川県における神奈川駅・・・って所には見えませんね。

ここならまだちゃんと帰れそうな距離。

 

IMG_0492

栃木駅がこういう所だって小山駅にポスターあったんで、それでとりあえず降りました。

蔵の町って言うみたいですね。

 

IMG_0515

 

たぶん今はやってないだろうけど床屋さん。

渋い街並み。

コンビニも街並みに合わせて渋い色になってたぐらいだから大分有名なのね栃木市。

 

IMG_0541

旧栃木町役場、と聞いていましたが市役所別館と書いてありました。

 

IMG_0545

古い建物として紹介されていましたが、すぐ隣は整地されていて、奥の学校らしき建物も取り壊し中・・・?ちょっと寂しい状態だった。

 

 

とまあここら辺で海老名へ退却。

また東海道線に乗ってひたすら南下していました、が、そう言えば昔、青春18切符で郡山まで行ったなぁ・・・。

うん、既に宇都宮まで行った事あったわ・・・・長い電車で思い出した・・・。

見た感じ上野からだったら郡山まで乗り換え無しで行けるっぽいね。

昔の自分はよく福島県までJRで耐えたものだ。いやめっちゃしんどかった記憶あるけど。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 18:16 | コメントをどうぞ

新技術のラケット

ヘッドがスピード出して、ウィルソンがプロスタッフを出してって人気ラケットの後継機がザクザク出てくる中、プリンスからも出てきましたね。

白黒ラケットの画像で「ニュースタンダード」、モアコントロールと何か関係あるのかな?と思ったりしましたが、これまたO3並の大胆なラケットですね。

表と裏によってフレームの性能が変わるツイストパワーテクノロジー。

フォア側では弾き、バック側では撓んで飛ばしてパワー不足をサポートする。

表裏で性能が違うなら、フォア用バック用としてじゃなくて、打球面変えればプレー中に調子に合わせて弾き・撓みを使い分ける、なんて使い方ができるんじゃ?

と思いましたが、よく見るとあくまでフォア用バック用の分かれ方のみでそういう使い方はできないっぽい。

卓球みたいに表裏別々のラバー張るって事がテニスでできるんだったら良いなと思うのですが。

その昔にストリングを表裏で2種類張れるブラックバーンのDS97というラケットがあったらしいですが、まあ、それだとガット2つ分の重さになって使い辛くなるから難しいんでしょうね、別々の能力を使い分けられるラケットは。

ともかく今回のツイストパワーテクノロジーは他社にほぼ類似品のない新構造のラケット。

各社が現行品のマイナーチェンジばかりの中、こういう大きな変化を果たした新型こそ新しくラケットを買い替えて自分のテニスを変えるに相応しい選択肢になると思います。

とはいえ、このラケットを新しいスタンダードとまで言い切るのは凄い自信だと思う。

ラケットに新技術、と言うと最近で思い浮かぶのはヘッドのMXG。

マグネシウムを使ってパワーとコントロールを両立して凄い!って事らしいだけど、まだ発売したばっかとは言え僕は全然姿を見ていない。

ストリングパターンの少ないSラケも、これが出た時はこれこそ今後のスタンダードになるのかなって衝撃を受けましたが、Sラケがデビューしたのももう5年前か。

ヘッドとプリンスも後から同じタイプを出しましたがあっという間に引っ込めてしまった。

ウィルソンは継続してどのラインナップでもしっかり出してますが、気がつけば今プロで使ってるのはディミトロフぐらい・・・?

後はセンサー付のバボラプレイも2018ピュアドラで打ち止め。

MXG、Sラケ、バボラプレイ、どれもテニスのスタンダードに革命を起こすんじゃないかと思いましたがイマイチですよねぇ。

オマケにプロで使っている選手もあまりいなさそう。

ラケットの人気って使い易さや性能の高さより、使っているプロの影響の方がデカいんでしょうかね。

ピュアドラは・・・性能で市場を圧巻したと言いますが、カルロス・モヤ、アンディ・ロディックといった時のヒーローもいましたし。

昨年に杉田、今年ダニエル太郎がATPツアー優勝を果たしたのでまだまだピュアドラの人気は続きそうですね。マジでモンスターラケット。

アエロにはナダル、プロスタッフにはフェデラー、スチーム・バーンには錦織。

MXGやSラケ、バホラプレイの性能が悪い、何て事はまず無いでしょうけど、他のラケットとの普及の差は何なのか。

あまり広まってなさそうなのはユーザーの大半が保守的なのか、金額か、それとも知名度の問題か。

ツイストパワーテクノロジー、フォアより劣り易いバックをサポートしてくれるという性能はアマチュアにはありがたい機能、ですがこれを愛器とするプロは果たして現れるのだろうか。

とは言え、プリンスにはテニス界最大のキワモノラケットが既にあるんですよね。

フレームに大きな穴を開けて従来のラケットとは全く違う打球感となるO3、プロアマ問わず散々敬遠されていそうなこのラケットが出てからもう10年軽く経っちゃってるじゃないですか。

一見キワモノのようなラケットを定着させてきたのがプリンス、今回の捩れたシャフトのラケットを「ニュースタンダード」にするというキャッチコピーも本気なんでしょうね。できちゃうのか・・・!?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 18:33 | コメントをどうぞ

僕のロール事情

IMG_20180528_213823

僕の持ってるロールガット。

一ヶ月でも全く切れる様子も無いのに何故3個もあるのか。

絶対使い切る事は無いだろうと最初は思っていたのですが、何時の間にかアスタポリが無くなりそうになってました。

まあSコーチもこれ張ってるしガンガン進んだ。

エスマッハにチェンジ後はポリジナモスを使っていたのでアスタポリどうするか悩んでいましたが、グラファイトに戻るとポリジナモスはO3で柔らかくなり過ぎてNo。

前と変わり映えはしないけどとりあえず今はアスタポリ。

同じ種類のロールの2個目を注文するに至りました。

とりあえず基本はアスタポリで、後は単張りにするか飛びを求めて他のガットと組ませるか・・・。

 

IMG_20180528_224413

 

後輩のラケット(無許可)

また他にもお買い物。

ヘッドのステンシルシートを購入。

これでクレーのステンシルのラインナップはトアルソン、プリンス、ウィルソン、バボラ、ヘッドの5種類となりました。

活躍の場はほぼ無いです。何でこんなに買っちゃったの。

ヘッドのラケット1本も持ってないし。

ウィルソンのは先輩のウルトラツアー張る時に買った。それで塗って以来出番無し。

せっかく集まっちゃったからには、今後クレーが張るラケットは全て強制ステンシルですかねぇ(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:04 | コメントをどうぞ

市民大会

一番力を入れてる大会が市民大会。

毎度毎度本戦行っても初戦負け、いい加減この成長してなさ具合をどうにかしたい。

今回はゴンちゃんとJOPで力を蓄えて迎えるのだから、ド派手な戦績残したいよね。

・・・とは思うものの、強い人に散々やられてきた様を思うと、最近自分がちゃんとしたテニスをできるイメージが沸かない。

いつも勝ってる人達と比べて、まだまだ大会で勝ち上がる力は無いなぁと感じる。

本当に気付いたのが今更なんですけど、自分がどういうプレースタイルでやるかとか作戦とかって、全然考えてなかったんですよ。

いつもすぐミスるからなるべく繋げるようにしよう、タイミング早くなり勝ちだから抑えていこう、ダブルフォルト多いから入れる重視でいこう、試合で考えているのはこんな事ばっか。

作戦と言うよりは自分の注意点。

フォアもバックもサーブもボレーも弱点だらけで作戦もクソも無いからって、ミスの原因に気をつけようってなって、肝心のどうやって点を取るかについては無策。

サーブも最近ダブルフォルトがとても減った。

けど、確率が改善してもゲームが取れない。

サーブの次はラリーが繋がらない、点が取れない。

とは言っても現状漠然と打ってるだけのようなもの。

繋げようとするより強気で攻めた方が返ってミスらない、って経験がとても思い当たる節があるのだけれど、どう戦うか明確にするってのがやっぱ大事なんだろうなぁ。今更。

ミスが多いのに攻める、矛盾してるこれを実行しようとするのは難しい。

大会で勝つにはまだまだ遠い道のりですなぁ。

そんな訳でこの大会も作戦より注意点にしか殆ど目がいかないまま迎えまして。

予選はリーグ形式で2位まで上がれる仕組み。

僕は毎回2位上がり。万年2位上がり。

他の市だったら予選落ちよ。

自分はリーグ2試合目からだったので対戦相手をじっくり観察する事に成功。

一人目の相手はボールの打ち方こそ歳相応の柔らかさであるが、配球は攻撃的。

あの手この手で守ってくるベテランも厄介ですが、攻撃的なスタイルを貫くベテランは危険。

自分より深いキャリアで作り上げられた攻撃的戦術は、井の中の蛙の自分が真正面から挑んだら大体酷い目に遭う。

しかし積極性のあるフォアに対しバック側ではあまり仕掛ける雰囲気が無い、となれば若さの力でバックを攻撃しまくれば、相手の得意そうなフォアによる攻撃中心のテニスを封じ込め、作戦をガラッと変えさせる事ができる。

得意なテニスを封じれば相手はリズムを作るのが難しくなるだろう・・・なんて作戦を練っていざ試合をしたら0-6。

確かに相手のフォアの攻撃を封じた感はあったが、バックのスライスの返球が全然できなかった。

ドつぼにハマってサクサクと点を失ってストレート負け。

これがトーナメントだったら即終了ですよ。

確かにスライスを打たれるのは苦手だけど、それにしてもそういうのが来ると分かってて、見ていて0-6は酷いよね。作戦とは何だったのか。

遅い球、スライスの球に滅法弱くて自滅。分かりきってるのに未だにこれかよ。

2人目の相手は昔から何度もやっていてシングルス通算0勝7敗。

初めて戦ったのは2012年、もう6年も経つが一度も勝っていない。

内訳は0-8、3-6、6-8、4-8、3-6、2-6、4-6。

シコラー、ではあるがとにかく崩れない。

どんな局面でもプレーが乱れる事は無く、隙を見せてくれない。

武器は繋げる事ではなく集中力と精神力だと思う。

最初はとにかく嫌な相手だった。

その後気付いたのだが、彼はとても練習量が多い。

たまに朝早くテニスコートに行くと隣のコートでやっている・・・というのが毎度のようにあった。

たまにって頻度の自分に対し、恐らく彼はもっとやっているのだと思う。

練習相手を探していたらたまたま彼とやる事もあった。

彼に何度やられて、強くなろうと自分が何かをやろうしたら、既に彼がやっていた、みたいな。

テニスの戦い方こそ違えど、強くなりたいという思いは似てるかもというか、同じかもというか、いや、彼の方が先駆者なのだと思う。

散々やられているからライバルと呼ぶには分不相応、かと言って宿敵と呼ぶには関係が遠過ぎるかも、となれば先駆者か、ある意味先輩か。

8回目になる試合、相手が徹底的に粘ってくるのは分かり切っているので、こちらが勝つにはとにかく攻め続ける。

この試合に限っては自分のミスの原因を減らそうとか、そういう考えがどっか行ってた。

体の方が先に動いて、何故かやたらとクロスやストレートで攻撃的にコースを突く。

最近はこんなギリギリの攻め方連発しないのに、今まで散々負けまくっていたせいか粘りを突破しようと自然に危険な勝負ばっかしてしまう。

それと昔はネットプレーがダメだった、今もダメでできればやりたくないのですが、出てしまった時は仕方なく腹を括る。

昔と比べてネットプレーでの得点が増えた。

8回目の試合は6-3で初めて勝利できたが、その要因がネットプレーの回数だと思う。

ラリーで根負けしていたところをネットプレーへの挑戦で、ミスが減ったのかポイントが増えたのか。

しかし5-2という今までにない優勢な状態で追い詰めても相手は気持が切れる、一切諦める様子が無く、土壇場で1ゲームを取られた時は嫌なイメージばかりが頭を過ぎった。

今まで勝てなかったこの相手は、5-2まで追い詰めてもこっから逆転する事だってできるメンタルの持ち主だとよく知っている。

何とか6-3で終わらせる事ができて助かった。

 

なんとか予選を通過して次の日の本戦。

相手のプレーは予選の日に確認済み、でもそもそも大会で残してる戦績は相手の方が上。

トップスピンを高速で打ってくる。かなりエグい。

フォアではマトモに打ち返せない。

言い訳するとグラファイトがボールを飛ばしてくれない、真ん中に当たってくれない。

なんで本番直前にラケット変えてるんだよ。

もうこれからはグラファイトしかない!と思ったけど普通に悪手だったよ・・・。

グラファイトヨークを持つボックスフレームならば強い相手の球に打ち負けない!以前にそもそもちゃんと当てられませんでした・・・。

とは言いつつも予選で1勝できたのはグラファイトのコントロール性のおかげであると思いたい。

予選は以前のセッティングのアスタポリを使ったものの全く飛ばせず、翌日の本戦はぶっつけ本番でメイン:アスタポリ・クロス:プロフォーカスのハイブリッドに変更。一番力を入れてる大会で何故こうするのか。

ボールの打ち方が厚ラケ用になっているかの様。

ラケットの反発力に任せるような感覚になってしまい、グラファイトの力を引き出せなくなってしまった・・・。

ただしバックは予選本戦共にマシだったので助かった。

が、相手がサーブ、ストローク共にスピン、高いところからググッと落ちるボールのタイミングを取れず。

最近取り組んでいて調子の良かった攻めのリターンも、スピンサーブを捉えられずミスりまくってしまった。

こういう強い相手とちゃんと戦えなきゃいつまで経っても良い成績は残せない。

ちゃんと打ち合える厚い当たりのストロークとか、もっと奥行きのあるスピンサーブとか、マトモなネットプレーとか、足りないものばかり。

しんどいなぁ、壁を破って次のレベルへ行きたいぞ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:42 | コメントをどうぞ

道具に頼りまくる

IMG_20180505_183019

グラファイト使いたいし、ゴンちゃんレッスンもあるし、とにかく道具に頼って負担を減らそうという事で、とりあえず色々やってみてます。

足元はニューバランスで一番軽いタイプのMC100・MC190にスーパーフィート。

 

 

IMG_20180512_152047

最近買い集めているのがドロン。

ロゴ無しのアームスリーブと、ライフシリーズのロングタイツ。

あとライフシリーズの半袖シャツも以前買って先に使ってます。

ライフシリーズは生地が薄手で夏に強そうなのが嬉しいところ。

その上でしっかりサポートしてくれる。

 

 

IMG_8689

少し前まではロングタイツじゃなくてカーフタイツでしたが、もうとにかく完全防備です。

ザムストのカーフタイツはカラーバリエーションもあって4色買っちゃってました。

コンプレッションシャツもロングタイツも同じくザムストで・・・とは思いましたが、ラインナップになかったのが残念。

 

 

IMG_0464

 

現在主に使っているロングタイツはCW-Xのジェネレータータイプ。

全体が包まれて安心感あるけど、ちょっと生地厚いよね。

まだCW-Xで夏を迎えて無いのでこの先が未知数。

あと脹脛へのサポート力はカーフタイツ単体の方がより頼りになりそう。

その分、全体防備している安心感がありますが。

CW-Xへの入りはプリンスが取り扱っていたので。

ただ、ロングタイツがあっても半袖のコンプレッションシャツが、昔はあったけど今は廃盤になってしまったようで。

なので半袖はドロン、関口選手が契約しているドロンを買って、次は下もドロンで揃えてオールドロン化へ。

あと気になるのは色が黒しかないところ・・・晴れていると暑そうだけど、思ったより白色のロングタイツって無いっぽい?

肌隠す分、暑さが気になる・・・取っ払うと体力以前に大体脚攣っちゃうし、やはり我慢か。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 19:24 | コメントをどうぞ

噂のあのラケット・・・

ヘッドさんが大々的にスピードのプロトタイプの先行試打を行っていますね。

僕も申し込んでみたいと思いましたが、募集要項に「ヘッドの製品をこよなく愛してること」みたいな項目あったじゃないですか。

僕、ヘッドのラケット1本も持ってないので無理だなって申し込みませんでした。

でもいいなぁ、真っ白なラケバが付いて、ストリングが付いて、専用デザインのボールが付いて。

そして真っ黒ラケットは必ず外れない格好良さ。

真っ黒なだけでなくてほんの僅かにデザインが施されているのが尚良し。

初グラフィンの時のプロトタイプスピードも格好良かった。

ラケット売れ難そうな近年でこんな派手にプロモーションやっちゃうなんて凄い強気。

うーん、良いなぁ(笑)

 

IMG_20160919_154503

僕が持ってるヘッドの物っていったらマジでこのシャツぐらいしか無い・・・。

ガットでは昔ホーク17にハマったけど。

ヘッドで好きなラケットは・・・丁度良いバランスのラジカルか、グラフィン以前のボックスしてるプレステージか。

何だかんだでスピードの方はあまりちゃんと打った事無くて印象が薄い。

正面も横も薄いラウンドフレームこそ今時のラケットだと思うのですが、薄いラケットだったらどうしてもボックスの方が好きだなぁ。

グラフィネクストでストリングパターンを変えられるMPAが出た時は流行るぞこれって思ったのですが、結局グラフィンタッチで止めちゃいましたね。

プリンスのスピードポートチューニングシステムと言い好みの打球感に調整できる良い機能だと思うのですがどうもサッパリみたいですね・・・。

MXGも然り、積極的に新しいアイディアを提案してくるヘッド、今回のスピードも一応はグラフィンかではあるみたいですが、ここまで堂々と宣伝してきているのだからきっとまた僕らに衝撃を与えてくれるのは間違いなさそう。

なんでしょうね、360って数字。

 

そしてこれ書いてる途中でついさっきゴンちゃん動画の新作がアップ。

サーブは1本のみ、リターンは3球以内に決めるというルールのリターン強化的なゲーム形式。

やっぱり僕はリターンに自信が無く、まあ打つだけならそこそこ良さそうに見えますが、コースはほぼ真ん中に集まる。

それでもぶっ叩いてやるぜ!って意思が相手に伝われば概ね成功と呼べるという事ですが、でも他の皆、結構コースも狙えてるよね。

こういうリスクを負う攻撃の時こそコンパクトに正確に当てにいければって感じですけど、デカいな、俺のフォア・・・。

よこすみたいにコンパクトに叩ければ見栄えも精度も良いのでしょうが。

フィジカルが良いよこすですが、コンパクトに叩き、ボールタッチで相手を崩せる、武器が多くて良いよねぇ。

あと自分はリターン時のボールへの入り方含めたフットワーク全般、特にリターンの時、反射神経に自信が無いからよく手だけでボールを追っかけて打ちにいってると思う。

足の動きがとってもバタバタする。

見ていて危なっかしい、安定しているように見えない。

後半にコジVSゴンちゃんがあるのですが、エグいね、コジのフットワーク。

軽やかにボール叩きにいってる。

自滅する気配を見せてくれないスピン系のストロークもあり、しっかり叩いて派手な攻めもある。攻守共に万能やん。

これぐらいスマートにボールを打ちにいける能力があったらなぁ。

動けて、派手なショット打ててって、相手に与えるプレッシャー半端無いよね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:59 | コメントをどうぞ

一般愛好家とメーカー契約

恥ずかしながら昨日初めて知ったんですけど、ABCスポーツさんってスポンサー契約したい人を募集してるんですね。

「自薦他薦は問いません。

テニスのレベルも問いません。

ABCスポーツのウェア契約をしたい人は

自慢内容(自己PR)をたっぷり書いて、メールをください。」

・・・マジで!?

 

1523678168952

             _人人人人人_
ゴンちゃんがいつも着ている> テニス < シャツや(めっちゃ好き)
              ̄Y^Y^Y^Y ̄

 

マチュー先輩のリクエストでストロングシルバーというストリングを作ったのがABCスポーツ。

最初はテニス用品を輸入しているお店だと思っていたのですが、テニスシャツ、オリジナルストリングと来て、まさかこんな事をするとは。

高校生の頃に先輩と「どこか契約してくれないかな~」とかすごく分不相応な冗談を言っていましたが、この冗談が本当になっちゃうって事じゃないですか。

そして本当になっちゃってるんですね。

初中級の高校生と契約

社長さんのブログも、この記事だけじゃなくどれも夢があるというか、気持ちを駆り立ててくれる言葉が多く、読んでるだけでワクワクしてくる。

ロマンでしょ、欲しかったでしょ、こういうチャンスって。

ABCスポーツのスポンサー契約、WINNING SHOTのテスター契約・・・一般人でもメーカーと直接関わる事ができる、テニスともっと深く関わる事ができる、きっともっと面白いテニスを見つけられる、凄い時代になっちゃいましたねぇ。

そーんな話題がチームゴンちゃんで出てたので今日のブログでした。

         _人人人人人_
もしかしたら画面中> テニス < だらけになる日も近い・・・?
          ̄Y^Y^Y^Y ̄

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:10 | コメントをどうぞ