カテゴリー別アーカイブ: 未分類

まーたトラックマン

IMG_20191013_184353

 

上手くいかない原因を道具に押し付けてばっかの僕はもう3度目のトラックマン。

上手くなりたいなら練習するのが一番手っ取り早いよ!

まー道具変える事によって球の速さとかスピン量変わるのもまた事実って事で・・・

今ピュエロな自分だけど、最近翔吾さんの活躍でスノワート気になるし、改めてラケットもエスマッハツアーでトアルソンにしたいかな~とか色々思って。

ぶっちゃけどれも中厚だしあまり変わらない疑惑あるけど・・・

そしてウィンザーさんの室内だと半面なのでスピンが測定できない可能性も高いし、とかだけど来ちゃう。

ビタス打ってみたかったし。

 

打ったラケット

・エスマッハツアー280 トーアゴールド50ポンド(持参)

平均122.2km/h MAX129.8km/h スピン量3251RPM

 

・ピュエロ2016 プロフォーカス125 52ポンド(持参)

平均128.5km/h MAX137.6km/h

 

・ピュエロ2019 モノフィラメント?

平均128.5km/h MAX135.9km/h

 

・ビタス モノフィラメント?

平均129.7km/h MAX133.9km/h

 

・ファントムO3 モノフィラメント?

平均133km/h MAX138.8km/h

 

試打ラケのガットは多分ミクロスーパー?どのラケットも同じガットの様だった。

エスマッハツアーXFは置いてなかったので自分のエスマッハにモノフィラメントを張って持参。

ガットをなるべく試打と合わせたいと思っていたが準備したのは4日前、流石に摩耗度合いまでは合わせられず。

今使ってるのは旧ピュアアエロだけどエスマッハを試したいので、ピュエロは試打の新作で・・・って思っていたら持参ラケット2本目も打たせてもらえた。

概ね予想通り、スピン測定できないし、どうせ皆中厚だし、あまり数値は変わらない・・・って思ったらエスマッハが・・・

 

・エスマッハツアー280(持参)

280gですけどレザーグリップ巻いて、フェイスにはラケットマイスターさんでリードテープのカスタム。

実際は大体300g以上で、ガットも張って一度も打っていない状態。

・・・なのにめっちゃボール遅い。

ピュエロとビタスが130km/h台を連発するのに対してエスマッハは1球も出せず。

どういう事だ・・・!?

店員曰く、錘を貼ろうとも元の重さが軽過ぎるんじゃ・・・との事。

前にフルコートで測った時でも130km/h出てたはずなんだけど・・・?

距離の短い半面でスピードが落ちてる理由・・・ガット?いや、衰えてるという事か僕が・・・!

ま、まあ、ラケットの良し悪しはスピードだけじゃないし・・・飛ぶだけじゃないのがエスマッハだし・・・

エスマッハの真価はコントロール性・・・バランス型のピュアドラである事・・・と思ってます。

でも今はとにかくパワーとスピンが欲しいな。選択肢としてちょっとイマイチになってしまう。

そこで「稲妻が走るような爆発的なパワーとスピン」の後継機のツアーXFはスピードが5.2%、スピン量6%アップという触れ込み。

計測値的に見ると平均速度がMAX速度になると見て間違いないパワーアップ。

でも今回の結果だと、パワーアップして他機種にようやく追い着くんじゃなあ・・・

ツアーXFを調べてみて思ったのですが、スピード上げる為に前作からやっているのが、素材の高級化、フレームの厚みの位置の移動、そしてストリングホールの大きさの変更。

前作だとホールを大きくしており、自分としてはグニャッとした感覚が球持ち感を感じられて好きだったのですが、新作は逆に狭めているとの事。(サイドのみ)

進化と呼ぶよりマイナーチェンジ・・・ガットの動きをロックする事でスピードを上げようとしていますが、自分が好みに感じた部分が変わるのはちょっと抵抗感あり。

喰い付き、最適なしなりによるコントロール性が売りな訳ですし、ひの一つをやや落として、スピードとスピンを上げて・・・XFはスピードとスピンの為のモデルなのか、バランス型のモデルなのか。

これが300gだったら他のモデルにもう少し近付く速度になるのかな・・・?

ベースが280gのせいなのか・・・?

 

・ピュエロ2016

今の愛用ラケット。300gにレザーグリップを装着してるので少し重い。

なんかもう勝手に凄い球が飛ぶので満足してる。

唯一デメリットに感じてるのは衝撃の強さ。

 

・ピュエロ2019

旧作との違いはアエロモジューラー3と、素材の変更によるフェイスサイドの振動吸収、スロートの安定性、との事。

打球感はエスマッハツアーXFはグロメット変えて変化、ピュエロ2019は素材で良化って印象。

XFはグロメットだけじゃなくグリップ部分でも新素材投入して良化しているようですが。

あまりシンプルなスピード・スピン性能アップって感じではないと思ってましたが、マイ旧ピュエロと同じ平均速度。

2本とも同じ300g、しかしマイ旧ピュエロの方がレザーの分重いので速くなるのでは・・・?と思ってましたが。

下手糞の分際でポリ張ってるから重さ分のアドバンテージを稼げずスピードが同じになった?

トラックマンの計測でポリとナイロンでのスピードの違いはあまり感じられないと店員さんは言っていたので、じゃあそもそもパワー無くてスイングスピードが落ちて重量のメリット相殺?

いやいや、それとも新型アエロモジューラーによるスイングスピードアップの結果か?

新型ピュエロは確かにフィーリングは優しくなった感ありますが僕敵にUSデザインが気に入ってるので・・・(笑)

2016年モデルはUSもそうですし、最初のフレンチカラーは大人の落ち着きがあってお洒落、デシマも王者って感じのエネルギー感あって格好良い!

うーん、やっぱフィーリングよりデザイン取ります!(爆)

同じカスタムをして新旧打ってみた時に、はたしてどれだけ差が出るのだろうか。

フィーリングの良化に加えてスピードにも大きな変化があったら流石に揺らぐよね。

どのぐらいから検討段階に入るのだろうか、やっぱり5%アップか。

 

・ビタス

何故これを試すのかって言うと、やっぱ翔吾さんが長時間の試合を2試合も戦って、インスピレーション受けたからですね(何

性能ではなくそういう部分でラケット選んじゃうのが俺なんです。

強くなるには何時間も戦って勝たなきゃいけない・・・その果てしない執念に肖りたい・・・なんて。

あと気になるとしたら「スノワートは空中で曲がる」って言っていた事。

翔吾さんはさりげなく呟いていたけど、かなり重要ではこれ。

独自のフレーム設計でブレないらしいスノワート、そのフレームの強さでボールを潰せるから・・・って事なのだろうか。

で、僕が使うとしたら同じタイプであろうビタス。

翔吾さんは前にアエロも使っていて、それからの少し薄めのグリンタだけど。

スノワートではスピン重視のラケットとはいえパワー面ではアエロより劣るのではないか?

なんで選んだのか質問すれば良かったかな・・・。

今の僕的にはアエロのパワーは手放したくないのでビタス。

うーん、でもパワーもスピンも欲しいから、その要求だとちょっと不利か・・・?

計測値だとアエロ×2の128.5km/hに対し129.7km/hで僅かに平均速度が高い。

1km/h差ははたして乗り換えの検討理由になるのか・・・?

似たり寄ったりのスペックでスピンも分らなきゃこうなるか。

ただ、ちょっと気になったのは計測した時の130km/h台の球の割合。

アエロ2016 9打中5球 55%

アエロ2019 12打中4球 33%

ビタス 15打中9球 60%

母数少ないかも?

3機種の中でMAX値こそ劣れど、130km/h台の速めの球が安定して出ていたのがビタス。

新旧にちょっと差が出てるけど、旧ピュエロは球数少ない+110km/h台が1球あったりしたので、速い球の割合が多くても新ピュエロと同じ平均速度になったのかな。

あとピュエロは打球角度も高いよういで、それでスピン重視でもあるから、そういう部分でロスがあって、ビタスの方が安定して速くなったのだろうか。

となるとスピードではビタスのアドバンテージが思ったより大きそう。

でもスピン性能を重視してるピュエロと比べて平均的に速い球が打てるのはピュアドラとかもそうなのでは?とも思う。

どうなんだろ?

そっちも試しておけば良かった・・・。

そしてスノワートは打球感も売り、こちらの点も・・・ちょっと打ち足りてないけど、他の試打ラケがモッサリと感じたのに対してシャープ?だったかも?

 

・ファントムO3

どうしても気になって・・・(笑)

この前楽天オープンで手にとって見たのですが、ただ素材を加えただけじゃなくて、前作ファントムと比べるとフレーム形状がラウンドからボックス気味へ変わっているではありませんか。

それだけじゃなくてフェイスのトップ部も厚くなっている?

あまり見ないこの形状、これってビースト98でもやっていましたね。

積極的に色々手を加えてくるプリンス。

ボックス好きの僕が見逃せるはずもなく。

案の定スピードは一番良い結果。

薄い競技系のラケットの方がスイングスピード出るし、ラケットの撓りからの撓り戻しのエネルギーを使えるから・・・だと僕は勝手に思ってる。

でもラケットの性能はスピードで決まるものじゃなく、コントロール性とかフィーリングとか、飛距離とか総合的に見て決めるもの。

半面じゃ飛距離は分らないけど、いくら素材に力を入れていても中厚ラケットと同等では無いでしょ流石に。

操作性で言えば薄い方が嵩張らなくて好きなのですけど。

球出しのボールを常にクリーンヒットしてれば1番クォリティの高いボールを打てるのはこのラケットでしょうけど、試合ではそうじゃないし。

球速では平均値もMAXも薄ラケが勝るでしようけど、コートに立って平均的に良い球を打てるのは厚い方だと思います。僕のレベルだと。

そしてフィーリングの部分も前作のラウンドの方が好きだったかな。

僕ボックス派のつもりなんだけども。

ラウンドの方がすっきりしてたなって言うのと、トワロン入ってからボール持ち過ぎな気がする。

トワロン世代のは半面でしか打った事無いけど。

しなる!柔らかい!ってラケットは最近多くなったけど、ただ撓れば良いって物じゃないと思います。

プリンスのは多分撓ってからの戻しも良いんだろうと思うけど。

やはりオールコートでも試してみたい一品。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 14:56 | コメントをどうぞ

市民大会入賞

71763115_2320941871569756_772756253972627456_n

海老名の市民大会で春秋連続で予選敗退を喫した大先輩とは打って変わって。

我らが母校の綾高出身の浦川コーチが綾瀬で3位入賞。(彼もブログ始めました

彼自身は市民大会では初めての入賞。 川角杯で優勝してみせた彼ならばってのはあるけど、ハッ、また後輩に先を越されてしまったよ。

今から10年前かな、僕の1個上の代のキャプテンペアが高2~3の頃にベスト4に入っていて、それ以降の年代の綾高テニス部出身で誰一人としてベスト4以上の成績を残せていなかったから、浦川コーチはそれ以来って事になっちゃう。

先輩の後に続くのは自分だと思ってたんだけど・・・。

また後輩達に一つ目標を先越されてしまった。いつもこうだ。

もうまるで自分が市民大会で勝ち上がるビジョンが見えないと思っていたら、畳み掛けてくるねぇ。

5月の岩淵元杯で戦った時は4-5、3-5。

数字だけだとそこまで差を開けられていないように見えて、互角には到底思えない。

俺はあいつみたいに積極的に攻め込んでいく姿勢のテニスできんし。

気持ちが諦めなければ必ず勝てると信じるって、ずっと昔から俺には無いよ、そういうの。

高校の大会の個人戦本戦は4年後で済んだけど、市民大会で後の代の綾高選手が成績を出したのは10年越し・・・(Bは除く・・・)

俺がやっておけばどれも短縮できたんだよなぁ。10年も時間あって高校時代のキャプテンが残した戦績に勝てないのか。

そして自身初、かつ母校のテニス部出身としても意味のある勝ち星を上げた浦川コーチ。

本人としては優勝を目指していたとの事で、うん、JOPランカーですしね、野心剥き出しでガンガン行くべき。

ただ先輩らしく見苦しくケチつけさせてもらうと(爆)

現役の綾高生を同じ土俵に引っ張り出して、彼らも入賞する・・・嘱託コーチとしてコーチ自身と同じレベルへ引き上げて欲しいと思う。

今年の代は出ていないようだから、入賞の前に試合に出てもらうところからか。

特に今年の彼らはここ10年でも1番凄い感じらしいですし・・・市民大会で勝つってのは高校生でも、綾高生でもできる事。10年前に綾高生が実際にやった事。

高校の大会でも市民大会でも、今の綾高生が大暴れする所を是非この目で見たい。

もう後輩達の顔は分からないぐらい離れているが会ってみたい、でも弱っちい俺じゃ戦う事もできないかな。

自分ができなかった事、想像もできなかった事を後輩達はやってくれるだろうと思ってます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:17 | コメントをどうぞ

Garangeeeeee

今回のジョコビッチ来日はこんな事も話題になりましたね。

吉田伊織がジョコビッチとテニスをプレー。

ATPランクは無し、日本では現在232位。

ここ最近はJTAの試合が月1ペースでランクは現状維持気味、スケジュールの問題か、資金の問題か、まだグランドスラムも楽天オープンも程遠いですが・・・

というか、ジョコビッチと打てる人が世界にどれだけいるんですかね。

試合で当たるにもジョコと戦ったことがある日本人選手はほんの一握り。

同じ土俵に立たなければ戦えない、まずそこへ辿り着くのが難しい、それがジョコビッチ・・・

いくら常日頃からビッグマウスと言えど、まさかこんな事になるなんて伊織さんも思ってなかったでしょうに。

素晴らしいというか、とんでもない。アンビリーバボー。

ちょっと前にアレな事をして批判されましたが、その後も変わらず斉藤プロ、大西プロといったプロ達やファンが応援し続け、吉田伊織はやはり彼らしい生き方で、その末のGarangeな出来事。

スタートからずっとメチャクチャな勢い。

彼が4大大会で優勝するなんて考えられます?

我々の一般常識ではありえないでしょう。

これまでに世界に挑んで行った日本のトッププロ達の足跡を辿れば一目瞭然。

それなのに毎度毎度グランドスラムに行くって、くどいくどいくどい、そして超うるさい(笑)

人気集めに一風変わった事をやって、軽々しく世界一になるとほざく、現実を舐めた言動で彼を嫌いな人も多い事でしょう。

何も間違ってませんよね。だっておかしいですもん。

なので普通に考えれば予想通りに彼は世界一になれないでしょうし、4大大会に出れないでしょうし、ATPツアーも出れないでしょうし、フューチャーズもどうだ?

今の日本200位台の位置から、ATPランキングを手に入れられるのはいつになるのかな?

常識知らずな彼を批判するまでもなく、この先ただの口だけのピエロとして落ちぶれる様を見れることでしょう。

それとそれと、アレの件。

僕の感性がズレているのかもしれませんが、自分を売り込んでWC貰うって方法は必要なんじゃないかなと思ったりしています。

基本的には主催者推薦だろうけど自分から推薦していくのはありなのだろうか・・・というのは疑問ですが(笑)

チャンスを与えられるような資格がある選手であれば主催者がそう判断しますし、そうじゃないなら無視されてそれで終わり。

万が一、器じゃないのにズルして潜り込んだとしても、力が無ければ勝手に負けていなくなるでしょう。

よく楽天オープンのWCは日本人ばかりに渡されて、何でビッグネーム呼ばないんだ!なんて言われてますが、このチャンスがあったからこその日本人選手の活躍、飛躍があるのも事実。

大会に出場できる人は相応のランキングがある事が前提、そしてそうじゃない人にもチャンスを与えられる可能性もある。

でもワイルドカードについて問い合わせるだけならともかく、自分のアピールの為に動画で使ったとしたのは良くないね。

彼流に言えばビッグマウスをして退路を断つ決意表明か。

ちゃんとするべきところはちゃんとしないと。

それにアレは特に、全日本選手権。

誰が何と言おうと日本一を決める大会であり、天皇杯をかけた戦いにそれは特にマズい。

全日本って興行ってそこまで意識してるのかな。そういう大会か?

全日本に対してとんでもない粗相をしたとなれば、今後彼の日本でのテニスはとても険しくなり、それ相応の対価を払う事になるでしょう。

そんな彼の行く末が心配でしたが、斉藤プロだけでなく川上プロ、田沼プロ、大西プロ、日本トップ層の選手達と続々と練習を重ね、楽天オープンの前には橋本総業HD テニスイノベーションへの参加も発表されましたね。

(このテニスイノベーションもかなり挑戦的ですよね。
日本人選手だけの力でテニスの魅力を伝える大きなイベントを開こうって訳ですから・・・ガチで変革するって事ですね)

彼の周りがどんどん凄くなっているような。

テニスジャンキーの皆さんなら勿論ご存知の日本のトッププロに囲まれて、これじゃあ質の高いハードワーク以外やりようがないじゃないですか。

動画でのあの訳のわからない勢いとは裏腹に、プロ達は皆良い奴だって言うし。

プロにここまでやってもらえるのはコネなのか、もしや金なのか、それとも彼のひたむきなテニスへの思いか。

僕、彼の事は最初、サムネのどアップの顔の時点で「うわっ」と思って見るのを避けてましたが(笑)

動画を見る度に思うのが、俺は彼ほど本気でテニスをやっていない。

テニスを愛していない。

彼の思いに敵わない。

それを痛感させられる。

ゴンちゃんと会って、自分は今まで全然頑張ってなかった事を知った。そういう衝撃。

テニスに振られるのって恐いもんね。

彼の様にやる事は俺にはできないね。

勝ちたいなら何故出来なかったのか、やって来なかったのか。

自分如きでは強い人のテニスを想像し切れない。

未熟者だねぇ俺は。もう少しだけ頑張ってGarangeしてみるかな。

質の高いハードワークをする事、どデカい目標を堂々と叫ぶ事。

そしてそれを貫く事。

一見異様に見える彼の行動で何が成せるのだろうか。

つまりはジョコビッチとテニスができるという事なのでしょう。

しかしこれはテニス史上に残る偉大な世界一の選手とただ単に打っただけ、結果は出ていない、こう言わずにはいられない人も数多くいるでしょう。

でもあんな事が起きたのであれば、これからも色々彼が何か凄い事を起こしても不思議ではないと思いませんか。

日本の200位台からグランドスラム、普通に考えたらまず到底不可能な事、でも彼程のハードワークならば少しでも可能性は上がるのでは?

次はどうなるでしょうね?日本ランキングトップ100かな?全日本選手権かな?それとも・・・?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:08 | コメントをどうぞ

楽天予選2日目(2019)

IMG_20190929_101336

 

先週ですが予選2日目も来ました。

まずは大盛況のトアルソンブースから!

並んでるウェアが初日と違っていた・・・思わず3着追加で購入。

もはやテニスウェアが私服の数を圧倒してしまっている・・・

 

 

 

IMG_20190929_103500

 

いやはや、予選2日目と言えばATPサンデー。

今年の目玉は何と言おうとノヴァク・ジョコビッチ!

本戦のチケットは全敗してしまったが何とかATPサンデーの指定席は確保。

なので今日はジョコを見に行くぜやっほーい!

・・・と、チケットはATPサンデーのみだと思っていたのですが、よく確認したら予選2日目のコロシアムの試合も含まれてるじゃないですか。

記憶だと以前はATPサンデーのチケットは単独で予選とは別だったと思っていましたが・・・何時の間に変わっていたか。

予選1日目は3時間半睡眠で一日中有明にいて、夜にテニスオフも入れていたので超ヘロヘロ。

ほぼ死にかけでしたが気合で2日目も起床!

何とか予選2日目の第1試合に間に合ったのであった。

席の角度がやや微妙だけど・・・でもこの距離でジョコビッチが見れるなら・・・

しかしATPサンデーの参加選手はこの時点では何も公表されず。

こんなに発表遅いんだっけ?

前は前日には出ていた記憶だけど違ったかな・・・

しかもツイッター見てるとジョコビッチが京都にいるという噂が・・・

ま、まだ慌てるような時間じゃない・・・昨日は少なくとも午前は練習コートにいたのだから、その後に京都に行って、今日の午後には帰ってくるに違いない・・・!?

試合前なんだから前日に練習しないはずないし!

え?弾丸旅行過ぎるって?

土曜午後と日曜午前で京都観光!日曜午後にATPサンデー!ほらいける!(錯乱)

 

 

 

IMG_20190929_103537

 

ちなみに座った席はこんな位置。

まだまだ夏みたいに暑いし、ぎりぎり屋根が席にかかっていてラッキー?

でも午前中はずっと陽が当たってた。気合で我慢!

初戦はジョン・ミルマンと伊藤竜馬。

ミルマンは昔どっかのチャレンジャーで見た気がしたけど・・・こんなにキビキビ動いて走って打つ人だったのか。

自分の全然知らない選手だった。

一昔前はチャレンジャーでよく名前を見るなあと思ってたら全米でフェデラー破り。

伊藤竜馬にとって厳しい相手か?

しかしドラゴンショットもツアーレベルが相手でも打ち合えるはず。

1セット目こそ拮抗した戦いをしてタイブレークでしたが、2セット目はどうも上手くいかず辛いスコア。

個人的な印象で恐縮ですが、僕が生で伊藤選手の試合を見ると、何故かちょっと荒れ気味の姿を見る事が多い気がする・・・

でもコロシアムであれだけの声援を受けているのが伊藤竜馬という日本のトップ選手。

まだまだ彼のファイトを見せてほしい。

 

2試合目は昨日見たポピリンとダックスワークス、二人ともオーストラリアの選手。

ポピリンはやっぱりサーブが強烈。

ダックスワースのサービスゲームと比べるとキープの早さがどうしても違う。

後輩のサーブを前にダックスワースは頭抱えたり、ラケット投げ寸止めしたり、帽子投げたり(笑)凄く良い人そう。

オーストラリアと言ったらキリオスとトミックがまず思い浮かぶから・・・って失礼やそれ。

ポピリンがパワーで快勝するんじゃ?なんて思ってましたがダックスワースもプレーを柔軟に?大胆に?切り替えて、第2セットはタイブレークまでもつれ込む奮闘ぶりでした。

 

 

 

IMG_20190929_115003

 

途中、お腹減ったのでご飯買いに行こうと思って出たらすぐにお店が出ていた。

予選1日目は出店されてなかったのに沢山出ていてびっくり。

てっきりキッチンカーでかなり並ぶかと思ってゲンナリしていたのでラッキー。

 

 

 

IMG_20190929_120042

 

 

今更なんだけど、毎年お昼ご飯はどこの店もビニール袋無しで渡されるので、食べ終わり後にちょっと困ったり・・・?

 

 

 

 

 

IMG_20190929_173501

 

 

そしてATPサンデーの参加選手が発表されたのは午後の事だったか。

チリッチ(ハッピーバースデー、マリン!)、チョリッチと言ったビッグネームに続いて最後に出てきたのがノバク・ジョコビッチ!

いやねもう、ついに人生で初めてBIG4を見れた訳ですよ!

この時代に、史上最強の選手が複数現役でいるにも関わらず一度も生でプレーを見れないなんて非常に勿体無いと思ってたんですよ!

楽天オープンにはもう誰も来なさそうだったし、彼らに会うにはやはりテニスの本場へ自ら赴くしかないと思っていましたが・・・ノバク!!!!何て事・・・!感無量。

今でも信じられない・・・彼はヤバい。最強だわ。

今まで彼の事を守備範囲がヤバいと思ってましたが、違った、あれは守備じゃない・・・

手足共にリーチが長い、どころか動きが滅茶苦茶早い・・・

いや、プロって基本的な動作が俊敏だろうけど、違う違う、想像の倍速。

守りに見えるようなショットは守備してるんじゃなくて、動いたら届いたから攻撃をぶちこんでる。

守備じゃないしカウンターでもない、あの人のショットほとんど攻撃だ・・・。

というかサーブもおかしい。

2日間で見た誰よりも速くない・・・?ビッグサーバーじゃん。

何か弱点無いの?誰も勝てないじゃんこれ・・・神よ・・・。

しかも日本に来てくれただけで信じられない出来事なのに、びっくりする程熱心にファンサービスしてくれるノヴァク。

1時間の予定の練習を延長しちゃうし(本人の都合か)

サインの時間もとっても長い。

そして後日には吉田伊織とのあの一件・・・

4大大会が終わった後の大会で有力選手が早期敗退って割とあるなぁって中で、ジョコビッチはしっかり決勝まで進出。

1位が勝ち上がるのはある意味予定調和、でもとても嬉しい事だね。

試合を見れないのが残念・・・いや、これ以上欲張ったらバチが当たるな(笑)

サンキューベリーマッチノヴァク!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:10 | コメントをどうぞ

楽天予選2019

IMG_20190928_103700

 

この土日は楽天オープンの予選に行ってきました。

楽天オープンと言えばトアルソン。

真っ先に向かうはコートではなくトアルソン。

これが毎年の慣わし。

例年なら毎回オープン前に到着する勢いでしたが(えぇ・・・

今年は前日の仕事がちょっと遅くなってしまったので起きれず、止むを得ず一番乗りを遅刻(?)

毎年色んなウェアを大振る舞いしちゃうトアルソンだけど今年は更に凄いぞ。

中古ラケットまで揃えてるから今日から君も気軽にトアルソン!

ラケットは流石に予選2日間で売り切れちゃってるかも・・・?だってびっくりだもんありゃ。

 

 

 

IMG_20190929_080958

 

 

トアルソンのyoutubeチャンネル見た皆さんはもうご存知ですよね。

限定シャツが半袖・長袖共に販売、しかも種類が豊富。

僕が手に持ってるシャツもよく見ると文字が違います。

僕が着てるのはKOBE JAPANで既に一般販売中の物ですが、楽天オープンではNEW YORKとTOKYOバージョンが登場!芸が細かい・・・!

そして過去のウェアも相変わらずとんでもない価格でセールしてたのでついつい初日は5枚購入。

一度お金を降ろしにコンビニへ行く羽目に。

 

 

 

IMG_3048

 

 

さあ生まれ変わった有明コロシアムだ。

今年はジョコビッチが来るって話でしたからね!

意気込んで準決勝とかの良い席を取ろうとしたけどあえなく全敗。

取れたのはATPサンデーのSS席ぐらい・・・。

予選も良いけど本戦もがっつり見たいなぁ。

例年より遅く来ちゃったけど一試合目の内山君とスティーブ・ジョンソンの試合は間に合いました。

最近見る度に内山さんの活躍を目の当たりにできて嬉しいぞ。

ストロークやサーブにパワーがあるだけじゃなくて、よく走り回るし、よく粘れるし、良いよねぇ。

スルッとかわすサーブもあるのも良いよね。

ジョンソンが割とバックを避けて内山君がバックのストローク多めって感じだったけどしっかり打てる。

オールラウンドってやつかな。

 

 

 

IMG_20190928_125108

 

他のコートは配置ごと変わっちゃったのか?

プロの練習を見たいと思って移動したら早速迷いつつ、なんとか流れ着く。

プラクティスコートに行くには試合をやってるコート1の受付ゲートを通らなきゃいけないのね。

そしてかなりの人だかりで練習が見えない。

ちゃんと見れるコートも2面並んでるところの側面のみ・
・・

とっても見にくい、とは思ったけど、そう言えば前の楽天だとコートサイドへの入口から封鎖されてたからもっと見づらかったんだっけ。

午前中はジョコビッチが練習していたらしいけど僕が来た頃には既にいなかった。

ダニエルと杉田さんがいたけど全然見れないので泣く泣く撤収。

 

IMG_20190928_142043

 

今回の有明でまず目についたのがこちらですよね。

楽天カードアリーナ。

ATP500らしい立派な会場の雰囲気が出てきましたね。

前まではコロシアム以外の試合は仮設感ばりばりだったし・・・

とても良さそうじゃないですか。

ちょっと座る位置焦って手摺りが邪魔な所に陣取ってしまいましたが・・・

アリーナでは綿貫陽介とポピリンの試合を観戦。

陽介君は98年生まれでポピリンは99年生まれ。

どっちも華奢で威力あるフォアとサーブが印象的。似たようなタイプ?

やっぱフォアで攻めるタイプは華があって好き。

陽介君はちょっとプレーが大人しくなった?

と思いきや終盤の気合いは見ているこちらも奮い立ってくる。

ただ、ポピリンはサーブが最後まで強く隙が出なかった・・・

というかセカンド打ってる?ダブルファーフトしてない??

昨年はあのメドベーゼフが予選から出ながらも大出世した訳だけど、そういうのがありえるのがまたあったりするのだろうか。

ポピリンはどうなんだろ、サーブと積極的に攻めるストロークがかなりストロングポイントに思えるけど、ランクが上の選手はそれをもいなしてしまうのだろうか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 07:22 | コメントをどうぞ

(no title)

地元の市民大会シングルスの本戦。

予選負けの僕はラッキールーザーで潜り込むも5-8で初戦敗退。秋全敗。

今年の市民大会は春秋両方とも予選負け、LLも初戦敗退。

初戦敗退はこれで何回連続だろ、というか1回ベスト8に入った時以外は全部初戦敗退だけど。

かれこれ3年前か。とうとうこれから弟みたいに勝てるようになる!って思ったよね、あの頃は。成長しなかったね。

どんどん強い人が増えてる気がする。

もうランキングも落ちて予選ブロックの1番目もとれなくなるだろうね。

ここ最近はランキングあったから、過去に戦績残してる強い人と当たるのを避けられていたんだけど、その心配も関係無く負けてるわ最近。

ラッキールーザーで潜り込んで初戦の相手は今まで市民大会で何度も戦っている相手。

もう何回やりあったのかは忘れた。

昔はとにかく春秋いつも試合が当たっていて、毎度毎度シコられて、結構もつれ込むんだけど相手のメンタルの強さに僕はいつも根負けしていた。

最近は僕もランキングを持ち、相手も持っているので予選で当たる事は無くなり、試合が当たるペースはS・D・団体全部含めて年1程度に減っていたのだが(結局毎年当たってる・・・)

シングルスでは久しぶりの試合・・・いや、昨年の選抜大会で負けたわ俺。

昨年だったかな?一昨年だったかな?

今まで全敗だったところストロークで打ち抜いて6-3、初めて勝利する事ができ、いよいよ克服できたかなと期待した。

しかし快勝した後の次の大会、選抜大会の初戦で6-8?7-8?

勝った時は攻めて攻めてって感じだったのに雨の中でストロークは炸裂せず泥仕合で粘り負けた。

一番多く戦っている相手なのでどんなプレーをしてくるかは分かり切っている。

シコラーに対してはシンプルに打ち抜くのが一番。

でも僕のような下手糞じゃすぐ自滅する。

テンポが掴めない、ボールに力を入れ難い。

何年も丸出しの弱点を未だに克服できていない。

なら粘り一辺倒の相手にはネットプレーで即ポイントを終わらせれば良い。

まあ僕が一番苦手なのがネットプレーなんですけどね。

ストロークが打てなくなると何も手がなくなりあっという間にポイントを失うのが僕。

春はこの人に限らず色んな人にシコられたので、秋に向けてフォアもバックもスライスを打てるように練習してきた。

調子が悪い時の逃げ道として、結構有効だろうと思っていたがいざ秋の予選になるとこのスライスがことごとくミスになった。

おいおい付け焼刃か。

予選ではとにかくスライスもストロークも淡々とミスって山も谷も無く淡々と終わってしまった。

でも実を言うと、全敗の予選の翌日に有田君と練習して以来、今回の本戦は珍しく自信があった。

毎日ネガティブな事書いてるけど、彼と打ってちょっと掴んだ感があったのよ。

最近特にテンポとか打点とか全然合わなくて苦しんでいたんだけど、もしかしたら自分は今までボールを見ずに打っていたようで(謎)

という事で僕は目と体を使ってボールを打つ事を覚えた(謎)

今まで端からテニスのやり方を間違えていたのだ。

これで少しだけ有田君の域に近付いたと思っていた。

 

いざ初戦、相手との戦績は悪いものの、このやり方を物にできればもはやシコられて自滅するのも怖くない。

ストロークで打ち抜いて復活の狼煙を上げるのだ・・・!

さぁ、ゲームは僕のサービスゲームから・・・いきなりダブルフォルトを連発してゲームを落とす。

そんな馬鹿な。

予選も有田君との練習もサーブはこんな酷くなかったぞ。超酷いぞ今日。

2ゲーム目もダブルフォルトは減らず連続で落とす。

初っ端から滅茶苦茶、ストロークを打てば初球からミス、あっという間に1-4。

悪いと分かってる部分の修正が全くできず。

何とかストロークが乗り始めて3-4まで追いつくも、肝心なところで高めのボレーを悉くミスしてゲームを落とし逆転できない。

なんでここでボレーができないかねぇ・・・不得意でも高めだったらどうにかしろよ・・・

1発目のミスは浮いて浮いてのオーバー、そして2発目は全然ネット。

ラリーでこちらが攻めると見せかけての曲がるスライスが結構効いているように見えたが、長いシコりを嫌ってスライスで逃げてばっかだとミス。

・・・というのを予選でもやらかしたのに、結局また使うスライス。

一応秋に向けて取り入れていたのよ?こういうプレーだって。

たかだか数ヶ月じゃ身に付けられなかったか。

ストロークは予選と比べると色んなラリーで相手をかき乱す事ができて良かったと思うんだけど、次はそれ以外が全部駄目。まるでキリが無い。

いや、ストロークのミスも自滅系が割と多かったけど、サーブさえ並ぐらいの出来ならどうにかできたぐらいの出来だと思ってる・・・そんなに悪くなかったと思う・・・

でもサーブできなきゃ全部台無し。初っ端からこれだもんね。愚かな。

元々ファーストの確率が3割にも満たないからって前から気をつけていたつもりが、笑わせてくれるぜ、ここまでダブルフォルトばっかって。何を気をつけていたのか。

いつまでたっても初歩から駄目。

むしろよくサーブ駄目で5ゲームも取ったな・・・って感じ。

サーブに目を瞑れば悪くない出来だったと思うんだけどなぁ・・・

いやあ、実は割とこの試合は楽しかったとも思ってるんだけど。

淡白で陳腐じゃない、攻撃的だろうと守備的だろうと創造性のあるプレーをやれたんじゃないかと自分では思うんですよ。

予選と比べたらかなり調子出してる方だと思ったんだけど。

自分にしては珍しくポジティブだと思いません?

まあ結果は2大会連続予選敗退、6大会連続初戦負けなんだけど。

ついでに8月からシングルス8連敗。

テニスって楽しいか?

俺はずっとしんどい事ばかりだ。比率9:1ぐらいか。

普通ぐらいにテニスできるようになるには自分だともっともっと時間がかかる。

弟の準優勝から限りなく遠い場所にいる。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:26 | コメントをどうぞ

テニス星人ばっかり

 

 

この前テニスオフで練習相手を募集をした時、ブログを見たって人がもう1人、直接LINEを送ってきてくれたんですよ。

アルバイト時代の後輩がこのブログを知っていたらしい。

先にTさんが申し込んで下さったんで彼とは後日テニスする事に。

でも例によって海老名まで来るのはどうなんですかねぇ・・・。

 

 

 

Screenshot_2019-09-16-22-25-17

 

 

RECの有田コーチ・・・活躍し過ぎて最近とうとうためブロさんにまで現れてらっしゃる。

4、5年振りに再会した彼、昔から暴力的な威力のボール打ってて手に負えないなとか思ってたけど、最近はディアドラカップで優勝するわ実業団のメンバー入りするわ、やりよったか・・・って感じのテニス星人

えー、俺つい昨日市民大会で予選全敗したばっかなんですけど・・・

わざわざ海老名まで来て俺と打つって、間違った意味で役不足過ぎでは・・・。

みんな海老名を何だと思ってやがる。刺客か!?

そんでもって彼はコートに入るなり早速3セットマッチする気満々。

ボール用意します!って言って持ってきたのも試合球のXT8だし。

テニスしようぜってなって試合球持ってきたのは俺の周りでは君が初めてだわ。

なにやら彼は明日JOPの試合が控えているらしい。

・・・俺と試合するのは逆効果なのでは?

ただでさえアルバイト時代の時点で格が違ってたのに、数年の時を経てテニスコーチを本職とした彼はもうね、コートに立った時点でオーラがあるね。

これ、格上とやる時によく見るやつだ、相手はもうなんか色々見通して打っている感。

こっちは焦って焦って先に打ちたがる感。

しょうがないね、だってちょっと気が緩んだだけでぶっ叩かれるもの。

JOPで味わった感覚そのもの。

何が面白いかって、こっちがアエロのパワーでぶっ放したフォアのクロスでの追い出しの後、その対角線上へのドロップを綺麗に打ったのにどっちも有田君は打ち返す!

どういう事だ!!おかしいだろ!!!

今までの経験的に、どんなレベルの人でも左右の振り回しをしっなり打たれたら大体キツいと思っていたんだけど、えー、何で決まらないの(笑)

最近武器にしてるフォアのクロスと夏に磨いた秘密兵器ドロップのコンビネーションでもポイントが取れない。

彼からポイントを取るには、そして取られない為にも試合中に新しいスキルの習得を要求される。

凄いね、もっと良いプレーを重ねなきゃいけない。

ただでさえ格上から受けるプレッシャー、ボールの強さ、その上に相手に勝つ方法を考えなきゃいけない。

こんなに全身汗だくになって、頭をフル回転させたテニスは久しぶり。

だってそうしなきゃ奴の猛打が火を吹くぜ。

虎の子の初手スライスサーブはエースを決められ、ネットプレーに対する反撃はあっさりとドロップを決められ、クロスに追い出すストロークには平気で追いつく。

そんな面白過ぎるテニスは0-6、2-6で完敗。

ふっ、順当負けですね・・・でも昨日の負けとは違う。

俺も気付かぬ内に中々錆びていたようで甘いところばかりだ。

そんな訳でクレーをやっつけた有田コーチは翌日にJ1-1の東京都マンスリーオープンin京王に出場。

実業団デビューも果たし、更にはJOPでも躍進を目指す有田コーチは現在ランキングは最高で806位。まだ俺の方が上だぜ

出始めたばかりで試合こそ少ないが良いスコアが多い。

初戦をストレートで突破し、2回戦で200位代中盤の第7シードと対戦。

第1セットは取ったものの残念ながら途中でリタイアしてしまったようだ。

身体はしっかり休めてくれ・・・って言ってもテニスコーチはコートに立ってなんぼだよな。

選手としてもコーチとしても活動して毎日テニス、ほんとよく頑張れるもんだ。

ただでさえ強いのにこれからもっと伸び盛りなんだろうな。

今回の大会もおおっとなるスコア。

有田コーチ、今年の目標を是非有言実行してくれ!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 01:26 | コメントをどうぞ

(no title)

今年の秋の市民大会シングルスはランキング6位で予選ブロックの頭を貰って全戦全敗で予選敗退。

春秋共に予選負けで終わりました。

春はシコられまくって負け、秋は普通に全敗。

自分はシコラーに弱いから・・・とか春は思ってたけどただ単に弱いだけでした。

初戦はサウスポー、まあ王道の戦い方で相手はフォアのクロスでひたすらこっちのバックにボールを集める。

別に僕はバックに苦手意識は無いし、なんならフォアよりも安定している事が多いので大した問題じゃない。

そして春の雪辱を果たすべく、この秋に向けてバックのスライスを練習していた。

シコられるのが苦手なので、ストロークが上手くいかない時の逃げ道、かつこっちが攻撃一辺倒と思っている相手のペースを崩す選択肢にしたかった。

・・・が、用意していたスライスはあまり上手くいかずミス。

そして普通のバックのストロークもフラットでバックアウト連発でミス。

バックを狙う相手の思惑通りにミスを重ねる。

バック全然得意じゃないじゃん。

アエロにしてからフォアは勝手にスピンかかって凄い勢いで勝手にコートに収まるのに気を良くしていたが、あれ、バックはこんなに駄目だったのか・・・今更ながら・・・。

グラファイトの時は弾道が低く抑えられてバカ打ちフラットでもどうにかなっていたのだろうか。

それでもここ最近のアエロでのテニスでバックにスピンかけようと意識はしていたんだけどこれ。

当然相手はバック狙いなのでアエロにして得意げになっていた自慢のフォアの方にはボールはあまり来ず。

自分の思っていた最近の調子の良いプレー=フォアは出番無し。

じゃあ回り込めよ。

下手糞の癖にバックも打てると思い込んでるから来た球をその場で打つ。

状況判断最悪。それいつもだし。

一番痛かったのがリターン。

一発目アウトを連発してゲームにできずみすみすと相手に渡す。

左利き特有の変化に惑わされた訳でもなく、淡々と初球ミス。

そう、僕は別にリターンは得意じゃない。でも前よりは得意になったと思ったんだけどな。

そして酷いリターンゲームの後にサービスゲームをダブルフォルト数回やって落とし3-6。

こっちのサーブはフォルトが減らない、まずファーストの確率が非常に低いサーブ。

昨年意識して変えようとしていたのにすっかり元に戻ってやがる。

フォア、バック、リターン、サーブ、全てのプレーで満遍なくミスして淡々と敗戦。

全てに粗が出てボールが続かない。

苦手なプレーをされた訳でもなくシンプルにやってこれ。

ミスが多いなら何故修正しなかった?他のプレーでしのげなかった?

それを判断する前に即ミスするしているレベル、まるで話にならない。

 

2試合目、とりあえず初戦で足を引っ張った付け焼刃のバックスライスは使わないようにしようと思い、プレーをするも相手のプレーにナチュラルに力負け。

ただでさえミスが減らない状況で強い相手と戦うのはキツい。

回転量の多い相手のサーブに手が出ない。

最初のサービスゲームをいきなりダブルフォルトで落として、それからフォルト避けようと打つと相手にエースを取られて。

ヘタれたらすぐこれだよ。打てないし打たれる状況。

何とかリターンゲームで取り返して一度は追いつくものの、リターンが上手くいったのはそれっきり。

ほんまもう、何もできず淡々と。

準優勝した弟と比べてなんと惨めな。

何であいつ勝てるんだ?というか1勝もしてないって比較するまでに至らないし。

足元にも及ばないとかそういう次元じゃない。

どうしようもなく完敗。

10年やって、昨年美味しい経験をして、それでこれは話にならんな。

ベスト4とか優勝とか俺には無理ってはっきりしたね。ようやく。今更。ほんとねぇ。

こんなんばかりのテニス、ただただしんどいだけ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 15:28 | コメントをどうぞ

能登半島 その2

201908_190902_0062

 

能登半島旅行の夜。

イオンモールかほくで買い溜めた酒なりお菓子なりで豪遊する予定だったが、自分は即爆睡。

たかだか23時でちょっと横になっただけで寝てしまった・・・。

おかしいな、この面子において唯一学生時代から今日まで欠かさずスポーツを続けている圧倒的体力強者のはずなのだが?

運転もしてないのに俺の体力どうなってんの?

 

 

 

 

IMG_2903

 

という事で2日目の朝は早起きできたのでちょっと散歩に行ってくる。

 

 

 

 

IMG_2914

 

と思ったら外出て数分で雨が降り出したので動けなくなった・・・。

結局和倉温泉付近は全然散策できず。

もう少し奥に進むと温泉街みたな雰囲気が増すんだろうけど。

この時は知らなかったんだけど、どうも金沢駅にやたら大きいテニスバッグ持って強そうなオーラまとった女性が多いなと思ってたら、ちょうどここでプロの大会やってたんだね。

会場ちらっとでも見てみたかったな。

 

 

 

 

IMG_2925

 

宿に戻って朝食後、出発。

やっぱりでかいししっかりした雰囲気ある。

 

 

 

 

IMG_20190825_091947

 

・・・そして2日目の僕の席は何故かここに。

他の面々は夜な夜な4時まで起きててグロッキーだったので僕が運転するしかなくなってしまった。

いやいや、やっぱりこのタイミングでハイエース初挑戦って怖くない?

視点が高いよ。

でも動かしてみると意外と良い。

後方の席でも運転席でも走行中は安定感がある。

けど停めるのは大変だよねこれ。

 

 

 

 

IMG_2926

 

という事で1回目の運転は事故を起こす事無く無事に完了。能登島へ。

思ったより余裕だったので次も自分が運転。

 

 

 

 

IMG_20190825_125100

そして何故か行ったのは、のと里山空港。

飛行機に乗る訳じゃないけど。

名勝巡るのかと思いきや空港って観光ルートどうなっているのか。

ってこの空港は道の駅でもあるらしいので、まあ観光地って事でOKですよね。

 

 

IMG_2970

 

空港は1日2便との事。

行った時には飛行機は無かった。

 

 

 

 

IMG_2985

 

 

どこに行こうか選り取り見取り・・・って訳でもなく、今日の内に金沢駅に戻って帰らなくてはなので、空港で引き返し金沢へ向かう事に。

道中でちらっと見かけて気になった神社があったので帰り道に寄ってみる。

 

 

 

 

IMG_2996

 

能登の鹿島神社。

集落の外れ、海沿いに佇む神社、素敵。

 

 

 

 

201908_190902_0045

 

(1人ご飯がありませんがケチってるのではなくまだ来てないだけです。)

そうこうして金沢駅に戻った僕らの金沢旅行最後の食事。

ラーメンに始まり、ラーメンで終わる。チェーン店で締めるのか

いや、金沢を走ってるといたる所で見かける8番ラーメン、つまり金沢的な食事、ソウルフードなのでは。アリなのでは。

いえ、アリでしょう!

そんな感じで昔のままのノリで突っ走った2日でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 00:04 | コメントをどうぞ

(no title)

今月は市民大会あるからテニス強化月間ですよ。

そもそも僕は土日は必ずどっちかテニスを欠かさないんだけどね、やる気が無いとか言ってる時でも。

そして来週の試合を控えて思った事は、自分は心臓をコートに置けないって事。

昨年はJOPとゴンちゃんパワーで延命したがもう駄目だ。

試合の緊張感、プレッシャーにもう耐えられない。

最近は特に、地に足着いてないプレーばかり。

分からないままボールがラケットに当たって、どっかいって、修正できないまま終わりってのばっか。

打てると思ったら全然根元、全然端っこ、タイミング全然合わず明後日の方向。

堪えても堪えてもチャンスは来ない。

そういう時の対処法は何か知ってる?

ずべこべ言わず練習しろボケ!!!

それでも去年は途中まで中々良かった気したけど。

どうすれば良いか相手がプレーで教えてくれると言いますか、自分の悪い所とか、相手が何故自分を攻略できるのかとか、吸収力と言うのか?学習能力か?負けから学ぶってやつか、そういうのが段々と感じ取れなくなったのか、最近は何も分からず淡々と終わる。

そういうのが前にあったのは大学生の頃。

市民大会4年間全て予選敗退の大学生の頃。

それを打開したのは社会人になってから、毎週ひたすらテニスオフで試合を入れて武者修行。

試合で思ったようなプレーができないとずっと思っていたらいつの間にか本戦に行ってた。

とにかく堪えて堪えて勝った。

そのレベルを卒業できたと思っていたがそうでなかったと気付いた今年の春の予選負け。

また同じような事が必要だと思って取り組んでみてはいるが今回は上手くいかない。

最近ピュアアエロにして「おっ、これは良いのでは・・・」って思ったけど気のせいだったらしい。

もしくは調子に乗ったとも言う。

根詰め過ぎかと思い、今まで草大会を毎月必ず一度は入れていたがこの夏は止めて気分を変えようとしてみたが、いざ9月に出たら何も変わってなかった。

そしてよく考えたら7月も8月も大会出てたわ。

試合と呼べない醜態ばかり。

やる気が切れちゃったかな。

勝てなくなって不貞腐れてしまったか。

趣味のテニスなのにね。

高校の頃、毎年のように半分以上退部していく仲間を昔はよく憎んだものだが、どうにも理解できなかったものだが、部員でもどうにもやる気があるように見えない奴らとか、良い部活とか強い部活になるのが難しいとしても、普通未満にすら届いてないんじゃないか、どうしてそれで平気でいられるのかと思ったものだが、今更ながら少しだけ分かる気がする。

滑稽だもんな。

せめて弟以下なのはどうにかしたかったが、今の調子だと今回もまた予選負けでしょう。

ああ、調子じゃなくて元々か。

改善の兆しは今のところ見えない。

無念・・・

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:43 | コメントをどうぞ