松山英樹 マスターズ制覇!!!

ゴルフネタですが・・・・

伝統の「マスターズ」で松山英樹選手が見事に初優勝を果たしました!!!

21-masters-matsuyama-表彰式1

日本人そしてアジア人としても「初」のマスターズ制覇!

本当におめでとうございます。

21-masters-11庭球南風録

ちょうど10年前に松山選手がマスターズでベストアマをとった際に私が書いたblog(http://arimura.blog.tennis365.net/archives/month/201104.html)の記事を発見。

その時にも書いていますが、

松山選手が好きな「才能は有限、努力は無限」という言葉を象徴するような「練習の虫」ぶり(ゴルフ界では有名)が、大偉業を呼び込んだのは間違いありません。

21-masters-team.matsuyama

Team松山の早藤キャディ、目沢コーチ、飯田トレーナー、通訳のボブ・ターナー氏。

この「チーム」の存在も大きかったのではないでしょうか!

これはテニスの大坂なおみ選手や錦織圭選手も同様だと思います。

 

 

21-masters-roddick

コースへの「一礼」が世界的な話題を呼んでいる早藤将太キャディ(東北福祉大ゴルフ部の後輩で寮では同部屋だった)

テニスの「元世界№1」アンディ・ロディックもこの一礼について写真のようにツイートしていました!

我々日本人にとっては当たり前のことを世界のマスメディアが好意的に伝えてくれたことは嬉しかったです。

21-masters-KevinNa

今大会を12位で終えたケビン・ナ(韓国系アメリカ人)は、松山のウイニング・パットを見るために、空港へ行くのを途中で止めて引き返してきたとのこと。

普段助け合っているアジア系同士・・・嬉しいシーンの一つでした。

21-masters-AugustaNGC

パトロン(観客)が戻ってきたマスターズ!

開催地のジョージア州オーガスタはサウスカロライナ州との州境の街で、

私が2年間過ごしたヒルトンヘッド(サウスカロライナ州)からは車で2時間強の場所で、一度だけ行ったことがあります。

1999-augustaNGC-1

写真は1999年の5月に私が撮影した写真。

オーガスタナショナルゴルフクラブのメインゲートです。

1999-augustaNGC-2

小さな看板にはmembers onlyの文字。世界で最も敷居が高いプライベートクラブの一つです。

1カ月前にマスターズが開催された場所とは思えないほどの地味さでした。

1999-augustaNGC-3ゲートとクラブハウスを結ぶ有名な「マグノリア・レーン!」勿論ここから先は、メンバー以外立ち入り禁止。

チケットは100年待ち!?

ボランティアは6年待ち。

100年待ちは、よく分かりませんが・・・苦笑

「格式高く権威がある」ということに間違いはないでしょう!

 

 

#マスターズ  #松山英樹  #ゴルフ

カテゴリー: ゴルフ | 投稿者Arimura 17:22 | コメントをどうぞ

九州ジュニア 鹿児島県予選

九州Jr. 鹿児島県予選(樋口杯)が知覧テニスの森で開催!

ATAメンバーの結果は以下の通りでした。

21-樋口杯ジュニアーU14MS

U14 男子単       優勝        岩切晴哉

U14 男子複       優勝        岩切晴哉・鵜狩良仁

U14 女子複       優勝        内野優里

U16 女子単・複     準優勝準優勝   岡村凜那

U16 女子複       3位        山下結名・堀桜子

U14 女子単       4位        内村望央

U14 男子複       4位        堀切勇希・山下晃世

U18 男子複       4位        山﨑壮真

21-樋口杯ジュニアーU16WD 21-樋口杯ジュニアーU16WSD

チームとして3種目「優勝」、2種目「準優勝」という結果でした。

皆本当におめでとう!!

21 樋口杯ジュニアーU14MD

岩切晴哉はU14でシングルス・ダブルス「二冠」を達成!

小学生時代には全小にも出場、全日本Jr.複では8強入りするなど、順調に成長していましたが、昨年秋から年末にかけては、今まで負けた事がなかった相手に対して負けが続くなど苦悩の時期もありました…。しかし年始からは目に見えて直向きにテニスに向き合うようになり今回「二冠」に!!まだまだ伸びしろのあるテニスですのでこの流れに乗って日々の練習を頑張ってもらいましょう!

 

鵜狩良仁は、U14ダブルスを制覇。

小学生時代から九州・全国の舞台でエースとして活躍してきた良仁ですが、コロナ以降に試合が無かった影響か「目標を失っていた」印象がありました。しかし最近はテニスに集中出来てきていたところ…。今回のシングルス敗戦は残念だったかと思いますが「気づき」もあったはずです。失った時間を埋めるには、それと同様の時間が必要ですので、引き続き地道に取り組みましょう!

21-樋口杯ジュニアーU14WD

内野優里は、U14ダブルスを制覇!

決勝戦で対戦した年上で地力のあるペアを破っての優勝は本当に価値があります。優里の「ハッキリとした性格」は選手向きだと思いますし、サーブ・フォアハンドを中心としたプレースタイルも躍動感があり魅力的です。手っ取り早く結果を出せるプレースタイルでないので、結果に一喜一憂せずに我慢強く自分のテニスを作っていく必要があります。今後も小さく纏まらないで頑張るぞ!!

 

さぁ県予選は終了だ!

次は九州Jr.全日本Jr.を目指して頑張ろう!!

大会関係者の方々、コロナ禍での運営有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 17:12 | コメントをどうぞ

九州学生新進

九州学生新進トーナメント」が、福岡・春日公園で開催されました。

この大会は、ATA出身の岡村修平・岡村浩太・英凪紗(ともに鹿屋体育大卒)が、

歴代優勝者に名を連ねる相性の良い大会。

今年もATA出身者が大活躍をしてくれました。

21-九州学生新進1

男子単 優勝 狩行紀希(鹿屋体大1年)

21-九州学生新進2

女子複 優勝 富濱祥子(鹿屋体大2年)

 

紀希、祥子おめでとう!

大会開催が限られているコロナ禍での優勝は本当に価値があります。

紀希は、樋口杯(全日本 鹿児島県予選)を十代で制し、

祥子は、既にインカレ(全日本学生)にも出場する等、2人とも着実に力をつけてきています。

この優勝を糧に今夏のインカレ目指して頑張ってもらいましょう!

 

単複共に準決勝に進出しながら

残念ながらケガの為に棄権した辻陽平(福岡大1年)

しっかり治してリスタートだ!!!

カテゴリー: ATA, 大学テニス, 鹿屋体大 | 投稿者Arimura 23:21 | コメントをどうぞ

2021 全豪OP

3週間遅れで開幕した「全豪オープン」はジョコビッチと大坂なおみ選手の優勝で幕を閉じました。(投稿が遅くなってしまいました…)

優勝者については既にクローズアップされているので・・・・

私個人が印象に残った5人をピックアップしてみました。

 

ジェニファー・ブレイディ(アメリカ・女子シングルス準優勝)

 21-AO-brady1(Jennifer Brady Facebookより)

チャーター便の同乗者にコロナ陽性者が出た為に2週間の完全隔離(ホテルの部屋から一歩も出れない、窓すら開けれない)対象者となったブレイディ!

このハプニングを「ここに来る前に追い込んだトレーニングをしていたので、休養になって良かったわ!」と笑顔で語ったポジティブさは本当に魅力的です。

昨年の全米OPベスト4の際にも見せた「男子のようなテニス」で今大会は四大大会初の決勝進出!

ジュニアを卒業して直ぐにプロ転向した訳ではなく、大学(UCLA)テニス出身者というのも親近感が湧きますね。

 

アスラン・カラツェフ(ロシア・男子シングルス ベスト4)

 21-AO-Karatsev1(Australian Open Facebookより)

予選上がりからのベスト4入りは「四大大会史上5人目!」

四大大会初出場でのベスト4入りは「史上初!」

と一気にスターダムへの階段を駆け上がったカラツェフ!

ロシアの体育大学生時代にユニバシアード金メダリストに輝くも27歳まで四大大会でプレーすることは叶わず・・・ウェアやシューズのスポンサー契約もなく、ブランドはバラバラ。

でも自分を信じ続けて、このステージに立ちました。

ロシア→イスラエル→ロシア→ドイツ→スペイン→ベラルーシと各地を転々とし試行錯誤を繰り返してきた苦労人。いいですねぇ!!

 

クレイグ・タイリー(全豪OP大会責任者)

21-AO-tiley1(TennisNow Twitterより)

コロナ禍で観客を入れての四大大会開催を成功させた立役者!

厳しいコロナ対策で「市中感染者 ほぼゼロ」とウイルスの封じ込めに成功しているオーストラリアでの開催とはいえ、世界中からこの規模の選手・スタッフを入れての大会は、困難の連続でした。

次から次に問題が生じる難しい舵取りを冷静に対処していく姿は参考になりましたねぇ。

今回の成功が、オリンピックをはじめとした今後の世界規模の競技大会のモデルになるのは間違いないでしょう!

 

謝淑薇(台湾・女子シングルスベスト8)

21-AO-謝1(Su-Wei Hsieh Facebookより)

ダブルスでは「ウィンブルドン/全仏 優勝」を果たしている35歳のシエ・スーウェイが、シングルスで初の8強入り。

若かりし日には3年間日本を拠点にしていた親日家でもあり、独特なプレースタイルは我々アジア人が目指すべきテニスかもしれません。

メインのスポンサーもなく、ラケットもノーステンシル、ウェアやシューズもバラバラの草トースタイル!

この「ラケット一本で勝負し、賞金のみで活動していく」姿は本物のプロと言えるかもしれません。

コーチが「オーストラリアのレジェンド」ポール・マクナミーというのも嬉しいですね。

 

最後にテニスねたではありませんが、

全豪OPに関係があるということで・・・・

 

デビッド・ホールバーグ(オーストラリア・バレエ団 芸術監督)

 21-TAB-febMel-hallberg(David Hallberg Instagramより)

娘カリナが所属するバレエ団の芸術監督に就任した「バレエ界のスーパースター」デビッド・ホールバーグの監督初陣は、

全豪OP直後のMargaret Court Arena(マーガレット・コート アリーナ)で開催!

テニスコートに特設ステージを作りバレエ公演をするという斬新さには驚かされました。

21-TAB-febMel-会場設営(The australian Ballet Instagramより)

21-TAB-febMel-全体(David Hallberg Instagramより)

全豪OP同様に観客を入れての公演はまさにBallet is Back!

この記念すべきステージで、娘がプロ初舞台を踏めたことは本当に嬉しかったです。

テニスに関係のある場所だったし、現地に行ってあげたかったなぁ。。。

カテゴリー: バレエ, 海外テニス | 投稿者Arimura 22:22 | コメントをどうぞ

九州選抜ジュニア

先週末、「全国選抜ジュニアテニス選手権九州地域予選(九州選抜ジュニアダブルス選手権)」が宮崎県総合運動公園で開催されました。

今大会は過去に

’07年 U14男子複 優勝   西田浩輝

’08年 U14女子単 優勝   馬場早莉

’09年 U14男子複 優勝   林田誠

’13年 U14女子複 準優勝  大渡菫・元山果南

’16年 U14女子複 優勝   元山未優・佐藤唯

 

と、2005年にATAを創設以来、「5名の優勝者」と「2名の準優勝者」を輩出しているゲンの良い大会といえます。

今年の結果は、以下の通りでした。

21-九州選抜Jr.-2人

U14男子複 準優勝  岩切晴哉・鵜狩良仁

 

2人とも本当に良く頑張りました。

おめでとう!!

ここから夏の九州ジュニアまでの間に順番は目まぐるしく変わりますので、

2人にも大いにチャンスがあると思います。

夏には頂点を目指せるように日々の練習を大切に頑張っていって欲しいですねぇ!

21-九州選抜Jr.-試合風景

例年、沖縄で開催されているこの大会は、

本戦で敗れたその日から練習試合で経験を積ませてもらえる選手目線の素晴らしい大会で・・・

来年はコロナも収まって通常の大会になっていれば良いなぁと心から思います。

21-九州選抜Jr.-5年前

(5年前の懐かしい写真!元山・佐藤ペアに琉球ガラスの優勝盾を授与したのは、新垣沖縄県テニス協会会長、私の親友のお父様でした。)

今回、コロナ禍での大会を支えて下さった九州テニス協会の吉田委員長や宮崎県の岩田委員長をはじめとした関係者の方々、本当に有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 23:24 | コメントをどうぞ

高校樋口杯

県高校総体前、最後の県大会「高校樋口杯」が終了しました。

指導する鹿児島実業とATA関係者の結果は、以下の通りでした。

21-高校樋口杯ー全体

1年男子 複 優勝     中間紫音・長谷匠真(鹿実)

1年女子 複 優勝     宮下千奈・祝奈津希(鹿実)

2年男子 複 3位     島田大輝・有村純吾(鹿実)

2年男子 単 ベスト8   山﨑壮真(鹿中央)

 

皆おめでとう!!!

今持っている力は発揮できたと思いますが、

インハイに向けては「心技体」全てにおいて更なる向上が必要。

今大会で掴んだ自信と課題を胸にまた頑張ってもらいましょう!!!

 

大会関係者の方々・先生方、

コロナ禍での運営等有難うございました

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 06:51 | コメントをどうぞ

県中学新人戦

鹿児島県中学新人戦」が、寒空の知覧テニスの森で開催されました。

ATAメンバー達の結果は以下の通りでした。

 

2年男子 優勝  笹川祐輝

2年女子 準優勝 山下結名

1年女子 準優勝 内村望央

21 県中学新人戦ー祐輝

皆本当におめでとう!!!

3人とも苦しい時期・勝ち星がついて来ない時期もあっただけに嬉しい結果ですね。

21 県中学新人戦ー結名

祐輝にとっては久しぶりのシングルス・タイトル!

結名・望央は、タイトルにこそ届きませんでしたが、

今後に繋がる意味のある準優勝だったのではないでしょうか。

21 県中学新人戦ー望央

テニス選手をやっていると「良い時」ばかりではなく、

「調子が悪い時」、「結果が出ない時期」も必ず経験します。

しかし、

地道に頑張っていれば必ず「良い時期」はやってきます。

 

苦労して手にしたものの方が、

簡単に手に入ったものよりも身につくと思いますし、自信もつくはずです!!

今後も前向きな気持ち忘れずに今の自分に出来る最高の準備をやっていきましょう。

 

大会を運営された関係者の方々、先生方

有難うございました。

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 23:21 | コメントをどうぞ

ボブ・ブレット氏 逝去

「グランドスラム覇者」のベッカーやイバニセビッチ、チリッチ、そして松岡修造さんのコーチも務めたボブ・ブレット氏が1月5日に癌のため67歳で生涯を閉じました。

日本テニス界にも多大なる功績を残した指導者であり、私のような者でも「縁」を感じさせてくれる方でした。

 

私がボブ・ブレット氏と初めて一緒させてもらったのが15年前の

2005年11月に荏原湘南スポーツセンターで開催された「修造チャレンジ・トップジュニア合宿」。

21 ボブ・ブレット逝去ー修チャレ1

当時指導していたジュニアと共にコーチとして参加した私に対してもブレット氏は選手と同じトレーニング・メニューを課す鬼軍曹ぶり!

21 ボブ・ブレット逝去ー修チャレ2

ボブ・ブレット氏、修造さん、私(白い服)が一緒に写っている唯一の画像(笑)

大きな刺激をもらって地元に戻ったのを覚えています。

 

 

次に一緒になったのが13年後、

2018年9月に博多の森で開催された「JTA伝達講習会 九州地域合宿」でした。

18 JTA伝達講習会ー全体1

13年前の鬼軍曹ぶりの経験からビビり気味で合宿に臨みましたが、

私が英語が出来ると分かると・・・

近づいて来てはジュニア指導等について語り出したので、私もここぞとばかりに質問攻め!!!!

18 JTA伝達講習会―ボブ1

 

18九州地域合宿ーボブ1

私が肘にサポーターしているのを見るとテニスエルボーの予防法の話を始め、

壁打ちの重要性についてから、ラケットのこと、ゴルフ、食べ物のこと等々‥‥

最後にはボブ・ジュンと呼び合い、娘の話をするくらい仲良くさせてもらい、

超・充実した二日間になりました。

18 JTA伝達講習会-ボブ壁打ち(私のラケットを使って壁打ちの大切さを力説するボブ)

 

 

最後にボブに会ったのが、その1年後の

2019年12月オーストラリア・メルボルン

娘のバレエ学校の卒業式に参加する為にメルボルンを訪れた際、

散歩がてら全豪OP会場でもあるテニスセンターを訪れると、そこでU14日本代表チームが練習している姿を超偶然にも発見!!!!!

そこにボブも帯同コーチとして参加していました。

19 AUS-コート2

前回色々な話をしていたこともあり私の事を覚えていてくれていましたが、真剣に練習をしているところだったので、挨拶と娘の紹介のみで一緒に写真までは撮ることは出来ず。

帰り際に私達に向けてバレエを踊る真似をしたボブのおどけた姿が最後になるとは思ってもいませんでした。。。(涙)

あれから僅か1年での訃報…

今となっては、彼の故郷(オーストラリア・メルボルン)で再会をして話ができた事が私へのギフトだったのかなぁと勝手に思っています。

 

 

18九州地域合宿―ボブ壁打ち(これも私のラケット・笑)

亡くなる2週間前にATP生涯最優秀コーチ賞を受賞したボブ!!!

最期はフランス・パリで2人の娘さんに看取られて息を引き取られたそうで、

それを聞いて少しだけほっとしました。

 

普段は柔和だが、コート上では厳しく、マナーも大切にしたボブ・ブレット。(私の目指すコーチ像)

ご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 国内テニス, 海外ジュニアテニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 22:51 | コメントをどうぞ

鹿児島県テニス協会 会長杯

新年恒例の「鹿児島県テニス協会 会長杯」が開催されました。

ATAメンバーの結果は以下の通りです。

21 会長杯1

U18 男子シングルス 優勝   山﨑壮真

U16 男子シングルス 優勝   田中琉生

U16 男子シングルス 準優勝  荒瀬洋輝

 

おめでとう!!!

壮真、琉生にとって県大会レベル(シングルス)での初タイトル!

最高の形で一年のスタートをきることができました。

今回の結果を励みに引き続ききばっどー!!!!!

 

コロナ禍の中、

大会を運営された関係者の方々、先生方有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:33 | コメントをどうぞ

全日本覇者 中川直樹プロ来る!

先の「全日本テニス選手権」で男子シングルスを制した

中川直樹プロが、

なんと!!!!!

Jr.チームの練習に参加してくれました。

20 中川直樹-全体
20 中川直樹3ショット

ジュニア達全員(OBで今年の「全日本鹿児島県予選覇者」狩行紀希も参加)ともポイント形式までやってくれて皆大喜び!!!

20 中川直樹ーフォアハンド

20 中川直樹ーサーブ

シンプルにボールを打つ「音」がヤバいですし、

カッコイイです。

20 中川直樹ーインスタ

中川直樹プロのインスタにも練習の事をアップしてくれました。

Naoki Nakagawa(@naoki1996) • Instagram写真と動画

20 中川直樹ーサイン

全員サインまで貰って喜び爆発(笑)

 

直樹プロは、

13歳から盛田ファンドの支援を受けて単身アメリカIMGアカデミーへ

ジュニア時代には「全米OPジュニア複 優勝」等の輝かしい成績を残しプロ転向。

でもそこからが2度のケガによる長期離脱で苦難の連続でしたが、諦めずにカムバックを果たし、やっと本来の位置に戻ってきてくれました。

グランドスラムの舞台で彼のプレーを見れる日もそう遠くはないのではないでしょうか!

練習の翌日には、

「全日本選手権」の優勝報告に同行させて頂きました。

20 中川直樹ー県議会

県議会議員の先生方と

 20 中川直樹ー県庁220 中川直樹ー県庁1

県庁にて

20 中川直樹ーテニス協会

県テニス協会にて

20 中川直樹ー天皇杯

全日本チャンプに送られる

天皇杯!!!!

実物を初めて見て持たせてもらいましたが、

重量感はハンパなく!

テニスをやっている人間として素直に感動しました。

 

直樹プロ、中川コーチ、そして奥様、本当に多忙な中有難うございました。

今後も「鹿児島県人二世」中川直樹プロを微力ながら応援していきたいと思います。

カテゴリー: ATA, 国体, 国内テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 21:59 | コメントをどうぞ