カテゴリー別アーカイブ: 高校テニス

鹿児島市高校テニス大会

鹿児島市高校テニス大会

22-市高校-男子 22-市高校-男子全体

男子団体  優勝(2部門)    鹿児島実業

 

22-市高校-女子

女子団体  準優勝      鹿児島実業

 

22-市高校-男子個人1

男子個人  優勝    鵜狩良夢・松葉口翔栄(鹿児島実業)

 

22-市高校-男子個人2

男子個人  準優勝   平山凜太郎・有村純吾(鹿児島実業)

男子個人  3位    内村翔大・柳田迅斗 (鹿児島実業)

 

22-市高校-全体

インハイまで残り僅か!

ラストスパートだ!!

 

アリムラTAホームページ

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 06:25 | コメントをどうぞ

九州ジュニア県予選 その2

九州ジュニアの県予選を兼ねる「樋口杯ジュニア」のU16・U18が開催されました。

ATA戦士たちの結果は以下の通りでした。

22-樋口杯ジュニアー鵜狩良仁

〈U16 男子〉

S 準優勝        鵜狩良仁

S 6位         岩切晴哉

22-樋口杯ジュニアー内村望央2

〈U16 女子〉

S 6位・D優勝  内村望央

22-樋口杯ジュニアー内村・松葉口

〈U18 男子〉

S 5位   内村翔大

S 6位   有村純吾

S 7位   平山凜太郎

D 3位   内村翔大・松葉口翔栄

D 4位   有村純吾

D6位   鵜狩良夢・平山凜太郎

 

 

さぁ県予選は終了だ!

次は夏の九州ジュニアに向けて頑張ろう!!

大会関係者の方々、コロナ禍での運営有難うございました。

 

アリムラTAホームページ

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 22:19 | コメントをどうぞ

九州Jr.サーキット 鹿児島大会

「九州Jr.サーキット 鹿児島大会」が知覧テニスの森で開催されました。
ATAメンバーの結果は以下の通りです。

U18男子S 3位    有村純吾
U16男子S 2位    鵜狩良仁
U16男子D 1位    鵜狩良仁・岩切晴哉
U16女子D 2位    平岡里彩

 

以上のメンバーが、
新春1月3日に開幕する「九州Jr.マスターズ」へ進出しました!
21-九州Jr.サーキット-鹿児島大会
マスターズは、九州の強豪選手達が集まる絶好の機会!!

2022年のスタートを幸先良いものにする為にも

しっかりと練習を積んでいって欲しいですね。

22-九州jr.マスターズ-要項

 

 

アリムラTAホームページ

 

 

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 06:20 | コメントをどうぞ

鹿児島県高校新人戦

全国センバツ高校に繋がる大会「鹿児島県高校新人戦」が終了。

ATA関係、鹿児島実業の結果は以下の通りでした。

21-県高校新人戦1

<男子>

団体       準優勝   鹿児島実業

シングルス    3位    内村翔大(鹿実)、柳田迅斗(鹿実)

シングルス    ベスト8  有村純吾(鹿実)、鵜狩良夢(鹿実)

ダブルス     3位    内村翔大・柳田迅斗(鹿実)

 

<女子>

団体       3位    鹿児島実業

シングルス    優勝    岡村凜那(OG 鳳凰)

ダブルス     準優勝   岡村凜那(OG 鳳凰)

 

女子で二冠(団体・単)を果たしたOG岡村凜那!

本当におめでとう!

九州大会では、共に全国センバツを目指して頑張ろう。

21-県高校新人戦4

指導する鹿児島実業は

男子団体で準優勝を果たし、九州大会への出場権を手にしました。

おめでとう!!

個人シングルスでは「ベスト8に4名」→「ベスト4に2名」進出する等、今持っている力を発揮してくれたと思います。

21-県高校新人戦2

但し「全国センバツ高校」出場権が懸かる1ヶ月後の九州大会で勝ち上がって行くには、まだ力ををつけなければなりません!!!

残り3週間、

昨年の経験を思い出して「覚悟」を決めて頑張って欲しいです。

21-県高校新人戦3

大会を支えてくださった関係者の方々、先生方、

有難うございました。

 

アリムラTAホームページ

 

 

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 06:56 | コメントをどうぞ

ウインブルドン 2年振りに開幕!

いよいよ始まるウインブルドンテニス!!

コロナの影響で第2次大戦時以来の中止になった大会が

2年振りに戻ってきます。

21-Wimbledon-開幕前(Wimbledon Facebookより)

日本勢男子は、錦織圭選手を筆頭に、西岡良仁杉田祐一内山靖崇、マクラクラン勉、

女子は、土居美咲日比野菜緒、青山修子/柴原瑛菜が出場。

本当に楽しみなメンバー!

頑張って欲しいですね。

21-Wimbledon-nishikori1(Wimbledon Facebookより)

ここ最近、

指導する鹿児島実業が出場権を手にしていた「九州高校総体」が、

コロナの影響で2年連続「中止」になり、モヤモヤとした気持ちの中を過ごしていましたが…

気持ちを切り替えて今日から寝不足全開でいきたいと思います(笑)

カテゴリー: 海外テニス, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 06:37 | コメントをどうぞ

鹿児島県高校総体

コロナの影響で大会が中止になり涙してから一年、

待ちに待った「鹿児島県高校総体」が開催されました。

21-県総体ープログラム

指導する鹿児島実業の結果は

男子団体 準優勝

女子団体 3位

21-県総体ー決勝戦

〈団体決勝〉

鳳凰 2-1  鹿児島実業

男子は、「全国センバツ8強」進出を果たした強豪の鳳凰に挑みました。

戦前、かなり厳しい戦いになることが予想されましたが、

試合が始まると予想を覆すようなプレーを各自が繰り広げて盛り上げ、決勝戦に相応しい内容の戦いに!

惜しくも1-2で敗れはしましたが、素晴らしい戦いでの準優勝だったと思います。

21-県総体ーメンバー1

ここまでの半年間、

故障者が多く出て、チームをなかなか追い込む練習が出来ず。。。

チーム力が上がってこない不安な状態で挑んだ市大会では鳳凰以外のチームに負けるという苦い経験も・・・・

そこからは、選手も私も覚悟を決めて厳しく負荷のかかる練習に取り組み、

鹿屋体大やOBとの練習試合を通し、急速に力をつけていきました。

メンバー5人中4人が2年生の若いチームであることを考えても今回の結果は誇れるものだと思います!が、団体戦後の個人戦では体力も気持ちも残っていないように感じました。今後は、5日間を通してベストな状態で戦い続けれるフィジカル面の向上が急務でしょう。

次戦(九州総体)に向けて気を引き締めていきたいと思います。

 

21-県総体ーチーム鹿実

まさに「チーム鹿実」一丸となり掴んだ準優勝という結果でした!

皆おめでとう!!!

21-県総体ー女子

女子チームも団体3位と大健闘!!

大会前のチームの状況を考えてもよく頑張ったなぁと思います。

本当におめでとう!

21-県総体ー三年生

今大会が最後の大会になった多くの3年生達、本当にお疲れ様でした。

テニスで培った我慢強さで次のステージでも頑張って下さい!

心から応援しています。

21-県総体ーりんりん

ATA出身の岡村凜那(鳳凰)は、一年生ながら女子団体と個人シングルスで見事に全国への切符を手にしました。

りんりん本当におめでとう!!

親元を離れての生活で大変なこともあると思うけど頑張れよー!

 

コロナ禍の中、大会を支えて下さった関係者の方々、先生方も有難うございました。

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 20:28 | コメントをどうぞ

九州ジュニア 鹿児島県予選

九州Jr. 鹿児島県予選(樋口杯)が知覧テニスの森で開催!

ATAメンバーの結果は以下の通りでした。

21-樋口杯ジュニアーU14MS

U14 男子単       優勝        岩切晴哉

U14 男子複       優勝        岩切晴哉・鵜狩良仁

U14 女子複       優勝        内野優里

U16 女子単・複     準優勝準優勝   岡村凜那

U16 女子複       3位        山下結名・堀桜子

U14 女子単       4位        内村望央

U14 男子複       4位        堀切勇希・山下晃世

U18 男子複       4位        山﨑壮真

21-樋口杯ジュニアーU16WD 21-樋口杯ジュニアーU16WSD

チームとして3種目「優勝」、2種目「準優勝」という結果でした。

皆本当におめでとう!!

21 樋口杯ジュニアーU14MD

岩切晴哉はU14でシングルス・ダブルス「二冠」を達成!

小学生時代には全小にも出場、全日本Jr.複では8強入りするなど、順調に成長していましたが、昨年秋から年末にかけては、今まで負けた事がなかった相手に対して負けが続くなど苦悩の時期もありました…。しかし年始からは目に見えて直向きにテニスに向き合うようになり今回「二冠」に!!まだまだ伸びしろのあるテニスですのでこの流れに乗って日々の練習を頑張ってもらいましょう!

 

鵜狩良仁は、U14ダブルスを制覇。

小学生時代から九州・全国の舞台でエースとして活躍してきた良仁ですが、コロナ以降に試合が無かった影響か「目標を失っていた」印象がありました。しかし最近はテニスに集中出来てきていたところ…。今回のシングルス敗戦は残念だったかと思いますが「気づき」もあったはずです。失った時間を埋めるには、それと同様の時間が必要ですので、引き続き地道に取り組みましょう!

21-樋口杯ジュニアーU14WD

内野優里は、U14ダブルスを制覇!

決勝戦で対戦した年上で地力のあるペアを破っての優勝は本当に価値があります。優里の「ハッキリとした性格」は選手向きだと思いますし、サーブ・フォアハンドを中心としたプレースタイルも躍動感があり魅力的です。手っ取り早く結果を出せるプレースタイルでないので、結果に一喜一憂せずに我慢強く自分のテニスを作っていく必要があります。今後も小さく纏まらないで頑張るぞ!!

 

さぁ県予選は終了だ!

次は九州Jr.全日本Jr.を目指して頑張ろう!!

大会関係者の方々、コロナ禍での運営有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 17:12 | コメントをどうぞ

高校樋口杯

県高校総体前、最後の県大会「高校樋口杯」が終了しました。

指導する鹿児島実業とATA関係者の結果は、以下の通りでした。

21-高校樋口杯ー全体

1年男子 複 優勝     中間紫音・長谷匠真(鹿実)

1年女子 複 優勝     宮下千奈・祝奈津希(鹿実)

2年男子 複 3位     島田大輝・有村純吾(鹿実)

2年男子 単 ベスト8   山﨑壮真(鹿中央)

 

皆おめでとう!!!

今持っている力は発揮できたと思いますが、

インハイに向けては「心技体」全てにおいて更なる向上が必要。

今大会で掴んだ自信と課題を胸にまた頑張ってもらいましょう!!!

 

大会関係者の方々・先生方、

コロナ禍での運営等有難うございました

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 06:51 | コメントをどうぞ

九州センバツ高校

全国選抜高校テニス大会 九州地区大会」は、男子が母校・柳川の4年ぶり35回目の優勝!

女子は沖縄尚学の4連覇で幕を閉じました。

両校の皆さんおめでとうございます。

20 九州センバツー柳川1

私的には、中3まで指導した永村優翔が母校のS3として堂々とプレーしてくれた事も本当に嬉しかったです!

本田監督、本村剛一コーチ、引き続き御指導をお願いします。

 

指導する「鹿児島実業」は男女とも出場。

20 九州センバツー鹿実1

男子はレギュラー「7人中5人」が1年生という若い布陣で

4年連続8回目の全国出場を目指しましたが、残念ながら目標達成はならず。

20 九州センバツー鹿実2

皆、一生懸命にプレーしていましたが、

大切なところ、プレッシャーのかかる場面での「経験不足」は否めませんでした。

残念な結果ではありましたが、1年生中心の若いチームという事を前向きに捉えて、

反省・修正(選手達だけでなく、私も)の上、正しい方向へ邁進して行きたいと思います。

Bブロック(各県3位校大会)出場の女子は見事に3位入賞!!!

おめでとう!!

怪我人が多い中本当に良く頑張りました。

これを糧にまた頑張りましょう。

20 九州センバツー鹿実3

コロナ禍の影響で約9か月振りの県外での試合、ガチンコ勝負の舞台!

このステージに戻ってきて改めて思ったことは、やはり・・・・

 

県で一番になりたければ、県で一番の練習が必要!

九州で一番になりたければ、九州で一番の練習が必要!

日本で一番になりたければ、日本で一番の練習が必要!

 

ということ。

楽して勝てるほど勝負の世界(現実)は甘くありません。

年齢やレベルが上がるにつれて、それは顕著です。

やるべき事はシンプル!

練習(汗)は絶対に嘘をつきません。

カテゴリー: ATA, 未分類, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 17:26 | コメントをどうぞ

鹿児島県高校新人戦

全国センバツ(団体戦)に繋がる「鹿児島県高校新人戦」が終了しました。
指導する鹿児島実業&ATAの結果は以下の通りでした。

 

男子 団体 2位

女子団体  3位

男子 単  ベスト8 内村翔太

男子 単  べスト8 前橋栄綺

男子 単  ベスト8 柳田迅斗

男子 単  ベスト8 有村純吾

男子 複  ベスト4 内村翔大・平山凜太郎

20 県高校新人戦‐全体

男子2位・女子3位で見事に九州大会への切符を手にしました!!!!

20 県高校新人戦‐男子1

男子はレギュラー7人中5人が一年生というフレッシュなチーム!
シングルスからダブルスまでバランスが取れていて、今大会ではそれぞれが力を出し切れたと思います。

とはいえ、「4年連続8回目」の全国センバツ出場へ向けてはチームとして更なるレベルアップが必要と言えるでしょう。

20 県高校新人戦‐女子

女子はベストな布陣で臨めない中、

チーム一丸となって頑張っての3位入賞!

本当に価値がありますね。

おめでとう!

20 県高校新人戦‐男子2

男女共に残り1ヶ月間、

更なる成長をして博多の森のコートに立てればと思います。

20 県高校新人戦‐男子3

大会を支えて下さった関係者、先生方、保護者の方々、有難うございました。

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 16:16 | コメントをどうぞ