栃木国体 優勝

いちご一会とちぎ国体

コロナの影響によって中止されていた国体が3年振りに開催されました。

22栃木国体ースタジアム

鹿児島県チームの結果は、

 

成年男子  優勝   (齋藤恵佑・山﨑純平)

成年女子  4位   (松田美咲・清水映里)  

少年男子  ベスト16 (河野隼也・吉武真輝)

少年女子  ベスト16 (梶原慈佳・岡村凜那)

男女総合  5位

女子総合  4位

22栃木国体ー表彰式・成年男子

成年男子(齋藤恵佑,山﨑純平)は、

県勢男子として初の優勝!

決勝で対戦した愛媛県は、

「全日本選手権 複2回優勝、全日本室内選手権 単複2冠」を達成している「ミスター国体」片山翔選手と

今季「毎日選手権」をはじめオープン大会でシングルス優勝3回、ダブルスではITF大会でも優勝している楠原悠介選手を擁する強豪チームでしたが、

斎藤恵佑の超高速ストロークを中心とした圧巻のプレーと山﨑純平のサーブとフォアを軸とした粘りのプレーで見事にストレート勝ち!

来年の地元鹿児島国体へ向けて大きな弾みがつきました。

22栃木国体ー表彰式ー全員

鹿児島の為に戦ってくれた選手の皆さん、サポートをして下さったチームスタッフ、関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

22栃木国体ーチーム全員集合

今回の鹿児島県チーム!

 

 

22栃木国体ー行進

天皇皇后両陛下もご臨席された「総合開会式」

本当に感動しました。

22栃木国体-チーム鹿児島

鹿児島県選手団 団長の塩田県知事と!

22栃木国体ー塩田知事

 

22栃木国体ー柳川

柳川高OB・OGでも集合。

福岡,佐賀,鹿児島,愛媛,京都,群馬,山形

それぞれの都道府県で選手・監督として頑張っています。

 

国体でも2度の優勝を誇る片山翔(右から3番目)は、

柳川高時代に全国タイトルを総なめにした選手で

現在は選手活動の傍ら母校のコーチも務め、今夏のインハイでは16年振りに栄冠をもたらしました。

アリムラTA(ATA)Instagram

アリムラTAホームページ


カテゴリー: ATA, 国体, 国内テニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 12:11 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">