カテゴリー別アーカイブ: 国内ジュニアテニス

MUFGジュニア県予選

MUFGジュニア 鹿児島県予選が、知覧テニスの森で開催されました。

チーム関係者の結果は以下の通り。

 

男子シングルス  優勝  鵜狩良仁

男子シングルス  準優勝 松葉口翔栄(鹿実)

女子シングルス  優勝  岡村凜那(OG 鳳凰高)

21-MUFGジュニア県予選1

男子は、中2の鵜狩良仁が高校生達をなぎ倒して優勝!

女子の岡村凜那は、力の差を見せつけての圧巻の優勝でした。

本当におめでとう!

2人は、来春名古屋で開催される「全国大会」への切符を獲得。

全国大会までは、時間があるので日々の練習を積み重ねて更なる成長を目指すぞ!

 

ちなみに…

中2(鵜狩)の優勝は、

辻陽平(OB・福岡大)以来3人目。

※もう1人は、馬場早莉プロ(OG・早稲田大卒)で中1から三連覇!

 

アリムラTAホームページ

カテゴリー: ATA, Wilson Team, 国内ジュニアテニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 17:52 | コメントをどうぞ

県選手権ジュニア

鹿児島県のジュニア№1決定戦「鹿児島県テニス選手権(ジュニアの部)」が開催されました。

14才、12才以下クラスの選手達にとっては「九州」→「全国」へと繋がる大会!

ATAメンバー達の結果は以下の通りでした。

21-県選ジュニア1

<U16男子>

単   優勝    鵜狩良仁

単   準優勝   笹川祐輝

単   3位    岩切晴哉

複   優勝    笹川祐輝

複   準優勝   鵜狩良仁・岩切春哉

複   4位    原田崇暢・山下晃世

 

<U16女子>

単   準優勝   平岡里彩

単   4位    内村望央

単   ベスト8  堀桜子

単   ベスト8  山下結名

複   優勝    平岡里彩

複   3位    山下結名・堀桜子

21-県選ジュニア2

<U14男子>

単   ベスト8  瀬戸口智大

単   ベスト8  中原秀真

 

<U14女子>

単   ベスト8  内野優里

複   3位    内野優里

 

<U10女子>

単   4位    加治屋麗

 

 

おめでとう!!!!

皆の頑張りもあって 「3種目  優勝」 「3種目  準優勝」 という結果をおさめる事が出来ました。

ジュニア期において

「勝ちに拘る事」と「将来に向けてスタイルを構築していく事」の両立は簡単ではありませんが、

まずは目標・課題を明確にして日々の練習をキバりましょう!!!!!

 

コロナ禍の難しい状況の中、大会を支えて下さっった関係者の方々も本当にお疲れ様でした。

 

アリムラTAホームページ

 

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 06:40 | コメントをどうぞ

中牟田杯ジュニア

U-15全国選抜Jrテニス選手権(中牟田杯)」が博多の森で開催されました。

21-中牟田杯ーパンフレット

私がデパートマン時代(岩田屋)のオーナーであられた

中牟田喜一郎氏(元日本テニス協会会長、元デビスカップ日本代表監督)の名を冠した大会!

私自身もジュニア時代に選手として出場し、

社会人時代には運営のお手伝いもさせて頂いた思い入れのある大会です。

21-中牟田杯カップ

歴代優勝者には松岡修造さんや伊達公子さん、伊藤竜馬選手、森田あゆみ選手、奈良くるみ選手・・・世界に羽ばたいて行った多くの選手達の名が!

21-中牟田杯ードロー表

その伝統の大会の男子ダブルスに

ATAから鵜狩良仁と岩切晴哉の中2コンビが出場。

21-中牟田杯ーセンターコート

初戦で北海道ペアにストレート勝ちし初戦を突破!

2回戦で第5シードペアに敗れはしましたが、全日本ジュニアで味わった悔しい経験を活かせた大会になったと思います。

21-中牟田杯ー神山君

また今回、収穫となったのが

試合後の会場で同世代の「日本一」神山宏正(関東/TEAM YONEZAWA)選手と練習させてもらえた事です。

同世代の日本のトップとの差を体感する事が出来て二人とも大きな刺激を受けたようで・・・

今後が本当に楽しみです。

 

大会関係者の方々も有難うございました。

 

アリムラTAホームページ

 

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 20:19 | コメントをどうぞ

全日本ジュニア 

ジュニアテニス選手「日本一」を決める

全日本Jr.選手権」が大阪の地で開催されました。

ATAからは九州予選を勝ち抜いた以下の3名が出場!

 

U14男子ダブルス  1回戦   岩切晴哉・鵜狩良仁

U14女子ダブルス  1回戦   平岡里彩

21-全日本ジュニアー3名

残念ながら男女共に、勝ち星を挙げることはできませんでした。

選手達にとっても私にとっても本当に悔しい敗戦でしたが…

全日本のステージに立つ事ができたからこそ気づけた事があったはずです。

今後それをどう活かしていくか!

選手として、そこが大切だと思います。

21-全日本ジュニア-ドロー表

課題や目標を明確にして

ベクトルが定まったら、そこに直向きに進んで行く!!!

チームの皆も今回のチームメイトの経験を出来るだけ共有して、皆で日々の練習を頑張っていきましょう。

21-全日本ジュニア-バナー

緊急事態宣言下の大変な状況での大会開催…

貴重な舞台を整えて下さった大会関係者の方々、本当に有難うごいざいました。

 

私的にも久しぶりの全日本ジュニアの会場で、

多くの関係者・指導者の方々と再会し、意見交換や情報交換をすることが出来て、充実の時間になりました。

また一から頑張りたいと思います。

キバっどー!!!!!!

 

アリムラTAホームページ

 

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 07:08 | コメントをどうぞ

鹿児島県高校サマーJr.

「県高校サマージュニア」が知覧テニスの森で開催されました。

鹿児島実業・ATA関係者の結果は以下の通りでした。

 

2年男子  準優勝  内村翔大(鹿実)

2年女子  ベスト4 岡村凛那(OG 鳳凰高)

2年男子  ベスト8 柳田迅斗(鹿実)

2年男子  ベスト8 有村純吾(鹿実)

1年男子  ベスト4 名越颯太(鹿実)

21-高校サマーjr1

指導する鹿児島実業は、

新チームになって初めての県大会に挑み、ベスト8に3名が進出!(2年の部)

その中で主将の内村翔大が見事に決勝進出を果たしました。

21-高校サマーJr2

全国センバツ8強/インハイ出場の選手達を撃破しての準優勝は大きな収穫!

この勝利は「ただの勝利」ではなく、

昨年からシングルスベスト8の壁を破れなかったチームに「自信と勢いを与えてくれる勝利」だと思います。

秋の新人戦に向けてキバっどー!!!!!

 

大会関係者の先生方、保護者の方々、有難うございました。

 

アリムラTAホームページ

 

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 12:30 | コメントをどうぞ

九州中学総体

九州中学総体

鹿児島県予選を勝ち抜いたATAメンバー達が、熊本の地で躍動しました。

 

〈男子団体〉

3位  伊集院(笹川・鵜狩)

4位  西紫原(原田・山下)

 

〈男子シングルス〉

出場  山下晃世

出場  堀切勇希

 

〈男子ダブルス〉

優勝  笹川祐輝・鵜狩良仁

出場  原田崇暢

 

女子

〈女子団体〉

出場  西紫原(山下)

 

〈女子シングルス〉

2回戦 平岡里彩

出場  内村望央

21-九州中学総体-D優勝

笹川祐輝・鵜狩良仁ペアが、男子ダブルスで優勝!!

見事に「全国中学」への切符を手にしました。

酷暑の中よく頑張った!

本当におめでとう。

21-九州中学総体-D試合中

1回戦から決勝戦までの5試合で僅か3ゲームしか失わない圧巻の内容でした。

21-九州中学総体-西中男子

21-九州中学総体-男女

 

それ以外の選手達もお疲れ様でした。

特に3年生は中学最後の節目の大会で頑張ってくれたことが本当に嬉しかったです。

 

大会関係者の方々も運営など有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 17:03 | コメントをどうぞ

九州ジュニア

全日本ジュニアの予選を兼ねる「九州ジュニア選手権」が灼熱の宮崎で開催されました。

ATA戦士たちの結果は以下の通りでした。

 

男子U14複  準優勝    岩切晴哉・鵜狩良仁

女子U14複  準優勝    平岡里彩

21-九州ジュニア1

見事に3名が「全日本ジュニア」への切符を手にしました。

猛暑の中よく頑張った!

本当におめでとう。

全日本までの1か月半、日々の地道な練習で更なるレベルアップをして大阪の地に乗り込みたいと思います!

 

コロナ禍での大会開催、

関係者の皆様方有難うございました。

私的には、

久しぶりの九州レベルのJr.大会で多くの指導者の方々と再会・情報交換が出来た事も収穫でした。

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 17:42 | コメントをどうぞ

九州ジュニア 鹿児島県予選

九州Jr. 鹿児島県予選(樋口杯)が知覧テニスの森で開催!

ATAメンバーの結果は以下の通りでした。

21-樋口杯ジュニアーU14MS

U14 男子単       優勝        岩切晴哉

U14 男子複       優勝        岩切晴哉・鵜狩良仁

U14 女子複       優勝        内野優里

U16 女子単・複     準優勝準優勝   岡村凜那

U16 女子複       3位        山下結名・堀桜子

U14 女子単       4位        内村望央

U14 男子複       4位        堀切勇希・山下晃世

U18 男子複       4位        山﨑壮真

21-樋口杯ジュニアーU16WD 21-樋口杯ジュニアーU16WSD

チームとして3種目「優勝」、2種目「準優勝」という結果でした。

皆本当におめでとう!!

21 樋口杯ジュニアーU14MD

岩切晴哉はU14でシングルス・ダブルス「二冠」を達成!

小学生時代には全小にも出場、全日本Jr.複では8強入りするなど、順調に成長していましたが、昨年秋から年末にかけては、今まで負けた事がなかった相手に対して負けが続くなど苦悩の時期もありました…。しかし年始からは目に見えて直向きにテニスに向き合うようになり今回「二冠」に!!まだまだ伸びしろのあるテニスですのでこの流れに乗って日々の練習を頑張ってもらいましょう!

 

鵜狩良仁は、U14ダブルスを制覇。

小学生時代から九州・全国の舞台でエースとして活躍してきた良仁ですが、コロナ以降に試合が無かった影響か「目標を失っていた」印象がありました。しかし最近はテニスに集中出来てきていたところ…。今回のシングルス敗戦は残念だったかと思いますが「気づき」もあったはずです。失った時間を埋めるには、それと同様の時間が必要ですので、引き続き地道に取り組みましょう!

21-樋口杯ジュニアーU14WD

内野優里は、U14ダブルスを制覇!

決勝戦で対戦した年上で地力のあるペアを破っての優勝は本当に価値があります。優里の「ハッキリとした性格」は選手向きだと思いますし、サーブ・フォアハンドを中心としたプレースタイルも躍動感があり魅力的です。手っ取り早く結果を出せるプレースタイルでないので、結果に一喜一憂せずに我慢強く自分のテニスを作っていく必要があります。今後も小さく纏まらないで頑張るぞ!!

 

さぁ県予選は終了だ!

次は九州Jr.全日本Jr.を目指して頑張ろう!!

大会関係者の方々、コロナ禍での運営有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 17:12 | コメントをどうぞ

九州選抜ジュニア

先週末、「全国選抜ジュニアテニス選手権九州地域予選(九州選抜ジュニアダブルス選手権)」が宮崎県総合運動公園で開催されました。

今大会は過去に

’07年 U14男子複 優勝   西田浩輝

’08年 U14女子単 優勝   馬場早莉

’09年 U14男子複 優勝   林田誠

’13年 U14女子複 準優勝  大渡菫・元山果南

’16年 U14女子複 優勝   元山未優・佐藤唯

 

と、2005年にATAを創設以来、「5名の優勝者」と「2名の準優勝者」を輩出しているゲンの良い大会といえます。

今年の結果は、以下の通りでした。

21-九州選抜Jr.-2人

U14男子複 準優勝  岩切晴哉・鵜狩良仁

 

2人とも本当に良く頑張りました。

おめでとう!!

ここから夏の九州ジュニアまでの間に順番は目まぐるしく変わりますので、

2人にも大いにチャンスがあると思います。

夏には頂点を目指せるように日々の練習を大切に頑張っていって欲しいですねぇ!

21-九州選抜Jr.-試合風景

例年、沖縄で開催されているこの大会は、

本戦で敗れたその日から練習試合で経験を積ませてもらえる選手目線の素晴らしい大会で・・・

来年はコロナも収まって通常の大会になっていれば良いなぁと心から思います。

21-九州選抜Jr.-5年前

(5年前の懐かしい写真!元山・佐藤ペアに琉球ガラスの優勝盾を授与したのは、新垣沖縄県テニス協会会長、私の親友のお父様でした。)

今回、コロナ禍での大会を支えて下さった九州テニス協会の吉田委員長や宮崎県の岩田委員長をはじめとした関係者の方々、本当に有難うございました。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 23:24 | コメントをどうぞ

県中学新人戦

鹿児島県中学新人戦」が、寒空の知覧テニスの森で開催されました。

ATAメンバー達の結果は以下の通りでした。

 

2年男子 優勝  笹川祐輝

2年女子 準優勝 山下結名

1年女子 準優勝 内村望央

21 県中学新人戦ー祐輝

皆本当におめでとう!!!

3人とも苦しい時期・勝ち星がついて来ない時期もあっただけに嬉しい結果ですね。

21 県中学新人戦ー結名

祐輝にとっては久しぶりのシングルス・タイトル!

結名・望央は、タイトルにこそ届きませんでしたが、

今後に繋がる意味のある準優勝だったのではないでしょうか。

21 県中学新人戦ー望央

テニス選手をやっていると「良い時」ばかりではなく、

「調子が悪い時」、「結果が出ない時期」も必ず経験します。

しかし、

地道に頑張っていれば必ず「良い時期」はやってきます。

 

苦労して手にしたものの方が、

簡単に手に入ったものよりも身につくと思いますし、自信もつくはずです!!

今後も前向きな気持ち忘れずに今の自分に出来る最高の準備をやっていきましょう。

 

大会を運営された関係者の方々、先生方

有難うございました。

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 23:21 | コメントをどうぞ