日別アーカイブ:

(no title)

今日は市民大会の団体戦。

春にシングルス・ダブルス共に予選負けでとても戦力になれそうにないので雲隠れを決め込んでいたが召集がかかったので先輩と組んで参戦。

一般男女D各2本、混合2本、年齢別1本の7本勝負。

色んな人呼ばなきゃいけないので人を集めるのが大変。

数年前に初めて参加させてもらった時は優勝したものの、ここ1、2年はいつの間にか優勝から遠ざかっている我がチーム。

我がチームって言っても一度たりとも練習会に参加した事無いですが・・・。

昨日の予選リーグは不参加でしたがチームは1位通過、本日は本戦トーナメント。

初戦は若者ペアと戦い、若者特有の振っていく攻めのスタイルに押し込まれつつ6-2で逃げ切る。

というか我々も若者ですが・・・何でしょ、我々ってちょっと相手の勢いに飲まれる事が多いなぁと思う。

主に俺のチキンなプレーのせいか。

という事で若者のプレーは苦手。

そしてベテランの技術や粘り強さも苦手。

市民大会に若者が増えてきて良い傾向、いや、苦手なタイプが増えてきて厄介・・・全部苦手じゃねーか!

チームは4-3で勝利。勢いに押し負けず逃げ切れて良かった・・・。

 

準決勝は6-5。

戦績残していて実力的に勝てない相手と思ったが序盤にブレークし4-1までいったっけか。

が、それぐらいの優勢から捲くられて5-5。

オマケにどっかのタイミングで手首を痛めてしまったようで、もう相手を止められる気がしない中自分のサービスゲーム。

コースを狙う自身も無く空元気だけ振り絞って何とかキープに成功し6-5。

6ゲームマッチと思って6-6まで行きかけたが6ゲーム先取だったので首の皮が何とか繋がる。

ここ最近ろくに勝てない中、こういう苦境を乗り越えてこそ何かを得られるかと思ったが勘違いで不完全燃焼・・・

自分は負けかけたものの5-2でチームは無事勝利。

 

久しぶりの決勝戦は3-6で負けてしまい貢献できず・・・。

相手チームは個人戦でも活気がある選手が多い印象、レベルの高い先取が多くこれもまた厳しい戦いになると予想はしていましたがこのスコア・・・。

最初数ゲームはキープできたが1ブレされ、何とかブレイクバック、しかしそっから2ブレ許してしまった・・・。

相手のボールが厳しいとどうしても先に攻めてポイントを終わらせたくなってしまう。

40-40の場面で自分のストロークの仕掛けを急ぎ過ぎてブレイクを許してしまったのが痛かった・・・。

チームは優勝したので戦犯にならずに済んだものの、3連勝で飾りたかった・・・力不足。

この前の市民大会での惨状を思えばかなり良いプレーだったと思うが、強い人相手にもう一歩踏み込めず。

どうも動きの鈍い自分はダブルスの展開の早さが苦手、特に相手のネットプレーについて行けない。

今までは自分が一番不得意なネットプレーを何とかして取り入れないと相手に先手を打たれると思ってやっていたが、前回ズタボロだったので今日はとにかくベースラインに張り付いてずっと雁行陣。

強い人のダブルスはとにかく即平衡陣に入ってナンボって感じがする。

シングルスより動き、ポイントがスピーディ。

それに置いていかれないようにしようと自分もトライしていたが諦めた。

強い人のように自分はプレーできないや。

市民大会で勝ってるチャンプはまるで楽に振っているようにしか見えないのに、宙を駆けるような生きた魔球を繰り出す。

今日も同じチームでその一方的なストローク力をいかんなく発揮していた。

この前の大会から結構プレーを見ているが、何回見てもそのやり方が分からん。

ちなみに昨年の団体戦はチャンプと組ませて貰ったものの負けてしまった。

俺のダブルス力ヤバ過ぎでしょ。

弟は現役だった頃は常日頃からフィジカル不足パワー不足を嘆いていたが、打ち合うとどう見てもボールが重く、速く、襲い掛かってきてて、そしてすぐにエースを決めてくる。

彼らに追いつこうと、同じように市民大会で優勝、準優勝したいと思いやってきたが、まあ春の散々だった自分の結果を見るに、自分の理解の範疇を超える彼らのようなテニスは自分には再現できないんだなぁとようやく思った。

鍛練が全然足りん。

そして優勝するって相当しんどいという事。

久々に優勝をがかかった試合をしたが、大会全体で見ると予選もあって、今日の3試合どころか実際は5試合戦わないといけない訳で。

予選リーグは2位まで通過とは言え、たった1敗しただけで命取り、戦う試合は全て勝たなきゃ優勝できない・・・当たり前だ(笑)

団体戦だから自分が勝てなくても味方が勝ってくれて勝ち上がれる場合もある、でもそれは試合前には分からないし。

しんどいよね。

今年は特にボッコボコで、全然勝ってなくてテニスに自信無かったけども(いつもやん)、でも呼んでもらったからには勝たなきゃ男が廃るぜ。

だから3試合全部勝ちたいと思って今日は臨んで、中々厳しい戦いだった。

勝とうが負けようが、予選負けマンの僕がやるからには俗に言う心臓をコートに置いてくるって事をしないとまず試合にならないだろうけれども、1試合1試合それをするって今更ながら凄くハード。

勝ちたいと思って、毎回上手くいかずショボい負け方でガッカリして、気持ちすり減らして、また挑んで、勝てない僕はずっとそれの繰り返し。疲れるね。

しかしヘタクソが勝つには気持ちすり減らすしか無いって事だ。

強い人達が軽く心地よくプレーして勝つ様を真似するには、僕は100パー近くの能力出さなきゃいけない・・・出しても難しい。

上手くいかないテニス、しんどいテニスを我慢してどうにか活路を見出して勝って、それを無敗で繰り返していって・・・我慢、我慢、我慢の連続。

優勝する為に忍び堪える・・・即ち忍者!

そういう感覚から知らず知らずの内に離れちゃうね、学習しない負けを繰り返してると。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:21 | コメントをどうぞ