カテゴリー別アーカイブ: テニスのゴンちゃん

テニスの文化祭 その1

IMG_20180814_084907

 

昨日のダンロップインドアテニススクール根岸。

コートでテニサポの川田さんと松本さんが何やら練習道具を準備してるし、どこかで見た事あるような人が奥のコートで打ってるしで色んな人でごった返してる。

 

 

Screenshot_2018-08-15-10-15-47

そうです、昨日はテニスの文化祭。

多くのテニス関係者が一堂に会して皆さんにテニスを楽しんでもらうイベントが開催されました。

なんと参加費が無料なのに、集まったメンバーが凄いんですよ。

ゴンちゃんは勿論の事、

ダンロップスポーツ、

ダンロップインドアテニススクール根岸

テニスショップでお馴染みのテニスサポートセンター

テニス用のフィジカルトレーニングのレッスンを行っているTPPトレーニングスタジオ

世界を一周しジュニア育成に力を入れている稲本コーチ

プロ選手も通うテニス専門の整骨院、東テニス整骨院

ABCスポーツもグッズ提供、

更に更にサプライズゲストとして写真の通りマチュー先輩、

 

 

 

 

 

 

Screenshot_2018-08-15-10-16-33

 

チャンネル登録者数17万人超の大物youtuber、ポケットウィズまでもが参加。

スクールもショップも整骨院もソフトテニスも何でもあり。

色んな方が参加してくださると聞いていましたが、いざ当日現地来てみるとヤベーなこれって思いましたよ。

凄い人が密集してるんだもん。

僕ら社会人レッスンメンバーもイベントのサポートとしてお力添え。

午前午後の計2部、フル回転してきました。

 

IMG_0861

コートが3面なので各コートでそれぞれレッスンを受け持ち、参加者の皆さんには時間制で回っていってもらう仕組み。

そして開催側もレッスンが6種類なので前半後半に分かれ、レッスンが無い時は参加者に混じってプレー。

写真はジュニアの子と一緒にアプローチからのボレー対ボレーに挑む田中コーチ。

はたしてその相手は・・・?

 

 

 

IMG_0872

マチュー先輩&よこすペア。

マチュー先輩のレッスンはボレー対ストローク。

1グループ20分だから1時間フルでガチバトル。

マチュー先輩と肩を並べてやるって相当プレッシャーだろうに、一緒に1時間プレーしてるんだからタフな男だぜよこす。

 

 

IMG_0848

 

ポケットウィズの担当のレッスンは、なんと!というか、当然というか、ソフトテニス。

参加者にはソフトテニスラケットに持ち替えてもらい、おにさんのアンダーサーブのリターンに挑戦。

イベントへの参加はサプライズにしようって事でシークレットで進めていたそうですが、まあテニスのイベントでまさかソフトテニスをするっていうのも中々サプライズですよね。

普段のテニスでは絶対に味わう事の無い軌道、バウンドで皆きりきり舞い。

このレッスンだけ打てなくてストレス溜める場所か!?なんてツッコミも(笑)

僕も中学の頃はソフトテニス部だったのでいけるかな~なんて思って挑戦したら、アンダーサーブが予測よりも全然自分の方へ来なかったので一歩も動けず・・・

フォアはスピン過多でネットにかかる前にバウンド、片手バックはフレームのヘッドにかすって空振り・・・おかしいなぁ :36 冷や汗:

いや、僕本当にソフトテニス出身なんですって!本当ですって!

 

 

 

正直な話、ゴンちゃんに会う前まではyoutuberって皆こんな感じのノリなのかなと思っていました(笑)

ソフトテニス以外にも楽しいアイディアを沢山考えて動画を出しているポケットウィズ。

閉園1分前にディズニーに入るって!どういう事すか!?笑うわこんなん!!

ゴンちゃんやマチュー先輩はチャンネル登録者数がそれぞれ1万9000人、1万7000人でテニス系youtuberとしての大御所感がありますが、ポケットウィズの登録数は文字通り桁違いの17万人。

この発想こそが桁の違う世界のyoutuberって事なんですね。

ゴンちゃん、このノリ行けるか・・・!?

 

IMG_0890

 

ちなみにポケットウィズの3人はイベント中全員ずっと動画と同じ格好。

8月に!この暑さで長袖長ズボン!!死ぬって!!!

動画に出ている自分のイメージを決して彼らは崩さない。

定番の挨拶もどんな挨拶か事前に動画で見ていたのに、いざ生で見るとついつい笑顔になっちゃう。

途中でダブルスのゲーム形式もやったのですが、試合の中でもこのリアクション。

見ている人を笑顔にするってプロ意識が本当に凄かった。

 

IMG_20180814_112634

ダンロップインドアTS根岸の眞仁田選手のレッスン。

よくアドバイスでは結構基本的というか、僕のような中途半端な愛好家がよく疎かにし勝ちな点を取り上げる傾向が多いように思う。

フォームが綺麗と言われる眞仁田選手、とにかく見栄えが良いですし、放たれる打球も綺麗。

良いボール打ちたければ、人から上手いと言われたければ当たり前の事をサボらずしっかりやれって事ですね。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 23:25 | コメントをどうぞ

武蔵大学硬式庭球部

IMG_20180804_094843

この前。

とある所へ向かうゴンちゃん。

色んな部活のコートの揃ったグラウンドの中を進む。

良いよね、こういうグラウンド。

懐かしい活力を感じる。

 

IMG_20180804_095217

という事で武蔵大学硬式庭球部さんにお邪魔させて頂きました。

強化部長を務めるゴンちゃんにくっ付いて、僕とかっちゃんも練習に混ぜて頂きました・・・。

大学生の頃は体育会に入らず逃げた僕には眩し過ぎる場所ですねぇ。

テニスのゴンちゃんでは導入の時点で「武蔵大学庭球部を救え!」という感じでしたが、コートに一歩入った時点で漂ってくるのはしっかりした部活の空気。

ダブルスの練習をしていて展開がとてもスピーディ。

学生特有のエネルギーがある。

体育会の庭球部の雰囲気に早速面食らったのですが、一方でコートがガランとしているのもどうしても気になる。

良い所ですよね、テニスコートが5面ずらっと並んでいてナイターも完備、でも練習は4名で1面のみ。

これだとコートを1人1面で独占しても余ってしまう・・・(ぇ

男子部は総勢6人、この日は2人怪我で欠席、女子部は休日との事。

こんな広々とした練習環境があるのに真剣な部活に人が集まらないのは何故だろう・・・って体育会から逃げた人間がほざくなって話ですが、いただけないですよね、こういうのって。

大学の団体戦ってD3S6だったと思うけど人数足りるのか・・・?6人ならギリギリ足りるのか。

練習はダブルスでサーブとリターンを重点的にやって、試合もやらせてもらった。

かっちゃんと組んで挑んだものの、初っ端から0-5やられて最終的には3-6だったか。

サーブの練習ではゴンちゃん強化部長の発案で1球だけ可でミスったらジャンプ、なんて鬼のメニューをやっていて結構皆さん苦しんでいたように見えたが、試合では一切ダブルフォルトしてくれなかった。

逆に自分は練習ではそこそこ1球だけで入れていたのに最初からダブルフォルトしまくって足を引っ張る。

試合では隙を見せてくれない。

テニスへの集中力の違いを見せ付けられてしまった。

やっぱちゃんと取り組んでる人は違うのだ。

自分なんかが体育会の練習に参加させて頂けて嬉しかった。

本当にありがとうございました。

 

そしてトップスピンプロの撮影。

実は自分、今まで球出しは得意だと思ってたんですけど、こうして見るとアカンっスね。

球出しでなんでそんなに動きが大きいのか。

もっとパッパッパッってイメージで今までやっていたつもりなのですが・・・

で、でも、バイトコーチ卒業してからはもう全然球出しする機会なんて無かったし・・・

鈍っていたって事で!(笑)

肝心のトップスピンプロの方は・・・ぶきっちょな僕はこすり過ぎて浅い球ばっかになっちゃいましたが、かっちゃんのはよく跳ねますね。

普段僕はボールを押し込むイメージの古い考えのストロークなのでスピンは全然。

でもコートに入れなきゃ話にならんし、というかフラットもスピンも状況に合わせて打ち分けなさいよって事で、深く跳ねるトップスピンも欲しい。

欲言えば滑るスライスも欲しいし全部欲しいですよね。

家に置いてこれを用いて素振りをする、ってより練習に持ち込んでこれで素振りしながら実際に打つ!そしてまた素振りしてから再び打つ!なんて使い方を繰り返したら僕のこすりスピンもグングン早く進化させられるんだろうなと思います。

ちなみに最初の画像でゴンちゃんが緑色のラケットケースっぽい物を持っていますが、それがトップスピンプロ。

コンパクトに持ち運び出来るのでコートに持って行き易そうです。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 16:57 | 13件のコメント

眞仁田コーチ

IMG_20180721_172011

 

今月のスマッシュ。

僕が載るので購入!って中見てたら、ダンロップインドアテニススクール根岸の眞仁田コーチの記事発見。

この前は安田選手も載っていた大森豊さんによるミニインタビューでした。

ゴンちゃんイベントで会った時、プレー凄いのに選手活動しないのかなと内心思ったのですが、 戦績を見てみると今年からJOPの試合に積極的に出ているようで現在3大会に出場し国内220位。

ちなみに僕は今1100位ぐらいです。

 

 

bmn

華麗に振り切る眞仁田コーチのバック。

ホント凄いですよね眞仁田コーチのプレーって。

女子のテニス・・・はあんまり見てないんですけど、打ち方が違うって感じですよね。

これは左右に走って打つ振り回しレッスンの時のなんですけど、追いついて、しっかり振り抜いて強気のボールですよ。

 

bcl

一方の僕はこれですよ。

振り回されて体力がキツい僕はその場をやり過ごそうという魂胆の置きに行ったチキンスイング。

そうじゃないでしょ、こういう時でもちゃんと肩まで振り切らなきゃ駄目なんです。

別にフルスイングしろって言ってるんじゃない、振り抜きなさいよって。

しっかり振り切れれば、力抜いててもスイング通りの良いボールで劣勢に耐えられるでしょ。

そもそも普通のボールの時でも何でバック振り切らない の?ってツッコまれる僕。

打てると勘違いした結果ちゃんと打点に入れておらず振れなかったり・・・普通の時も動かされた時も、ボールとの距離感測れない、更にちゃんとラケットを振るって癖が無いからすぐやらかすんだろうねバック。

 

というか改めて見たらフットワークもやべえな。

3大会で220位って速い方なのかな?

1大会目以降はちょっと苦戦しているようですがまだまだ始まったばかり。

全日本で躍動する姿もいつか見られるのだろうか。

 

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:15 | 31件のコメント

UNOさんとの対抗戦

来ましたね動画。

シングルスもダブルスも動きノロいですねぇ僕は。

それでいて妙に忙しない動き方。遅いのに落ち着きがない。

上手い人ってのはもっと動きがハッキリとしていますよね。

見るからにはい打つぞーって動き方。

僕は変なフォームと言うか、動き方の時点で(笑)

頭の中ではもっとキビキビしっかり動いてるつもりですが。

頭の中で・・・って言えば、ダブルスだと特にイメージとの剥離が大きいんですよね。

モロちゃんと組んでIフォーメーションやってもらってますけど、突っ立ってるだけでとにかく動かない僕。

というかボールに触った記憶も全然無いぞ、フォーメーション形だけ真似てマトモに活かせて無いぞ。

動画で見直すと明らかに取れる選択肢が多くあり、自分が何もせずボケーッとしているように見える。

試合の時はもっと切羽詰っててまるで選択肢なんて見えなかったんだけどなぁ。それが視野が狭いって事か。

しかし、せめて状況に合わせてポジションを上げていくって事をしていかなければ、チキッて中途半端な位置にいる事が多いのは頭にも残っている。

まあつまりは分かっていても分かってなくてもノロマって事っすかねぇ。

難しいですね、リズムが掴めない、自分のペースを作れない、相手のテニスに入れない、等々・・・

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:13 | コメントをどうぞ

フィジカルトレーニング

IMG_20180720_225044

花金。

TPPさんへ行ってまいりました。

僕はフィジカルの部分は基本疎かなので凄い刺激。

 

(これは別の日のですが)

テニスのゴンちゃんで何度も取り上げられているTPPさんのフィジカルトレーニングですが、このシリーズの動画はどれも再生回数低めなのがちょっと気になるところ。

この動画の時は翌日筋肉痛で日常生活テニス問わず足腰が自然に落ちてしまったものですが、今回は割と無事に生き残れたぜ。

この時のレッスンを身体が憶えてくれていたか。 と思いきややっぱり今は太ももにきてる。

上のレベルに付いていく為にもこういうのを習慣付けないと。

上のレベルに対して自分が足りていないのは環境であり、技術であり、身体の使い方であり、テニスに必要な要素の認識だろうと思う。

どれか1つじゃなくて全部足りないのだから取り入れていこう。

 

IMG_20180720_225834

ちなみにレッスンが終わると僕はすぐに電車に乗らないとアウト。

1本逃すだけで終電無くなって帰れなくなるのでダッシュで駅へ向かう。

野宿と隣り合わせの終電レース・・・まあ前回は最初からカプセルホテル泊まったんですけど。

家に帰れるのも良いけど、今度はネカフェで一足先に足を伸ばしてみるのもいいかなぁ。

カプセルホテルもそうでしたが、ネカフェで泊まった事も無いんですよね僕。

来月の千葉のJOPはナイターなのでそこでネカフェ泊まり初体験してみようか。ってテニス以外の目的作っちゃうのかい。

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 20:49 | コメントをどうぞ

練習試合

IMG_20180701_111628

日曜、またまたまた千葉へ。

遠いように見えて横浜の京急で大体真っ直ぐ行けたからそこまで苦でもないかも。

ロイヤルSCもTTCも行ったし怖い者無しだぜ。千葉どんとこいやー!

 

IMG_20180701_120134

この日はチームゴンちゃんで他チームと対抗戦。

相手は千葉で活動されている社会人テニスサークルUNOさん。

今チームゴンちゃんでは練習試合をしてくださる全国の大学、クラブチームを募集しているのですが、UNOさんが記念すべき初の対戦相手。

千葉で活動と言いつつも、メンバーの方がゴンちゃんイベントでダンロップ根岸インドアやタウンテニス大泉学園にも来てくれていてとてもアグレッシブな印象。

しかし対するチームゴンちゃん、ちょっと怪我でメンバーが中々揃わず怪しい状態。

僕も先週の市民大会での激戦で利き腕の手首を・・・

具体的に言うと、試合前の練習のレシーブで相手のフォルトをバックのスライスで思いっきり打とうとしたら捻挫してしまったというくっそ情けない怪我をしちゃいました。

しかも調べてみたら症状がまるでTFCC損傷と被っていて長期の戦線離脱の危機・・・

かと震えていましたが、2日後ぐらいには痛みは既に半減してたので参加。

でも重症だったら怖いので手首にサポーター巻いて、ガットもクロスにマルチのライブワイヤーXPを入れて厳戒態勢。

いや、そんなに怖いなら病院行けって話ですね。

 

 

IMGm_0617

 

という事でチームゴンちゃんに心強い助っ人。

武蔵大学硬式庭球部の大森監督が参戦してくれました。

元体育会の選手らしくプレーがキビキビしている。

こういう風に動けたらなぁ・・・。

監督を務めていますが実は僕らよりちょっと年下の若大将。

 

IMGm_0644

もう一人の助っ人。

ゴンちゃんの後輩のトム君。

もう見ての通り彼のストロークは轟音。

フォームも打ちっぷりが良いし、とにかくボールが強いぞってプレッシャーがデカい。

 

IMGm_0648

よこす。

これは・・・どんなシチュエーションなんだろ。

今回はゴンちゃんとダブルス組んでD1へ出場したから動画で初っ端から見れるかも?

 

IMG_0683

 

モロちゃん。

今回D2で一緒にダブルス組みましたが、4-6で惜敗。

僕が来週市民ダブルス本戦控えてるので色々合わせてもらった(笑)

しかし今回もボレーあまり絡められず、Iフォーメーションでも中々触れず、触りに行かないとな。

 

IMG_0720

オカちゃんは途中から参戦。

最初に団体戦形式でD3S6やった後は色んな組み合わせで試合を回しました。

・・・と、ここまで書いておいて、今日は眠いので続きはまた今度・・・(ぇ

そもそも昨日も帰って即寝てたのでどんどん更新が先延ばしになっているぞぉ・・・。

 

チームゴンちゃん1期生と練習試合をしてくれる全国の大学、クラブチームを募集しています! メール (tennisnogonchan@gmail.com) かツイッター (@gonchantennis) までご連絡お待ちしています!

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:56 | コメントをどうぞ

スマッシュドリームカップ

 

 

IMG_0589

噂に聞くところ、どうやらモロちゃんとよこすがバモスわたなべさんに会ったそうじゃないですか。

某インカレトップレベルの選手と打ったとも言ってましたし、東京住みの面々は随分凄い人達とやってるなぁと。

僕はテニスやっててそういった有名人に全然会った事無いですよ。

やっぱ東京って色んな人が集まるんだな・・・くそぅ!俺も会いたかった!!

チームゴンちゃん唯一の神奈川県民としては東京勢が羨ましい限り。まあ隣なんですけど。

貴重な出会いを得る彼らに負けじと、今日はスマッシュドリームカップに参戦。

来週は市民大会のダブルスがあるので先輩と前哨戦がてら大井町の山田総合グラウンドへ・・・

 

1529197195362

と思った矢先、大井町に現るモロちゃん

しかも東京でのサークルの人達と大勢でゾロゾロ来てるし。

お互い全く知らせて無かったし、まさか神奈川に来るとは思っておらずビビる。

え、昨日も東京でやってたんじゃなかったんスか、ここ何処だと思ってるんですか。絶対遠いでしょ。

更にはモロちゃんと会う前にタウンテニス大泉学園のゆうきコーチわたるコーチペアにも会いました。

・・・いやいやいや、市民大会前に出ておこうってとりあえず選んだ大会なんだけど、何このレベル・・・。

 

予選リーグは3ペアと対戦し1勝2敗。

前回の市民大会ではベテランのテンポとボレーの前に淡々と点を奪われ、パッとしたショットも残せず敗退。

ダブルスは中々リズムが作れなくて上手くいかない、ボレーも非常に苦手で毎回手が出せず、ポイントを取るのに球数が多い・・・っていうのを打破すべく自分のボレーの数増やそうとしたりIフォーメーションしたり、色々トライ。

するも初っ端からベテランの技に抑え込まれ、2試合目は相手のボールの威力の前に屈し、いきなり2敗で3、4位がほぼ確定。

うーん、ボレーの回数も成功数も中々上がらない。

 

IMG_0587

一方インハイ経験ペアで乗り込むモロちゃん。

僕、インハイ行った人と会ったのってチームゴンちゃんやるまで今まで1回ぐらいしかなかったんですけど、そんなゴロゴロいるもんなの・・・?

今回2年振りの大会出場を首を痛めて迎えたモロちゃんでしたが予選リーグ1勝2敗で3、4位トーナメントへ。

試合前は決勝で会おうなんて言い合ってましたが、これで決勝(3、4位トーナメント)のシチュエーションが・・・整いましたねって・・・ちょっとこの大会、レベルおかしくない・・・?

 

そんでもって3、4位トーナメント。

1、2回戦は共に若いペアと対戦。

ここになってようやくギアが上がって6-2、6-4で勝ち上がる。

ギア上がるの遅い・・・と言いつつも、若いペアはボールが真正面から来る感じのプレー、それが合うのか急にボールのキレが出る先輩&クレー。

相性と言うのか、でも勝ち上がるのは若者の勢いもベテランの技もどちらも薙ぎ倒せるような人。

市民大会だと若い人よりベテランの選手の方が多いのでベテラン相手でもこれぐらいキレ良くいけないとなぁ。

 

そして3、4位トーナメント決勝の相手はモロちゃんペアになるかと思いきや・・・首に続き肩を痛めたモロちゃんが準決勝5-6でベテランペア相手に屈してしまう。

決勝の相手は僕らの苦手なベテラン。

調子が出てるとは言え危険な相手。

経験を積んでいるベテランの選手はシングルスもダブルスも効率良く点を取りに来て、結構露骨なように見えて上手い具合に弱点も狙われないようカバーする。

そんでもって低いスライスやボレーが得意、そんな印象。

こういうのは若者のパワーで捻じ伏せろって話だが、モロちゃん相手に勝てるベテラン・・・ヤバい。

いつの間にか当初のボレーの回数増やすって目標を完全に捨ててストロークで粘るクレー。

先輩に動きまくってボレーしてもらって色々あって5-4。

後は自分のサービスゲームをキープすれば・・・というところで脚を攣る醜態。

まさかダブルスで脚を攣るとは・・・・ってかまず若者が先に攣るなや・・・

せっかくのサービスゲームを落として5-5、相手のサービスをブレイクしなきゃ負けという辛い展開へ。

リターンは今日は結構ミスが少なくて良かったのだけれど、何球かラリーを続けてとうとう脚が限界になって動けない状態に。

40-30まで追い詰められ、もう何もできないのでバックサイドの先輩に丸投げ

先輩が強烈なリターンと共にすかさず前に出て角度のついたボレー連打で押し込み、40-40、そこからの1本勝負を連取して貰って3、4位トーナメント優勝。先輩様様です。

しかし予選で負け越しちゃってるのは市民戦だったら即敗退。

1つも落とさずに勝つって大変だよなぁ・・・序盤だろうとベテランだろうとどんな条件でも安定してプレーする、そういう能力身に付けないと。

 

 

 

IMG_20180617_113330

参加賞でスマッシュ貰いました。

 

IMG_0594

いつの間にか現れたたうてに君。

ちなみにタウンテニスのゆうたコーチ・わたるコーチは1位、2位トーナメントで準優勝。

同じ土俵でいつか戦えるように頑張ろう。

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 23:08 | コメントをどうぞ

スピードガンコンテスト

IMG_20180505_215320

この前のゴンちゃんレッスン、何やら企んでいる様子の二人・・・

 

 

 

答えはこちらでした。

レッスン後、かっちゃんが持ってきたスマートテニスセンサーを使って皆でスピードガンコンテストをやってました。

僕はZEPPのセンサーは使った事あるけどソニーのは初めてでした。

リアルタイムで情報が出てくるの良いですよね。

皆でスピード競ったら盛り上がる事間違いなし。

その盛り上がりがあったせいか、さっきまで気付いてなかったのですが・・・

名前 スイング  ボール
よこ 156km/h 161km/h
クレ 121km/h 139km/h
モロ 135km/h 147km/h
かっ 156km/h 167km/h
コジ 147km/h 129km/h
だー 145km/h 163km/h
モズ 144km/h 148km/h
オカ 140km/h 155km/h
眞仁 150km/h 179km/h
ゴン 150km/h 183km/h

いや、打った時はまあ、確かにスピードは出てないけど、そこそこかなって思ってたんですよ・・・

よく見たらスイング速度最下位、ボール速度ワースト2位ですやん(笑)

コジがボール速度遅いけど、スピン系打ってたし、スイングスピードにめっちゃ差が表れてる。流石。

すみません、僕は自分の事、今までずっと球が速いタイプだと思ってました・・・皆強ぇ・・・。

特にスイングスピードがずば抜けてる(低い)のが怖いね。唯一の120km/h台。

確率悪くてスピードもイマイチ、すぐ下がるトスの腕、体の開きは早い、止まるフォロースルー・・・直すべきところばっかだな。

そしてとんでもない記録を叩き出す眞仁田コーチ。

アマチュア相手とは言え他の追随を全く許さないとは・・・テニスで生きる人はやはり格が違う。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:57 | コメントをどうぞ

ゴンちゃんレッスン 第3回

IMG_20180505_182111

JOPを終えて次の場所へ向かう。

こちらでは日中に大学テニスの春関をやっていた様子。

椅子や垂れ幕がそのまま残っている。

 

IMG_20180505_182713

この日もゴンちゃんレッスン。

一応まだ始まる前ではあるけど既に皆は自主練中。

もっと言うと確か皆は春関も見ていたはずだから一日中根岸テニスガーデンにいた事になる。

僕も僕で朝から試合だったので一日中テニス漬けですがね。

 

IMG_20180505_183019

岩渕杯はオムニ、根岸はハード&カーペットなのでそれぞれのシューズを両方リュックに詰め込んで来た。

でもスーパーフィートは一足分しか買ってないので一々入れ替える。

スーパーフィートを買ったのも、このレッスンから生きて帰るべく徹底的に体の負担を減らしていこうという魂胆。

中でも軽いというカーボンを使用。

このインソールは評判凄いですよね。

ニューバランスのシューズに元々入ってるインソールもクッション性あるなと思うのですが、こっちは薄さの割に不安を感じない。

僕のフィジカルは今日もMC100系の軽量さとスーパーフィートに助けられるのであった。

 

IMG_20180505_212917

ゴンちゃんレッスン終了後。

終了後、なのだけれど・・・まだまだコートにいる皆。

夜遅い時間だけどダンロップインドアテニススクール根岸は人でいっぱい。

 

IMG_20180505_215320

 

何やら企んでいる様子のかっちゃんとゴンちゃん。

かっちゃん主導である物をゴンちゃんに試してもらう一場面。

これもまた近々動画になると思う。

結構ライブ感が強いチャンネルである。

そんなこんなで解散したのが22時半ぐらいだったか。

今回はレッスンでかなり動いて皆ボロボロと言っていたが結局これである。

まさにテニスジャンキー。

 

DceP2qRUQAAV_Y6

 

レッスンから帰ると見せかけて、夜飯食うわ温泉入るわで全然帰らなかったメンバー達がまたもや発生したらしい。

何だか帰らないのがデフォになってきてるぞこのチーム。

コート外もライブってるな。

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 22:44 | コメントをどうぞ

鳥取のゴンザレス

見るのがちょっと遅くなったけどレッスン1回目のメインの皆であるゲーム回。

今回大きく取り上げられてるのは鳥取のゴンザレスことモロちゃん。

度々思うけど集まったこの面々、思ってたよりもレベルが高い・・・

第二期に行きたいと検討している人が参加しづらくならないかちょっと心配ですが、僕みたいなポンコツも混じってるんで心置きなく強くなりに来て欲しいと思います。

この日のレッスンはせっかくゴンちゃんに見て貰えるのにイマイチピリッとしないプレーばっかだったのでところどころ僕の顔が萎れてますが、モロちゃんとの試合は結構調子が良い方でした。

だったはずです・・・良い様にやられてますが・・・。

とにかく回り込んできてフォア、しかも打てるコースが広い。

ゴンザレスばりのパワーと言うよりストローク巧者でもあると思います。

ネット際でアングルに決めるタッチセンスも随所で見せてます。

僕なんかよりよっぽど技巧派です。

動画で技巧派のクレーと言われたのは驚きでした・・・僕のプレースタイルは脳筋馬鹿打ちマンだと思ってます。

かと言ってパワーだとよこすやかっちゃんのレーザービームに遅れをとりますけど。

そんでもってパワーとテクニックの併さった鳥取のゴンザレスの回り込みフォアを相手に、まずフォア打たせちゃダメでしょと、バックを狙ってるつもりだったんですよ。

で、バックハンドであまりコースを突けず、思惑通りに回り込まれるどころかアングルを決められる。

打たせてしまったこちらも悪いけどさ、コースはともかくそこそこ時間稼げそうな威力の球を打てたと思ったのに即仕掛けられてしまった。

いつもの感覚なら様子見できるだろうと思っていたら甘やかしてくれなかった。

そんでもってストロークを警戒したらドロップだもんね、スコアは2-7。

やられてしまった・・・

ちなみに今回の動画のもう一人の主役の杉並のモンフィスとはまだ試合をした事が無い。

しかしまあ彼もビシッとしたフォームでバシッと弾丸を打ってくる。

彼ぐらいしっかりストローク打ち込めればなぁと思う。

こんな具合に僕の立場からすると、同年代とテニスする事自体少ないのもあるけど、こうもしっかりとしたテニスを持つ若者が相手というのは結構危機感?を煽られる。

練習でこんなに集中するのは・・・いや、これは集中せざるをえない、集中させられる経験はあまり無い。

遠い昔のアルバイトコーチの時とかか、気を抜いてると振り落とされそうなレベル。

実力もそうだが、背負う思いもある。所謂テニスバカよね。テニスバカばっかで安心である。

体育会に行かなかった後悔、僕はぶっちゃけ逃げた後悔、その岐路に立ったのも何だかんだでもう7年も前の事。

いい加減このしがらみをぶっ飛ばしてやりたいね。

ぶっ飛ばしテニスですな。

 

 

カテゴリー: テニスのゴンちゃん | 投稿者クレー 23:03 | 175件のコメント