フレッシュフォームラブ

IMG_20190413_164145

 

昨年は軽さを求めてMC100を履いていたのですが、ちょっと気持ちを切り替えて今年はしばらく一昨年のMC906。

でも流石に使い古していて滑るので、新しいのを購入。

思い切ってニューバランスからチェンジだ!ナイキがいいかな?アシックスかなり評判良さそう!ミズノも波来てるよ!

なんて海外通販やったら届かなかったりして、結局選んだのはニューバランスの新作、フレッシュフォームラブ。

ラオニッチ使用モデルだしMC996の後継って事で良いのかな?

でもMC996も継続して売ってるようだけど・・・?

見た目こそ似ていますが、新作はタンが履き口部と一体型になっていてニット状。

MC996では履き口部が分厚かったので割と履き心地が変わる。

 

 

MC906

 

かかと部分が分厚いっていうのは先々代のモデルもそうだったっけ。

2代目、3代目のMC996は軽さと安定感が売り。バランス型のシューズ。

全体的に強度があってブレ難い一方で、あれ?このシューズって軽い部類だったっけ?ってなるような厚みと硬さ。

硬めに作ったシューズよりは軽いと思うのですが、そういう系と比較すると今度は強度面でやや遅れを取る。

それがバランス型な訳ですが・・・どっちつかず?いやいや、でも僕は好きで戻ってきたのです。

3代目は全体的にニットになってフィット感を高めたって話でしたが、思ったよりニットっぽさより硬さがあったかな。

今回のフレッシュフォームラブは厚みが薄め、そして結構足に密着してくれる。

足の動きにしっかり追随してくれる。

MC906は、ちょっと鎧を運ぶ感覚があったかなぁ。フィットはあったから、これはフレッシュフォームラブの進化の部分か。

MC100も靴を足で動かす感があった。軽かったから負担少なめだけど後押しは無いと言いますか。

比べたらフレッシュフォームラブの方が重いでしょうけど負担はこっちの方が少ないかも?

その分左右のブレへの強度は落ちたように感じましたが、粘り強さがある?切り返しの時にサポートがあるような。

今日使ったばっかりなのでまだ特徴掴めてないです・・・。

アウトソールは前作から変わらず1枚なのである程度のブレの強さは有だと思います。

 

 

IMG_20190413_163809

 

今日履こうとインソールをスーパーフィートに交換しようとしたら、どうやらインソールも凝っている様子。

フレッシュフォームって書いてあるけど、ホームページによるとこのインソールはPUインソールだそうです。

 

 

 

 

IMG_20190413_204936

 

 

このインソールがとても柔らかい。こういうインソールは初めてでした。

今使ってるスーパーフィートは軽く触った感じは硬い、こっちはデフォルトでクッショニング。

さっき書いた左右へのブレ時の粘り?というのも、このインソールの力もあるかもです。

これ、インソールを変えたらせっかくの特徴が変わってしまうのだろうか・・・。

このシューズの一番の特徴は名前の通り「フレッシュフォーム」という機能だそうで、ランニングシューズとかにももう使われ出しているらしいです。

このフレッシュフォームもソールの機能みたいなので、PUインソールとフレッシュフォームが合わさる事でソフト感を出しているのでしょうか。

MC996からフィット感の方向性は同じでパワーアップで、クッショニング性能は新たに加わってダンチって感じですね。

重量が軽くなったかどうかは分かりませんが、硬さが減ったのとソフト感があって気持ち的に軽くなった気がします。

とりあえず初日の感想は特に違和感無し、むしろ快調です。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:46 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">