カテゴリー別アーカイブ: 日記

平成最後の年賀状(通算972回目)

新シーズンのテニスが始まっている。プロ選手には正月はないんだ。

オーストラリア、暑そうだね。

ホップマンカップはエキシビジョンなのに選手はみんな真剣だ。ズベレフは脚を引きずりながらでも200km?のサービスを打っている。全豪オープン大丈夫かい。

さて昨日年賀状を投函して本年度の仕事?は完了。

何でも平成最後と付ければ良いわけないだろうと言われそうだが、「平成31年お年玉」と書かれたはがきはこれが最後だろう。

いつものように300字ぐらいの思いと写真を貼り付けた。一枚一枚手書きで心のこもったとは言えないが、定型挨拶だけよりはましだろう。

なにより生存証明にはなったろう。

会社の寮時代に知った方で東京に転勤され、結婚後京都由良から年賀状だけはずっと頂いていたがある時からプツリと音信が途絶えた。どうされたのだろうと今も思うが消息を尋ねることもせず随分立つ。

私も年賀状を出せなくなった時が最後だろう。危なくなったらそう書こう。(どう書くんだ?)

平成最後のクリスマス(またかい)

mokumoku04792

クリスマスといえばケーキ。ケーキといえば苺。

ichigo04827ichigo04828

美味しそうだったが高くて買えない。

イチゴの木で我慢しよう。(食べられるのかい)

ichigonoki04794

ichigonoki04795

花も一緒に咲いている。花はアセビのようで、実はヤマボウシのようだ。

いつか本物を食べたい。

さあてブログ1000回まで後28回。元気なうちに達成したいな。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 19:16 | コメントをどうぞ

香りを楽しむ

初雪だ。

既に山の頂は白くなっていたがここ平地では初雪・・・の筈。

今年最後のテニスは26日に終えた。

yuzuyu04846

平成最後の(こういう言い方は良いのか悪いのか?)冬至には柚子湯に入った。

スクールの奥様方にも柚子を差し上げたが柚子湯には入られただろうか。

柑橘として食べようとされたのだろうか。食べても害はないだろが食べるなら

スイートスプリングがお薦めだ。大根とか秋ジャガを差し上げた代わりのお礼で頂いた。

上田温州(みかん)に八朔を交配したものらしいが、爽やかな甘さと良い香りがした。

ocha04856

同じく頂いた「加賀棒茶」も香ばしく美味しかった。

腰を痛めて作った野菜も何かしら役に立ったかも。

roubai04853roubai04852

そして裏庭には早くも蝋梅が咲きだした。

鼻を近づけなくても良い香りが漂う。

明日は雪がかぶるかな。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 20:15 | 2件のコメント

シクラメンの香り

初霜、初氷を観た。

店頭にシクラメンが鮮やかに並んでいる。

cyclamen04824cyclamen04825

♪真綿色したシクラメンほど清しいものはない・・・

ご存知布施明さんが唄う名曲「シクラメンのかほり」である。

琵琶湖ホールで布施明さんのコンサートがあったので行ってきた。

fuseakiraもらったパンフレット(CDの宣伝用だね)

もうすぐ71歳になられるとか。いわゆる団塊の世代だね。(私もギリギリ入っているかな)

シロートがいうのもなんだが歌唱力、声量は素晴らしいもので敬服するしかない。

なんでもお父さんは滋賀県出身で長く本籍地も滋賀だったとか。

父親の江州音頭が素養だったとか冗談ぽく話された。(私もヨイトヨイヤマカドッコイサノセなら何回も聞いた)

それよりオリビア・ハッセー(映画ロミオとジュリエットでは可愛かったのう)

をどうやって口説いたのか聞きたかった。(下世話じゃのう)

もちろんなつかしい「霧の摩周湖」も「シクラメンのかほり」も歌われた。

作詞・作曲の小椋佳氏は、シクラメンに香りはないのを知っていたが、あの歌詩は構成や言葉が借り物というわけで、題名も嘘のように「シクラメンのかほり」と付けたのだTV番組で語っておられたね。

我が家には薄紅色を買って玄関先に飾った。

もうすぐ初雪かな。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 17:54 | コメントをどうぞ

サヨナラ マイカメラ

今年ももう師走だ。そうこう言っているうちに正月だろう。

「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」なんて読まなければならない。

身辺整理もしなければと思い、使っていないものを処分した。

A4紙のコンパクトなプリンター  CANON PIXUS 80i は海外出張の際、役立ったかな。

打ち合わせして、その場で議事録に同意サインをもらった。しかしもうそんなことも必要ない。

エプソン スキャナー GT-X750はネガフィルムをデジタル保存しようと買ったが、あまり使うこともなかった。別のプリンターCANON MP-990にスキャナー機能もあるのでふたつは必要ない。

大事に?保管していたフィルムカメラももう使うことはないだろうと処分することにした。

一代目のNIKON F 50mmF2レンズ付き

nikonf04764

20歳の時に買ったものだ。はっきり覚えていないが5万円程だったと思う。

4月の初任給が26,500円で、まだ研修中で何も仕事をしていない5月にベースアップで30,000円になった。翌年は35,000円くらいになっていたと思う。2年目の冬のボーナスは7万円くらいではなっかたろうか。たぶんそれをはたいて買ったような気がする。(50年近くの前のことは記憶から消えたよ)

2~3年後にボーナスが30万円になって中古のサニーを買った。正に高度成長の時代だった。あの時は良かった、そう言える時代だったな。

仕事もせんと13%UPだから今、経済成長率2%したとかしなかったとか笑えるな。

結局このカメラは16年程使ったのか。フォーカルプレーンシャッターも正常に作動するし、フィルムさえ入れれば使えるだろう。あとは写真フィルムが世の中から消えないことだけだ。

二代目 MINOLTA α-7000 本体のみ

minoltaa700004768

レンズはαマウントで三代目SONY  α100 四代目 α77に使えるので残した。

37歳頃だったかな。会社の後輩が勧めるので7~8万円くらいで買った。

18年くらい使ったかな。

AF(オートフォーカス)の機能が付いた。

乾電池を入れたままにしていたので電池収納部が腐食していた。そのせいか外側の樹脂部も割れてきていた。

電子式(電気式)というのは便利な機能があるが、電気なければただの箱。

IC基盤が壊れたとかダイオードが製造中止になったとか長く持たないことも多い。

メカ式、金属製ボディのほうが長く使えることが多い。

しかし時代は元に戻ることもないだろう。

NIKON Fだけは引き取り価値があるということで1,000円だった。

いや無償でもいい。再生してくれるとか、部品として再利用してくれるとかになればいい。

たくさんの人が設計製造に関わったものだから、金属屑として廃棄するのは忍びない。

それだけだ。

四代目SONY α77でミラーが透過式になって跳ね上がることがなくなり、シャッター音が随分小さくなった。以前テニス会場でパシャパシャしていたら隣のご婦人からにらまれたことがある。

デジタル式として初めて買った三代目SONY  α100もいずれ処分することになるだろう。

若かりし頃のアルバムも一緒に消えることになるだろうな。

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 12:55 | コメントをどうぞ

ゴールド免許

「やったぜ日産」・・・なんて揶揄されていますな。

やったぜ!ズベレフ・・・これは正当なコメント。

ネクストジェネレーションに入ったようだ。

今年は大坂なおみ選手もGS優勝だった。25歳のティーム選手も置いてけぼりになるかもしれないな。

錦織選手も5年以内にマスターズ1000で1回くらい優勝しないとフェレールにも追いつけないぞ。

ラドワンスカ選手も引退するのか。29歳とまだ若いのに。一度東京でプレーを見たことがある。

地面に尻を付けるくらい低い姿勢で返球するシーンを度々見たような気がする。

パワーではなく巧さのあるプレーだったね。ヒンギスのようにパワー時代に生きられなくなったのか。

さて今年は自動車免許の更新があった。ちょうど椎間板ヘルニアで、立っているのも座っているのも辛い時期だった。閉眼片脚立ちどころか開眼片脚立ちでもできないからそんなテストがあったら即アウトだろう。

幸いにも優良者対象で近くの警察で、朝早く待ち時間も少なく(片脚立ちもなく)、講習時間も短くてすんだ。

ゴールド免許証になったのは何年振りだろう。違反後の更新から5年とあるが、10年近く経ったような気がする。

時期は忘れたが違反した内容は覚えている。

テニスの帰り道30kmの工程のほぼ半ば、T字路の交差点で一時停止を怠ったみたいだ。

みたいだというのは考えことをしていたようで覚えていなかった。というのもパトカーに追跡され2kmぐらい走った後に後ろから拡声器の声で気づいたからだ。

当然減速はしているが完全停止していなかったようだ。

「何の違反をしましたか」と聞いてわかったくらいだ。

ビデオで撮っていますと先に言われたから「止まった筈です」と言えなかった。

ニッサンフェラーリだから280km出せば追いつけななかったはずだが法定速度で走っていたから追いつかれてしまった。パトカーのほうが速度超過だろう。

幸い逃走罪とは言われなかった。

ゴールド免許のおかげで自動車保険が安くなった。自転車の加害責任補償も追加しても

年6000円も安くなった。ことしの唯一のコストカットかも。

免許証はゴールドになったが人物はどんどんシルバーに。シルバーならまだよい。

5年後にはアガシになって偽造写真だと言われるかも。

柚子が黄金色になってきた。

yuzu04787

柿右衛門もゴールドに。

kaki04783hoshigaki04790

 

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 17:13 | コメントをどうぞ

贅沢は敵

大阪なおみ選手の最終戦はお疲れモードだったね。

勝ち進むと当然試合数も多くなるし、上位の相手と戦いだから長くなるし精神的肉体的に疲れも溜まるわね。つかの間の休みだろうけど来年も楽しんで勝ってもらいたい。

錦織選手はファイナルはどうなるのだろう。ナダルも欠場ならばイズナー共々出場できるから丸く収まるけど、ナダルファンはがっかりだろう。

しかし相変わらずサービスゲームに苦労しているね。この前のアンダーソンのように1ゲームブレークできたら後は自分のサービスゲームに集中するためにレシーブゲームを流すくらいの余裕の試合ができたらいいのにね。マナリノ相手ならできても次戦のアンダーソンではつらいものがあるね。

さて秋も深まってきた。

どこぞで季節外れの桜が咲いたとのニュース。

sumomo04752

すももの花が咲いていた。

ringo04753

りんごの花も。特に珍しいこともない。私が見るよくある風景だ。

satsumaimo04756

サツマイモを収穫した。夏の間も手入れが必要ないからそれなりの収穫だった。テニススクールで二人だけのことが多い奥様にも長い間欠席で一人にさせたお詫びに数個差し上げた。

おやつぐらいにはなっただろう。

実家の母が戦時中は食べるものがなくて葉も食べたと言っていた。美味しくないとも。

若いつるの部分をピリ辛風に炒めたものは食べたことはあるが酒のあてみたいなもので、炊いておかずにはしたことはない。

調味料もたいしたものはなかったろうし、美味しく料理することもできなかったろう。

私の幼い時はご飯は麦を混ぜたものだったし、おかゆ「おかいさん」にサツマイモをいれていた。

肉なんぞほとんど食べたことはない。肉かすというのか背脂みたいなものを煮物の出汁にしていたような記憶がある。

そもそも冷蔵庫もなかったし保存もできなかった。

まともな肉は正月にはあったかな。

誰やら拘置所から脱走して道の駅で万引きして捕まった人がいるね。

芋でも掘って食べていれば捕まらなかっただろうに、トンカツ弁当でも食べようとしたのかな。敵は警察ではなく己の贅沢心だったかも。

最近は芋粥が胃にピッタリになってきたような気がする。芋粥が贅沢品だ。

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 17:31 | コメントをどうぞ

104回目の誕生日

シモナ・ハレプ選手は一時は出るような報道もされていたようだが、結局残りの大会を欠場したね。私ごときが言うのもなんだが賢明なことだったと思う。

無理してそれこそ選手生命や残りの人生まで影響しては一大事だ。ファンとしては怪我が治ってベストなプレーがまた見られることを期待しよう。

私の椎間板ヘルニアも治りが悪い。痛みは少なくなったが右脚に力が入らず、思うようなテニスができない。筋力低下だけではなく神経の影響もあるようだ。

テレビの番組で頸椎のズレは収まっても神経は元に戻らないようなこともあると言っている。私も破れた椎間板が元に戻ったわけではなく、圧迫する分が少し弱まっただけだろう。

無理は禁物・・・といいつつ一番いけない農作業をしている。玉ねぎ植えも今しかないんだよな。

さてお盆は痛みの真っ最中で帰郷することができなかった。

母が104歳を迎えたので義母(89歳)を連れて実家に帰った。

流石に耳が遠くなって子供たちとの会話に入りづらくなってきた。

時間というのは不思議だ。これからの104年を思うと長いが、ここまでの104年はたぶん短かったと思う。(68年でも短いと思うのでそうだろうと思うだけだが)

ニュートン力学ではどこでも時間の経過は一定だというが、心の中では違うな。

子5人、孫10人、ひ孫何人いるか知らない、玄孫2人

ひ孫の一人は2~3歳のころ、我が家に来たことがある。その子は19歳だかで子供が出来て玄孫第一番だった。20年はあっという間だったな。

残念なことは孫の一人が38歳くらいだったと思うが今年中3と小6の子を残し、病気で亡くなくなったこと。人生は何が起こるかわからない。

帰りに綿の木(木じゃなく多年草か)をもらった。

wata04739

wata04740

綿花とかいうけれど実(種)だね。じつは花を見たことはない。オクラみたいなようだ。

松阪では戦後も綿栽培があったと聞くが、綿花畑を見ることはなかった。木綿布の産業も有名だったようだがあまり知らずに育った。

映画でアメリカ南部の収穫シーンを見たことがある。ガクのところはとがっていて摘むときは痛そうだ。今は機械化されているのだろうか。

綿をほぐしてみると小豆ぐらいの種がある。みっしりと綿毛がついていてとるのがたいへんだ。

繊維は専門ではなかったが、綿毛は中空で吸水性があるから肌着として使われるというのは勉強した。天然繊維は弱いのが欠点。合繊繊維と撚り合わせることはすぐに考えられたのだろう。

綿と混紡するための合成繊維の製造機械、ステープルファイーバーの機械を設計した。20~24歳くらいだったかな。

引き取り機とかキャン(缶)に一時収納するキャンコイラーとか、束になったトウを延伸するドローボックスとか。

懐かしいな。あれから40数年か。

今そんな機械を設計する会社はあるのだろうか。日本の産業も変わってしまったね。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 20:03 | コメントをどうぞ

「半端ない」

近畿地方は梅雨明けはしたのだろうか。関東地方は梅雨明け宣言で6月中の梅雨明けは初めてのこととかなんとか。

梅雨前線は日本海上にあるし実質明けたのじゃないのと思う。

何にしても今年は雨が少なかったような気がする。

暑くなって寝苦しくなった。そのせいか寝違いみたいに首から肩にかけて痛い。サービスをする際、トスアップでボールの方向にやや首をひねると痛くて思うようなスイングができない。

どこか痛いとテニスも楽しくないな。

ワールドカップサッカーで「半端ない(半端ないって)」という言葉が話題を呼んでいるね。10年近くも前の高校選手のしかもライバル相手の言葉がその選手の代名詞みたいに語られているというのは、相当の選手だったということだね。

錦織選手しかり、プロ選手になるような人材はジュニア時代に一段上の能力を見せつけているのはよく聞く話だ。

私も入社間もないころ、会社の野球部の人の話で当時巨人の末次選手の大学入学前の飛ばす打球がすごかったと聞いたことがある。

5番打者でそうなら、ONはどんなんだったんだろうね。

ワールドカップサッカー日本戦で影が薄くなったが畑岡奈紗選手のLPGA初優勝。

3日間、特に最終日はまさに「半端ない」成績だったと思う。

ミンジー・リーとかレクシー・トンプソンとか名だたるチャンピオンと廻って、

プレッシャーのかかる中で対等、いやそれ以上ねじ伏せた感のあるプレーだった。

あの美しいレクシー・トンプソンも苦笑いしている場面も映し出されていた。

いや半端ない美しさだ。(←この場合関係ないだろう)

さてさて池に水連が咲いている。

モネは自宅の庭に水連を植えてあの名作を残したとか。

suiren04581

suiren04579

ほっておくと半端ないほど水面を埋め尽くしてしまうだろうな。

daichiji04570

畑岡選手、全米女子プロ選手権勝って周りを幸せにして下さい。

daichiji04569

誰のことをいうとるんじゃ。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 21:07 | コメントをどうぞ

人生の門出を祝う

ダニエル太郎、やりましたね。ひとつ壁を乗り越えたかも。

 

さて「権力は腐敗する」という格言?があるが、今まさにその通りのことが起こっているね。

某スモー協会の暴力事件の対応とか、某レスリング協会のパワハラ問題とか。いまの政府もそうだろうね。

権力に関わるモノが長くいると、そのおこぼれをいただこうと雑菌がはこびるようだ。

某住宅会社の損金問題で責任を追及したものが逆に実質解任されるのも、トリマキが強いものに味方して保身に走るという典型的パターンだね。

最初から腐っていたのではないかと思うのは、某市(我が市じゃないか)の選挙投票時に

白票を混ぜて、数を合わせ、後から見つかった投票用紙は家で焼却したとか。

それを行ったのが部長、次長、課長(プラス課長補佐も)とか。オイオイ、みんな管理職じゃないか。

一人くらい「まずいからやめときましょう」という者がいてもよくはないかい。

究極の三バカトリオだね。

投票箱が多かったとか、台風が近づいていたとか言い訳しているらしいが、ごまかすことで仕事を収めようとする発想をいつもしているんじゃないかと思いたくなる。

某国なら機関砲で銃殺だぜ。そこまでは無理としても実名入り写真を候補者掲示板に10年くらい貼っておけと言いたい。まあこいつらの人生なんかどうでもよい。

さてさて連れ合いの甥の結婚式に招かれた。息子たちと同世代なので小さい時分は義母のところを訪問すると子供同士で遊んでいる風景があった。

なにより義母にとっては可愛い孫なので連れていくことにした。披露宴の席は必要ないと申し入れておいたが、祖母の席も食べやすいようにと特別の料理も用意しておいてくれた。ありがたいことである。

chapel04170

式はホテルのチャペル風の建物で行われたが、司会の人が「ジンゼンシキ」との紹介。

人前式・・・。私は神前式だったが、何の神やら考えたことなかった。さして変わらない。

しかし花嫁さんのそばに3歳くらいの男の子がいるではないか。オイオイもう子供作っていたのか。聞いていないぞと突っ込む・・・わけにもいかず。

お嫁さんは再婚だったようだ。

花嫁さんのお父さんに挨拶したら「余分なものが付きまして」なんておっしゃる。

「イエイエ、これからの時代大事な子供です」と言っておいた。

多感な年ごろになっていると心配もあるかもしれないけど、もうパパと呼んでなついているようで良かったじゃない。

そばにクラシックカーが置いてあった。

car04213

走れるものなのかな。ナンバープレートがないので公道は無理だろうな。

car04211

ハンドルは木製みたいだ。左ハンドルだから英国製ではないな。

car04212

ドイツ製メルセデスベンツSSKかな。ドイツ軍の将軍とかが乗る、似たような形で黒いのが映画のシーンでみたような気がする。

後ろに空き缶とか付けて新婚旅行に出かけるシーンがあるが幌がないからこの車は無理だな。

暖かくなってきた。

早春のメッセンジャー

ネコヤナギ

nekoyanagi04311

フキタンポポ

fukitanpopo04312

花言葉:公平な裁き だって。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 09:03 | コメントをどうぞ

お年玉

惜しかったね、杉田選手。見ていなかったけどfinal set 18-20ですか。

全豪オープンもfinal setはアドバンテージセット方式だったのね。ウィンブルドンだけだと思っていた。USオープンだけタイブレークセットだったのね。

なぜUSオープンは伝統を守らなかったのかな?TV中継の問題なのかな。

確かウィンブルドンでfinal set 70-68で3日ががりだったよね。こんなに時間がかかると運営しているスタッフも困るだろうね。

こんなときチャレンジ回数はどうなるのだろう。タイブレークの際は1回追加できるようだが、138 Gなら5回くらい追加してほしいよね。あるいは12 G毎に1回追加とか?

今日のハレプの15-13は見ていた。サービスゲーム0-40マッチポイント3回は、ダブルフォルトしてしまいそうなところだっただけによくしのいだ。流石はNo.1。

次の相手は大坂選手だって。回復するとは思うけど大坂選手にはチャンスだね。

優勝者当てクイズは本命ハレプ、次にスビトリーナかオスタペンコ。

男子はフェデラー、ディミトロフ、A.ズベレフとしたがオスタペンコとA.ズベレフは脱落しちゃったな。ナダルは体調万全でないらしいから外したが不死身だし決勝までいきそうだね。

男女1位を揃って当てるのは難しい。

一度ムグルサとジョコビッチを当てて無料レッスン券をもらったことがある。お年玉としてほしいな。

年賀はがきは40枚ほどでなにも当たらなかった。

女房は義母の交通事故慰謝料として100マン円もらった。手続きをした私は1円もなし。

新年早々のサービス的当てで2球で1回当ててスポーツドリンク1本のみ。これがお年玉(トホホ)

kinkan04148

金柑が色づいてきた。ゴールドに見えてきた。

roubairoubai04143roubai04139

これだけ花があるとよい香りがする。

manryo04146

お年玉、一マンリョウぐらいほしいな。

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ファイブK 19:15 | コメントをどうぞ