(no title)

IMG_20190429_111509

前回チタンテープを巻いてみたら思ったより良好でラケットが振り易くなった。

という事で試したくなったのがレザー装備のグラファイトへのファイテングリップ化。

理想としてはレザーを巻きたいと思っているのですが、今のところレザーグリップ版のグラファイトは330gオーバー、手元の操作が重いので使用を断念中。

シンセティックの方でも330gぎりぎりでしんどいところがありましたがチタンテープ使用でまだまだ行けそうな気がしてる。

でも気になるのが、元グリにテープを巻く事によってグリップの角が感じ難くなる点。

という事で、打球感的な意味でも、そしてグリップの角的な意味でもレザーが使えるようになるのでは?と思った次第。

 

 

 

IMG_20190429_112153

 

という事で目一杯テープを引っ張りながら巻く。

間違いなくグリップテープより全然薄いはずなんだけど、これでもやっぱり角が感じ難かった。

重さは若干解消された気はするものの・・・シンセティックと比べるとどうしても操作性が気になる。

という事で次の大会はしばらくシンセティックで。

なんだかんだでシンセティックの方は、一度やったおかげか握った形に押し込まれて少し角が出てきた、かも?

レザーの方には今ナチュラルとプロフォーカスのハイブリッドを張っている分の重さがあるので、ポリ単張りを試すまでは保留。

レザーはロマンよ、使いたいなあ・・・


カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:24 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">