月別アーカイブ: 2018年2月

全国選抜Jr九州予選

平昌オリンピック盛り上がってます。一昨日のスピードスケート女子団体パシュートでの金メダル、日本人らしさを存分に発揮した勝利で本当に感動しました!!

テニス界では・・・

錦織圭選手がツアー復帰戦「NYオープン」で、ベスト4に進出!

準決勝では優勝したケビン・アンダーソン(昨年の全米準優勝)をファイナル・タイブレークの崖っぷちまで追い込む活躍ぶりでした。

18 NYOP1(写真はNewYorkOpenTennisフェイスブックより)

優勝こそ逃しましたが、約7か月振りの「ツアー復帰戦」であることを考えると上出来と言えるでしょう。

次戦は来週メキシコのリゾート地アカプルコで開催されるメキシコOP

本当に楽しみです。

 

 

前回投稿しました「めじろんカップIN大分」と同時期に極寒の大分から南へ1100キロ下った温暖な沖縄では「全国選抜ジュニア九州予選」が開催されていました。

18 沖縄遠征5

18 沖縄遠征ー室内

ATAからは過去に

07年 U14男子 複 優勝   西田浩輝

08年 U14女子 単 優勝   馬場早莉

09年 U14男子 複 優勝   林田誠

13年 U14女子 複 準優勝  大渡菫・元山果南

16年 U14女子 複 優勝   元山未優・佐藤唯

 

という成績を収めたチームにとっては相性の良い大会!!!!

18 沖縄遠征4

今回は、7名のATA戦士達が参加しました。

 

U12女子 単  ベスト4  吉重ななこ

U14男子 複  ベスト4  永村優翔・山﨑壮真

U12男子 複  ベスト4  笹川祐輝

U12女子 単  ベスト8  吉重ななこ・岡村凛那

U14男子 単  2回戦   永村優翔

U14男子 単  出場    本薗慶人

U14男子 複  出場    平山凛太郎

 

18 沖縄遠征2

今回、鹿実テニス部の大分遠征に帯同していた為、選手達ををサポート・応援、そして大会のチェックできなかった事は残念でしたが「3種目 ベスト4」の結果が示すように夏の本番でテッペンを狙える位置に居る事は確認出来たのではないでしょうか? (勿論ここからが大変ですし、勝負ですが・・・)

18 沖縄遠征3 18 沖縄遠征1(祐くんとその仲間)

さーこれからは夏の本番に向けて頑張るのみですね!

皆でちばりよー!!!

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 未分類 | 投稿者Arimura 12:23 | コメントをどうぞ

めじろんカップ

全国センバツ高校テニス大会」出場予定の九州・中四国の男女22校が集う「めじろんカップ」に、鹿児島実業テニス部と共に行ってきました。

18 めじろんカップ3

会場は、2年前の九州国体「優勝」を澁田大樹・岡村修平と共に果たした思い出の大分スポーツ公園と、馬場早莉(現プロ)と宮路啓太(現医学部生)が小学生時代にアベックで「全国小学出場」を決めた懐かしの駄ノ原コート

私の熱い気持ち(思い入れ)に反するように今回の大分は雪が降る冷蔵庫の中のようなコンディションでしたが。。。。

でもそこは若い高校生達!

全国センバツ前の最後の実戦という事もあり各コートで熱い戦いが繰り広げられました。

18 めじろんカップ1

鹿実は、

「全国シード校」大分舞鶴や「昨年インハイ3位」岡山理大附、高松北、筑陽、折尾愛真、佐土原、大分県選抜、大分県ジュニアと対戦。

4勝4敗の成績で大会を終了しました。

18 めじろんカップ2

シード校や全国の強豪から勝ち星を挙げたり、新しい発見や新たな課題がみつかる等、収穫の多い遠征になったと思います。

全国センバツまであと1か月半!!!

今回の経験を糧にチャレンジする気持ちを忘れないでキバるのみです。

チェスト―!!!!!!

 

最後に・・・

極寒の中、運営をして下さった大会関係者の方々、サポートして下さった先生、そして保護者の方々、本当に有難うございました。

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 12:06 | コメントをどうぞ

錦織 復活V

錦織圭選手がやりました!!

右手首のケガによる長期離脱からの復帰第2戦「ダラス・チャレンジャー」で見事に優勝を果たしました!!!

18 dallsCH-nishikori(KeiNishikori フェイスブックより)

ツアー下部大会とはいえ、「優勝」から2年近く遠ざかっていただけに復活への大きなきっかけ・力になるのではないでしょうか。

再来週のニューヨークOPから約半年振りにATPツアーの舞台へ戻りますので本当に楽しみです!

 

錦織選手が復活の狼煙をあげたテキサス州ダラスから遠く離れた真冬の薩摩の地では、小・中・高の県大会が開催されました。

ATA戦士&鹿実テニス部の結果は以下の通りでした。

 

<鹿児島県小学生大会>

男子6         単 準優勝             松野聖矢

女子5         単 優勝   複 優勝       吉重ななこ  九州大会へ

男子5         単 準優勝  複 優勝       笹川祐輝   九州大会へ

男子5         複 3位                          荒瀬洋輝

 

5年生以下にとっては「九州→全国」へと繋がる大切な大会!!18 県小学生2

九州大会へ進出したななこ、祐君はおめでとう。

5月に大分で開催される九州大会では「全小」目指して頑張りましょう!

それ以外のメンバーも最後まで諦めない気持ちの入ったプレー、質の高いプレーが随所にみられ本当に嬉しかったですね。

18 県小学生1

小学生時代・・・

錦織選手や西岡選手が小学生時代、既に日本のトップだった事は知られていますが、同じくグランドスラム大会でプレーする杉田祐一選手や日比野菜緒選手が当時、全国大会2回戦進出が最高成績だった事はあまり知られていません。

何が言いたいかというと・・・

一生懸命に取り組む事は大切だけれども成長のスピードは人それぞれなので「成功を急がないで欲しい・焦らないで欲しい」という事。

テニスの選手生命をマラソンに例えるとこの時期はまだ10キロ地点くらいでしょうか!?ひょっとしたらまだそこにも至っていないかもしれません。(低年齢化を推奨している方も少なくないですが、私的には否定こそしませんが「浅いなぁ」と感じます。)

目先の結果は勿論大切ですが、結果を求めるがあまりにプレーが小さく纏まってしまったり、故障をしてしまったりすると「将来の可能性」を失ってしまいます。

まだまだ先は長いですので、目先の結果にこだわり過ぎずにしっかりと土台を作って欲しいなぁと強く思います。

楽しむ事も忘れないで!

 

<鹿児島県中学新人戦>

女子2年     単 優勝             西奈瑠美

男子2年     単 準優勝            永村優翔

男子1         単 準優勝            内村翔大

男子1         単 ベスト4           遠矢有希

 

「全国常連」の奈瑠美は貫録の優勝!!

それ以外のメンバーもそれぞれ今持っている力は発揮出来たと思います。

ただし本番の春・夏のシーズンに向けては更なるステップアップが必要になるはずです。

少しペースを上げてシーズンに向かわなければなりません!!!

 

<高校樋口杯>

女子2年  単 優勝    複 優勝      富濱祥子(鹿純心 ATA出身)

女子2年  単 ベスト4  複 準優勝     元山未優(鳳凰  ATA出身)

女子2年  複 ベスト4            中濱友希・前原愛香(鹿実)

女子1年  複 優勝              中薗聖華・中薗愛華(鹿実)

女子1年  単 準優勝             中薗聖華(鹿実)

 

男子2年  単 ベスト4            辻陽平(鹿実)

男子2年  複 ベスト4            辻陽平・堀口心夢(鹿実)

男子2年  複 ベスト4            山下慶祐・田中雄大(鹿実)

男子1年  複 優勝              帖佐拓真・吉田大星(鹿実)

18 高校樋口杯1

雪が降る極寒の中、祥子が二冠を達成。

本来の位置に戻ってきました。おめでとう!

今年は祥子にとって高校最後の年ですのでこれを弾みに全国選抜、インハイ予選に向かって欲しいです。悔いの残らないように完全燃焼だ!!

 

「鹿実」のエース陽平にとっては膝の痛みがあり単複共に棄権という消化不良な大会となりましたが、チームにとっては収穫の多い大会になりました。

鹿児島では新興勢力と言える鹿実女子の頑張りも本当に嬉しかったですし、一年の部ダブルスで男女アベック優勝をできたことは評価すべき結果だと思います。

鹿実男子は23年振りに出場する全国選抜に向けてモチベーションもプレーの質も上がってきています。我々は何も失うものがないチャレンジャーですので相手を恐れずに向かっていくのみですね!

きばっどーーー!!!

カテゴリー: ATA, 海外テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 23:39 | コメントをどうぞ