鹿児島県高校新人戦

全国センバツ(団体戦)に繋がる「鹿児島県高校新人戦」が終了しました。
指導する鹿児島実業&ATAの結果は以下の通りでした。

 

男子 団体 2位

女子団体  3位

男子 単  ベスト8 内村翔太

男子 単  べスト8 前橋栄綺

男子 単  ベスト8 柳田迅斗

男子 単  ベスト8 有村純吾

男子 複  ベスト4 内村翔大・平山凜太郎

20 県高校新人戦‐全体

男子2位・女子3位で見事に九州大会への切符を手にしました!!!!

20 県高校新人戦‐男子1

男子はレギュラー7人中5人が一年生というフレッシュなチーム!
シングルスからダブルスまでバランスが取れていて、今大会ではそれぞれが力を出し切れたと思います。

とはいえ、「4年連続8回目」の全国センバツ出場へ向けてはチームとして更なるレベルアップが必要と言えるでしょう。

20 県高校新人戦‐女子

女子はベストな布陣で臨めない中、

チーム一丸となって頑張っての3位入賞!

本当に価値がありますね。

おめでとう!

20 県高校新人戦‐男子2

男女共に残り1ヶ月間、

更なる成長をして博多の森のコートに立てればと思います。

20 県高校新人戦‐男子3

大会を支えて下さった関係者、先生方、保護者の方々、有難うございました。

カテゴリー: ATA, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 16:16 | コメントをどうぞ

樋口杯 テニストーナメント

新型コロナの影響で延期になっていた「第53回 樋口杯テニストーナメント」が開催されました。

20 樋口杯(一般)ドロー

全日本選手権にも繋がる伝統の大会。(今年はコロナ渦の為、予選は開催されず)

ATA関係者の結果は以下の通りでした。

男子S  優勝   狩行紀希(鹿屋体育大学 1年)

女子D  優勝   富濱祥子(鹿屋体育大学 2年)

混合D  優勝   岡村修平岡村凜那(鹿屋体大大学院2年・伊集院北中3年)

20 樋口杯(一般)紀希

男子シングルスでは

今春、鹿児島実業を卒業した狩行紀希が、

鹿屋体大対決を制し、見事に初優勝。

紀希おめでとう!!!

3月までATAの練習に参加し、現在でも頻繁に顔を出してくれる身近な存在の紀希の優勝は後輩達にとっても大きな励みになります。

でも、紀希にとってこの優勝は「通過点」に過ぎないのも事実です。

この大会で掴んだ自信を胸に高いステージを目指して頑張ってね!

20 樋口杯(一般)祥子

女子ダブルスでは、

富濱祥子(写真右)がこちらも鹿屋体大対決を制して初優勝。

祥子おめでとう!!!

久しぶりに試合を観戦、本来の思いっきりの良いスケールの大きいプレーとスイングを見る事ができて指導者としても本当に嬉しかったです。

176㎝の恵まれた体格に加えて、持ち前の明るさも選手を続けていく上でプラスに働くはずです!

引き続き祥子らしく頑張ってもらいましょう。

20 樋口杯(一般)岡村兄妹

混合ダブルスは、

岡村修平・凜那の兄妹ペアが見事に初優勝。

修、リンリンおめでとう!

兄・修平は、和歌山国体で鹿児島県を9年ぶりに入賞(6位)させる等、鹿児島テニス界を牽引してきた特別な存在。人柄も素晴らしく年下ですが尊敬できる部分が多いです。

この大会を最後に一旦競技からは距離を置きますが……まだ年齢も若いですので引き続き修兄のことをフォローしていきたいと思います(笑)

妹・凜那は、兄達同様これからが楽しみな選手の一人です。

アメリカの女子選手に多い「男子のようなプレースタイル」を見ていると指導者も大きな器を準備しなきゃなぁと感じさせられます。まだまだ中学生、テニスを楽しむ気持ちを大切に大きく育ってね!

 

さぁ!!ジュニアのみんなも先輩や仲間の活躍を胸に日々の練習を頑張りますか!

コロナ渦の難しい時期に大会を開催して下さった関係者の方々も有難うございました。

カテゴリー: ATA, 大学テニス, 鹿実, 鹿屋体大 | 投稿者Arimura 12:36 | コメントをどうぞ

全米オープン 閉幕

コロナ渦の中、開催された「全米オープンテニス」は、

大坂なおみ選手の3回目のグランドスラム制覇とドミニク・ティエムの初優勝で幕を閉じました。

20 USOP-champions1(US Open フェイスブックより)

大坂選手の戦いぶりは、2年前よりも「心技体」の大きな成長ぶりを感じさせるテニスで今後永く女子テニス界を引っ張っていくのではないかと思います。

20 USOP-thiem1(Dominic Thiemフェイスブックより)

男子シングルスのドミニク・ティエムの優勝は本当に劇的でした。

ズべレフとの決勝戦では、2セットダウンの崖っぷちまで追い込まれながらの大逆転勝利!!(決勝戦で最終セットタイブレークまでもつれ込むのは史上初。)

最後に勝敗を分けたのはティエムの「3度のグランドスラム決勝での敗戦(経験)」からの学びだったのかなぁと思います。

20 USOP-thiem2(Dominic Thiem フェイスブックより)

ティエム、正直今まであまり好きな選手ではありませんでしたが、

今回のプレーぶり、そして優勝後のスピーチで自分の事だけではなく、負けて落ち込んでいるズべレフの為に多くの時間を割いていた姿・人間性には心を動かされましたねぇ。

20 USOP-zverev220 USOP-zverev1

(Alexander Zverev フェイスブックより)

対するズべレフは、本当に惜しい準優勝。。。

恵まれたテニス環境・恵まれた体格、恵まれたルックス・・・・

一見スーパーマンのように思ってしまいますが、

グランドスラム優勝を目前にして明らかに緊張で硬直してしまった人間らしい部分、少し脆い部分も私は嫌いではないですね!(歳のせいでしょうか?好みも変わってきています・笑)

この悔しい経験を糧にまた彼が強くなって戻って来るのを期待しています。

今後ティエム、ズべレフの二人を中心にテニスワールドもチェンジが加速するのではないでしょうか!

 

ところで余談ですが・・・・

ティエムの両親はテニスコーチ、

ズべレフの両親は旧ソビエトの元テニス選手で、

10歳年上の兄ミーシャは全豪ベスト8に入ったプロ選手です。

20 USOP-zverev3(Alexander Zverev フェイスブックより)

ズべレフの父アレキサンダー・ズべレフ・シニアは、

1985年の「神戸ユニバシアード」シングルス・ダブルスの金メダリスト!

全日本ローンコート選手権の歴代覇者でもあり、グラスコート佐賀にも写真が飾られています。

ルックス(髪型)も私的に親近感もあり・・・笑

少々マニアックなネタで…失礼しました。

 

車椅子テニスでは、

国枝慎吾選手が、

こちらも最終セットタイブレークの大激戦を制して優勝!!!

20 USOP-kunieda1(国枝慎吾 フェイスブックより)

先日放送されたしたNHKの「プロフェッショナル」を見て国枝選手に対して感情移入していただけに嬉しい優勝ですねぇ!!

共に戦った岩見亮コーチも本当におめでとうございます。

岩見コーチとはS級講習の時に共に頑張った仲であり、

ルックス的にもかなりの親近感がある仲でもあり…(笑)

今後も引き続き日本の南端から応援しています。

 

つくづく実感、

やっぱりテニスっていいですねぇ!!!!!!

 

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 22:31 | コメントをどうぞ

新しい全米OP 

新型コロナウイルスの影響でストップしていた世界(ATP/WTA)ツアーが遂に再開!

そしてグランドスラムの一つ「全米オープン」も開幕しました。

20 USOP-無観客1(US OPEN TENNIS フェイスブックより)

様々な規制・制約の中(選手達はホテルと会場だけの往復)での世界中から選手を集めての大会開催は、

当然のように賛否両論もあり関係者の方々は苦労が絶えなかったかと思います。

でも、そこはやはりアメリカ!(良い意味でも悪い意味でも)

ある程度の批判や失敗は覚悟で突き進んでいきます。

20 USOP-無観客2(US OPEN TENNIS フェイスブックより)

私的には、

無観客・線審無し(センターコート以外)・握手無し等の試合の進め方は新鮮に映りましたし、

選手達が会場内でリラックスしている姿も多く見れて何だか「これも新しくてありかなぁ」と感じさせられました。

コートサーフェイスも42年振りにデコターフから「レイコールド」に新たに変更されたようです。(選手達からは少し速めとの意見が多し)

20 USOP-nishioka1(YOSHIHITO NISHIOKA ツイッターより)

ジュニア時代から私一押しの西岡良仁選手。

元世界1位のアンディ・マレーとの4時間40分に及ぶ初戦は敗れこそしましたが、持ち味を十二分に発揮!

この後のヨーロッパでのクレーコートシーズンでの活躍も予感させるような試合内容だったのではないでしょうか。

それにしてもマッチポイント・・・・

本当に惜しかったですねぇ。

 

20 USOP-shapo1(ANDRE AGASSI ツイッターより)

期待の西岡選手もいなくなり、大好きなチチパスも負けてしまったし……

今日からは、

30年前にアガシが着用していた「ナイキ・チャレンジコート」のウェアに身を包むシャポバロフやティアフォー、大坂なおみ選手を応援するとします。

20 USOP-tifoe(US OPEN TENNIS フェイスブックより)

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 19:36 | コメントをどうぞ

お盆帰省!

チームの活動にお盆休みはありませんが…笑

先日、お盆帰省中の富濱祥子と狩行紀希(ともに鹿屋体育大学)がチームの練習に参加してくれました。

20 ATA夏帰省1

娘と同世代という事もあり、二人に対しては完全に親目線…

元気な姿を見るとホッとします。

いつも後輩達に刺激も与えてくれて有難うねぇ!

20 ATA夏帰省2

ちなみに

紀希は180㎝、祥子は176㎝‼️

プレーも体格もビッグな二人でした。

20 ATA夏帰省3

自分が経験してきた事を後輩達に伝えてくれた二人。

ジュニア達と同様に試合が開催されず難しい時期ではありますが…

若い二人(と皆)の今後に期待したいと思います。

カテゴリー: ATA, rocheアパレル, Wilson Team, 国体, 国内ジュニアテニス, 大学テニス, 高校テニス, 鹿実, 鹿屋体大 | 投稿者Arimura 12:27 | コメントをどうぞ

鹿児島国体 2023年開催で調整

新型コロナウイルスの影響で延期になっていた「2020鹿児島国体」。

開催に向けて動きがありました。

20 国体調整ー佐賀県1

(鹿児島の地元紙 南日本新聞より)

就任三日目の塩田康一 鹿児島県知事が、

佐賀県庁を訪れ、山口 佐賀県知事と会談。

20 国体調整ー佐賀県2

(佐賀の地元紙より)

2023年開催へ向けて調整しているとの事で・・・・

いつに延期になるか分からない状況の鹿児島国体の開催へ向けて、

少し前進したように感じます。早速のアクションを有難うございました。

 

あとは、

肥前・薩摩の時代からの歴史的な絆と交流に期待というところでしょうか!

 

森 佐賀県テニス協会 理事長 (柳川高校の先輩)、

島 佐賀県テニス協会 事務局長(鹿屋体育大学の後輩)、

もしもの場合は・・・

ご理解をお願い致します。

カテゴリー: 国体, 鹿屋体大 | 投稿者Arimura 06:25 | コメントをどうぞ

5か月振りの試合!!

指導する鹿児島実業と共に母校・鹿屋体育大学へ行ってきました。

20-08 鹿実@鹿屋体大1
全国センバツの中止決定以来、

約5ヶ月ぶりの対外試合!

やっぱり良いですねー。

20-07 鹿実@鹿屋体大2

鹿屋体大の先生方、学生の皆さん、

このような機会を与えて頂き有難うございました。

20-07 鹿実@鹿屋体大4

今までのハードコート8面に加えて、

新しくできた6面のデコターフのコート(全米OPや東京五輪と一緒)。

20-07 鹿実@鹿屋体大3

素晴らしいですよー!!!

カテゴリー: ATA, rocheアパレル, 大学テニス, 高校テニス, 鹿実, 鹿屋体大 | 投稿者Arimura 23:44 | コメントをどうぞ

ジョコビッチ 新型コロナ感染

衝撃的なニュースが!!!

世界№1のジョコビッチが、

新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを明かし、

「私たちは間違っていたし、ツアーの開催は早すぎた」と謝罪しました。

間違っていたと語ったツアーとは、

「アドリア ツアー」と題したチャリティー大会の事で

アドリア海沿岸・バルカン半島でジョコビッチ主催で開催していました。

その大会に出場していたディミトロフ(ブルガリア/世界19位)、チョリッチ(クロアチア/同33位)、トロイツキ(セルビア/同184位)の3人も既に感染が発覚していてツアーは打ち切りに・・・・

20 djokovic-corona1(Reuters フェイスブックより)

 

非常に前向きな取り組みだっただけに残念です。

個人的には、観衆を入れてのイベントは時期尚早だったのかなぁとも。

8月に再開予定の世界ツアー(ATP・WTA)やその後に開催予定の全米OP・全仏OPも今回の件を教訓としていって欲しいですね。

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 06:51 | コメントをどうぞ

鹿児島国体 来年以降に延期へ

前回もお伝えしていた「鹿児島国体」開催の件、

来年以降への「延期」が決定しました。

20 鹿児島国体ー延期1(南日本新聞LINE NEWSより)

新型コロナウイルスによる予想できなかった状況下で、

「中止」でなく「延期」になったことに対しては一定の評価が必要でしょうが、

今まで積み重ねてきた計画、

例えば少年種別の強化は一から見直しになりますし・・・

強化面だけを考えても問題山積です(涙)

20 鹿児島国体ー延期2

1年後なのか、2年後なのか、3年後なのか・・・・・・

考えてもしょうがないかぁ(苦笑)

日程が決定次第、

再度計画を練り直してキバりたいと思います!

 

カテゴリー: 国体 | 投稿者Arimura 00:02 | コメントをどうぞ

今秋の国体開催は!?

「今秋の国体開催が困難である」と開催地の三反園鹿児島県知事が表明して1週間も経たないうちに

「鹿児島県が1年延期を要望している」との記事が!

20 国体延期?新聞1

約50年振りの地元国体に向けて今まで頑張ってきた選手・スタッフ、行政(県)、各競技団体、そして開催地(各市町村)のサポートスタッフの方々の苦労を考えると中止だけは避けたいということだと思いますが・・・・・

本当に難しい問題です。

「現況」を考えると、やむを得ない判断なのかなぁ。。。。。涙

 

カテゴリー: 国体 | 投稿者Arimura 22:05 | コメントをどうぞ