全豪OP フィナーレ

全豪オープンテニスは、男子シングルス決勝が行われ、35歳のロジャー・フェデラーが30歳のラファエル・ナダルとの「伝統の一戦」をフルセットの末に制し、7年振り5度目の全豪制覇を果たしました。

四大大会では、5年振り18度目の優勝!

17 AusOp-fed.nadal3(写真はFederer Family フェイスブックより)

テニスを見ていてこんなに感動したのはいつ以来でしょうか?私的には2015の九州国体、和歌山国体以来かなぁ?!

スポーツ全般でいうと「2013 日本シリーズ 楽天 VS 巨人 第7戦」最終回で田中マー君が登板した時以来かもしれないです(涙)

彼等と同じ時代に生まれてきてよかったなぁ!!本当にテニスというスポーツと出会って良かったなぁ!!と心から思います。

17 AusOp-federer.nadal1

フェデラーは、5か月間のケガによるブランクを経てカムバックしてきたにも関わらず、決勝戦前に「決勝の後、たとえ5か月間テニスが出来なくなったとしても全力を尽くす」と語っていました。

その言葉通りに勝利に対する執念は凄まじかったですねぇ!

 

優勝者スピーチで「テニスに引き分けがあるならば僕は喜んでラファと勝利を分け合う」と語っていたフェデラーの言葉に同感だったのは私だけではないでしょう!!!

17 AusOp-fed.nadal4

試合直後には悔しさがモロ顔に出ていたナダルでしたが、表彰式のスピーチでは、人間味ある素晴らしいスピーチをしていました。その姿に人間の懐の深さ、器の大きさを感じました。

ナダルも昨年は、手首のケガに苦しめられて全米以降は1試合もプレーできませんでした。

そんなカムバックの大会で2014年の全仏以来の決勝進出!!

逆転に次ぐ逆転の勝ち上がりっぷりは、マンガやドラマの世界のようでした(笑)

17 AusOp-fed.nadal2

今大会は、男子「4強のうち3人」が30、女子「4強のうち3人」がこれまた30と今までの流れに逆行すようにベテラン勢が頑張りました。

私的には男子4強のうち、3人がシングル・バックハンドというのも印象に残りましたねぇ!

さぁ40代の僕もジュニアと一緒に頑張っちゃおうかなぁ!!!!先週、ふくらはぎを肉離れしちゃったけど(苦笑)

 

最後に・・・

高1娘も全豪OP会場に行ったみたいです。

学校から会場が徒歩10分とかテニスしないのに羨ましすぎます!!

17 AusOp-karina

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 15:56 | コメントをどうぞ

錦織惜敗 穂積・加藤8強

真夏のオーストラリア・メルボルンで開催されている全豪オープンテニス

昨夜の男子シングルス4回戦錦織圭選手と「現役レジェンド」ロジャー・フェデラーの戦い、本当に素晴らしかったですねぇ!!

17 AusOP-federer1(Wilson Tennis フェイスブックより)

日本人ですから錦織選手に勝って欲しいのは当たり前ですが、ケガで半年振りに復帰した35歳の事もどこかで応援していました。

男女の第1シードがベスト8に残らない波乱の大会から目が離せないですねぇ!

 

日本勢では、女子ダブルスの穂積絵莉加藤未唯ペアが、第4シードを撃破し見事にベスト8進出!!

17 AusOP-hozumikato1(ai Sugiyamaフェイスブックより)

二人は、私の教え子とJr時代に戦っていた間柄なだけにグランドスラムの舞台で頑張っている姿は胸に突き刺さりますねぇ(涙)

穂積選手をジュニア時代から現在まで指導しているのは、柳川で苦楽を共にした梅田邦明コーチ。本当に素晴らしいですね!

S級14DEC-チーム柳川

(写真は、「チーム柳川」で集合した時のもの。左から私、梅田コーチ、植田デ杯監督、岩渕デ杯コーチ)

おめでとうバイデン!引き続き世界の舞台で頑張ってね!!

 

 

プライベートな事ですが、メルボルン繋がりという事で・・・

1娘が、二年目の武者修行に単身旅立ちしました。

17 karina.jan20

海外での生活、猛練習に加えての外国人との寮生活(しかも6人部屋)。親には言えないことも色々とあるはずです。

「可愛い子には旅をさせよ!!!」・・・頭では理解していますが、未だに本音は逆だったりします(笑)

娘のバレエ学校は全豪OP会場から徒歩10分。

便乗して行くしかないか!!

カテゴリー: バレエ, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:07 | コメントをどうぞ

県小学生・県中学新人戦

真夏の全豪OP盛り上がってますねぇ!

真冬の日本・鹿児島では「鹿児島県小学生大会」が開催されました。

5年生以下にとっては「九州→全国」へと繋がる大会!!

ATA戦士たちの結果は以下の通りでした。

 

<男子 5年生以下>

笹川祐輝 S 準優勝 D 優勝

松野聖矢 S 3位  D 3位

 

<男子 6年生>

本薗慶人 S 優勝

内村翔大 S ベスト4

 

<女子 3年生以下>

内村望央 S 準優勝

17 県小学生-祐輝

17 県小学生-みお

皆おめでとう!

祐くん、望央は、5月に大分で開催される九州大会に向けて頑張りましょう!!

17 県小学生-慶人

前回の県選手権で悔しい思いをしていた多くの選手がリベンジを果たしていたのが嬉しかったですねぇ。

まだ小学生ですから先は長いけど、楽しむ事を忘れないで一歩ずつ階段を昇っていきましょう!!

 

 

 

鹿児島県中学新人戦」も開催されました。

 

<2年生 女子>

佐藤唯  優勝

大山真由 3位

 

<2年生 男子>

永村優翔 準優勝

上原幹太 3位

 

<1年生 女子>

西奈瑠美 優勝

 

<1年生 男子>

山﨑壮真 ベスト4

17 県中学新人戦ー唯・真由

17 県中学新人戦‐奈瑠美

「団体」は、男子が実力校の伊敷(永村、山﨑、村岡、宮内)が優勝。

女子は、伊集院(佐藤、西)が西紫原(上水樽)の7連覇を阻止!

九州大会、楽しみです!

 

シングルスのみの「個人戦」では、

昨年「全国」を経験している女子勢の唯、奈瑠美が順当勝ち!!

男子は順当ではない戦いもあったかもしれませんが、そこは勝負の世界。

まだ1年のスタートを切ったばかりですから、これをキッカケに頑張りましょう!!

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 14:14 | コメントをどうぞ

九州Jrマスターズ 優勝

九州テニス界の一年の幕開けの大会「九州ジュニア マスターズ」が宮崎の地で開催されました。

チームからはU12~18クラスまで12名の選手達が出場。

17 九州Jrマスターズ1

その中で、元山未優U16女子ダブルスで見事に優勝を果たしました。

一年の始まりでの九州タイトル!チームとしても幸先の良いスタートが切れそうです。(パートナーの中村さんも有難うございました)

未優は、過去一年で、チームの佐藤唯と組んだ「九州選抜ジュニア U14」をはじめ、「九州中学総体 複」、そして今回のマスターズと3つの九州タイトルを手にしました。

未優おめでとう!!!(誕生日も・笑)

4月からの新天地での活躍に期待しましょう。

 

 

そしてもう一つ

チームから全国大会出場者が!

と言ってもテニスではなく「空手」です。

17 上級クラス(慶人)

小学校時代からATA(上級クラス)にも参加している山下慶人(真ん中・長身)が県予選で準優勝の活躍を見せて3月に埼玉で開催される「文部科学大臣旗争奪 全国中学生空手道選抜大会」への出場権を手にしました。

慶人おめでとう!!

テニスと空手の「二刀流」は大変かと思いますが、これからもチームに元気ハツラツとした爽やかな「風」を送って下さい。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 15:31 | コメントをどうぞ

初打ち 2017

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

17 初打ちー全体1

1/2に新春恒例となった「初打ちだよ! 全員集合!! 2017」を開催しました。

17 初打ち-OB1

新年早々の多忙な中、現役メンバーに加えて多くのOBOGも駆けつけてくれて本当に有り難かったです!!

17 初打ち-OB3

OB、OGの参加者は以下の通りでした。

柏木俊紀  (筑波大学 OB

池之上理宇 (東海大学 4年)

柴広樹   (鹿屋体育大学 4年)

林田誠   (東海大学 3年)

時岡悠   (産業医科大学 2年)

内田大喜  (久留米大学 2年)

英凪紗   (鹿屋体育大学  1年)

米田伊織  (福岡大学 1年)

李スンミン (明治大学 1年)

辻泰一   (神戸学院大学 1年)

堀口来夢  (鹿児島実業 3年)

17 初打ち-抱負

今年も最初にOB・OGから現役ジュニアまで一人ずつ「1年の抱負」を発表をしました!

この「初心」を忘れないで一年を過ごして欲しいですねぇ!(私もですが・笑)

 

非常に楽しい会の中で唯一「もったいないなぁ」と感じたのは、現役諸君が積極的に先輩達へ「打って下さい」と頼んでみる等のアプローチが少なかった点です。

現代は「シャイだから」とか「まだ〇〇生だから」で済んでしまうのでしょうか?それとも大学生たちが近づきにくかったかな?(笑)

どんなにボールをうまく打てても、どんなに素晴らしいフットワークを持っていても、こういう事が出来ないと「井の中の蛙」で終わってしまいます。

皆さんは可能性の大きい世代ですので次回は自分の殻を破る努力をして下さい!

嫌がるOB・OGは皆無のはずですから!!

そんな中、小5の田中琉生が積極的に大学生に試合を挑んだりしていた姿は嬉しかったなぁ!

17 初打ち-みんな117 初打ち-みんな2

 

17 初打ち-円陣

今回もコートの確保から差し入れまで多くの保護者の方々のサポートを頂き、無事に「初打ち」を終える事が出来ました。本当に有難うございました。

2017年も宜しくお願い致します。

 

 

 

おまけ・・・

初打ちの後には、高卒者以上対象の「夜の部」も始まりOBの片谷祥吾、西田浩輝(共に鹿児島銀行)も合流!!

20代のノリとパワーに圧倒されました(笑)

17 初飲み-移動中

17 初飲み-2次会17 初飲み-1次会

カテゴリー: ATA | 投稿者Arimura 12:30 | コメントをどうぞ

打ち納め!!

11月末から九州各地で開催されていた「九州ジュニアサーキット」はクリスマスの鹿児島で予選大会が終了し、マスターズ出場者が決定しました。

ATA関係で正月のマスターズ大会(成績上位者に出場権)への切符を手にしたのは以下の選手達でした。

 

18才以下女子    元山果南、大渡菫、重田結衣子

16才以下男子    辻陽平、堀口心夢、米倉拓海

16才以下女子    元山未優、前原愛香、佐藤唯

14才以下男子    本薗慶人

14才以下女子    西奈瑠美

12才以下男子    笹川祐輝

 16 打ち納め2

皆おめでとう!!

 一年の初めをマスターズの舞台で始められるのは素晴らしい事です。

 本番までの時間は僅かですが、今回の試合をしっかりと反省してマスターズを迎える事ができればと思います。

 16 打ち納め3

写真は「打ち納め時」のものです。

2016年は多くの選手達が、県大会・九州大会で活躍し、全国大会でも勝ち星を挙げてくれました!

2017年は、更なる飛躍を目指して邁進したいと思います!!

 

それでは良いお年をお迎えください。

KellySlater-merryxmas1(KellySlater フェイスブックより)

クリスマス・バージョンですが・・・(笑)

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 11:43 | コメントをどうぞ

オフシーズン

テニスの世界ツアーは、束の間のシーズンオフのはずですが、現在世界各地では、エキシビションマッチが開催されています。

テニス選手のオフっていつなんでしょうねー(苦笑)

我らの錦織圭選手も例外ではなく

 11月20日   ロンドン ATPワールドツアーファイナルで2016年の公式戦終了

 11月26日   東京      日清食品ドリーム テニスARIAKEに出場

 12月24日   埼玉      IPTLにジャパン・ウォーリャーズのメンバーとして出場。

 とプレー。

 上記以外にも日本滞在中には「分刻み」のスケジュールでテレビ収録、CM撮影、スポンサー関連イベントに参加する等、ハードな仕事をこなしていたようです。

 現在は本拠地アメリカへ戻り、マイケル・チャンコーチ等と来年に向けてハードトレーニングに励んでいる錦織圭選手!!全豪OPが待ち遠しいですね!!!

話は変わりますが・・・

錦織圭選手の足元を支えるシューズが来年からナイキへ変わるというニュースを見ましたが本当でしょうか!?

16 IPTL-japan1(写真はIPTLフェイスブックより)

そのオフシーズンの目玉大会として開催されていたIPTL(インタナショナル・プレミアム・テニス・リーグ)が、資金難の為に苦境に立たされているようです。

過去3年、アジア各都市を舞台にジョコビッチマレーフェデラーナダルヴィーナスシャラポワアガシ等々「超豪華メンバー」が出場していましたが・・・・いつ見ても各会場に空席が目立つのだけが気になっていました。

16 IPTL-japan(写真はIPTLフェイスブックより)

大会フォーマットやルールなど大変面白いので存続してくれれば最高ですけどねぇ!!

アメリカを舞台に同じようなスタイルで40年以上も継続しているワールド・チーム・テニス(WTTって凄いんだなぁと改めて感じさせられます。

 

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 16:18 | コメントをどうぞ

インカレ !!

インカレ・インドア(全日本学生室内テニス選手権)の男子ダブルスにATA出身の岡村修平・岡村浩太(鹿屋体育大学)の兄弟ペアが出場しました!!

16九州学生・夏(※ 写真は九州学生夏季優勝時)

日本のトップの学生のみが出場できる大会はレベルも高く、勝ち星こそ挙げる事は出来ませんでしたが、二人は素晴らしい戦いを見せてくれていたようです!

試合の模様はYoutubeにも配信されていますのでチェックされてみて下さい。

 

 

バレーボールの「インカレ」・・・・

全日本大学バレーボール選手権「スーパーカレッジバレー 2016の男女決勝戦が週末に行われました。

 男子は、中央大学が東海大学を破り、3連覇を達成!!

女子は、鹿屋体育大学が筑波大学を破り、3年振り3度目の優勝を果たし秩父宮妃賜杯を手にしました。

鹿屋体育大学  3 (25-1325-2125-20) 0  筑波大学

16インカレバレーー鹿屋2                                 

3度目の日本一!!!

「地方の国立大学」でも日本一になれる事を証明してくれた事は大きいですね!

 また個人賞でも

大会最優秀選手賞、ベストスコアラー賞、セッター賞、レシーブ賞、リベロ賞、優勝監督賞と「10部門中6部門」を受賞。

このチームを率いるのは大学の先輩でもある濱田幸二監督(1期生)です。「優勝監督賞」 受賞も合わせましておめでとうございます。

他の部も続くぞー!!!!!

カテゴリー: ATA, スポーツ全般, 大学テニス | 投稿者Arimura 16:20 | コメントをどうぞ

ドリームテニス ARIAKE

ドリームテニスARIAKEが先週末、東京・有明で開催されました。

東日本大震災の被災地支援を目的に始まった事業は今年で6回目を迎えます。

16ドリームテニス有明ー会場(Ai Sugiyama Facebookより)

今年も会場を埋め尽くす1万人のファンの前で錦織圭(世界5位)やアンディ・ロディック(元世界№1)、マイケル・チャン(元世界№2)、ダニエル太郎大坂なおみ等、超豪華メンバーが共演!!

16ドリームテニス有明ー集合

義援金を受け取っていたのは、「大学時代の恩師」浅沼道成先生(東北テニス協会理事長)でした!

先生が錦織選手やマイケル・チャン、ロディック等と一緒に映っている姿が嬉しくて嬉しくて。。。。

若かりし頃、馬鹿野郎だった私の事を公私ともに面倒を見て下さった先生には生涯、頭が上がりません(笑)

16いわて国体‐浅沼先生16いわて国体‐チーム鹿屋

今年の岩手国体で先生と!

大会の競技本部長を務められていた先生の下、監督として自分の教え子と共に出場できた事は本当に良い思い出です。(しかも初戦の相手は岩手でしたし!)

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:14 | コメントをどうぞ

大分トレセン

S級コーチのインターン研修の為、大分トレセンへ行って来ました。

二日間の研修には、ナショナルチームの駒田政史コーチや横山正吾トレーナーをはじめ、S級コーチ講習同期の山本コーチ(兵庫トレセン)や山内コーチ(愛媛トレセン)も参加!!

16大分トレセン-集合

(ナショナルチームの駒田コーチは、元全日本選手権D覇者でもあります!!私も大学3年次にインカレ・ダブルスで対戦させてもらいました。)

 

16大分トレセン1

(同じくナショナルチームの横山トレーナーは、デビスカップ日本代表チーム等にも帯同して世界中を飛び回っています。教え子の辻泰一が在籍する神戸学院大学の指導もされていて、このご縁にも感謝です!)

意識・スキルともにレベルの高い指導者の方々と一緒に過ごす時間は本当に貴重で勉強になりました!!と同時に自分の勉強不足を痛感させられる良い機会となりました。。。。まだ全国各地のトレセンで研修させて頂く予定ですので次回までにはしっかりと勉強して臨みたいと思います。

 

大分県の普及・強化の取り組みは見習う点、多しです!!市主催のテニス教室には何と150名ものジュニアが参加!県主催のテニス教室にも100名余りのジュニアが参加していました!!

16大分トレセン-市教室

(久し振りに行った駄ノ原コート!今夏プロ転向した馬場早莉が小6の時に引率して以来ですから・・・ちょうど10年前ですね・笑)

16大分トレセン-県テニス教室

(20面のコートがある大分スポーツ公園!昨年、九州国体優勝を果たした良い思い出がある場所です!)

今回、私を受け入れて下さった大分県テニス協会の中川Jr委員長、佐藤事務局長、トレセン・スタッフの方々、ジュニアの皆さんも有難うございました!

今後も一緒に九州のテニスを盛り上げていきましょう!!

カテゴリー: 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 15:51 | コメントをどうぞ