月別アーカイブ: 2018年6月

九州インハイ 鹿実ベスト4!!

九州高校総体が、長崎かきどまりテニスコートで開催されました。

18 九州IH-開会式2

18 九州IH-開会式1

コーチを務める鹿児島実業は、

団体

「熊本県覇者」のマリストと「長崎県覇者」の強豪・海星との接戦を制し、

見事にベスト4進出!!!!

鹿実にとって20数年ぶりの快挙でした。

18 九州IH-ドロー

 

18 九州IH-表彰式2

準決勝では昨年も対戦した柳川(過去46回の優勝)に1-2で惜敗。。。。

18 九州IH-柳川戦

個人戦シングルスでは、

辻陽平が、初戦を圧勝しべスト16入りを果たしましたが、3回戦では今大会を制した大分舞鶴の選手に善戦しながらも敗退。

松田佳親は、団体戦での好調をキープして初戦では熊本県チャンプに快勝!こちらもベスト16入りする活躍を見せてくれました。

18 九州IH-表彰式1(九州総体 3位入賞の賞状を授与されました!)

昨年秋の九州大会が5で今回がベスト4!!

皆良く頑張ったと思いますし、着実に力はついてきていますが、ここから上がって行くのは容易ではありません。

今後、日々の練習をどれだけ妥協しないで取り組めるか!

18 九州IH-レギュラー(ローチェのウェアもキマっています!)

簡単に言えば「県で一番になりたければ、県で一番練習をする」、

「九州で一番になりたければ九州で一番練習を行う」

ということだと思います。

 

鹿実の校訓「不屈不撓」を胸にキバるのみですね!

 

 

女子団体では鳳凰が見事に優勝を果たし、見事に九州の栄冠を手にしました!!(写真がなくてゴメンなさい。。。)

藺牟田先生そして鳳凰の皆さん、おめでとうございます。

優勝を決めた№1元山未優ATA出身)の試合を富濱祥子(鹿児島純心 ATA出身)と二人で応援しましたが、本当に誇らしかったですねぇ!!!

 

県勢の活躍にインハイ、そして秋の九州大会も楽しみになってきました。

チーム鹿児島!チェストーーーーー!!!!!

 

カテゴリー: ATA, Toalson / roche, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 22:30 | コメントをどうぞ

全仏OP 国体予選

巴里

全仏オープンは、ナダルの前人未到の11回目の優勝と「無冠の女王」と言われていたハレプの歓喜の初優勝で幕を閉じました。

今大会の日本勢、錦織圭選手の復調や大坂なおみ選手の存在感あるプレーは素晴らしかったですが、それ以外の日本勢も大活躍!!!

18 全仏ー女子D

女子ダブルスで日本人ペアと初の決勝進出を果たした穂積絵莉・二宮真琴ペア。

彼女たちは1994年生まれ!私が小中と指導していた選手と同級でライバルでもあった二人。(穂積選手とはダブルスも組んだりもしていました)

彼女たちがU12の頃から頻繁にプレーを見ていたので本当に嬉しいです(涙)

5年前には課題と言われていた「日本のダブルス」、

地道な取り組みにより、とても強くなってきていますね。

2年後の東京オリンピックが楽しみになってきました!!

 

18 全仏ー車いす1

車いすの国枝辰慎吾選手、上地結衣選手は2年ぶりにアベック優勝。

右肘の深刻な故障から復活を果たした国枝選手のプレーには本当に感動しました(涙)

二人の世界№1。東京パラリンピックが楽しみですねぇ!

 

18 全仏ーJr 男子D

Jr男子の田島尚輝選手は錦織圭選手以来12年振りのダブルス優勝。

熊本出身の田島選手には世界へ向けて羽ばたいてもらいましょう!

 

18 全仏ーjr女子D

Jr女子のダブルス準優勝の内藤祐希・佐藤南帆ペア。

こちらは惜しくも準優勝でしたが、素晴らしい活躍ですね!

 

以前はレッドクレーを苦手にしていた日本勢ですが、ジュニア時代にレッドクレーの「本場」欧州や南米への遠征を地道に重ねたり、味の素NTCにロランギャロスと同仕様のコートを作る等の取り組みが成果として表れてきているように感じます。

 

日本テニスの未来は明るそうです!

 

 

 

薩摩

鹿児島県の国体予選が終了しました。

18 国体予選2

<成年男子>

岡村修平(鹿屋体大大学院 ATA出身)

松浦優太(鹿児島銀行)

 

<成年女子>

今村凪沙(鹿屋体大)

岡崎亜美(鹿屋体大)

 

<少年男子>

森田凌矢(鳳凰高)

八郷克(鳳凰高)

 

<少年女子>

元山未優(鳳凰高 ATA出身)

富濱祥子(純心女子 ATA出身)

 

18 国体予選1

以上、8名が今年の国体選手に決定しました。

成年は7月に地元鹿児島で開催される九州ブロックを突破して福井国体に行けるように頑張りたいと思います。

 

チーム鹿児島きばっど―!!!!!!!!

 

カテゴリー: ATA, 国体, 海外ジュニアテニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:19 | コメントをどうぞ

全仏開幕・インハイ予選

全仏オープン開幕しました。

日本の「エース」錦織圭選手と大坂なおみ選手は共にシングルスで2回戦を突破!!

18 RG-osaka1

(以下3枚は Rolnad Garros フェイスブックより)

18 RG-KN2

特に錦織選手は「天敵」ブノワ・ペールを相手にファイナルセットの大接戦を制しての3回戦進出。

次戦の相手はこれまた難敵のシモンで3試合連続で地元フランス勢との対戦になりました。また、どアウェイの中での試合で大変ですが、今の錦織選手ならばやってくれるのではないでしょうか。

楽しみになってきましたねぇ!

18 RG-KN1

 

 

そんなフランス・パリから遠く離れた日本・鹿児島ではインハイ予選(県高校総体)が開催されました。

指導する鹿児島実業は、

 

男子団体  準優勝

女子団体  3位

男子S    準優勝

男子S  ベスト4

男子D  3位

 

という結果でした。

18 インハイ予選-鹿実

「男子団体」は、

ダブルスで鳳凰に先勝されましたが、

シングルス№2で鹿実の「3年生」松田が素晴らしいプレーで格上選手から勝利を挙げ、1-1のタイに持ち込み勝負はシングルス1対決へ!

2年生エース同士の戦いは一進一退の攻防が続く素晴らしい内容でしたが、ファイナルセット6-4で敗退。。。。

鳳凰が17連覇を達成しました!

 

「個人戦」では、

シングルスのベスト8に4人ベスト4に2人が進出し、その中で辻陽平が見事に「全国」の切符を手にしました。

またダブルスでもベスト4に2ペアが進出!!

存在感は示してくれました。

 

今大会の鹿実、

チーム一丸となりベストは尽くせたと思いますが、優勝には「あと一歩」届きませんでした。

残念な結果ではありましたが、その夜に2年生たち辻陽平や堀口心夢、道込祐聖がコートに立ち、次に向けて必死に汗を流す姿を見て何かが変わる予感がしています。

私は大きな志や目標を口にするよりも「行動する事」の方が大切だと常々伝えています。

彼らのような行動力のある選手達と一緒に時を過ごせる有難みを感じながら、また一年キバいもす!!

 

 

ATA関係では

富濱祥子が鹿児島純心のキャプテン兼№1としてチームを14年振りの優勝に導きました。

祥子、そして琳音、真由もおめでとう!!!!

18 インハイ予選-祥子1

部員が4名、一年生で主将を任されるという苦しい時期もありましたが、本当によく頑張ってくれました。(コーチは力になれなかったけど・涙)

私的にはポイントが懸かったエース対決が教え子同士(祥子と元山未優)だったのが誇らしくもあり、苦しくもあり・・・・

どちらにも勝って欲しいという複雑な心境でした。

祥子には未優の分までインハイで頑張って欲しいなぁと思っています。

18 インハイ予選-陽平祥子1

写真はインハイに進出した元チームメイトの二人!

3人で名古屋遠征に行った頃が懐かしいなぁ(笑)

カテゴリー: ATA, 海外テニス, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 00:45 | コメントをどうぞ