カテゴリー別アーカイブ: ゴルフ

マスターズ覇者

テニスネタではありませんが・・・・

男子ゴルフの「ヘリテージ」トーナメントが、サウスカロライナ州ヒルトンヘッド(私のアメリカでの故郷)で開催されました。
 (以前は女子テニスのビッグイベント「ファミリーサークルカップ」が同じ敷地内で開催!)
ヘリテージ15-1
メジャー大会「マスターズ」の翌週ということもあり例年強豪選手がそのままヒルトンヘッド(車で2時間弱)に流れてきます。

そんな中、今年の「マスターズ覇者」21歳のジョーダン・スピースも強行スケジュールの中プレーして11位に入る健闘をみせました。

スピースは「マスターズ覇者」の慣例に従い、優勝した翌日にニューヨークへ飛び、報道各社等の取材攻勢を受けました。

jordan.spieth153jordan.spieth152jordan.spieth151(写真はJordan Spieth フェイスブックより)

滞在した25時間で2526カ所を回る超ハードスケジュールだったようです。

そして休む間もなく、「ヘリテージ」会場のヒルトンヘッドに入ったのが火曜日の夜遅く・・・
 練習やコース下見もそこそこしか出来ずに木曜日の朝には本番スタート!

 ヘリテージ15-2
 当初スピースの周囲は、厳しいスケジュールを強いられるため4連戦目となる今週の大会を欠場する事も考えていたようですが、本人は「もちろん出る!」と即答したそうです。
 これもプロ駆け出しの2年前に大会側が主催者推薦を与えてくれた事への恩義を感じていたからとの事!

 ヘリテージ15-3

「これからはコース外での振る舞いにも、より責任を持たなくてはいけないと思います」とコメントをする21歳のマスターズ覇者。
テニスとゴルフの違いこそありますが、フェデラー、ナダルにも同様なものを感じますよね!?

「チャンピオンになったから謙虚になれるのか、謙虚な人間だからチャンピオンになれるのか」は分かりませんが、我々も良い所はどんどん真似をしなくてはいけないですね!

 

カテゴリー: ゴルフ | 投稿者Arimura 14:25 | コメントをどうぞ

勝みなみツアー最年少優勝  松山英樹・石川遼は!

昨日まであった県のテニス合宿の件を書こうと思っていたのですが・・・・
ゴルフネタになってしまいました(苦笑)
合宿の件は次回
書こうと思っています!

今朝の「地元紙」南日本新聞の一面は、「15歳の鹿児島県民」勝みなみ選手が日本女子プロゴルフツアー史上「最年少優勝」を果たしたという記事でした。
(昨日鹿児島では号外も配られました・笑)

おめでとうございます。15歳のアマチュアでの優勝は本当に凄いですねぇ!!

勝みなみー南日本新聞1304

選手は、私も行くゴルフ練習場の2階の左端でいつもボールを打っていたので勝手に親近感を持っています(笑)
(少し年配の紳士が指導している時もありましたが、あれはおじい様だったのですね!ゴルフの腕前はシングルだそうです。

「理想のスイングはない。真っ直ぐ飛べばいい!」
このシンプルな思考!!テニスも一緒ですがこの考え方は大切だと思います。

また教員をされているお母様の「もしゴルフがダメになった時でも大丈夫なように学校も普通に行かせていた」という考え方にも私は共感させられました。

名前の由来はお母様の大好きなアニメ「タッチ」のヒロイン「浅倉 南」から採ったいう、みなみちゃん!(私もあだち充漫画に感化されて育った一人です・笑)

みなみちゃんの活躍を地元から応援しましょう!
そして
テニスの同世代諸君も続くぞー!!!!

 

熊本でみなみちゃんが頑張っていた頃、男子の「最年少優勝記録」を持つ石川遼選手は、アメリカ・サウスカロライナ州ヒルトンヘッド(私のアメリカでの故郷)で開催された「ヘリテージ・トーナメント」に参加していました。

ヒルトンヘッドseapines-golf14

例年「ヘリテージ」には、マスターズの翌週(しかも車で2時間強)ということもあり強豪選手達がそのまま流れてきます。

マット・クーチャー-ヘリテージ13

そのビッグな大会を制したのは「2010年賞金王」マット・クーチャー

「元世界1位」ルーク・ドナルドとのし烈なトップ争いでしたが、最終ホール、バンカーからの劇的なチップインバーディーで逆転してのツアー7勝目でした。

マット・クーチャー
(写真は、若かりし日のマット・クーチャーと私)

クーチャーは、小さい頃からテニスにも親しんでいて奥様と組んだミックスダブルスでは全米レベルの大会にも出場している腕前です。(奥様は、名門ジョージア工科大テニス部出身)

日本からは松山英樹石川遼の二人が参加。
松山選手は、残念ながら予選落ちしましたが、石川選手は、初日の124位から猛チャージを見せて見事に18位フィニッシュ!

石川遼-ヘリテージ13

常にVIP待遇をしてくれる島国「日本」を抜け出して、アメリカの大地で「一東洋人」として勝負しているからでしょうか?!
石川選手の表情がワイルドになってきているように感じます。

ヒルトンヘッドseapines-golf

灯台が見える有名な18番ホール(すぐ隣には、スタン・スミスのテニスアカデミーがあります)

大会が開催されていたゴルフ場は、私が住んでいたアパートから車で5分の所にあります。
帝王ジャック・ニクラウス(さっちゃんの事ではありません・笑)とピート・ダイが共同で設計した名門コースではありますが、地元の花火大会の時などは市民にコースを開放するなど非常にオープンです。

世界最高峰の試合が行われるコースが公園と化し、子供達が走り回りフリスビーをしたり、フットボールをしたりしている光景に最初はビックリしたのを思い出します。

松山・石川両選手には、この懐の「大きな大地」で小さくまとまらずに「大きな選手」になって欲しなぁと思います!

カテゴリー: ゴルフ | 投稿者Arimura 12:31 | コメントをどうぞ

たくましさ!

Las Vegas

敬愛するアンドレ・アガシ先輩の「御膝元」ネバダ州ラスベガスで「ゴルフ」のアメリカPGAツアー第2戦が開催されていました。

(開催されているゴルフコースの中にアガシの現在の実家があります!)

lasvegaspga131

前週のツアー開幕戦で3位に入った松山英樹は体調不良の為、残念ながら緊急帰国しましたが、米ツアー2年目を迎えた石川遼は見事に自己ベストの2位タイに入る大活躍をみせました!!

日本ではアイドル並みの扱いを受けてスターだった石川選手ですが、本場アメリカ(アウェイ)でのツアー1年目は故障も重なり予選落ちを繰り返す日々が続き、結果を残すことが出来ませんでした。

普通ならここでスター扱いしてくれる日本ツアーに戻り再渡米を目指すケースが多いと思いますが、石川選手は迷わずに過酷な(1か月にも及ぶ)下部ツアーとの入れ替え戦に挑み、見事に(泥臭く)シード権を確保しました!!

この一年、本場で身につけた「たくましさ」と小さい頃から持っている「大志」を胸に今季は本来の力を発揮してくれそうですねぇ!本当に楽しみです。(顔つきも男らしくなっています!)

日本のマスコミもいい加減にハンカチ王子とかハニカミ王子とかスポーツ選手をアイドルに仕立てるようなネーミングは止めてくれると嬉しいのですが。。。。。

 

 

鹿児島

先週の県高校新人戦で「単優勝・複優勝、団体準優勝」を果たした英凪紗(鳳凰高1年)が週末ATAの練習に顔を出してくれました。

koukoushinjinsen13nagisa

親元を離れての寮生活と強豪校の部活で揉まれているからでしょうか!?プレーも顔つきも「たくましさ」を増していてました。

教え子のそういう成長って本当に嬉しいですよね!

自分の思い通りにならない不自由な生活は、目先では避けたくなりますが、若いからこそ乗り越えられると思いますし人間的成長には絶対に不可欠だと私は考えます。

しかも凪紗はまだ一年生!

まだまだ発展途上ですし、県で優勝したに過ぎません(もっと上を目指せる選手だから)のであまり調子に乗らないように引き続きテニスに邁進してもらいましょう!

コーチらしいアドバイス?を肝に銘じて頑張ってな(笑)

カテゴリー: ATA, ゴルフ | 投稿者Arimura 11:37 | コメントをどうぞ