カテゴリー別アーカイブ: 国内ジュニアテニス

九州Jrサーキット

冬の到来をつげる「九州Jrサーキット」が九州各県で開催されています。

17 九州Jrサーキット宮崎-旗

17 九州Jrサーキット宮崎-ドロー

これまでのシリーズで正月の「マスターズ(大分)」行きのチケットを手にしたATAメンバーは以下の通りです。

 

<宮崎大会>

U18男子シングルス  優勝  辻陽平

U18男子ダブルス   優勝  米倉拓海・道込祐聖

U16男子シングルス  3位  泊口啓樹

 

<大分大会>

U18男子シングルス  5位  堀口心夢

 

<熊本大会>

U14男子シングルス  優勝  永村優翔

U14男子ダブルス   優勝  永村優翔・山﨑壮真

 

 

17 九州Jrサーキット宮崎-陽平1

鹿実のエースでもある辻陽平は、九州選抜高校で掴んだ自信を胸に、強豪揃いだった宮崎大会で優勝!

 

17 九州Jrサーキット宮崎-拓海・祐聖

宮崎大会U18ダブルスを制した米倉・道込ペア!

 

17 九州Jrサーキット宮崎-慶人くん

今回はマスターズの権利こそ掴めませんでしたが、本薗慶人のスケールの大きいプレーは着実に進歩をしてきています。

 

年末の鹿児島大会まで試合は続きますので一人でも多くの選手がマスターズに行けるように頑張って欲しいですね!

 

17 九州Jrサーキット宮崎-鹿実217 九州Jrサーキット宮崎-鹿実1

前週の九州選抜高校で5位に入り、全国選抜行きを決めた鹿実勢!!

今は「戦う集団」に成長している過程です。

 

 

17 九州Jrサーキット宮崎-おぐら1

宮崎に行ったら「名物」チキン南蛮で栄養補給だぁーー!!

17 九州Jrサーキット宮崎-おぐら2

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 17:43 | コメントをどうぞ

鹿児島県Jr.選手権

鹿児島県のジュニア№1を決める大会「鹿児島県選手権」が開催されました。

U14、12クラスの選手達にとっては「九州」→「全国」へと繋がる特に大切な大会です。

ATAメンバー達の結果は以下の通りでした。(決勝進出者のみ掲載)

 

U16男子 単 優勝   上原幹太

U16男子 単 準優勝  泊口啓樹

U16男子 複 優勝   上原幹太・泊口啓樹

U14男子 単 優勝   永村優翔

U14男子 単 準優勝  本薗慶人

U14男子 複 優勝   永村優翔・山﨑壮真

U14男子 複 準優勝  平山凛太郎

U12男子 複 準優勝  笹川祐輝

 

U16女子 単 優勝   西奈瑠美

U16女子 単 準優勝  大山真由

U16女子 複 優勝   佐藤唯・西奈瑠美

U12女子 単 優勝   吉重ななこ

U12女子 単 準優勝  岡村凛那

U12女子 複 優勝   岡村凛那・吉重ななこ

17 県選手権U16

17 県選手権ーみんな

チームの皆の頑張りもあって「8種目 優勝」、「種目 準優勝」という結果を収める事が出来ました。

17 県選手権U12

みんな本当におめでとう!! 良い笑顔だ!!!

今大会は、県№1を決める試合という事もあり素晴らしい戦いが多くみられましたが、残念だなぁと思う事もありました。

 

半年以上前から気になっていた事ですが・・・

改善されずエスカレートの一途を辿っているケース(失格処分にされてもおかしくない案件)ですので誤解を恐れずに書きますね。

 

背を向けている相手を目掛けてボールを強く打つ、ぶつける」、「ラケットを投げる、折る」、「ボールを激しく叩きつける」といった行動をする子供(敢えて選手とは言いません)が居ます。 (※ 今の世の中、記憶ではなく動画で残ります)

スポーツにルールやコードがなくなったら、それはスポーツではなく、喧嘩や戦争です。

「〇〇地方や〇〇県はもっと酷い」とエクスキューズをされる方もいらっしゃいますが・・・そのような寛大さは明らかに間違いです。

もしそういう子供が居たとしても真似すべき事でしょうか?

少なくとも鹿児島県のジュニア達はそうあって欲しくありません!

 

ジュニア世代の多くは、成長期・思春期ですから上記の子供の事を全く理解できないという事ではありません。(私にだってそういう時期が)

ただし、その子供を取り巻く大人指導者・保護者)が黙認して正さないのは「大きな問題」ではないでしょうか?

 

私は「子供」を正す・躾けるのは、まわりの大人の役目・責任だと思っています。

今までも似たような事が私の教え子にもありましたが、その度に正してきました。(時には力を使ってでも)

なぜならば、ジュニア期の指導者は、その子供の人格形成に影響を与える責任ある立場にあると考えるからです。(ただ試合に勝たせればいいというものではない)

今後・・・・

上記のような事が、その指導者や保護者によって正されないようであれば、「鹿児島県テニス協会 理事・強化担当」として、または「日本テニス協会公認 S級エリートコーチ」として、このような事が繰り返されないよう公的に対処していきたいと思います。

本来ならば上部組織に報告すべきことを私的なBlogにとどめているのはジュニア指導者としての最低限の愛情だと思っていただけたら幸いです。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 23:43 | コメントをどうぞ

全米OP8強 九州毎日Jr

NY

全米オープンテニスは男女シングルスのベスト8が出揃いました。

男子のトップハーフは「歴代覇者」のナダルフェデラーデルポトロに19歳の新鋭ルブレフが加わる争いに対してボトムハーフは、クエリーアンダーソンカレーニョ・ブスタシュワルツマンと「新顔」が揃いました!(私的には好調を維持しているサム・クエリーを応援しちゃってます)

女子は、ベスト8に4人のアメリカ人(ビーナスバンダウェイキーズスティ―ブンス)が進出という地元にとっては大盛り上がりの展開です!

全米OPもあと一週間・・・

寝不足は続きます(笑)

アレックス ・ Sam Querry

写真は2008年のモノですが、

サム・クエリーと「鹿児島県人2世」のアレックス(以下アレ君)です。

アレ君は、この後全米Jr等で活躍し「強豪」パシフィック大学からスカラーシップを得て進学!今春、大学を卒業しました。

久しく会ってないけど元気かなぁ?

 

2世といえば・・・

先日メキシコ在住の「鹿児島県人2世」ニコルがATAの練習に参加しました。

17 ニコル夏

テニスの実力も素晴らしいですので次回はもっと鹿児島のジュニア達と交流を深められたらなぁと思います。お母さまの御出身が鹿児島というご縁にも感謝です!!

Buena suerte Nicole!

 

 

博多の森

NYから遠く離れた(気持ちは近いです!)日本では夏のジュニアテニスシーズンが終了しました。

 

九州での最終戦は、伝統の「第71回 九州毎日少年少女選手権」。

ATAからも多くのジュニア達がチャレンジしました。

17 毎少ドロー表

17 毎少-コート

U13 シングルス3位  永村優翔

U15 ダブルス 準優勝 佐藤唯・元山未優(OG鳳凰高)

 

17 JPTA熊本-優翔・純吾

優翔は初戦で「全国小学生」覇者を撃破し、その後もステディなプレーを披露しベスト4に進出!

準決勝は惜敗しましたが、3位決定戦ではファイナル・タイブレークの大激戦を制して有終の美を飾りました!

現時点で「RSK全国選抜」の出場はボーダー線上にいますので何とか滑り込んで欲しいですねぇ!!!!

 

17 毎小 唯・未優

唯は、一年半前の九州選抜Jrで優勝を果たしたOG未優とのコンビで挑み、実力を発揮して決勝進出!

ナショナルチームの選手達に敗退し、タイトル奪取こそ成りませんでしたが、見事に「中牟田杯 全国選抜」の出場権を手にしました。

唯・未優おめでとう!!

連戦で疲れも溜まっていると思うので、チョッピリ休んだらまた全国大会に向けてまた頑張ろう!!

17 毎少-ゆみプロ

会場では、様々な方々と再会を果たせました。

写真(左)は、中野佑美プロ!和歌山国体以来の再会でした。

元上司でダブルスも組んで頂いていた「元日本リーガー」中野生也さんの娘さんでもあります。(昔はよく子守もしてたなぁ・笑)

現在、福岡でジュニア指導もしているとの事で本当に楽しみですねぇ!!

17 毎少-Pラウンジ

皆、長くて暑い夏をお疲れ様でした!!

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 11:51 | コメントをどうぞ

全米 全中 

New York

いよいよ今日から今年最後のグランドスラム「全米オープン」が開幕します。

例年盛り上がりまくる大会ですが今年は・・・・

故障によりトップ選手たち(男子)が相次いで欠場を表明しています。。。涙

16 US open-centercourts(US Open フェイスブックより)

昨年「覇者」のバブリンカ、「準優勝」のジョコビッチ、ベスト4錦織圭選手が出場を回避しているところにラオニッチ、そして第2シードの予定だったマレーまでも・・・・・涙涙涙

テニスツアーが興行として発展・拡大していくのは素晴らしい事ですが、そのシワ寄せが選手達に行くと本末転倒になってしまいます。

以前よりはオフが長くなりましたが、他競技に比べると短いですし、特にトップ選手達は出場義務等の縛りがあり休めない現況です。

その対価として巨万の富を得ているトップ選手達ではありますが・・・・

この負のスパイラルは、どうにか断ち切らないといけないですね!

 

色々とネガティブな事も書きましたが、

私が今日から寝不足生活に入るのは間違いなさそうです(笑)

楽しみ!!!!!!!

 

 

沖縄

NYから遠く離れた灼熱の沖縄では「全国中学生選手権」が開催されました。

チームからは、佐藤唯・西奈瑠美ペアが「九州覇者」として2年連続で全中の舞台へ!

17 全中-ドロー前

17 全中-唯・奈瑠美

結果は初戦で神奈川のペアを下してベスト16進出!

優勝ペアに惜敗し上位進出はなりませんでしたが、今持っている力は出せたのかなぁと思います。

唯、奈瑠美、お疲れ様!

最近チョッピリ悩み気味?だった唯にとっては、「中学生大会」の最後に九州覇者となり全国でも勝ち星を挙げれた事、本当に価値があります。すっかり気持ちが吹っ切れたはずの唯には高校テニスに向かって頑張ってもらいしょうーーー。

2年生の奈瑠美にとっては来年の全中にも繋がる大きな勝利だったと思います。ケガも出てきてベストな状態で臨めない時もあるけど人一倍「努力家」の奈瑠美には必ず勝利の女神が微笑むはずなので、その時を信じて頑張るぞーーー。

17 全中-Tシャツ

爽やかカラーの全中Tシャツ有難う。

大切にしましょうねうぇ!(沖縄訛り風)

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:52 | コメントをどうぞ

17 九州中学総体

福岡・博多の森テニス競技場で「九州中学総体」が開催されました。

17 九州中学総体-横断幕

ATAからは以下のメンバー達が全中目指して挑みました!!

 

女子複  優勝   佐藤唯・西奈瑠美(伊集院)

男子単  2回戦  上原幹太(郡山)

女子単  2回戦  大山真由(鹿屋東)

男子複  2回戦  本薗侑朔・本薗慶人(谷山)

男子単  出場   永村優翔(伊敷)

男子単  出場   泊口啓樹(城西)

男子複  出場   宮内陸・村岡優樹(伊敷)

男子団体 出場   谷山(本薗侑朔・本薗慶人)

男子団体 出場   伊敷(宮内陸、永村優樹、山﨑壮真、村岡優樹、内村翔大、平山凛太郎、堀切望希)

女子団体 出場   伊集院(佐藤唯、西奈瑠美)

女子団体 出場   西紫原(上水樽美月、佐藤紅羽)

17 九州中学総体-開会式1(女子団体の優勝旗返還は、九州2連覇中の西紫原中・上水樽主将から!!)

17 九州中学総体-センターコート

団体・個人で鹿児島県勢が苦戦する中、鹿児島のエース格の二人がやってくれました!!!

女子ダブルスでチームの佐藤・西ペアが見事に優勝を果たし、昨年(準優勝)に続き全国大会への切符を手にしました。

17 九州中学総体ー女子D優勝

唯・奈瑠美おめでとう!!

 

この「優勝」はチームにとって

過去「5年間で4度目」の九州中学 女子ダブルス制覇になります!!!!

2013 大渡・元山(果)(西紫原)

2014 大渡・元山(果)(西紫原)

2016 元山(未) (西紫原)

2017 佐藤・西 (伊集院)

 

本当に嬉しいですねぇ。

 

さぁこの勢いに乗って沖縄で行われる全中もキバっどーー!!!

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 14:12 | コメントをどうぞ

県中学総体

鹿児島県中学総体が終了。

猛暑の中、チームメンバー頑張ってくれました!

九州大会へ進出したのは以下のメンバーです。

 

<男子シングルス>

優勝  永村優翔(伊敷)

準優勝 上原幹太(郡山)

3位  泊口啓樹(城西)

 

<男子ダブルス>

準優勝 本薗侑朔・本薗慶人(谷山)

4位  宮内陸・村岡優樹(伊敷)

 

<男子団体>

優勝  谷山(本薗侑朔・本薗慶人)

準優勝 伊敷(宮内陸、永村優樹、山﨑壮真、村岡優樹、内村翔大、平山凛太郎、堀切望希)

17 県中学総体-全体

<女子シングルス>

優勝  大山真由(鹿屋東)

 

<女子ダブルス>

優勝  佐藤唯・西奈瑠美(伊集院)

 

<女子団体>

優勝  伊集院(佐藤唯、西奈瑠美)

準優勝 西紫原(上水樽美月、佐藤紅羽)

17 県中学総体-女子

男女の個人・団体全種目で九州大会へ進出しました。皆本当におめでとう!

節目の大会で素晴らしい頑張りだったと言えるでしょう!

表彰式17 県中学総体-

その中でも特に男子シングルスは、実力者の殆どがエントリーした事もあり、準々決勝からは激戦に次ぐ激戦が繰り広げられました。

その熱い戦いを制しての1・2・3上位独占は本当に頼もしく久し振りに感動させられました。

 

さぁー喜ぶのはここまでとして、また気を引き締めて九州大会に向けてキバっどーーーーー!!!!!!

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:04 | コメントをどうぞ

’17 九州ジュニア

全日本ジュニアの予選を兼ねる「九州ジュニアテニス選手権」が灼熱の宮崎で開催され、ATAから多くの選手達が「全日本」を目指す戦いに挑みました。

17 九州Jr-横断幕

U18女子複  4位     大渡菫・元山果南

U16男子複  6位     辻陽平・堀口心夢

U12男子複  6位     笹川祐輝

U16男子単  7位     辻陽平

U14男子複  7位     永村優翔

U14女子複  7位     西奈瑠美

U16女子複  8位     大山真由・平石琳音

U14女子単  2回戦    西奈瑠美

U14女子単  2回戦    吉重ななこ

U14女子複  2回戦    佐藤唯

U16女子単複 出場     富濱祥子

U16男子複  出場     上原幹太・渡邉伸之介

U16女子単  出場     佐藤唯

U14男子単  出場     永村優翔

U12男子単  出場     遠矢有希

U12男子複  出場     笹川祐輝

17 九州Jr-会場

今大会、全日本行きの切符こそ手にする事は出来ませんでしたが、ジュニア達が自分の力を出し切ろうと努力してくれた事、そして多くの選手達がベスト8進出(最終日の雰囲気を経験できる)を果たしてくれた事は大きな収穫でした!

が、同時に「あとひとつ」で全日本を逃した悔しさや勝負を分ける僅かな差を痛感する大会になったかとも思います。

ジュニア達にはこの大会で得た自信と課題を胸にこれから続く夏のシリーズで生かして欲しいです。

17 九州Jr-全員(今回、皆で写真撮るのを忘れていました・涙)

 最後に・・・・

今大会、私は大会三日目から「国体 九州ブロック大会」が開催される長崎へ移動しなけらばならず、ジュニア達には本当に申し訳なかったです(涙)

今年も献身的にサポートをして下さった保護者の方々には本当にお世話になりました。

毎年、大会運営をして下さった九州テニス協会の吉田委員長、そして宮崎県テニス協会のスタッフの方々、本当にお疲れ様でした!

17 九州Jr-陽平・心夢

また今日から気持ちを新たにキバっどー!!!!!

 

17 九州Jr-おぐら(宮崎に来たら「おぐら」でしょう・笑)

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス, 高校テニス, 鹿実 | 投稿者Arimura 11:45 | コメントをどうぞ

MUFGジュニア 全国大会 2017

MUFGジュニア全国大会(名古屋)にチームの二人(辻陽平・元山未優)と行ってきました。

 17 MUFG全国ードロー

大会前日に名古屋へ到着し、そのまま会場へ直行して公式練習!!

その後は選手、指導者、保護者を対象としたミーティングに参加し、中山芳徳U-14日本代表監督の「Athlete Pathway(アスリートへの道のり)」、日本テニス協会医事委員の岡本先生の「トップジュニアに必要なアンチドーピング」の講義を受け大変勉強になりました。

17 MUFG全国ーミーティング1

 

 17 MUFG全国ー福井烈先輩

ミーティング後に「テニス界のレジェンド」福井烈先輩と!

4月にプロ出身者として初めて日本テニス協会専務理事に就任されました。

優しい笑顔と柔和な語り口でのアドバイス+叱咤激励も直接頂き、久し振りにグサッと心に突き刺さりました!!

 17 MUFGジュニア-福井烈2

福井烈先輩は、全日本選手権7回優勝、デビスカップ史上最多出場、元デビスカップ日本代表監督…柳川高校時代には「インハイ3冠3連覇」を含む169連勝(0敗)!!!

植田実日本テニス協会強化本部長と共に私が目標としている母校の大先輩です。

17 MUFG全国ー錦織

昨年に引き続き、錦織圭選手からは動画でもコメントがありました!(動画は容量が大きくてアップできず)

 17 MUFG全国ーゲート

試合は、

陽平が昨年に引き続き見事に初戦を突破!未優は勝ち星こそあげれませんでしたが、トップ選手とも対戦できて勉強になったと思います。

全国の舞台でプレーしたからこそ気づけた事もあり二人にとって収穫の多い名古屋遠征だったと言えるでしょう!

私にとっても会場で多くの指導者や関係者の方々、昔の仲間と情報交換もさせて頂き刺激になりました。(保護者の方々のサポートも本当に有難うございました・涙)

 17 MUFG全国ー開会式2

この経験を明日からの練習に生かしてまた全国大会を目標に頑張っていきたいです!!

17 MUFG全国ー未優 

高校での寮生活がスタートするということで未優とは最後の遠征でした(涙)

どんな事があっても君なら絶対に大丈夫!

持ち前のガッツでキバれよー!!!!!。

 

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:16 | コメントをどうぞ

県小学生・県中学新人戦

真夏の全豪OP盛り上がってますねぇ!

真冬の日本・鹿児島では「鹿児島県小学生大会」が開催されました。

5年生以下にとっては「九州→全国」へと繋がる大会!!

ATA戦士たちの結果は以下の通りでした。

 

<男子 5年生以下>

笹川祐輝 S 準優勝 D 優勝

松野聖矢 S 3位  D 3位

 

<男子 6年生>

本薗慶人 S 優勝

内村翔大 S ベスト4

 

<女子 3年生以下>

内村望央 S 準優勝

17 県小学生-祐輝

17 県小学生-みお

皆おめでとう!

祐くん、望央は、5月に大分で開催される九州大会に向けて頑張りましょう!!

17 県小学生-慶人

前回の県選手権で悔しい思いをしていた多くの選手がリベンジを果たしていたのが嬉しかったですねぇ。

まだ小学生ですから先は長いけど、楽しむ事を忘れないで一歩ずつ階段を昇っていきましょう!!

 

 

 

鹿児島県中学新人戦」も開催されました。

 

<2年生 女子>

佐藤唯  優勝

大山真由 3位

 

<2年生 男子>

永村優翔 準優勝

上原幹太 3位

 

<1年生 女子>

西奈瑠美 優勝

 

<1年生 男子>

山﨑壮真 ベスト4

17 県中学新人戦ー唯・真由

17 県中学新人戦‐奈瑠美

「団体」は、男子が実力校の伊敷(永村、山﨑、村岡、宮内)が優勝。

女子は、伊集院(佐藤、西)が西紫原(上水樽)の7連覇を阻止!

九州大会、楽しみです!

 

シングルスのみの「個人戦」では、

昨年「全国」を経験している女子勢の唯、奈瑠美が順当勝ち!!

男子は順当ではない戦いもあったかもしれませんが、そこは勝負の世界。

まだ1年のスタートを切ったばかりですから、これをキッカケに頑張りましょう!!

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 14:14 | コメントをどうぞ

九州Jrマスターズ 優勝

九州テニス界の一年の幕開けの大会「九州ジュニア マスターズ」が宮崎の地で開催されました。

チームからはU12~18クラスまで12名の選手達が出場。

17 九州Jrマスターズ1

その中で、元山未優U16女子ダブルスで見事に優勝を果たしました。

一年の始まりでの九州タイトル!チームとしても幸先の良いスタートが切れそうです。(パートナーの中村さんも有難うございました)

未優は、過去一年で、チームの佐藤唯と組んだ「九州選抜ジュニア U14」をはじめ、「九州中学総体 複」、そして今回のマスターズと3つの九州タイトルを手にしました。

未優おめでとう!!!(誕生日も・笑)

4月からの新天地での活躍に期待しましょう。

 

 

そしてもう一つ

チームから全国大会出場者が!

と言ってもテニスではなく「空手」です。

17 上級クラス(慶人)

小学校時代からATA(上級クラス)にも参加している山下慶人(真ん中・長身)が県予選で準優勝の活躍を見せて3月に埼玉で開催される「文部科学大臣旗争奪 全国中学生空手道選抜大会」への出場権を手にしました。

慶人おめでとう!!

テニスと空手の「二刀流」は大変かと思いますが、これからもチームに元気ハツラツとした爽やかな「風」を送って下さい。

カテゴリー: ATA, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 15:31 | コメントをどうぞ