カテゴリー別アーカイブ: 海外テニス

ATPチャレンジャー ダニエル太郎準優勝

先週、韓国で開催されていたATPツアー下部大会「寧越チャレンジャー」で、ダニエル太郎選手が見事にシングルス準優勝を果たしました!

既に「フューチャーズ大会」では4回の優勝を誇るダニエル選手ですが、「チャレンジャー大会」での決勝進出は初めてだったようです。優勝こそ逃しましたが、この活躍により世界ランクは214位にまで上昇します。

danieltaro131

昨年の「慶応チャレンジャー」で伊藤竜馬選手(当時世界66位)を下し、ベスト4入りを果たしたのでダニエル選手の事をご存じの方も多いかもしれませんが・・・・ニューヨーク生まれの20歳で13歳までは日本育ち(妹のカナちゃんは教え子のライバルでした!)。6,7年前からスペイン・バレンシアにあるアカデミーでダビデ・フェレール等と一緒にトレーニングに励んでいます。

スペイン仕込みの強烈なトップスピンを主体のプレースタイルは「超・魅力」で日本には居ないタイプの選手だと思います。

秋にアジアで1,2試合出る以外はレベルの高いヨーロッパ、アメリカを中心に転戦していますのでランキングを上げることは容易ではありませんが、活躍してくると身長188センチ&ナイスルックスでもありますから一気に人気に火がつくかもしれませんね!?(笑)

今週は「慶應チャレンジャー」初戦で「全日本覇者ドラゴン伊藤選手に昨年のリベンジを許してしまったようですが、まだ20歳!

これからの活躍が本当に楽しみですね。

 

 

 

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 12:01 | コメントをどうぞ

錦織 ツォンガを撃破  In Paris

Paris

秋の超ビッグな大会「BNPパリバ・マスターズ」がフランス・パリの室内コートで開催され、我らの錦織圭(Wilson Team)が地元フランスのジョーウィルフライ・ツォンガ(第8シード)を 1-6 ,7-6,7-6 で撃破しました。

スコアを見ても分かるようにまさに大激戦!!最終セットのタイブレークではツォンガが先にマッチポイントを迎えましたが、そこからの大逆転だったようです。2週間前の上海での借りをパリで見事に返してくれましたね!

ツォンガは、これでATPツアー最終戦への出場権がほぼ絶望的となったとの事。。。。地元ですし、本当に勝ちたかったでしょうねぇ。

nishikoriparis131

(写真は、Kei Nishikori  FBより)

 

初戦でも地元の難敵ベネトーを沈めていたエアKの次戦の相手は、またもや地元フランスのガスケ!!

夏のカナダでの借りを倍返しだー!!

 

 

Melbourne

ツアー下部大会「メルボルン・チャレンジャー」は、オーストラリア・メルボルンで開催され第6シードの伊藤竜馬(Wilson Team)が上位シード勢を連破して準優勝の成績を収めました。

こちらも準決勝では、相手の4本のマッチポイントをセーブしてからの大逆転勝利だったようです。

伊藤選手は、昨年「世界60位」までランクを急上昇させていましたが、現在は191位。。。。ツアー下部大会で再起を狙っています。

再びグランドスラムの舞台でドラゴンショットが炸裂する日もそう遠くはなさそうですね。

日本の南端より応援しています。

 

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 09:49 | コメントをどうぞ

16歳フューチャーズ優勝    県高校新人戦

Mexico

ATP Mexico F13 Futures にて「鹿児島県人2世」の中川直樹(16歳11か月)が、見事にフュ―チャーズ初優勝を成し遂げました!

直樹君、そして中川コーチ(お父様)本当におめでとうございます!!

naokinakagawa13mexicowon1

16歳でのフューチャーズ優勝は、「錦織圭」選手以来とのことです。

凄過ぎです!!

naokinakagawa13mexicowon2

13歳から単身でフロリダ・IMGアカデミーに留学し、トレーニングに励んでいる直樹君。

錦織圭をはじめとした世界トップクラスの選手達と練習出来る最高の環境でもある反面、超・実力社会(超ビジネスライク)でもあるアメリカで親元を離れて生活していますのでテニス以外でも色々と大変な事も多いと思います。その中でも気持ちを切らさないで着実に階段を登って行く姿勢には、ただただ胸を打たれるばかりです。

 

夢に向かって邁進している鹿児島県人2世の活躍を第2の故郷より声を大にして応援しています。

中川コーチ、写真も有難うございました。

薩摩の芋焼酎で乾杯でもしたいところだけどメキシコでの優勝だからCoronaビールかね(笑)

バモス!!!!!

 

 

鹿児島

まだ暑さの残る鹿児島の地では「鹿児島県高校新人テニス大会」が開催されました。

多くのATA現役メンバー、OB・OGメンバーが、一生懸命にボールを追いかけていました。

特に団体戦は「全国」に繋がる大会ですので白熱していましたねぇ!

koukoushinjinn131

ATA関係の結果は以下の通りでした。

 

男子

<団体>   

優勝   鳳凰   (OB岡村浩太、OB内倉鉄平、OB荒川哲脩)

準優勝  鹿児島実業(OB辻泰一)

 

<個人戦 単>

ベスト4 岡村浩太 (鳳凰・OB)

 

<個人戦 複>

優勝   岡村浩太 (鳳凰・OB)

ベスト4 内倉鉄平 (鳳凰・OB)

ベスト4 内田大喜・吉田龍司(池田)

 

 

女子

<団体>    

優勝   純心女子 (OG平原美咲、OG芦浦里奈)

準優勝  鳳凰   (OG英凪紗)

 

<個人戦 単>   

優勝   英凪紗  (鳳凰・OG)

ベスト4 平原美咲 (純心・OG)

 

<個人戦 複>   

優勝   英凪紗  (鳳凰・OG)

準優勝  平原美咲・芦浦里奈(純心・OG)

 

「6種目中、5種目 優勝」の結果が示すように、OB・OGを含め個々がそれぞれの場所で日頃の練習を頑張っている成果だったのかなぁと思います。

koukoushinjinsen132

今年の全国選抜九州予選は、久し振りに地元鹿児島で開催されますので、いつも以上に力を発揮してもらいたいですねぇ!

皆でキバっどー!!

チェストォォォォーーーーー

 

 

カテゴリー: ATA, 海外テニス | 投稿者Arimura 10:16 | コメントをどうぞ

上海マスターズ

楽天ジャパン・オープンは、第1シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が第3シードのM・ラオニチ(カナダ)のWILSON TEAM対決を制し幕を閉じました!

今週はグランドスラムに次ぐグレードの大会「上海マスターズ」が開催されていて、ほとんどの選手達が「大陸」へ移動しています。

shanhai131

出場選手はジョコビッチ、ナダル、フェデラー、フェレール、デルポトロ、ベルディヒ、ツォンガ、ワウリンカ、ガスケ、ラオニッチ、錦織・・・・超豪華です!!

 

第12シードの錦織圭(WILSON TEAM)は1回戦で世界ランク28位で「フェデラー2世」の異名を持ち、今春ジョコビッチを撃破したG・ディミトロフ(ブルガリア・シャラポワの彼氏でもあります)をストレートで下し、2回戦では先週東京でも勝利したJ・メルツァー(オーストリア)をフルセットで下して2年ぶりに3回戦進出を果たしました!

nishikorishanhai131

(Kei Nishikori FBより)

 

3回戦では、第7シードの強豪JW・ツォンガ(フランス)と対戦します。

二人は、過去2度対戦し、錦織の2連勝!!

最初の対戦は2011年のこの上海マスターズ2回戦でストレート勝ちし、勢いに乗ってベスト4に進出。

2度目は2012年全豪オープン4回戦でフルセットの末に下し、グランドスラム初のベスト8へ進出しました。

前の2回のようにツォンガを踏み台に「大勝」してもらうしかないですね!!(踏み台だなんてツォンガ・ファンの方々ゴメンなさい・笑)

心配された腰の状態については「楽天が終わって、トレーナーにしっかりケアをしてもらって良くなってきている。今日もまだ100パーセントではないですが、しっかり休んで備えたいと思います。」と、語っていたようです。

その他の日本勢では、添田豪伊藤竜馬(WILSON TEAM)もハイレベルな予選を突破し本戦でプレーしていました。

添田選手はアルマグロ(スペイン)に伊藤選手はモンフィス(フランス)に共に1回戦で敗れてしまいましたが、確実にトップ100へのカムバックの準備は出来てきているようですね。

こちらも本当に楽しみです!!

 

カテゴリー: 海外テニス | 投稿者Arimura 23:32 | コメントをどうぞ